阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

キャンディマン3(原題Candyman Day of the Dead)について

監督     テューリ・メイヤー
原作     クライヴ・バーカー

役名および出演者名

キャンディーマン    トニー・トッド
キャロライン      ドナ・デリコ
サミュエル      ウェイド・ウィリアムズ
デビッド       ジェス・ガルシア
タマラ        アレクシア・ロビンソン
ミゲル        マーク・アディア・リオス
ジャマール捜査官   アーニー・ハドソンJr.
ティーノ        マイク・モロフ
アニー        エリザベス・ヘイズ

まずは、予告編から



あらすじ

キャロラインは、目を覚ますと、風呂への扉が開く。 落書き。 Sweets to the Sweet
(夢なのか?) 

キャロラインは、キャンディーマンことダニエル・ロビタイルの子孫。 キャロラインは、そのことを友人(タマラ)に打ち明ける。 タマラが、鏡に向かってキャンディーマンと5回唱えると・・・ 何も起きない?

キャロラインは、スペイン語圏(メキシコ?)に来た。 キャンディーマンという看板を発見。 キャロラインが所有するダニエル・ロビタイルの絵画展の看板だが、気に入らないらしい。 

絵画展で、ミゲルとサミュエルが揉める。 ダニエルの半生を紹介。 キャロラインが、ダニエルの子孫として紹介される。 キャロラインが鏡に5回キャンディーマンと唱えると・・・ あぁぁぁぁぁぁぁ 彼が来る!!!

さっき騒いだ男(デビッド)は、ミゲルの仕組んだヤラセだった。 キャロラインは、怒って夜道を一人で帰る。 突然、キャンディーマン? 

キャロラインが目を覚ますと、ベンチで寝ていた。 ミゲルを探す。 しかし、女性とイチャイチャしていると・・・ もろともだ。 キャロラインは、寝室に入ると、ミゲルと女性の無残な姿で発見。 壁には、 Believe Me と書かれている。

ウェイドがキャロラインに事情を訊く。 ダニエルの絵が全部盗まれた。

キャロラインが部屋に戻ろうとすると、女性の叫び声が。 
キャロラインの母がバスタブで死んでいたのを思い出す。 そのことを、タマラに打ち明ける。

デビッドがキャロラインに事情を話しに来る。 デビッドとキャロラインは、情報通のティーノに情報を求める。 「死者に花を・・・」 血。 

デビッドの家へ。 彼の祖母がスピリチュアル的な力を持っているらしい。 儀式を行う。 血。 サミュエルがデビッドに警告。

キャロラインとデビッドは、酒を呑み・・・ (おいおい、なんで、そんなところから?) 「運命を受け入れろ」 

目を覚ますと、タマラがいる。 夢だったのか? タマラは、キャンディーマンの存在を認めない。 えっ!? あぁぁぁぁぁぁぁ 「諦めろ。 生きている意味なんて無い。」

キャロラインは逮捕されてしまう。 警官もキャンディーマンを信じようとしない。 ・・・ということは、やっぱり。 

キャロラインは、脱走しデビッドの祖母の助けを受ける。 ティーノの所にキャロラインの探していた人物が。 町は、祭りの真っ最中。 何とか、ティーノの所へ。 

盗まれた絵画を取り戻すために、薄暗い倉庫へ。 誰かいるぞ! ゴロツキどもに捕まってしまった。  ゴロツキの一人が、鏡に向かってキャンディーマンと5回唱える。 すると・・・

キャロラインが、目を覚ますと・・・

そして・・・ えっ? あれっ? 

感想

流石に、3作目はないと思ったんだが。 もう、こうなったら執念みたいなモノを感じますな。 1作目>>2作目>>>3作目というパワーダウンは、否めないわけで。 主演のトニー・トッドも渋々出演を承諾したんだろうな・・・ってことはなく、なんと今作のプロデューサーになってんじゃん。 

前作とは、主人公(キャロライン)がアニーの娘ということで、つながっている。 キャンディーマンことダニエル・ロビタイルの血を引くということで呪われているということも。

ただ、前作までとの違いは、やはりあのゆったりというか荘厳な音楽がなくなってしまったことだろう。 それに、キャンディーマンの登場の仕方に工夫がありすぎて、ちょっとゲンナリしてしまうところもあったり。 例えば、地下鉄での登場は、空中浮遊しながらファンシーに迫ってくる(そんな必要有るんだろうか?)。 あと、キャロラインとデビッドがイチャイチャしてるところに何でそんな所からっていう(おいおい、それって近親相関になっちゃうんじゃ?)。 志村けんの「変なおじさん」の影響を受けすぎだぞ。 キャンディーマンの「かまってちゃん」度もマックスだ。 

そして、今作の特徴といえば、ピンクシーンが無駄に多いということだ。 作品の仕上がりを見てテコ入れが必要っとなったのか、当初からの予定だったのかは不明だが。 前作までは、見えそうで見えないというギリギリの線を守っていたのに、今回は、ズバっと行ってしまう。 う〜〜〜ん、そういうのを期待していたわけじゃないんだけど。

目覚めのシーンの多さは、「恋はデジャ・ブ」を凌ぐ程なんじゃないか。 もーいっそのこと、夢オチでも良かったのにって思ったり思わなかったりラジバンダリ(ちょっと古いか)。 

ストーリーは、胸が豊満な金髪のオネーチャンが薄着で走り回って得体のしれない者と戦う・・・と言ってしまいえば元も子もないか。 シリーズとしての方向性がブレブレだったからどう評価していいのか分からない。 そもそも、白人から迫害を受けた上流階級の黒人ダニエル・ロビタイルの恨みを晴らすという所もあるのに、ラテン系の人たちの所に行ったら、完全にトバッチリですがな。 それに、キャンディーマンの弱点が変わっている。 そもそも、2で完全にやっつけたはず。

第一作は、間違いなくお勧め出来る。 第二作は、好きな人だけ。 第三作は、う〜〜〜ん。 何だかなぁ〜。 流石に、さすがに、もう続編はないだろう。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

広告

アマゾンでも、安定の在庫なし。 ジャケット写真が欲しいので載せてみた。 中古のVHSは、専門店を数店舗探せば有るかもしれない。 (そこまでする必要もないが)



何故か、1でも2でもなく3のフィギュアが発売されている。 なんでやねん。 ネタで載せてみた。

・・・リンク切れのようだ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/02/25(火) 18:30:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャンディマン2(原題CANDYMAN: FAREWELL TO THE FLESH)について

監督     ビル・コンドン
脚本     ランド・ラビッチ
       マーク・クルーガー
原作     クライブ・バーカー
製作総指揮  クライブ・バーカー

役名および出演者

キャンディーマン    トニー・トッド
アニー        ケリー・ローワン
ポール        ティモシー・カーハート
オクトビア       ベロニカ・カートライト
イーサン       ウィリアム・オリアリー
キャロライン・サリバン  キャロライン・バークレイ
マッシュー       ジョシュア・ギブラン・メイウェザー
パーセル       マイケル・カルキン

まずは、予告編から



あらすじ

彼は愛のために死んだ。 地主の娘との恋に落ち、地主はその報復として彼の右手をノコギリで切断し、蜂を使い殺した。 鏡に向かって彼の名前(キャンディーマン)を5回唱えると・・・  ここ、ニューオリンズにも、その都市伝説が伝わっている。 前作のヘレンの記事が紹介される。 講義をしているパーセル教授が、鏡に向かって5回キャンディーマンと唱えると・・・ はっ!?

パーセルが夜道を歩いていると、男(イーサン)が突然現れる。 イーサンの父に不幸なことがあった。 イーサンは、パーセルにキャンディーマンは存在し、唱えた彼のもとに来ると。 バーまで追いかけてきた。 トイレで鏡を覗きこんでいると・・・

お祭り。 Farewell to the Flesh 

アニーは、小学校で教師をしている。 生徒が授業で「怒った男(ダニエル・ロビタイル)の絵」を描いている。 アニーの弟イーサンが逮捕された。 何があったんだ?

イーサンが父の死に関係?

アニーは、恋人ポールと共にかつて住んでいた家へ行く。 家は、すっかり古びている。 13年も人が住んでいないためだ。 住人?がいるようだ。 家の壁は落書きだらけ。 Sweets to the sweet 例の場面が描かれている? キャンディーマンの絵の前に火の付いたロウソクが並べられている。 

アニーが小学校に戻る。 生徒マッシューがキャンディーマンが追われる場面の絵を描いた。 都市伝説を否定するため、アニーが鏡に向かってキャンディーマンと5回唱える。 何故か蜂が飛んでいる。 

自宅でリラックスしていると、キャンディーマンが・・・ ポール! 「一緒に来い。」
アニーは、事件の取り調べ。 

母(オクタヴィア)が、しばらくアニーの面倒をみることに。 生徒がアニーを訪ねる。 マッシューが行方不明だという。 アニーは、マッシューを探す。 マッシューの家を訪ね、キャンディーマンの絵、儀式の道具などを見つける。 子供って残酷。

道路には、背中に落書きされた泥酔男が寝ている。 アニーは、イーサンと面会。 イーサンは、あの夜のことを語る。 キャンディーマンとアニーの一家とのツナガリとは? 

アニーは、かき氷を買う。 Sweets of all sweet かき氷屋には、奥に秘密が。 呪いを解くためには・・・ は?

マッシューの父(神父)は、キャンディーマンについての資料をもっている。 そこで見つけられた、アニーとのツナガリ。 アニーは、キャンディーマンことダニエル・ロビタイルの墓へ。 その隣には、かき氷屋にあった肖像画のカロライン・サリバン・・・そして、娘イザベル。 娘がいた!

イーサンの取り調べ担当が、ちょいフザケで鏡に向かってキャンディーマンと5回唱える。 っと、やっぱり。

アニーが家に戻り、机の引き出しから写真を取り出す。 そこには、キャロラインとイザベルの写真が。 (どういうことだ)

イーサンの取調室での事件を調べていると不可解なことが。

そして・・・

雨の中の祭り。 

からの・・・あの場所へ。 みーーーつけた!

えぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!

感想

前作では語られなかった部分が明らかになる。 キャンディーマンは、どうして生まれたのか? や、キャンディーマンの力の源など。 

例によって、キャンディーマンは、自分の伝説がけなされることをこの上なく嫌う。 興味本位で鏡に自分の名前を5回唱える者はモチロン、「キャンディーマンなんていない」って言った者に対しても(鏡に5回唱えてないのに)制裁を加える。 ちょっとやり過ぎなんじゃない、という所もあった。 それはもう、「俺の名前を言ってみろ」って言う、北斗の拳に出てくるジャギー並ですわい。 (●´ω`●) でもまあ、基本的にキャンディーマンは、他のキャラクター(ジェイソン、フレディ、マイケル・マイヤー)なんかと違って、快楽のために殺したり、理由もなく傷つけるようなことはない。 

舞台は、前作のシカゴからルイジアナ州ニューオリンズになっている。 なんで? (細かいことは、ツッコまないほうがいいか)

残酷シーンは、前作よりちょっとだけ増えた。 とは言っても全体的には、控えめ。 存在そのものを怖がらせるのが、彼の信条だからかもしれない。

ところで、アニーの住んでいた家の壁一面にアート系の落書きがあったのは、キャンディーマンことロバート・ロビタイルの趣味を反映してだろうか。

今作の見どころ(?)は、なんといっても、キャンディーマンの弱点がさらされる。 アニーがヤル気満々日曜日くらいの感じでグイグイ進んでいくので(前作はただただ逃げるだけ)、そういった努力の賜物だろう。 キャンディーマンの人間臭さと相まって、コレはコレでありだと思う。

今作の終わり方なら、もう次はないだろう感があるのだが、・・・次作があったりして。 あったり・・・ムムム。

こんなこと言ったら、それこそ、キャンディーマンが来るかもしれないが、前作よりパワーダウンしている気がしてならない。 っま、それでも、何と言うか、面白いB級ホラーという前提で観るなら充分なクオリティーなんだけど。 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

広告

アマゾンでは、在庫無いので、チラシのアップ画像だけ載せておいた。
(注意)間違ってクリックしないこと

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/02/24(月) 18:30:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャンディマン(原題Candyman)について

監督   バーナード・ローズ
脚本   バーナード・ローズ
原作   クライヴ・バーカー
製作   スティーヴ・ゴリン
     アラン・プール
     シガージョン・サイヴァッツォン
製作総指揮  クライヴ・バーカー

役名および出演者名

ヘレン・ライル      ヴァージニア・マドセン
キャンディマン      トニー・トッド

トレヴァー・ライル    ザンダー・バークレー
バーナネット       ケイシー・レモンズ
アン=マリー・マッコイ  ヴァネッサ・A・ウィリアムズ

バーニー・ウォルシュ  カシー・レモンズ
ジェイク        デファン・ガイ
アーチー・ウォルシュ  バーナード・ローズ
ヴァレント刑事     ギルバート・ルイス
バーク医師       スタンリー・デサンティス
ビリー         テッド・ライミ
ハロルド        エリック・エドワーズ
女性警察官       ラスティ・シュウィマー
ステイシー       キャロリン・ロウリー


まずは、予告編から



あらすじ

人は私が、罪のない人の血を流したと言うだろう。 だが、血は流すためにこそあるのだ。 私は、この鈎(カギ)の手でお前を股ぐらから喉元まで切り裂いてやる。

私は、お前を迎えに来た!

タバコをフカシながら話に聞き入るヘレン。 何年か前、クレアというベビーシッターが、ビリーと・・・ 鏡の前で、キャンディマンと5回唱えると・・・ クララのルームメイトから聞いた話らしい。

ヘレンは、イリノイ大学で夫トレヴァーが行う都市伝説についての授業を受ける。 ヘレンは、トレバーがステイシーと親しすぎると嫉妬する。

ヘレンは、大学院生でキャンディーマン(都市伝説)について研究している。 清掃員達から聞いた話では、①キャンディーマンは、カブリーニにいるという②鉤爪でやられる。 

ヘレンのアパートで、ヘレンとバーナネットが鏡に向かってキャンディーマンと5回唱えると・・・

ヘレンとバーナネットは、治安の悪い地区に調査のために行く。 キャンディーマンに殺された場所だ。 壁には、巨大な男性の絵が。 床には、キャンディー。 例の部屋の隣に住むアンにルーシーのことを訊く。 悲鳴が聞こえた。 警察を呼んだが来なかった。 

伝説は、1890年に始まる。 彼は、奴隷の息子だった。 しかし、彼の父は、ひと財産築き、彼は、上流階級で育った。 ある地主の娘と恋に落ち、娘は妊娠。 地主は、復讐。 右手を切り落とした。 裸の彼に蜂蜜を塗りつけた。 キャンディーマンは、蜂に刺されて死んだ。 悪党は、彼の灰をカブリーニ一帯に撒いた。

ヘレンは、再びカブリーニへ。 アンは、いなかったが、代わりにジェイクに訊く。 この辺危ないぜ。 ジェイクは、キャンディーマンの事件があった場所へ案内? ゲフォゲフォゲフォ そこへ、右手に鉤爪の男が。

カブリーニで撮った写真が現像された。 駐車場でヘレンを呼ぶ男。 「お前を迎えに来た。 私の伝説を疑った。 だから、私は、こうしてきたのだ。 我が生贄となれ。」・・・と

ヘレンが目を覚ますと、血だらけ。 アンの家の犬がやられている。 ご・・・かい? ヘレンは、逮捕されてしまう。 保釈される。
おもむろにネガを確認していると・・・ そこに、バーナネットが見舞いに。 なんと!

目を覚ますとヘレンは、手錠をされている。 

「私は、噂そのもの。 コレ以上の幸せはない。 人々は私の名前を囁き、私の夢をみる。 だから、生きている必要はない。 わかっただろう?」

バーク医師が、精神鑑定。 証明? アイツを呼ぶ? キャンディーマン キャンディーマン キャンディーマン キャンディーマン・・・・・・キャンディーマン

トレバーは、やっぱり。 

傷心のヘレンに残されたのは・・・
It was always you Helen.

え?

感想


都市伝説を追いかける大学院生に災難が降りかかるという、ありがちなストーリーかと思って見ていたら、とんでも無い展開。 キャンディーマン役は、トニー・トッド様。 不気味さを倍増させている。 ヴァージニア・マドセンの演技も流石。

鏡に向かって名前を5回唱えるという日常でありそうな行為によってヒドイ事になるというのがうまい設定だと思う。 カブリーニって本当に有りそうな治安の悪そうな町に仕上がっている。 特に、公衆便所。 色んな意味でリアル。 あと、ワイヤー見えてたのもリアルだけど、そこは、内緒ってことにしておこう。

キャンディーマンの目的は、語り部で人を怯えさせることだ。 だから、自分の伝説を汚されないために毎日せっせと鏡の前で名前を唱えた者に制裁を加えている。 そういう意味では、フレディやジェイソンとは違いキャンディーマン重いモノを背負っており、どこか哀愁がある。 そんなことから、グロシーンは、控えめ。 彼の残酷さは、主に町の人々の心理描写による。

サブストーリーとして、はげしく燃える許されぬ恋。 ただの猟奇殺人ホラーではない。 意外と子煩悩な所あるし。

また、音楽も荘厳でチープさは、全くない。 上流階級のキャンディーマンにピッタリのテーマ音楽だ。

ちなみに、脇を固めた俳優陣も豪華だ。ビリー役のテッド・ライミは、死霊のはらわたシリーズのサム・ライミ監督の弟、この作品の前後に随分活躍している。 ヘレンの夫役は、「24TWENTY FOUR」で、ジャック・バウアーの上司ジョージ・メイソンを演じたザンダー・バークレイ。 アン=マリー・マッコイ役は、ヴァネッサ・ウィリアムズ(何故か、ウィキペディアでこの作品が掲載されていない・・・ちょい役だから仕方がないか)。 

お腹減ってないけど、蜂蜜舐めたくなった。 なんでだろう。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

広告


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/02/23(日) 18:30:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (171)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村