阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

ウイルスX殺人感染(原題VIRUS X)について

監督  ライアン・スティーヴンス・ハリス

役名および出演者名

マルコム    ジェイ・デイ
ジェロン    ドミツィアーノ・アルカンジェリ
アビー     サーシャ・フォルモソ
フランシス   ディラン・ヴォックス
ヘリング    シビル・ダニング
コリー     カイラ・グローブス
グラバマン博士 ジョー・ザソ
バービー    ジュリアン・イーストン

まずは、予告編から



あらすじ

地下?でグッタリする男。 拾い食いからの・・・ゴフォゴフォ 助けを求めるが・・・ エレガントに入浴しながら別室で監視する人間(ヘリング)がいる。 H1N1の実験だ。 強力な殺人ウィルスを開発している。 

1週間後。 30歳前のマルコムは、堅牢な施設(例の建物)を訪れる。 マルコムは、病理学の専門家だ。 ココでの研究は、1年になる。

夜にストリートで商売をする女性(バービー)。 近くに止まった車に話しかけると・・・
目を覚ますとベッドに縛り付けられ、運ばれている。

マルコムは、初期からのプロジェクトのメンバーに会う。 社会貢献? (嘘だろ!) 同僚は、ケニー、フランシス、アビー(技師)、とコリーだ。

施設では、人間に感染する(変異した)ウィルスを扱っている。 (ヤバさマックスってことだな)

バービー(ストリートからピックアップしてきた女性)が最初の男がいた部屋にいる。 

マルコムは、謎のウィルスを発見。 グラバマン博士に報告するが、反応鈍い。 様子がオカシイことに気付かんか〜。 ジャロンの出番じゃろ。 (何だか、マジシャンンのレオンにソックリだ。

ウィルスXを例の女性に接種。 3日で死に至る計算だ。 バイトにバイト(Bite)してしまった。 そして、バイバイっと。 逃げて、研究室へ。

事情が理解出来ない研究者たち。 ジェロムが後始末。 ちっ(色んな意味で)(≧ヘ≦) ムゥ

グラバマン博士は、ヘリングに連絡を取る。 ヘリングは、エレガント受話器取りからの、「責任取らんかい・・・あっはぁ〜んヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!」的なニュアンスで攻め立てる。 

グラバマン博士は、施設を閉鎖。 研究者達は、脱出しようとするが・・・ ビーーービーーービーーー 

感染から3日で死に至るという想定だ。 感染1日目から既に体調の変化がある。 ジェロンからの返答は、絶望。 大丈夫だぜ・・・ゴフォゴフォゴフォ・・・心配ないって・・・ゴフォゴフォゴフォ

出口を探すのか?ワクチンを試すのか、今の気分はどっち?

感染から2日目。 グッタリ、バッタリ、シットリしている。 「博士は外、俺達は中」・・・監視されていることにようやく気づく。 ハイチーズっていう気分にもなれない。 カメラに向かって3・・・2・・・1・・・ピーーーーーー という感じ

会話→和解(?)→いやいや→ヤバイ→言い訳→検討→運命(?)→イチャイチャ→チャンス→スリル→ルール違反 あっ Σ( ̄ロ ̄|||)

感染3日目。 文字通りデッドライン。 再開、限界、なんかせんかい!みたいな流れ。
はっっ!? 何だ〜そりゃ〜。

感想

よくある、B級の閉じ込められてしまった系のホラー。 そこに、抗体が効きづらいウィルスと、ものすっっっっっっっごい症状が出てしまうのが肝。

テーマというか、ジャンルは、医療ものをほんの少し(ホントに少し)絡めたホラー。 まー、パッケージとタイトル通りの内容ということなので、いい意味でも悪い意味でも期待を裏切らない出来だ。 

序盤に病理学の博士が面接に来るなど、いかにもモノモノしくというか大風呂敷を広げて「さー、これからガンガン難しい医学用語を使ってやるぜ」的な雰囲気を出していたんだが、物語が進むに連れて失速 低予算での限界と脚本家があまり興味はないが“最近こんなの流行りでしょ〜”的な軽〜いノリで作ってしまったのは、バレバレだぞ。

中盤に入ると登場人物達のルックスが、もはやゾンビにしか見えない。 3日で死に至るという設定だが、見ている側の集中力の限界対研究者達がグッタリしていく速度の対決という様相に。

終盤、本編が80分ちょっとという収録時間に救われる。 コレ以上長いとさすがにキツイ、ちょーどいい頃合い。 オチはこんな感じで仕方ないと思う。

出演者は、(申し訳ないが)この映画の低予算にシックリ来る絶妙にイケてない男女だ。 それが、逆にいい味になって作品の鑑賞に集中できる。

作品の評価は、いい意味でも悪い意味でも期待通りの内容で、これを見て面白くないという人は作品の選び方を間違っている(といっては言い過ぎかな)。 タイトルからしてB級感出まくりなので。 普通の人は、パッケージ見ただけでスルー興味ある人だけしか見ないだろうという意味で。 


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ウィルスX殺人感染


アマゾンリンク
ウイルスX殺人感染 [DVD]

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

  1. 2014/03/31(月) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プリズン・サバイブ(原題Felon)について

監督  リック・ローマン・ウォー

役名および出演者名

ウェイド・ポーター   スティーヴン・ドーフ
ジャクソン副看守長  ハロルド・ペリノー
ローラ・ポーター   マリソル・ニコルズ
マギー       アン・アーチャー
ゴードン      サム・シェパード
ジョン・スミス    ヴァル・キルマー
ロバーツ      ニック・チンランド
ダニー       クリス・ブラウニング
コリンズ      ネイト・パーカー
スノーマン     ジョニー・ルイス
マイケル・ポーター  ビンセント・ミラー
ディアス      グレッグ・セラノ


まずは、予告編から



あらすじ

ウェイド・ポーターは、ジョギングを済まして家の掃除など。 妻(ローラ)と子供(マイキー)がいるので働かなくっちゃ。 

夜、寝ていると物音が・・・ 強盗なのか? ヤラれた! からの・・・やっちまったーーー!

正当防衛? 殺人容疑? 

ウェイドは、拘置所へ。 ♪へいーへいへいへ〜いへい 

拘留1日目。 弁護士(マーラ・リード)はつくようだが、保釈金(100万ドル)が払えない。 

刑務所では、エライことになっているぞ! ジョンが扇動したようだ。 

3年の実刑。 刑務所行きのバスでスノーマンから別の受刑者に関するプチ情報を得る。 荒れてるわ〜 バスで移動の時点で既に荒れてるわ〜

ウェイドは、トバッチリで独居房へ。 く・・・くるぴ〜〜〜 

SHUへ。 

中庭での運動に出かけるのも一苦労だ。 13番・・・意味アリゲな番号。 どの房も13番だったりしてwww ガンを飛ばしている連中とガンを構えている看守。 ガンガン行っちゃうぜ。

ブライド・・・ブランク・・・ブライバリー

ウェイドの房(13番)にジョンが入ることに。

アーリアン・ブラザーズ。 人種。 “同じ車に乗っているのか?”

オー!マイキー 面会。 

ついに・・・追加・・・つーか・・・掴みどころを・・・痛感・・・

そして・・・

不思議→議題→イケるところまで→出たー→闘い→イカツイ→一発→ついに!

感想

原題がFelon(受刑者)ってことから、ヒットドラマのプリズンブレイクとは、何の関係もない

環境が人を変えるというか、主人公ウェイドの人格が変わってしまう。 タイトルからある程度予想してたが、「もれなくバイオレンスどうぞ」みたいな感じになっている。 ところで、連続殺人犯のジョン・スミスって悪行の限りを尽くすのかなっと思ったが。

主演のスティーヴン・ドーフは、序盤のビジネスマン役よりも中盤以降の荒くれ囚人の方がピッタリ来る。 連続殺人犯のジョン・スミス役のヴァル・キルマーって貫禄出て来たなー。 バットマンやってた時からは想像も出来ないなー。 そう言えば、バットマン・・・刑務所・・・う〜む・・・そっちは、関係ないか。 (アンコもカッパも出てこないという意味で・・・当然か)

邦題から例の人気海外ドラマと関係あると思って見てしまうと、ガッカリ来るかもしれない。 原題がFelonなので似せる気まるっきりないんだし。

刑務所の中って独特の世界というか独自のルールが出来上がってしまっているというのは、何となく理解できる。 出戻り囚人も多いこともあって。 そこに看守が関わってくるのが本作のキモなんだが、囚人よりたち悪いじゃんか。 まさかの、善人ゼロでストーリーは進んでいく。 

最後には、どんでん返しというほどのことでもないんだが、ちょっとしたヒネリがある。 っま、コレはコレでありなんだろうな。

作品の評価としては、適度な緊張感のなか進んでいくストーリーで面白かった。 ところで、この作品では、お互いに名前で呼び合っているが、日本の受刑者のように番号で呼び合わないんだろうか? それとも、偽名というかニックネームで呼び合っているんだろうか?


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

   パッケージ写真(アマゾンからの引用)

プリズンサバイブパケ写

         広告

アマゾンリンク プリズン・サバイブ [DVD]


テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2014/03/30(日) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スマイルコレクター(原題La chambre des morts)について

監督  アルフレッド・ロット
原作  フランク・ティリエ 『死者の部屋』(新潮文庫刊)


役名および出演者名

リューシー  メラニー・ロラン
モレノ   エリック・カラヴァカ
シルヴァン ジル・ルルーシュ
ヴィゴ    ジョナサン・ザッカイ
アナベル  セリーヌ・サレット
バレット  ナタリー・リシャール
ラビエス  ステファーヌ・ジョベール
コリン   アントワーヌ・オッペンハイム
スタン   アレクサンドル・カリエール
リューシーの母 ファニー・コタンソン
ブースト  ジャン=ピエール・ゴス

まずは、予告編から
(フランス語で字幕なし(T_T)雰囲気だけを掴んでもらえれば・・・)




あらすじ

「娘をほっておいて」 「近づくと警察を呼ぶわよ」 アァァァァァァァァァァァァ
子供が人形だらけの部屋で・・・風呂へ行くと母親が・・・ なんてこったい。

荒くれ者達(ヴィゴとシルヴァン)が、“ボワダン ブッ殺す”という落書きをする。 

さっきの娘(メロディ)が縛られている。

車で暴走機関車状態。 男を轢いてしまった。 警察呼ぶ OR 呼ばない 揉める2人。 なんと、男は大金を持っていた! そっちの選択肢か〜〜〜  

リューシーは、子供達を母に預けて仕事( 刑事として現場)へ。 落書きと事件との関わりは、あるんだろうか? 少女が殺されている。 指紋が1つも残っていない。 死亡推定時刻は、深夜0時から3時。 父親が身代金を持ってこようとしたが、車に轢かれた。 つながった!!! 犯人は、被害者の少女を“死後 笑顔に変えた”

周囲の雑音で車のエンジン音もかけ消され、父親は、気付かなかったようだ。 

シルヴァン達は、お金を埋めることにする。 派手に使うとバレてしまうからだ。

警察での事件の捜査報告、「靴の裏についてた針葉樹の樹皮、服についていたオオカミの毛」 オオカミ関係。 オオカミ少年。 オオカミが来た〜〜〜 アナベル人形

町では少女が・・・

推理→理解→意味深発言 あっ (*´ェ`*)

少女が行方不明だと捜索願が、両親からあった。 誘拐 OR 誘拐じゃない? 

事件が急展開。 水に流せないこともあるんだぜ〜 目撃情報も。 

リューシーは、動物園でブーストから事情を聞く。 羊? 凶器? からの・・・沈黙 

オイオイオイ wwwwwwww (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

そして・・・

はっっ!? えーーっ!?

まったり→臨時→じっくり→臨機応変 あっ ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

感想

どこか、羊たちの沈黙を思わせるような、そうでないような。

ジャンルとしては、サスペンスだろう。 途中、ドラマなのかな?というマッタリとした雰囲気があったが。

それにしても、筆者の知っているフランス映画って、訳が分からない終わり方をするのが定番だったのだが、ハリウッド映画の影響か、スッキリとした終わり方になっている。

主演のメラニー・ロランは、どこか影がある(見習いなのかな?)刑事を上手く演じている。 フランス映画によくある影を多く使うところも相まって。

ストーリーとしては、落書き中年2人が複雑に絡まってくる。 作品のアクセントにもなっているんだが、かなり序盤でネタバレしてしまっているので、後は犯人と、どうつながって行くかという流れになっている。 身代金200万ユーロってかなりの金額が、2人の運命を変えてしまう。

中盤は、謎のマッタリ人物描写。 一応オチにも関係してくるので無駄ではないか。 (おそらく原作を意識しての場面だろう) 犯人は、身代金を要求するのに猟奇的殺人に快楽を覚えてしまうという2面性を持っている。 

終盤は、羊たちの沈黙を思わせるような緊張感のあるシーンが続く。 でも、やはり、ひとヒネリ、フタヒネリ入っていることで印象は全く違ってくる。 犯人は、ただただ残虐で猟奇的な人間ではない。 その辺りが、この作品に独特の雰囲気と深みを与えている。 ところで、リューシーとブーストとの会話は、例の映画へのオマージュだろうか?

作品の評価としては、面白いというか見応えがある。 原作があるようなのだが、よくある(無理に詰め込んだような)ダイジェスト感がない。 映画の作品としてちゃんとまとまっている。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

        パッケージ

スマイルコレクターパッケージ

広告
アマゾンリンク
スマイルコレクター [DVD]


テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2014/03/29(土) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
TV番組 (28)
グルメ (3)
スポーツ (4)
流行 (1)
海外ニュ−ス (4)
振り返る (6)
週刊誌 (4)
映画 (538)
雑学 (2)
季節 (1)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (75)
川柳 (3)
日記 (5)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村