FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

人造人間ハカイダー(原題?MECHANICAL VIOLATOR HAKAIDER)について

監督  雨宮慶太
原作  石ノ森章太郎

役名および出演者名

リョウ        岸本祐二
ハカイダー      岡元次郎
カオル        宝生舞
グルジェフ      本田恭章
ミカエル       菊地寿幸
キャップ       栗原敏
キヨ         井上清彦
アンディ       アンディ・スミス
エディ        エディ・ローレンス
ラウフ        ラウフ・アーメッド
アミ         河合亜美
頭脳処理室の男    螢雪次朗
ハカイダーの声    松本大

声の出演  千葉繁、加藤雅也、八戸優、麻生直希

まずは、予告編から



あらすじ

荒波の中にそびえる怪しい廃工場がある島に盗掘者たちが探索していると… とんでもないお宝発見? 
ん? なんだ? お宝はどこだ?

なんと!

「俺は、一体誰なんだ!」  … えーっと、ハカイダーさんですよヾ(´ω`=´ω`)ノ 

バイク(ギルティー)でGoですな。 ジーザスタウンへ向かう。 ハカイダーに変身。 (か…かっこえー)

ジーザスタウンが設立されて3回目の記念日。 貧困と戦乱のない理想の国? 

ジーザスタウンを牛耳るグルジェフを狙った反政府ゲリラ・グループは、返り討ちに遭ってしまう。 すんでのところで、ハカイダーに助けられたカオルたち。 

破壊、破戒、

反政府軍のアジトが襲われる。 

スババババババババズバババパパババ
スババババババババズバババパパババ
スババババババババズバババパパババ


ドーン

オチない?

正義 Vs 悪

「キサマが正義なら、俺は悪だ」

人造人間ハカイダー


感想

実写版だが、雨上がり決死隊の蛍原徹さんは出ていない。

ジャンルは、特撮アクション。 人造人間キカイダーシリーズの外伝的な位置付けだな。

内容は、長い眠りから目覚めたハカイダーが、彼を造ったジーザスタウンの支配者グルジェフに復讐するというものだ。 厳密にいうと、グルジェフは、ほぼ戦闘力ゼロなので彼の側近・ミカエルとの戦闘が実質的なラストバトルになる。 

原作は、石ノ森章太郎さん。 ということで、ダジャレで名付けたんじゃないかなと疑われるのは、ハカイダー(破壊というより破戒から?)、ミカエル(見返る)など多数。 キカイダーシリーズとは、若干設定が異なる。

主演の岸本祐二さん(リョウ役)は、一切セリフを喋らない設定。 表情だけで芝居をしなければならないため、逆にしんどかったんじゃないか。

ハカイダーの着ぐるみは、かっこいいんだけどなぁ~。 時間がちょいと短いため、あまり多くを詰め込んでいない。 日曜の朝にやっている仮面ライダーなどのちょっと時間延長版くらいのストーリーになっている。(それが、悪いわけではないんだが)

ここからは、賛否両論があるかもしれない。 キカイダーシリーズが放送されたのは、随分昔。 筆者が見たのも当然再放送だった。 この作品が公開された1990年代半ばだと、シリーズのファンだった人は、結構な大人だった。 ということは、あえて子供にも分かり易いシンプルなストーリーにするよりも、もうちょっと心理描写や深いところに突っ込んでもよかったかも。 確か、キカイダーの原作は、もうちょっと根暗というか悩み多き主人公って感じだったはず。

作品の方向性は、特撮アクション度5、ストーリーの分かり易さ4、リョウのセリフ0。 ということで、作品の評価は、特撮好きで「キカイダー」シリーズを見たことがある人たちにはお勧め、見たことがない人たちには、う~ん、子供あるいは、子供心を持つ大きなお友達向けかな。


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/05/28(水) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロムナイト(原題 Prom Night)について

監督 ネルソン・マコーミック

ドナ・ケッペル   ブリタニー・スノウ
ボビー     スコット・ポーター
リサ・ハインズ   ダナ・デイヴィス
クレア      ジェシカ・ストループ
ロニー        コリンズ・ペニー
マイケル     ケリー・ブラッツ
クリシー      ブリアンヌ・デイヴィス
リック       ケラン・ラッツ

ウォーターズ     メアリー・マーラ
Dr.クロウ     ミンナ・ウェン(カウンセラー)
ウィン       イドリス・エルバ (刑事)
ナッシュ      ジェームズ・ランソン(刑事)

カレン       ジェサリン・ギルシグ
ジャック       リンデン・アシュビー

エイプリル    ジャナ・クレイマー
テイラー    レイチェル・スペクター
リサの母      ヴァレリー・ロス
ドナの母      ロリ・ヒューリング

リチャード・フェントン  ジョナサン・シェック(ストーカー)

まずは、予告編から



あらすじ

ドナが帰宅すると、…TVがついたままなのに、誰もいない。 
… (つд⊂)ゴシゴシ

はっ! (((( ;゚д゚)))
修羅場、さらば、

3年後、ドナは、Dr.エリシャ・クロウのカウンセリングを受けている。 PTSD的なもののためだろう。

ドナの高校のプロム・ナイトが迫っている。 ストーカーでいろいろ悪行をして収監されているはずの元教師(リチャード)の幻影が見えてしまう。(つд⊂)ゴシゴシ

いよいよ、プロムナイト。 がんばらナイト。 (イベントがアメリカでベタなものなので、ダジャレもベタなものにしておいた)(*'-'*)

ボーイフレンド(ボビー)が迎えに来る。 同級生たちと、ハメを外した騒ぎよう。 (無修正ってことは…) ハメは外すだけじゃないんだぜぇ~ ってこともなかったわけで。

ヒィーハァ~~~~~ (*´∇`*)

ドナの友人たちとクリッシーの間で火花バチバチ。

ダンスでノリノリ。 帽子を深くかぶった男があやC。 後をつけるってやる気満々日曜日じゃんか!

ドナの友人・クレアがボーイフレンドのマイケルと喧嘩をしてしまい、部屋へ行ってしまう。 (お逝きなさい、のフラグかな)

そして、お約束の展開。 

じゃなかったかも。

まったりした展開。 

ドナを心配して、ウィン刑事が見守る。 (ウィン、ウィンってことか…)

コンテスト、きれい好き、でもスッキリしない感じ。

鏡の前で、かがみながら… 

そして…

ミラー OR 見られてる? 

プロムナイト 小さい目


感想

無修正ってどういう意味だったんだろうか?

ジャンルは、ホラーなのかスリラーなのか迷うところ。 人が多く死ぬのだが、どちらかというとスプラッター的なシーンは控えめ(ゼロとは言わない)。

予算は、2000万ドル(20億円前後)。 興行収入は、5700万ドル(50億強ってとこか)。 興行的に成功してる。 っということと、日本での本作の評価は一致しないかもしれない(作品の出来という意味ではなく、興行的な意味で)。 

ホラーにしては、予算たっぷりなので、豪華なセットや豊富な場面転換。 登場人物も多めでエキストラもたっぷり。 ここ暫らく、ホラー = 低予算というのを見てきたからかもしれないが、今作のどこをとっても、お金かかってんなぁーと思ってしまう。 撮影されたのが、リーマンショック前のアメリカ版バブルのピークだったからかもしれない。

アメリカでプロムナイト、プロムパーティーといえば、一生に一度のビッグイベントなんだが、日本にはそういった風習がないため、「???」となった人も多いはず。 そのあたりが、アメリカでの評価と日本での評価の違いに反映されているのかも。

出演者は、プロムナイトということもあり、当然高校生という設定の俳優女優がほどんど。 いかにも学生向けのアメリカのTVドラマに出てきそうな出演者と、衣装や言動だった。 でも、この作品が撮影された時、主演のブリタニー・スノウは20歳超えてたはずなんだけど。 (ちょっぴり、一つの学年をダブってしまったという設定なのかな?) あと、ドナの母役で出ているロリ・ヒューリング、少し前に見た「Hunger」では、1ヶ月以上も食事抜きで何とか脱出したのに、今回はあっさりと…ネタばれになるから、これ以上はやめておくか。

内容は、ストーカー被害にあった女子高生ドナが、プロムパーティーに出かけるが、受刑者が脱獄し、ドナとドナの周りにいる人たちを巻き込んでの…というものだ。 それにしても、連続殺人犯を簡単に脱獄させたらイカンだろ、というツッコミはおいておいて、犯人の風貌ちょっと変わっただけで、分からないものかなぁ~。 ちょっと変装しただけで誰にもばれないんだったら、町にいる芸能人が声をかけられう事がなくなっちまいますぜ。

今作は、2014年5月に放送された「水曜日のダウンタウン」でホラーのお約束がテーマの時に、鏡の使い方でほんの少し引用されていた。 っま、それだけなんだけど。

演出としては、連続殺人犯は、結構酷い事をやっているが、そういう場面があっさり仕立てなので、そういう印象が残らない。 
作品の方向性は、ホラー度1、スリラー度2、いろいろ無駄に豪華だ度5、紆余曲折度0。 ということで、作品の評価は、(もしかして、ターゲットはティーンネイジャー)若い人(10代)には、これぐらいで丁度いいかもしれないが、いい歳こいた大人には、ちょっとはしゃぎ過ぎてて「う~ん」となってしまう。 でも、ソフトなホラー映画がいいという人には丁度いいかもしれない。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/05/27(火) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラン・オブ・ザ・デッド(原題 Devil's Playground)について

監督  マーク・マックィーン

役名および出演者名

コール   クレイグ・フェアブラス
ジョー   ダニー・ダイアー (アンジェラの恋人)
アンジェラ マイアンナ・バリング
スティーブ クレイグ・コンウェイ
ケイト   リサ・マキャリスター

ジェフリー シェーン・テイラー
ラヴィニア ジェイミー・マレー

ロブ    ショーン・パートウィー
ピーター  コリン・サーモン (ニュージェン社社長)
アンディー アリステア・ペトリー
マット   バート・ラスポリ(アンジェラの兄)

まずは、予告編から



あらすじ

「俺の名は、コール。 ニュージェン社の警備長だった。 あの製薬会社には、裏の顔が… 利益のためには、殺人や拷問もいとわない。」

英国、ロンドン。 ニュージェン社の社長ピーター・ホワイトは、新薬(RAK295)を発表。 次世代型のエネルギー補給剤だ。 (ド…ドーピングってやつか)重い副作用が噂される。

被験者番号009 アンジェラ・ミルズ

治験開始から1ヵ月後、深刻な副作用のため膨大な数の訴訟が発生。 (#`皿´) ムキーーーー!

アンジェラのみが、副作用が見られない。 

アンジェラを探す謎の男たち(コールとアンディー)。 (っま、当然、ニュージェン社の者なんだけど)

そして、患者が暴れだす。 ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

噛んじゃう系か… 

ドッカーーーン

噛まれると感染する。 バイト(BITE)で倍々ゲームってことだな。( ´_ゝ`)

コールは、解決策としてアンジェラを探さなければならない。 コール・of・Dutyってことか。(ちょっと強引だったか)

“悪魔の乱舞”状態。 

暴走、逆走、どうにもならなさそう。 ってか、突然騒々しいぜ。

アンジェラとケイトは、スティーブとジョーに合流。 そこへ、ジェフリー、ラヴィニアとコールも…

計画、策略、裏をかく? 

ドーーーン っと。

パァーーーン

虚偽 OR 協議 OR 競技

マットが…待っとらんだ!(`ε´)ぶーぶー (ダジャレで言いたかっただけなので、内容とは関係ないっす)

そして、



からの



ラン・オブ・ザ・デッド

感想

新薬の効果は、エネルギー補給剤だが、予算に関してはドーピング出来なかったの巻。

出演者に関しては、(筆者の勉強不足かもしれないが)あまり分かる人がいない。 イギリス映画ってことがあるのかも(っと、ちょっと言い訳してみたりして)。 主役のコールを演じるのはクレイグ・フェアブラス。 ごつい顔でいかにも力ずくで物事を解決しそうな雰囲気。 威圧感のある声は出演者の中では際立っている。 

ジャンルは、ゾンビモノのホラー。 ○○オブ・ザ・デッドといえば、多数のゾンビと噛まれることによる感染。 という王道を行っている。 

最近の流れかもしれないが、ゾンビを死んで生き返ってきた迫力満点のおっそろしい連中という描き方から、人間を凶暴化させるウィルスに感染した人々ということになっている。 おどろおどろしく、ゆっくりと近づいてくるゾンビに対して、スピーディーで運動能力がものすごくある凶暴な人間の方が、迫力と威圧感の面では妥協することになるが、状況は緊迫感があり何よりも追い込まれてる感がしっかりとある。

それにしても、凶暴化した人間に対する武器がトンカチでいいんだろうか。 相手は痛みを感じずに無謀に攻撃してきて、しかも、数がとんでもないことになっている。 このあたりは、確かイギリス映画の「ショーン・オブ・ザ・デッド」にも共通する。 「ショーン…」は、もうちょっと破壊力のある日用品を使っていた気がするけど。 もしかして、どこかの国の諺にちなんで、「トンカチ持てば、何でも釘に見える」的な感じでゾンビをやっつけてやるぜってメッセージなのかな。

内容は、製薬会社が治験を行った新薬が、おっそろしい副作用があったというものだ。どことなく、「28日後」を思わせる内容だが、本作ならではのちょっとしたヒネリがある。

予算が240万ドルなので低予算映画になる。 それにしては、エキストラが多数出演しており本気度を感じる。 凶暴化した人たちのアクションは、かなり頑張っていたんじゃないかな。

ところで、邦題の「ラン・オブ・ザ・デッド」は、別の映画「ランド・オブ・ザ・デッド」に似すぎじゃないかな。 もしかして、邦題を付ける人が狙っっちゃったかな。

作品の方向性は、ゾンビのアクロバット度4、舞台がロンドンのせいかゾンビがドンドン出てくる度4、もしかしてトンカチを武器にしているのはゾンビが金槌で泳げないことの比喩なの度10。 っということで、作品の評価は、本作はいい意味でも悪い意味でもゾンビ映画の王道を行くので、過度な期待(低予算のため)をしなければ期待通りの出来となる。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/05/26(月) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (192)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村