阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

ペーパーボーイ 真夏の引力(原題 The Paperboy)について

監督  リー・ダニエルズ
原作  ピート・デクスター

役名および出演者名

ジャック・ジェンセン     ザック・エフロン
ウォード・ジェンセン     マシュー・マコノヒー
シャーロット・ブレス     ニコール・キッドマン
ヒラリー・ヴァン・ウェッター ジョン・キューザック
ヤードリー・ エイクマン    デヴィッド・オイェロウォ
W・W・ジェンセン       スコット・グレン
タイリー・ヴァン・ウェッター ネッド・ベラミー
エレン・ガスリー       ニーラ・ゴードン
アニタ・チェスター      メイシー・グレイ
コール保安官         ダニー・ハーネマン

まずは、予告編から



あらすじ

「謎は、残ったままだ」
出版される小説は、事実に基づいているとアニタが答える。

1969年8月12日、フロリダ州モート郡。 
コール保安官が、黒人を大勢殺して憎まれていた最低の野郎とアニタが証言。 
白人にも嫌われていた。 (屮゚Д゚)屮 カモーン
そして、誰かが我慢できずにコール保安官を刺し殺した。 (((( ;゚д゚)))


「モート郡は、ヤンキー(ニューヨーカーのことで街のチンピラのことではない)とニガーに手をさしのべる」という看板がある。 刺されたコール保安官は、這って移動したが絶命。 しかし、コール保安官の銅像が立てられるのだった。 (なんで?)

アニタは、ジャンセン家で働いていた。

ジャックが5歳の時、母が逃げて、アニタは家事に呼ばれた。 ジャックの兄・ウォードは当時高校生。
ジャックとウォードの父(WW)は、モート郡新聞(地元の新聞)を作っていた。 

ウォードは、マイアミ・タイムスの記者になった。 (公民権運動、冤罪などを扱った)
シャーロットは、ウォードに手紙を出す。

ジャックは、水泳選手になる。 (いろいろ水に流すってことのフラグかな) しかし、いろいろあって、実家でWWの会社で新聞配達をすることになる。

危険な男が好みだというシャーロットは、服役囚(ヒラリー)に手紙を出す。

ジャックとウォードとヤードリーは、ヒラリーの取材に行こうとする。 (トゥース)
WWは、ウォードがヒラリーに取材していることが気に入らない。 (ヒラリとかわされるから?)
WWが付き合っているのは、エレンという女性。 (4人目らしい)

シャーロットがウォードのオフィスを訪ねる。 シャーロットは、ヒラリーと婚約したらしい。

ジャックは、シャーロットに一目惚れ。 (ジャック・イン・ザ・ボックスってことか)

ジャックとウォードとヤードリーとシャーロットは、ヒラリーと面会。

ペーパーボーイのスタンディング・オーベイション。 ♪ペーパーボーイ
ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

コール保安官事件での証拠が無くなっている。

ヒラリーに面会するが、ヒラリとかわされた。

くらげ → 逆さクラゲ → (゚ロ゚;)エェッ!? なんてことすんだい!

ヒラリーのおじ(タイリー)に取材。 (泥沼の予感)

雨 → ヤードリー じゃなく雨宿り

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

話はややこしい方向へ。

ドロドロした話に向かうってことか。

ペーパーボーイ 真夏の引力 大きい目

感想

ペーパーボーイだからって、ますだおかだの岡田さんは出ていない。 って、それって、ハッピーボーイやないか~~~い。 (●´ω`●)

ジャンルは、社会派サスペンス・ドラマ。

出演者で気になったのは、ウォード・ジェンセン役のマシュー・マコノヒー。 すっかりオジサン役に納まっちゃってるな。 同じようにシャーロット・ブレス役のニコール・キッドマンは、すっかり年下の性欲のままに暴走するジャック・ジェンセンを誘惑したり軽くあしらったりする熟女キャラになっていた。 WW役のスコット・グレンに至っては、すっかり爺さん役だもんな。 「バックドラフト(原題Backdraft)」で走り回っていたっていうのは、今の姿からは想像もつかないかもしれない。

タイトルのペーパーボーイは、新聞屋という意味のようだ。 本作に出てくるペーパーボーイは、WW、ウォード、ヤードリーの3人くらい。 3人は、それぞれに、新聞ということに関して違った理想を持っている。 

ストーリーは、コール保安官が何者かに刺殺された。 容疑者(ヒラリー)が逮捕され、裁判にかけられる。 しかし、裁判手続きには、諸々の不備があると気付いたウォールとヤードリーは、取材を通して真相を究明しようとする。

舞台は、1969年夏のフロリダ。 1960年代といえば、未だ黒人に対する差別があった時代だ。 特にアメリカ南部では。 当然本作にも反映されている。 ニガーという今となっては使ってはいけない言葉が何回か発せられる。 その辺りが解消されるのは、もう少し後になってからだ。

作品の方向性は、社会派度2、サスペンス度2、ドラマ度3、「ペーパーボーイって聞いて、最初に思い浮かんだのはオリガミ折る人か、印刷関係の人だと思ったの100人中何人くらいだろう」度99。 ということで、作品の評価は、原作ありのシットリ系なのでダイナミックなものは、期待できないものの、じっくりと見る時間と精神的余裕のある人には、なかなか楽しめる佳作。 ハードルを上げ過ぎなければ充分楽しめる。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



以下は、相当酷い目のネタばれ。 ちょっとだけ、伏線やら比喩やらの考察を書いてみた。









(*´ -`)(´- `*)








φ(.. )











φ(.. )












φ(.. )










(_´Д`) アイーン







本作の裏ストーリーは、間違いなくジェンセン家の家庭環境にあると思う。 アメリカ = 離婚率も高いというのは、筆者を含めて多くの人の先入観かもしれない。 しかし、時代は、1950年代~60年代。 その頃のアメリカは、その手の倫理観が強かったはずで、離婚は今ほど多くはなかったんじゃないかな(調べてないけど)。 特に、アメリカ南部にあるフロリダでは。 

そういった価値観で、「母親が自分たちを捨てた」と多感な時期に感じてしまったジャックとウォールは、女性に対して複雑な感情の抱き方をしてしまう。 ジャックは、奥手で熟女好き(熟女好きは、もしかして関係ないかも)。 ウォールは、きつい目のSM好き(こっちは、相当屈折している)。  しかも、同性愛なので、相手は手加減知らずの男のため案の定、死に掛けてしまう。 もしかして、禁断の闇というのは、こっちのほうだったかも。

ジャックが元水泳選手であったことが、終盤に生きて来る。 途中までは、ジャックがマザコンで実は水に潜っていることは、母親の胎内にいることの比喩だと思っていたのだが、終盤でそっちかよっていう展開になった。 

ウォールが、アニタに「キツい女はダメだ」といわれるシーンがあるが、まさか、これが伏線になっているとは・・・

WWがガールフレンドをとっかえひっかえしていることで、ジャックとウォールの母が2人を捨てたのではなくWWに愛想を尽かしたのだとかなり早い段階で分かった。 WWの結婚式に参加していることでも間違いないだろう。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/06/27(金) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カオス(邦画だけど別名 Chaos)について

監督 中田秀夫
原作 歌野晶午

役名および出演者名

黒田五郎   萩原聖人
小宮山佐緒里 中谷美紀
小宮山隆幸  光石研
浜口警部   國村隼
三浦刑事   田中哲司
黒田美佐子  菜木のり子
相馬るみ   夏生ゆうな
栗原冴子   山村美智子
さおり    新恵みどり
有村真樹   Miki
不動産屋   諏訪太朗
やから    浜田学

まずは、予告編から



あらすじ

雨。 (アーメンへのフラグか)

高級そうな飲食店(代々木のエルという店)で・小宮山佐織里が右手を怪我している夫(小宮山隆幸)と食事。 肉を切り分ける。 (憎たらしいってことのフラグか?) 小宮山隆幸が支払いを終え店を出ると佐織里がいない。 (ムムム)

仕事をしている小宮山隆幸に電話が入る。 「あなたの女房を預かっている」という内容だ。 誘拐らしい。 身代金3000万円だ。

隆幸は、警察(浜口警部ら)に協力を求める。 メイワ銀行の佐藤から融資のお話。 (迷惑千番ってことのフラグか)
(#8501にダイヤル。 連絡番号32213757 暗証番号1102)

羽生パーキングエリア(羽生PA)に2時までに届けなければならない。

犯人は、隆幸が警察に連絡したため佐緒里の姉・栗原冴子に身代金をかわりに要求。

代行サービスを営む黒田五郎のもとに、小宮山佐緒里がやってくる。
誘拐の依頼? ってそんなこと言うかい?

狂言? ぎょぎょぎょ! (((( ;゚д゚)))

罠 OR 縄 
わなわなわな (つд⊂)ゴシゴシ

はっ!?  (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

思わぬ方向へ。  ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

えええぇぇぇ! 

そうさ、公開捜査だそうさ。

303号室。 

カフェ…らしいね。 

ん? あれれ?

雨。 (アーメンのフラグかな)
なるほど。 つながった!

理由 → 有利 → 理由 → 運 あっ (;´Д`)

賭け → かっけぇー (なるほど)

カオス

感想

そうそう、その顔っす。 その顔が、ストーリーを難解にしてるっす。

ジャンルは、ミステリーあるいはサスペンス。 

黒田五郎役の萩原聖人さんは、どこか影がある四苦八苦する便利屋を好演ている。 小宮山佐緒里役の中谷美紀さんは、それに対して怪演という感じ。 終盤に向かっての表情が怖い時もあった。 國村隼さんの浜口警部もピッタリ。 ベテラン刑事役顔だ。 

ストーリーは、便利屋黒田に狂言誘拐を依頼する怪しげな女性・小宮山佐緒里。 黒田は依頼を受けたことで別の事件に巻き込まれていく。 

ストーリー展開は、時系列通りではない。 筆者の解釈では、この時系列のバラバラ感が本作のタイトル「カオス」に結びついていると思うんだが。 時系列はバラバラでも、ストーリーで迷うことはない。 話としては、一本道だし、逆に時系列が入れ替わった方が含みを持たせられる。

印象に残ったのは、赤い口紅と雨。 赤い口紅は、中谷美紀さん演じる小宮山佐緒里の妖艶さを表現したものだと思う。 それに対して天気雨は、2面性、賭け(勝ち負け入り混じりという意味で)を表現していると筆者は解釈した。 (アーメンの比喩ではなかった)

本作の監督は、中田秀夫さんということもあり、ホラーテイストをちょっと期待したのだが、ほぼそういうことはなかった。
 
作品の方向性は、サスペンス4、謎解き3、カオスもいいけど最近元ヤクルトのギャオスをすっかり見なくなったなー度10。 ということで、作品の評価は、原作ありってこともあって基となるストーリーがしっかりしていて見応えがある。 


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



ちょっとだけ、ヒドイ目のネタばれを含む考察。 (未視聴の人は、見ないこと)









( ・Д・)









φ(.. )













((=゜エ゜=))









本作のタイトルは、カオス。 カオスの意味は、混沌ぐらいのはず。 でも、小宮山の妻・佐織里をに成り代わった津島さと美は、周到に計画し、それを遂行する。 結局、小宮山隆幸は捕まってしまうのだが、それは、最初っからある程度予想できたこと。 終盤で、さと美は、黒田が自身を見つけたことに「やっぱり見つけたんだ」的なことを言って全く驚かない。 この辺りも、やはり計算の内なんだろう。

時系列についても、無秩序ということはなく、むしろ、この順番でないと成り立たない部分も多い。 

う~ん、となると、ラストにつながる黒田の提案あたりから、さと美の計画は破綻していき、精神的にも追い込まれていくことになる。 ラストのさと美の精神状態は、完全にカオスというかパニックなんだろうか。

ちなみに、本作は、原作ありなのだが、これの基になる事件ってあったような気がする。 大人の事情で、詳しくは書けないが。

カオス 裏表紙

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/06/26(木) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

殺人動画サイト Death Tube 2(邦画のため原題同じ)について

監督  福田陽平
脚本  岡田道尚、福田陽平

役名および出演者名

新堂希    西平風香
城戸竜太   坂口和也
柿崎守    川連廣明
北村さやか  秋山あお
水沢幸枝   井上直美
馬場正男   松川ノリスケ
佐古泰三   内海修宏
淀川友子   桜井聖良
馬場ミキ   雛乃(馬場正男の娘)
水沢カズヒコ 松本祐介(水沢幸枝の息子)


まずは、予告編から



あらすじ

Death Tube   Broadcast Murder Show tm
というサイト。

ドキドキ ナイフでポンというゲーム(?)にチャレンジする女性。 (厳密に言えば挑戦じゃなくて・・・)

やはり、部屋には、必要なアイテムが置かれている。
壁には「今日の目標 1.協調性を高める」とある。


ポン吉が説明を始める。 3分以内に部屋を脱出するというゲームだ。 
当然失敗すると死ぬんだポン。


わっ!  (((( ;゚д゚))) そんなことって有る?

なんと今回は、ポン吉の弟、ポン太郎が登場。 ポンポン撃っちゃうって説明だポン。

第2のゲームは、イス取りゲームだポン。
テーマは、「友情心」

参加者は、次々ゲームをクリアしていく。

ポン吉のデビル版が発動。 ・・・なんのこっちゃい?
(悪魔になったってこと? でも、もともと“熊のゆるきゃら”の設定じゃんか!)

残酷なゲームというか決断を迫られる。

動揺する参加者達。 って、どーよ。
くまったことになったぞ。

参加者の共通点? おやおや? (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

そんなのありっす? ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

そして・・・

追い詰められていく。

からの・・・

殺人動画サイト Death Tube 2 300

感想

Pon出た! 閉店ガラガラ。 ワァ~オ。 っという感じ。 (作品自体、前作とあまり設定が変わらないので、感想の出だしもカブセてみた。

ジャンルは、シチュエーションホラー。 似たような作風のCubeとSawを足して3で割った感じ。 例によって、残虐なシーンは、たまに出てくる。 しかし、メインはゲームでの心理戦。

本作は、タイトルからも分かるように前作「殺人動画サイト Death Tube」の続編。 それも、公開されたのが前作と同じ年の2010年なので「もしかしてTVなんかでよく聞く2本取り?」と思えるところも。 (筆者の妄想なんだが) 

世界観というか舞台設定は、前作と同じ。 場所も同じビルのはずだが、今作ではゲーム参加者が脱出を試みることでビルの構造などが解明される。

ストーリーは、元Death Tubeの視聴者が、なぜか自分たちが見ていたゲームに参加させられるが、脱出を試みる。 今作では、前作に比べて単純なゲームを簡単にクリアしてしまいサイト管理者の裏をかいて脱出してしまう。 しかし、そこで待ち受けていたのは・・・

作品の方向性は、ホラー度2、ゲームの難易度2、「感想の本文よりも、ヒドイ目のネタばれの方が長くなってしまうかもしれないPon」度10。 っということで、作品の評価は、なんか惜しい。 もうちょっと丁寧に作りこめばもっといい作品になったはず。 


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村


以下は、作品の評価に直結しそうなヒドイ目のネタばれ。 







(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!











v( ̄∇ ̄)v










(゚∀゚)アヒャヒャ













ヾ(=^▽^=)ノ










(≧ヘ≦) ムゥ












まず、舞台が都会のど真ん中にあるビルの一室を使っていたんだ! 適切な防音工事もしてなさそうだし、拳銃の音、参加者の絶叫、派手な破戒音、その他諸々を近所の住民にどう誤魔化したんだろう? サイトは、1年に数回しか開設されないが、行われているのは同じビル。 さすがに、多数の参加者を運び込むのに警察なんかに怪しまれるだろう。

そういうのもあって、昔から、それ系ホラーは、都会からちょっと離れた所や、工業地域で騒音が気にならないところを舞台にしてきたのに。

次に、参加者が選ばれた基準がひどい。 詰めが甘いというか強引過ぎるというか。

強盗殺人犯の城戸竜太は、選ばれてもいいとして、残りの参加者が殺される恐怖におびえながらゲームに参加しなきゃいけないのは、なぜ? 

終盤のゲームは、被害者と加害者のペアでお互いを殺し合わせるものだが、その加害者のやった悪行がなんともしょぼい

例えば、柿崎。 駅のホームで喧嘩しているのを見過ごしただけ。 どこにでも(とは、言わないがあってもおかしくない)ある風景。 いい歳した大人だったら酔っ払いの喧嘩なんてしょっちゅう見ているはず。 それを仲裁しなかったから死刑? むしろ、サイト管理者(ポン吉?)の方がやってることヒドイじゃないか。 しかも、その見過ごしたことを知って真っ青になりパートナーに近づいていくのには納得がいかない。 「いや~、申し訳ない」と軽く謝る程度ですまないかもしれないが、謝罪すれば許される範囲じゃないのかな。 とばっちりもいいところなので。

本一冊万引きしたことでゲームに参加させられた馬場正男なんて、(確かに万引きは犯罪だけど)それで死刑?っとなってしまう。 そんなんだったら、ダンボール単位でごっそり盗んでいた、あびる優さんどうなるんだって話だ。

本作の何よりいけないところは、被害者のはずの人たちにゲームに参加させていること。 なんじゃ~そりゃーとなってしまう。 

そういった作りこみの甘さもあって、筆者は、登場人物に感情移入できなかった。 見る側としては、そこを丁寧に作って欲しいんだよってのもある。 ゲームでの駆け引きなどは、人物の背景がある前提なんだけど・・・という価値観で筆者は、作品を見ている。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/06/25(水) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (149)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村