阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

二代目はクリスチャン(邦画のため原題同じ)について

監督     井筒和幸
原作・脚本 つかこうへい
製作     角川春樹

役名および出演者名

シスター今日子 志穂美悦子
天竜晴彦      岩城滉一
神代        柄本明

黒岩        室田日出男
百合        かたせ梨乃
磯村        蟹江敬三
金造        山本亨
徳二       高野嗣郎 
次郎       松本竜介
吾助       清水昭博
森田       堀弘一
沼川        成瀬正
久保田      関時男
袴田        藤岡重慶
マザー・ゴルガン 月丘夢路
中津川       山村聰
英二       北大路欣也

まずは、予告編から



あらすじ

教会で、天竜組組長の天竜源一郎の告別式が行われる。 (プロレスラーじゃないのか?) 教会には、柄の悪い連中が集まっている。 喪主は、息子の晴彦。 天竜組は、神戸では、大きな利権を持っている。 それを巡って黒岩組と揉めそうだ。

晴彦と警察官の神代は、シスター今日子に思いを寄せている。
じゅ・・・銃弾じゃないぜ。

猛アピール。 ヨウシにこだわる? 
晴彦と神代は、幼稚園からの知り合い。ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ

マザー・ゴルガンと今日子は、大人の話し合い。 う~ん。 そろそろ結婚した方が・・・と。
神代の実家は、お寺なので、いろいろ問題がありそうだ。

神代は、バッスバスに決めるつもりのようだが。 

ダンス→スペイン語→誤解?→言い掛かり→理性→異性→異文化交流→憂さ晴らし→シスター→大変 あっΣ(´д`;) 

晴彦は、組員ともども洗礼を受ける。 (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

晴彦は、今日子にプロポーズ!?

マタイ・・・マタイ伝 

英二・・・! 

なんと、晴彦が黒岩に襲撃されてしまう。 
黒岩組で会ったのは、英二。 英二再びという感じだな。 ギャングがギャンブル。 札付きの悪ってことか。

晴彦は、今日子と結婚することになるが、二代目襲名直前に刺されて死んでしまう。
今日子は、二代目を継ぐことに。

黒岩組が天竜組に嫌がらせ。 我慢、我慢。(≧ヘ≦) ムゥ

今日子は、母に会う、が・・・ しょーもないことに、巻き込まれそうになる。

ドーーーーーン ドーーーーーン っと。('д` ;)

ドスッ グサッ 


感想


「てめえら!悔い改めてぇ奴は、十字を切りやがれ!!!
でねぇと一人残らずたたっ斬るぜ!」
ヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!

っていうセリフが記憶に残る作品。

角川映画にしては珍しく(でも無いかな)角川三人娘以外での主演は、アクションスターだった志穂美悦子さん。 この作品までは、必殺拳的なもので悪人をバッタバタと倒していくものが多かったが、今作では、なんと、暴力反対を地で行く敬虔なクリスチャン。 こんな、淑やかな演技ができるんだと驚いたもんだ。 役者としての演技の幅が広いというか、肩幅広いというか(というイジリを当時出演していた萩本欽一さんのバラエティー番組でよくされていた)。 後日談だが、志穂美さんが、撮影中に首を怪我してコルセットで固めて何とか撮影を続けたって言っていた記憶がある。

ジャンルとしては、コメディーかな。 

ストーリーとしては、序盤は特にコメディー要素が強く、恋の駆け引きを中心にゆったりとした展開。 中盤は、シスターがヤクザの組長というギャップで小ネタがところどころに仕込んである。 終盤は、シリアスでダイナミックな展開。 さすがにアクションは、お手の物ってことだろう。

原作は、つかこうへい氏の舞台用の脚本。 今作は、それを、監督の井筒氏がアレンジしたもの。 どことなく、舞台っぽさの感じられるところがある(ホンとかよ)。 

意外な人がヤクザの組長っていう流れは、「セーラー服と機関銃」でもあった流れなのだが、今作での違いは、やっぱりアクションが相当派手になっているところだろう。 (とはいっても、アクションシーンは、終盤だけなんだけれども) まー、アクションシーンがなかったらアグネス・チャンさん主演でもよかったわけで(単なるだじゃれだけど)。 ローラ・チャンだったら両方行けた・・・わけでもないか。 クリス松村さんだったら・・・いやいや、全然関係ない作品になってしまう。

ということで、作品の評価としては、ドス6本機関銃1本。 いくらか、きつい目の下ネタも混じっているので、ファミリー向けではないかな。 でも、一人でのんびり見て、ほっこりするのには、ちょうどいいと思う。 (●´ω`●)


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

パッケージ(アマゾンからの転載)

二代目はクリスチャン

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2014/04/27(日) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

曲がれ!スプーン(邦画のため原題同じ)について

監督    本広克行
脚本・原作 上田誠
製作    亀山千広、阿部秀司、安永義郎、鳥永能成、杉田成道

役名および出演者名

桜井米  長澤まさみ (幼少期 熊田聖亜、熊田胡々)
河岡   諏訪雅
井手   川島潤哉
筧    中川晴樹
椎名   辻修
小山   三宅弘城
神田   岩井秀人
へっちゃら男 寺島進
工場長    松重豊
ディレクター 甲本雅裕
UFO男     三代目魚武濱田成夫
コースケ・マツイ  ユースケ・サンタマリア(司会者)
中村康則  平田満(編集長)
外山幸一  木場勝己(教授)
ワールドの店員 永野宗典
番組応募者   本多力
友情出演    佐々木蔵之介
          升毅


まずは、予告編から



あらすじ

浜辺を歩く少女(幼少期の桜井米)。 そこに、何か落ちてきた! ファンタジーやオカルトに胸をときめかせる。 

桜井米は、バラエティー番組(「あすなろサイキック」)の女性ADだ。 番組の司会は、コースケ・マツイが務める(役名のユースケ・サンタマリア感ハンパネー) 番組では、透視能力を持つという女性が出演している。 見えた! ・・・わけじゃなかった(つд⊂)ゴシゴシ

からの、肯定派の中村康則と否定派の外山幸一の議論スタート。 中村は、強引だ。 「ありえない!」 「へぇ~」じゃないのか。 すきま風吹いちゃってるぜ。 桜井米が、ダメだしされる。 桜井米は、ネタが取れるまで帰れない行脚をしなければならなくなった。

つちのこ、くっしー、イエティー、ゴーレム、気功師、スカイフィッシュ、タイムマシーン(ドラム式?)

桜井米は、ネタを探して、とある町にやってきた。 サンタが子供とソリが合わない? 

毎年、クリスマス・イブになると、喫茶店(カフェ de 念力)に集まる男たち。 なんと、その中の一人(椎名)がたい焼きを持ってきた。 (しっぽまであんこ? どっかで、聞いたことがある番組名だぞ・・・暗に関西テレビでやっていてすぐに終わってしまった番組をフジテレビが批判しているという構図なのか?)

桜井米は、へっちゃら男を訪ねる。 (変な服と髪型)ゴールデンということで、気合入りまくりのへっちゃら男。 あかん、ふんばれなかった。

喫茶店には、超能力を使う者たちが自分の能力を自慢し合っている。 透視=エロ! 
エスプレッソをエスパレッソは、だーれにもわかんねーぞ!!! 筧は、椎名とのウン命の出会いを語る。新たに、神田が加わる。

喫茶店のマスターは、昔エスパーに助けられたことがあり(顔と名前はわからず)、いつかその人が店に来るようにと、店名を「カフェ de 念力」にした

パァーーーーーンっと。

神田の超能力、細男。 スゲェーーーーー。 

勇気 OR 言う気?

そうは、イカンだろう!

細男→壁男に。 透視に投資?

待ち合わせ OR 鉢合わせ?

そこへ、桜井米が来た。 神田と待ち合わせだったようだ。 細男が、ボソォ~っといろんなことを言う。

電球パリィ~~~ンっっっと。 

やはり、というか当然、透視男が、桜井米を・・・ v( ̄∇ ̄)v
透視で、どうしてぇ~。 

5秒あれば、余裕っしょ! って、おいwww

北風と太陽で対応。 細女? あやしい! 

パ・・・パイ

ま・・・間違えたぁ~~~w シッパイ!? ザンパイ? (*´Д`*)


ありえねぇ~、ありえねぇ~ ( ̄∠  ̄ )ノ


感想


「ありえない」ボタンを使っているのは、トリビアの泉の「へぇ~」ボタンの影響だろうか? 製作がどちらもフジテレビだけに。

原作・脚本は、舞台作品「冬のユリゲラー」。 そういえば、どことなく、舞台作品っぽさがでている、と思う(ホンとかよ)。 特に、喫茶「カフェ de 念力」でのやり取りのあたり。

監督は、「踊る大捜査線」シリーズの本広克行さん。 レインボーブリッジは、封鎖しなかったが、喫茶「カフェ de 念力」は、パーティー用にずっと封鎖じゃなく閉店されていた。

ジャンルとしては、ハートウォーミング・コメディーかな。 悪者が出てこないし、痛々しい場面、不快になる場面は、皆無。 ふんわり、やんわり、のんびりと見れる系の舞台喜劇の映画版という感じだ。 コメディーだが、どぎついギャグや下ネタは一切無く、小ネタをところどころに散りばめてある。 筆者的には、笑いという観点で言えば、もっとどぎついのがあってもよかったかな、という気もするんだが、それだと、家族やなんかでのんびり見れなくなってしまう。 そのへんのバランスを取っているんだろうか。

ストーリーは、基本エスパーいるORいないという疑問を、子供の頃から純粋に超能力の存在を疑わないTV局のADが、追いかけるという話だ。 前半、番組AD桜井米と喫茶店の2元中継みたいになるが、後半、桜井が喫茶店に来てから一気に舞台っぽくなる。 ネタばれになるが、実は、前半にラストにつながる伏線が張ってある。 

主役の不思議系番組AD桜井を演じる主演の長澤まさみさんの魅力が伝わってくる。 あと、この中ではエスパー伊藤さん的な役割もやっぱり必要なんだと痛感。 

ということで、作品の評価としては、曲がったスプーン2本半とクリスマスケーキ用のロウソク16本。 たまには、のんびり、マッタリした作品もいいんじゃないの!っという感じで、心を落ち着かせたい時には、案外見れる作品だ。(⌒∇⌒)


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


パッケージ

曲がれ!スプーン

アマゾンリンク


テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2014/04/26(土) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早春物語(邦画のため原題同じ)について

監督  澤井信一郎
原作  赤川次郎
製作  角川春樹
     市村一三
音楽  久石譲
     石川光

役名および出演者名

沖野瞳   原田知世
沖野修三  田中邦衛

大宅敬子  由紀さおり
牧麻子   仙道敦子
沢田真佐子 早瀬優香子
松浦純子  宮下順子
水江    一色彩子
石原貴子  秋川リサ
武藤    戸浦六宏
小野    津村鷹志
マスター  小林稔侍
竹中夫人  岩崎加根子
竹中常務  平幹二朗
受付嬢   高木美保

梶川真二  林隆三

まずは、予告編から



あらすじ

高校で写真部の沖野瞳は、友人の牧麻子と何気ない会話。 麻子は、最近付き合い始めた彼の話でのろける。 AからBを飛ばしてF?じゃなくて・・・(*´ -`)(´- `*) 写真部のテーマは、「春、来たりて去る」。

あの夢、この夢、どんな夢? 瞳の母親は、4年前に死んでしまっている。

瞳が家に帰る途中、父(沖野修三)と大宅敬子が合流。 (修三と大宅は、付き合っているっぽい) あくる日から出張らしい。 瞳と大宅とは、よそよそしい。 でも、修三が出張中は、瞳と大宅が2人きりにになってしまう。

梶川真二は、彼の上司(竹中常務)が病気になったことにより、会社でピンチに陥っている。

瞳は、鎌倉で写真部用の写真撮影三昧。 品川と5963の車。(ご苦労さんってことか!) そんなこんなで、瞳は、梶川と出会う。 (春ねぇ~、はるばるきたぜ函館ぇとか、踏ん張るとかぁ~)

梶川と話していて瞳は、ちょっと逆サバを読んでみる。見栄をハルってことですな)  

瞳は、麻子と銀座へ。 写真展に行ったついでに蕎麦屋へ。 からの、梶川の会社へ。 梶川と会ってみる。 ん? あれ? パーティー? 

立食パーティーだった。 

ダンス→スーツ→つんでれ→練習どうり?→立食パーティー→ティーカップ→プラン 
あっ Σ( ̄ロ ̄|||)


大宅と瞳がギスギス。 瞳は、死んだ母のアルバムを見ていると、そこに、梶川を発見! 梶川と瞳の母は、昔付き合っていたらしい。 でも、結局、梶川がふったらしい。(゚∇゚ ;)エッ!?

瞳は、梶川に会い、箱根へ。 カシャっと。 あの場所だ。 そして、酒でも飲みながら、瞳は、母と梶川のことを“それとなーく”追及してみたり。 カラミ酒だ。 か・・・ら・・・の・・・3、2、1、どーん。 えぇぇぇぇ。

修三が瞳にお土産を渡す。 が、しっくりきていない。(泥のついた1万円・・・じゃないからかな)

瞳が梶川の仕事中に電話(ストーカーじゃないか!)。 喫茶店(ランタン)で梶川に会う。 瞳は、突然帰ってしまう。 

瞳は、教師と不倫している同級生の沢田真佐子からディープな話を聞く。Σ('◇'*)エェッ!?

歌う OR 疑う OR 訴える (や・・・やぐってしまった)(((( ;゚д゚)))

梶川は、どこか不機嫌だ。 (やっぱり、瞳が喫茶店でお金払わずに帰ってしまったことと関係あるんだろうか?)

猛チャージ、でも、酔っ払っているんだぞ。 いろいろ疲れてるんだ。 わかるよな・・・的な流れ・・・じゃなかった。
( ̄∠  ̄ )ノ 


感想

たまには、甘口の恋愛映画もいいのかと。

主役の瞳役には、当時リアル17歳だった原田知世さんだ。 ちょっと背伸びして、20歳だと逆サバ読んでちょっと大人の恋も経験しちゃう的な流れ。 当時は、純川夏って呼ばれてたんだっけ。  φ(.. )しみじみ。 原田さんの中年男性相手の小悪魔ぶりは、なかなかのものだった(デーモン小暮さんとは、何の関係も無いぞ)。 その、振り回される中年男性(相手役)は、林隆三さん。 30年前の今作で、既にナイスミドルだけど、今でも現役。 筆者にとって林隆三さんというと「噂の刑事トミーとマツ」の上司役というイメージが強いんだけど、キャラがブレ無いなぁ~。 あと、瞳の父親役では、田中邦衛さんが出ている。 1985年といえば「北の国から」をやっていたはずなので、蛍ぅ~と叫んだんだかどうなんだか。

角川映画といえば、定番なのだが、主演の原田知世さんが、主題歌「早春物語」を歌っている。 この歌で、第36回NHK紅白歌合戦にも出場している。 もう一つの定番で角川で赤川次郎さんの原作が出版されている。 筆者は原作を読んでいないが、どーも原作と映画では、ストーリーが若干違っているという噂がある。 っま、どっちでもいいんだけど。 

作品のジャンルとしては、恋愛ドラマだ。 女子高生のちょっぴり背伸びをした甘酸っぱい(じゃなく、おそらく甘辛い)恋愛話を当時バリバリのアイドルだった原田知世さんの魅力たっぷりで見て下さいという感じ。 細かいところが、気になったりもしなくも無いけど、っというか、話の振りはばが、極端ってのもあるけど、ところどころに、毒を含んでいるというのも気になったりしなくも無いが、まーいいじゃないかっとしておく。 (42歳の中年と女子高生、高校教師と彼の生徒って、う~ん) (≡ω≡.)

ネタばれになってしまうかもしれないが、やぐっているけど親子丼はなかった。 (わかる人だけ用) そんなゲスイ見方する人もあんまりいないか。

ということで、作品の評価としては、三脚5本半というところ。 原田知世さんのかわいさを満喫するための映画だが、そうでなくても、そこそこ楽しめる。 


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


パッケージ

早春物語 デジタル・リマスター版


アマゾンリンク

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2014/04/25(金) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (149)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村