阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

デビルズ・ロック ナチス極秘実験(原題 The Devil's Rock)について

監督 ポール・カンピオン

役名および出演者名

ベン    クレイグ・ホール
クラウス  マシュー・サンダランド
ヘレナ   ジーナ・ヴァレラ
ジョー   カルロス・ドリンクウォーター
ミューラー ルーク・ホーカー
二コール  ジェシカ・グレイス・スミス

まずは、予告編から



あらすじ

1944年6月5日、Dの日の前日。 (Dの遺伝子と関係あるのかな?)

「連合軍は、ヒトラーの注意をノルマンディーからそらすためにチャンネル諸島で破壊活動を遂行。」

ガーンジー島から5マイル北東にあるファラウ島に兵士たち(ベンとジョー)は、上陸する。 (ベン、ジョー、う~ん、名前の付け方に悪意を感じる)

2人は、施設を発見。 不気味な悲鳴が聞こえる。 (≧ヘ≦) ムゥ
拷問? 救出?

2人は、施設の大砲を破壊しようとする。 しかし、施設内からの悲鳴が気になり、ベンとジョーは侵入。 

ジョーは、“真の黒魔術、オカルト科学の奥義”という本を発見。w(゚o゚)w オオー!
ジョーは、敵兵に射殺される。

ベンは、敵兵(クラウス)に襲われ気を失ってしまう。 拷問を受ける。 ('A`|||) アイタタタ

女性の叫び声。 

クラウスから状況説明と尋問。 ベンの妻へレナは、1941年のロンドンへの空襲で死んだ。

ベンは、なんとか縄を解き、拷問から抜け出したが・・・

女性の助けを求める声。 ベンは、女性を助けようと向かう。 そこにいたのは、なんと、ベンの死んだはずの妻へレナだった。 (((( ;゚д゚)))

併記されている兵器なので平気。
極秘実験。 魔術というかオカルト。 「グリモワール」という本が発見された。 

悪魔のささやき。 フェム・ヴァルー (シンバルじゃないぞ)

グロし (ρ゚∩゚) グスン

グロし(TДT)


デビルズ・ロック ナチス極秘実験

感想

昔、エアーズ・ロックってギャグで一世を風靡(?)した芸人がいたが、本作は、そのギャグと一切関係ない。

ジャンルは、オカルト・ホラー。 エクソシスト的なものに近い。 グロシーンは、やや多め。 

低予算のせいか、出演者は少ない。 ニュージーランド映画のためかもしれないが、筆者の知っている俳優はいない。 逆に、役者のバックグランドや前に出た作品の印象が残っていなくて作品に集中できるという面もある。

ストーリーは、ファラウ島でナチスドイツが行った極秘実験に連合軍側の兵士が巻き込まれるというものだ。 あんまり書くと、酷い目のネタばれになってしまうので、また、スクロールしたところに書こうかな。

作品の方向性は、オカルト度3(ちょっと中途半端な印象)、ホラー度3(すっごく怖いわけではない)、「本当に怖いのはいろんな人の批判だよ」 by エアーズ・ロックというギャグをやっていた芸人の証言の信憑度100。 ということで、作品の評価は、オカルトものが好きな人向けの作品。 もっとホラーテイストを期待していた人(筆者を含む)は、もうちょっとそっち方面の描写も欲しいなと思った。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

以下に、作品の評価に直結するような酷い目のネタばれを含む記述がある。 





(`ε´)ぶーぶー











(*・ε・*)ムー














(`Д´) ムキー!











本作は、ナチスドイツが人間を犠牲にした実験をしたということだったのだが、予算の都合かそこは、ごっそりとカット。

連合軍側の兵士ベンとナチ側の兵士クラウスの心理戦が本作の裏テーマだ。 騙し騙され虚虚実実を繰り返すのだが、肝心の悪魔が鎖につながれており、ぜーんぜん活躍しない。 しかも、一匹だけの大人しいヤツ。 状況が既に暴れまわった後という設定なのだが、そのあたりのシーンがもう少し加われば、緊迫感がもっとあったはず。

悪魔の特殊メイクは、なくてもよかったかも。
 女性に化けている状態で、ほんの少しメイクを変えるだけのシーンの方が怖かったので。 う~ん、このあたりは、筆者がホラー映画を変な見方するせいだろうか。 中途半端にそっちにお金をかけるくらいだったら、悪魔の大暴れシーンを追加して欲しかった。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/06/30(月) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セブン(原題 Seven 作品の中での表記は、Se7en)について

監督 デヴィッド・フィンチャー
脚本 アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー

役名および出演者名

デイヴィッド・ミルズ刑事   ブラッド・ピット
ウィリアム・サマセット刑事  モーガン・フリーマン

トレイシー・ミルズ      グウィネス・パルトロー
警部             R・リー・アーメイ
マーティン・タルボット検事  リチャード・ラウンドトゥリー
マーク・スワー弁護士     リチャード・シフ
テイラー刑事         ダニエル・ザカパ
カリフォルニア        ジョン・C・マッギンリー
マッサージ店にいたの男    リーランド・オーサー
マッサージ店の受付係     マイケル・マッシー
ワイルド・ビル        マーティン・セレン
ベアーズリー医師       リチャード・ポートナウ
オニール医師         ピーター・クロンビー
デイヴィス巡査        ジョン・カッシーニ
ジョージ           ホーソーン・ジェームズ
グリージィーFBI捜査官     マーク・ブーン・Jr.
図書館の警備員        ロスコー・デヴィッドソン
グールド夫人         ジュリー・アラスコグ
カメラマン          ケビン・スペーシー
女性記者           ドミニク・ジェニングス
ニュースキャスター      ビヴァリー・バーク

まずは、予告編から



あらすじ

定年退職間近(7日後)の刑事・サマセットが死体発見現場に現れる。 夫婦喧嘩が原因の殺人? 嫉妬のせいだ! そこに、転勤してきた新人刑事のミルズも。 サマーセットとミルズは、ペアを組んで事件に当たる。 サマセットは、なんとか定年までの7日間を穏便に済ませたいとミルズに伝える。

月曜日。 雨。(…アーメンっというフラグかな) 
死体発見現場では、太った男がスパゲッティーに顔を埋めて死んでいる。 TVはついたまま。 どうやら他殺のようだ。

火曜日。 グールド弁護士が殺された。 床には、強欲を意味する「GREED」と血で書かれている。
前日の現場に戻ったサマセットは、壁に暴食を意味する「GLUTTONY」と書かれている事を発見。

2つの殺人は7つの罪(暴食、強欲、怠惰、肉欲、高慢、嫉妬、憤怒)になぞらえて行われていると、サマセットは仮説を立てる。

「七つの大罪」「神曲」「カンタベリー物語」

水曜日。 天気雨。 (転機が訪れるってことか) ミルズ刑事の妻トレーシーは、サマセットを夕食に招く。
( ̄▽ ̄;)!!ガーン
揺れる家……(このあと激震というフラグかな)

1パウンドの肉。 痛悔 (エッブリ・デイとは全然関係ないぞ)
逆さまの絵。 

木曜日。 次の被害者は、ビクター。 アランやだ、死んでいた、という展開だ。 ((=゜エ゜=))
壁には、「Sloth」(怠惰)と書かれている。
なんてこった!!! (つд⊂)ゴシゴシ 

ミルズは、混乱し、感情的になってしまう。 (Mr.ボールドさんもびっくりするぐらい)
UPIのカメラマンに激写され、さらに感情的になってしまう。

金曜日。 トレーシーは、サマセットに相談。
 
犯人からのメッセージは、
「Long is the way, AND Hard,
that one of hell leads up to Light.」
(“地獄より光に至る道は長く険しい”)

ジョン・ドォ。 にとりあえず、聞き込み(「最近どぉっ」って感じで)
・・・のはずが、ひと悶着。

(犯人は計画を変更)

土曜日 次の被害者は、Lust(肉欲)関連。 エグイ。(((( ;゚д゚)))

日曜日。 Pride(高慢)の被害者。 
からの・・・まさかの展開!

罪 Or 詰み

ノ( ̄0 ̄;)\オー!!マイ!!ガッド!!

セブン

感想

本作のモーガン・フリーマンの演技を見て、筆者は童顔フリーマンという芸名でモノマネタレントをやっていくことを決意した。 (嘘だけど)

ジャンルは、クライム・サスペンス。 刑事モノだが、ホラーテイストもちょっぴりあったりする。 グロい描写、エグイ描写も場面としては、ほんの少しだが、結構キツイ。なお、雨の日と暗いシーンが多いため、精神的に沈んでいる時にみるのは、お勧めできない。

いぶし銀のようなウィリアム・サマセット刑事役のモーガン・フリーマンは、引退間近の老刑事を渋く演じている。 切迫した場面でも落ち着いているし、的確に状況を分析できるインテリ感がしっかりとあった。 それに対し、デイヴィッド・ミルズ刑事役のブラッド・ピットは、ちょっと“やから”が入った感情で動いてしまうタイプ。 対照的な2人がペアを組んだことで、話は程よく蛇行する。

ストーリーは、「7つの大罪」になぞらえた猟奇殺人を繰り返す犯人を捜査する引退間近のベテラン刑事と転勤したばかりの新人刑事が捜査するというものだ。 

ちなみに、7つの大罪は、暴食、強欲、怠惰、肉欲、高慢、嫉妬、憤怒で、殺され方もコレにちなんでいる。 全体的な流れとして文学作品への思い入れのようなものが感じられた。 例えば、モーガン・フリーマン演じるサマセット刑事は、サマセット・モームという作家から付けられた名前(ウィキペディア)。 (モームの作品の引用も一部ある) 「神曲」、「カンタベリー物語」などもわざわざ、あんまりそういうことをやる設定でないミルズ刑事にまで読ませていることからも。

ラストは、あまり具体的には言えないが、後味が悪い。 そう来たかっという感じもあったが。

作品の方向性は、サスペンス度3、刑事モノ度4、犯人の猟奇度5、「セブンとはいっても、主人公たちがピンチになってもウルトラマンセブンが助けてくれるわけではなかった」度10。 ということで、作品の評価は、90年代の猟奇殺人を扱った秀作。 グロいシーン、暗いシーンが多く、好き嫌いが分かれるが、見ておいて損はない。


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

酷い目のネタばれを含む考察について以下に書いた。 結末まで言ってしまっているので、未視聴の人は読まないこと。












(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!


















( ̄∠  ̄ )ノ



















(´▽`)





















犯人が使っている名前、ジョン・ドォは、日本語でいう「名無しの権兵衛」に相当する。 ということは、ケヴィン・スペーシーが演じる男は、名前も出身地もお金を得ている手段さえ一切謎のまま終わってしまう。 作中でジョンは、「自分は何者でもない」という趣旨の発言をしているが、製作側の意図としては、ジョンそのものよりも彼のやったことに集中して欲しかったのだろう。 それにしては、怠惰での犯行に1年も費やす辛抱強さがある。 

終盤、ジョンが計画を変更せざるを得なくなった。 ジョンがミルズに初めて会ったのは、ジョンがUPIのカメラマンに扮して現場の確認に行った時。 この時、ミルズがあんまりにも感情的に行動するのを見て・・・というよりも、やはり、ジョンのアパートが見つかり、その後の計画がダメになったせいだと考えるのが妥当。 もちろん、ジョンは、ミルズの性格を最初に会った時に見抜いたんだという設定だろうが。

ラストで、ジョンがミルズに引き金を引かせたのは、「自分は選ばれた裁くものであり、裁判で裁かれるのを認めない」という意思の表れだったため。 つまり、自身の「妬み」を罪として、自身で死に値すると裁くことで、7つの大罪事件が完成する計画だった。 最初っから、(計画変更はなくても)自身が殺されるつもりだったじゃないかな。

なお、配役では、サマセット役にアル・パチーノであったり、ミルズ役にはデンゼル・ワシントン、ケヴィン・コスナー、ニコラス刑事というプランがあったものの実現しなかった。 作品の方向性が随分変わっていた可能性がある。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/06/29(日) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コピーキャット(原題 Copycat)について

監督  ジョン・アミエル

役名および出演者名

ヘレン・ハドソン   シガニー・ウィーバー
モナハン刑事     ホリー・ハンター
ダリル・リー・カラム ハリー・コニック・ジュニア
ルーベン刑事     ダーモット・マローニー
ピーター・フォーリー ウィリアム・マクナマラ
クイン警部      J・E・フリーマン
ニコレッティ刑事   ウィル・パットン
アンディ       ジョン・ロスマン
スーザン       シャノン・オハーリー
マイク        デイビッド・マイケル・シルバーマン

まずは、予告編から



あらすじ

犯罪心理学者へレンは、連続殺人犯について講演している時に、かつて自分が担当した連続殺人犯(ダリル)を聴衆の中に見つける。 (誰かいる、のフラグ…ではなさそうだ)
(つд⊂)ゴシゴシ 

講演が終わり、トイレに入ると…  (((( ;゚д゚))) ダリルに襲われる。 

13ヶ月後。 ヘレンはいまだに、その時の悪夢にうなされている。 (トラウマってやつか)
チャットで気を紛らわせる。 

モナハン刑事とルーベン刑事は、射撃訓練。 
住宅街の家の浴室で首を絞められ殺された女性の遺体が発見された。 モナハンとルーベンは、その事件を担当する。

モナハン刑事は、警察が来てから何か変化があったのではないかと警官(マイク)に複数回訊いてみる。
クイン警部がストッキングを持って帰ってしまった。

ヘレンは、外出イヤ、ぜーったいイヤ状態。 引きこもりの強力バージョンってことか。

でも、モナハン刑事に電話をかけてみたりする。 (かまってちゃんということか)

モナハン刑事とルーベン刑事は、ヘレンのアパートを訪ねる。 協力を求めるためだ。

偶然殺人事件が3件続いただけか? それとも、連続殺人犯の犯行か?

ヘレンの部屋に誰かが侵入?

ニコレッティ刑事がニコニコしながら、モナハン刑事と会話。 (ダジャレを入れたかっただけで、ストーリーとはあんまり関係ないかも)

ルーベン刑事がモナハン刑事に夜食の差しいれ。 なんと、天丼を買ってきた。 (繰り返すってことのフラグかな)

20年前の連続殺人犯の犯行の模倣犯がいるらしい。

ヘレンは、いたずら(?)メールを受け取る。 (もしかして、犯行予告?)

ピーター・フォーリーの家のTVでは、干物を作るマシーンのインフォマーシャルをやっていた。 (カラッカラにしてやるというフラグかな)

ヘレンに迫る危機。 心配ないふ。

あり?本当にどうしたんだろう?

ドーナツこぼれた。 (穴が開いたという比喩のことか?)

そして・・・

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

コピーキャット

感想

Curiosity killed the cat. 本作に全然関係ないけど、ちょっと知識人ぶりたかったので、書いてみた。意味は、好奇心は身を誤る(Weblio英和対訳辞書)ということのようだ。

ジャンルは、クライム・サスペンス。 ちょっぴり、ホラータッチもあったりする。

主役のヘレン・ハドソンを演じるシガニー・ウィーバーは、迫力と貫禄がある。 シガニー・ウィーバーの表情は、連続殺人犯の犯行よりも怖かった。 そして、たくましさを併せ持っていたりする。 モナハン刑事役のホリー・ハンター「ピアノ・レッスン(原題The Piano)」でアカデミー主演女優賞を受賞している。 ルーベン刑事役のダーモット・マローニーは、どこかで見たことがある顔だなと思ったら、「アサシン 暗・殺・者(原題 Point of No Return)でJP役で出ていた人だった。

そう考えれば、何気に出演者は豪華だ。 製作費は、2000万ドル(日本円で110円として、22億円くらい)なので、そこそこの予算。 セットもしっかりしており、安っぽさはない。

ストーリーは、犯罪心理学者へレンは、講演の後かつて自身が担当した連続殺人犯ダリルに襲われたことがトラウマとなり自宅から出るのが怖くなってしまった。 ヘレンのいるサンフランシスコでは、連続殺人と疑われる事件が続発し、モナハン刑事らにヘレンは、協力することになる。 しかし、ヘレンは、一連の事件に巻き込まれていく。

犯人は誰だ的な流れで、ちゃんと伏線はあった。 

作品の方向性は、サスペンス度3、ホラー度2、「ヘレンの身辺警備が西川きよしさんだったら余裕で犯人からヘレンを守れたんじゃないかな」度100。 ということで、作品の評価は、丁寧にストーリーが構築されている90年代サスペンスの佳作。 すっごい尖ったところはないが、バランスよく仕上がっている。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



酷い目のネタばれを、ちょっとだけ。 (以下は、既に見た!という人用) 背景に関わることなどもついでに。






(*^・ェ・)ノ












ヾ(´ω`=´ω`)ノ














(*´Д`*)


















現場近くにあったノートの内容。

「Helen: don't lose your head.

Once that you've decided on a killing

First you make a stone of your heart

And if you find that your hands are still willing

Then you can turn a murder into art.

Now if you have a taste for this experience

And you're flushed with your very first success

Then you must try a twosome or a threesome

And you'll find your conscience bothers you much less.

Now you can join the ranks of the illustrious

In history's great dark Hall of Fame

All our greatest killers were industrious

At least the ones that we all know by name」


使われている単語が中学で習ったものばかりのはずで、意外と内容が理解できるかもしれない。 難しいのは、conscience bothers you much less というところぐらいじゃないかな。 (1時間10分を過ぎた辺りから、ヘレンが解説している。)


本作での模倣犯が基とした連続殺人犯たち。


アルバート・デサルヴォ (絞殺魔)

アンジェロ・ブオノ、ケネス・ビアンキ (ヒルサイドの絞殺魔)

デビッド・バーコウィッツ (ニューヨークで若い女性やカップルら13人を44口径の拳銃やショットガンで銃撃…ウィキペディア情報)

ジェフリー・ダーマー (睡眠薬入りの飲み物を飲ませて絞殺…ウィキペディア情報)

テッド・バンディ (数多くの若い女性を性的に虐待した後、殺害した)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/06/28(土) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
TV番組 (28)
グルメ (3)
スポーツ (4)
流行 (1)
海外ニュ−ス (4)
振り返る (6)
週刊誌 (4)
映画 (538)
雑学 (2)
季節 (1)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (75)
川柳 (3)
日記 (5)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村