阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

藤岡弘さん主演「SFソードキル」(原題Ghost Warrior)について

製作 チャールズ・バンド
監督 J・ラリー・キャロル
脚本 ティム・カーネン

役名および出演者名
タガ・ヨシミツ          藤岡弘
クリス・ウェルズ(女性記者)    ジャネット・ジュリアン
アラン・リチャーズ博士      ジョン・カルヴィン

ウィリー・ウォルシュ        チャールズ・ランプキン

タカギ教授           ロバート・キノ
チドリ             ミエコ・コバヤシ
カール・アンダースン医師     ビル・モウリー
バーガー刑事          フランク・シュラー
ピート・デンザ医師        アンディ・ウッド
その他 トムなど

まずは、予告編から




あらすじ

1552年、日本の雪の積もった平原を馬に乗った武士達が進む。 捕虜となった妻(ちどり)を救うため、ヨシは、武士たちに襲いかかる。 ちどりを乗せて逃げ去ろうとするが、追い詰められた。 槍の使い手と対決。 負けた相手からのだまし討で、不意をつかれてしまった。 ヨシミツは、湖?に落ちる。

現在の日本。 スキー客が偶然洞穴を発見。 洞穴を探索するスキー客。 いた!

3週間後のロサンゼルス、400年前の冷凍人間発見というニュースに興味をもった女性記者(クリス・ウェルズ)は、取材するためにカリフォルニア低温外科治療法研究所を訪れる。 リチャーズ博士が冷蔵人間の研究を担当している。
研究者たちが、冷蔵人間を生き返らせようとしている。 蘇生させるための手術。 電気ショックを与えると・・・

リチャーズ博士の判断で当分の間極秘にすることに。

クリスは、タカギアンティークで刀についてのウンチクを聴く。 (凍っているヨシミツが持っていた)刀を預かり、研究所に持っていく。

ヨシミツは、記憶が蘇る。 が、現状が理解できない。 体調が万全ではないようだ。 ヘリコプターを見て驚く。

リチャーズ博士とクリスが、動けるようになったヨシミツを見に来る。 ヨシミツ「拙者、マカベ一族のタガ・ヨシミツじゃ」 「ここは、どこじゃ」

クリスは、ヨシミツに刀を返す。 シャッキン〜 ニヤリ
クリスは、ヨシミツの信頼を得るため日本の古い習慣を学ぶ。 ご飯、酒。

エスパー?

寝ているところ、刀を盗みに来た職員(トム)を斬ってしまう。 TVに興味津々。 ヨシミツは、研究所を抜け出す。

クリスとリチャーズ博士が来ると、すでにトムは斬られた後だった。

車に興味津々。 なんてことすんだい。

リチャーズ博士達は、事件を隠蔽するつもりのようだ。

ヨシミツは、街でならず者に絡まれる老人を発見。 腕!
助けた老人と会話がはずまない。 老人に招かれ寿司店へ。 「トシロウ・ミフネ?」
さっきのならず者達が報復にやってきた。 「バンザイ」 
クリスが来た。 

ヨシミツとクリスは、逃げる。

タカギアンティークで思い出の品々を見るヨシミツ。 

リチャーズ達は、ヨシミツを追っている。 そして、タカギアンティークへ。 ヨシミツは、リチャーズたちに連れ去られる。

そして、、、うまっ、、、まさか、、、からの

感想

製作されたのが1986年ということは、日米貿易摩擦の直前くらいかな。 そう考えると、今でも現役の藤岡弘、さんてすごいな。 この作品でも、藤岡さんのアクションが際立っている。

内容は、一応、侍(若干の誤解があるが)について描かれている。 それはど、壮大な物語でもシットリと魅せる映画でもないが、藤岡さんのガチさが半端無く、それなりに見れるものに仕上がっている。 途中で出てくる寿司屋の板前の日本語がたどたどしいのは、ご愛嬌といったところか。 

P.S.ところで、タイトルのSFは、どのあたりを反映しているんだろうか。 冷凍藤岡弘、こと冷凍侍を解凍する場面で、おわってしまう。 エンディングに関しても、、、おっと、そこまでは、言うべきじゃないか。
 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


広告

それにしても、DVDのパッケージどうにかならなかったのか。 なんだかなぁ〜

アマゾン




楽天ブックス

SFソードキル [ 藤岡弘、 ]

価格:3,591円
(2014/1/31 01:32時点)




テーマ:SF映画 - ジャンル:映画

  1. 2014/01/31(金) 18:30:42|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デモンズ2(原題Dèmoni 2: L'incubo ritorna)について

製作      ダリオ・アルジェント
監督      ランベルト・バーヴァ
脚本      ダリオ・アルジェント
        ランベルト・バーヴァ
        フランコ・フェリーニ
        ダルダーノ・サケッティ

役名および出演者名

ジョージ     デビット・ナイト
ハンナ      ナンシー・ブリリ

サリー      コラリーナ・カタルディ・タッソーニ

イングリット    アーシア・アルジェント
ハンク      ボビー・ローデス

少年       デバイデ・マロッタ 
警備員      パスカリーノ・ソレム


まずは、予告編から



あらすじ

はるか昔に預言者は、悪魔の誕生を予言した。 劇場の観客は・・・(前作のことを言っているんだろう)

ナイフに血? 足を引きずる男。 デザート職人だった。 サリーのバースデーケーキがある。

警備員が女性に対応。 206号室。

エレベーターが故障している? イタズラだった。

妊婦(ハンナ)が運動している。

サリーのバースデーパーティーだ。 サリーは、服が気に入らないようだ。 TVでデモンズ(エンディングシーン)だ。

イングリットは、TVでの「デモンズ」(映画館で上映されたもの)に見入っている。

電話。 

TVでは、男2女2で探索している。 子供用自転車。 ヒーター。何か有る 爪? デモンズのもの?

パーティー会場。 電話。 ジェイコブが来るらしい。 それを知りサリーは、不機嫌になる。

TVでは、蒸気。 ゲホ。 さらに奥へ。 手を切ってしまった。 ガタン。 例の劇場後へ。 突然の大音量。 鏡!  見つけてしまった。 悪魔を。 写真を撮ろうとすると、血がポトリポトリ・・・。 血管がピクリピクリ。 カラカラ→生気を取り戻す。 (デモンズ、スゲー機敏) 響き渡る悲鳴。 「血が悪魔の眠りを呼びさました」 「もう止められない」
画面の中からこちらを睨むデモンズ。 近づいてきた。 そして、なんと!!! 何と!!! 飛び出して来た。

パーティーでは、ろうそくに火をつけている。 しかし、サリーがいない。 しばらくして、登場。 でも、様子が変だ。 血管が浮いているぞ。 近くにいた男の腕を・・・ サリーの歯が大変なことになっている。 パーティーにいた人たちに傷をつけていく。

サリーの両親は、外で食事をしている。

妊婦(ハンナ)がサリーの部屋へ。 デモンズが増殖中。 血は、酸なのか物質を溶かしていく。 

日焼けサロン。 フィットネス。 エレベーターが止まる。 
建物ごと停電してしまう。 

ジェイコブが車で建物へ向かっている。

停電で自動ドア(出口)も開かなくなってしまった。
デイビー(犬)の歯が、大変なことに。 何か出てきたぞ。

パーティー会場からデモンズ達が出てくる。 出口は、かなり頑丈だ。 ハンク(フィットネスのインストラクター)が、フィットネスにいた人達を駐車場へ。

子供は、上の階へ。 そこへ。 血が落ちてくる。

駐車場でデモンズがアクロバチックな動き。
車から武器を探し出しデモンズに反撃するつもりのようだ。

ジェイコブ達の車が衝突事故。 

ハンナの待つ部屋にノック。 さっきの子供がデモンズになっている。
子供対ハンナ。 え!!! 何か生まれてきたぞ。 (ちょっと愛嬌があるぞ)
 
エレベーターでは、ジョージ対デモンズ。

ハンナがピンチの所にジョージが登場し、例の物を串刺し。

駐車場で、助かった人たちは、戦うつもりのようだ。 デモンズ達、目が光っているぞ。 ハンクの珍プレー。
イングリットのいる車に群がるデモンズ。 ん? 引いたぞ。

パーティー会場にいるハンナは・・・
そこにフランクとウナが合流。 フランクは・・・ 

デモンズ、くたばったか?

感想

デモンズ達のアクロバチックな動きが前作よりも一層際立つ。 炎飛び越えた場面なんて、完全に体操選手の動きじゃんか。 このエンディングでは、続編はないだろう(ちゃんとした意味での)。 前作程ではないが、そこそこ楽しめる。 ただ、ちょっとタンパクなところが多かったかな。 複雑なストーリーは、いらないというのであれば満足できるんだろうが。

ところで、今作は、アーシア・アルジェント(ダリオ・アルジェントの娘)がイングリット役(駐車場でデモンズに囲まれる少女役)で出演している。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


広告

アマゾン


楽天ブックス

デモンズ2 [ デビッド・ナイト ]

価格:2,842円
(2014/1/29 22:05時点)


テーマ:ホラー - ジャンル:映画

  1. 2014/01/30(木) 18:23:26|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デモンズ(原題Dèmoni)についてい

製作総指揮    ダリオ・アルジェント
監督       ランベルト・バーヴァ
脚本      ダリオ・アルジェント ランベルト・バーヴァ フランコ・フェリーニ

役名および出演者名

シェリル      ナターシャ・ホーヴェイ
キャシー      パオロ・コッツォ

ジョージ      ウルバノ・バルベリーニ
ケン        カール・ジニー

ローズマリー    ゲレッタ・ジャンカルロ
ハンナ       フィオーレ・アルジェント
トニー       ボビー・ローデス
パンクのリーダー  パスクワリーノ・サレーメ

カルメン      ファビオラ・トレード
受付嬢イングリッド  ニコレッタ・エルミ
謎の仮面男    ミケーレ・ソアビ
地下鉄の乗客   ランベルト・バーヴァ
ジープの少年    ジョヴァンニ・フレッザ


まずは、予告編から



あらすじ

電車で女学生(シェリル)は、誰かに追いかけられている? シェリルは、逃げる。 突然、仮面の男。 チケットを手渡し去ってしまった。 「友達の分も」もらう。
キャシーを待たせてしまったようだ。 
メトロポール劇場。 様々なオブジェが飾ってある。 シェリルとキャシーが入る。 自販機でトラブル。 男2人(ジョージとケン)が手伝う。

女性(ローズマリー)が、飾ってある仮面をカブリおどける。 顔の一部をちょっと切ってしまった。

映画が始まる。 シェリル達の隣にジョージ達が座る。 映画の中では、男女4人が、探索。 ノストラダムス・・・デモンズの出現・・・墓を開けると、仮面と本が。  
「仮面をカブると顔を怪我。 青い光の夜、預言者の墓があばかれアキロンの大王がくる。」

ローズマリーは、頬の傷が気になりトイレへ。 血が止まらない。 傷口が・・・!!! Noooooo
ローズマリーの友人カルメンが様子を見に行くと、ローズマリーは、ローズマリーは・・・なんてこったい! 

映画の中は、ヒドイことになっている。

カルメンは、ローズマリーから逃げる。 映画とシンクロするようにカルメンの傷口が・・・ 
スクリーンからカルメンが飛び出してきた。

ローズマリーは、リズと行きずりの男がイチャついている所へ。
カルメンの手が変化。 口から緑の液体。 舌。 吊られた男がドン。 歯・・・グローース (気持ちワルーーー)
逃げまどう人々。

出口は、塞がれている。 非常口を探すことにするが。 

あれっ!?ローズマリー、閉じ込められてしまった。
 

映画の筋書きどうりになっている。 ハンナは、どこに行ったんだ。
上映を止めるために動く。

車を運転する男。 盗んだ車のようだ。

映画のせいじゃないこの劇場のせいだ。 トニーは、リズの死体を片付けようとする。

下にいたハンナに液体ポタポタ。

トニーは、噛まれてしまった。 トミーは、ハンナを見つける。

盗んだ車を運転する男達は、粉々・・・ 劇場からの音が気になる。

劇場では、ハンナとトミーが出口を探す。 
壁を壊すと、新たな部屋が。 壁は頑丈なレンガ造りだ。 入った人たちの様子が変になる。

警察に追われた、盗んだ車の4人は、(何故か扉が開いた)劇場に入ってしまう。

トミーとハンナは、通気口から出口を目指す。 後ろから、爪の音が。 今度は、前から。

盗んだ車の4人組は、ローズマリーを閉じ込めてあった扉を開けてしまう。 鏡に透明の液体、タラーーーー。
デモンズは、増えている。 目が光っている。

助けが来た? バリケードを崩す人たち。 デモンズが入ってきた。 血が・・・ 
シェリル達4人は、何とか逃げる。 エアコンの通気口を発見。 キャシーは、随分弱っている。 ん? えっ? ハァハァ まじか! 背中からなんだってーーーーー アキロンが・・・アキロンが・・・ 

ケンの最後の望み。 ジョージが・・・ ピーーンチ 天井、からの。 (って、なんでやねん!)

なんと!!! いずこへ?

感想

うーん、理屈で考えるとちょっと矛盾している所もあるんだが、ホラーって理不尽なものって割りきって見れる人は、充分楽しめるはず。 いわゆる、コテコテのホラーが好きな人(筆者も含む)には、たまらないはず。
それにしても、デモンズの戦闘力は半端ないな。 全力疾走で追いかけてくる。 これぐらいのほうが迫力がある。 特殊効果についても、CGなどは使っておらず、アナログで味わいのあるものだ。 最後までハラハラさせられる。 でも、デモンズのリーダー的な役割のローズマリーはあっさりと部屋に閉じ込められてしまう。 あの気持ち悪い液体は何だったんだろう。 結局その後触れられず、モヤモヤした気分だ。 (まっ、いっか) 


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


広告

アマゾン


楽天ブックス

デモンズ [ ウルバーノ・バルベリーニ ]

価格:2,365円
(2014/1/28 23:43時点)




テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2014/01/29(水) 18:23:15|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (28)
グルメ (3)
スポーツ (4)
流行 (1)
海外ニュ−ス (4)
振り返る (32)
週刊誌 (5)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (1)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (91)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村