FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

メイフィールドの怪人たち(原題 The 'Burbs)

監督  ジョー・ダンテ
製作  マイケル・フィネル、ラリー・ブレズナー、ロン・ハワード

役名および出演者名

レイ・ピーターソン    トム・ハンクス(夫)
キャロル・ピーターソン  キャリー・フィッシャー(妻)
デイヴ・ピーターソン   コリー・ダンジガー(息子)

マーク・ラムズフィールド ブルース・ダーン
ボニー・ラムズフィールド ウェンディ・シャール

アート・ワインガートナー リック・ダコマン

ウェルナー・クロペック  ヘンリー・ギブソン(ドクター)
ルーベン・クロペック   ブラザー・セオドア(おじ)
ハンス・クロペック    コートニー・ゲインズ(甥)

ウォルター・セズニック  ゲール・ゴードン
リッキー・バトラー    コリー・フェルドマン
ヴィック         ディック・ミラー
ジョー          ロバート・ピカード

まずは、予告編から



あらすじ

郊外(メイフィールド)の深夜。 レイは、隣の家からの物音が気になり、様子を見に行く。 (もしかして、霊現象?) あまり近づくとやばそうだ。

荒っぽい新聞配達の少年に腹を立てる住民たち。

新たに越してきた隣人・クロペックが、ご近所トラブル。 (ロックな登場なのに、ブルース・ダーンっつったりして)

レイの妻キャロルは、休職中のレイを心配する。 

アートがカラスを撃とうとガンガンいっちゃう。  ( ̄▽ ̄;)!!ガーン
アートとデイブがクロペックの噂話。 

リッキーは、アートとレイが謎の多いクロペックに挨拶すべきとリッキー説というか応援。
クロペック家(666)は、ボロイ。 そして、ホラーハウスっぽい。 結局、水掛け論に終わってしまう(?)。

夜、アート、リッキー、レイで散歩がてら噂話。 (アイスピック・・・冷え冷えになるってとこのフラグかな)

ジオパディー。 Jeopady (危険ってことのフラグか)

レイたちの調査は、雨(レイン)で中断(ディレイ)。 (なるほど)

深夜、クロペックは、庭で掘っていたのをレイは目撃。 (ほったらかしが吉ってことか)

キャロルは、レイを心配。

ウォルターが行方不明。 

事態は急変。 骨折り損のくたびれもうけ・・・じゃなかった?

そして・・・

悪ふざけ3人組(レイ、アート、マーク)が・・・

からの・・・

ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

メイフィールドの怪人たち

感想

「レイア姫(キャリー・フィッシャー)が夫レイのレイオフの心配をしてキレイごとを言う」ってややこしぃー

ジャンル
ホラータッチのコメディー。
 ドタバタのナンセンスが多いコメディーだ。 ホラー要素は、ちょっとした味付け程度であまり怖くないはず。

出演者
「ビッグ」で成功を収めたトム・ハンクス
が満を持して選んだのが本作(ウィキペディア)。 「ビッグ」では、アカデミー主演男優賞にもノミネートされたので、出演依頼も殺到したなかでのものだ。 休業中で悶々としているレイ役で、エキセントリックなところと子供っぽい雰囲気がシックリきていた。

レイの妻キャロル役で、キャリー・フィッシャーが出演。 トーマス→トム、キャサリン→キャリーみたいに、キャロル→キャリーってのは、定番の名前の短縮形。 そういう意味では、違和感はなかったんだろうな。(⌒-⌒)

キャリー・フィッシャーといえば、「スター・ウォーズ」4から6でのレイア姫役で有名だが、「スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還」が公開されたのが、1983年。 本作が公開されたのが、1989年。 わずか6年後で、すでにBBA感が出ている。 設定では、ティーンエイジャーの子供(デイヴ)がいることになってるし。 1956年生まれなので、当時33歳だったってことだが、もっと老けて見える(悪い意味じゃないぞ)。 

ストーリー
郊外(メイフィールド)に引っ越してきた謎多き一家・クロペックをめぐってって好奇心旺盛な近所の住民代表3人組(レイ、アーサー、マーク)が、あの手この手を使って真相を究明しようとするちょっぴりホラーテイストのドタバタコメディー。


笑い
がっつり狙って笑いを取りにいっているというより、脱力系でほのぼのとした感じさえある。 20年以上たって評価されるかもしれない題材であるモンスター隣人が、精神年齢低めで好奇心旺盛の悪乗りし放題で暴れまくる。 奇人変人大集合的な笑いと言ったら言い過ぎかな? 筆者的にいえば、コメディー映画では、これぐらいアッサリと笑いを誘うぐらいが丁度いい。 がつがつと狙いに行くと、見てるほうが疲れてしまう。 

作品の方向性(5段階)と評価
ホラー度1、コメディー度3、ドタバタ度4、ピーターソン家のキッチンでグレムリン・シリアル(ジョー・ダンテがグレムリンを監督したことから)を見つけた筆者は勝ち組?度10。 ということで、作品の評価は、難しいことを考えずにゆっくりノンビリと家族でほのぼのしながら見るには丁度いい小品。 多少B級っぽさはあるものの、計算されたストーりーでキャラクターがしっかり描かれているため、見て損した気分にはならないと思う。 



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/07/28(月) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マネー・ピット(原題 The Money Pit)について

監督    リチャード・ベンジャミン
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグデヴィッド・ガイラー

役名および出演者名

ウォルター  トム・ハンクス(アンナの夫)
アンナ    シェリー・ロング(ウォルターの妻)
マックス   アレクサンドル・ゴドゥノフ(アンナの前夫)
アート    ジョー・マンテーニャ(大工)
カーリー   フィリップ・ボスコ(現場監督)
エステル   モーリン・ステイプルトン
ジャック   ジョシュ・モステル(不動産代理店の店主)
ブラッド   カーマイン・カリディ
ウォルターの父 ダグラス・ワトソン
アーニー   マイケル・ジェッター
ワン     ツィ・マー
マリカ    ミア・ディロン
ベニー    ビリー・ロンバルド


まずは、予告編から



あらすじ

ウォルターの父(ウォルター・Sr.)は、ブラジルで結婚。 ツケは、ウォルター(息子)が払うことに・・・

ニューヨークでウォルターとアンナは、同棲中。 しかし、2人は、アンナの前夫・マックスの家に住んでいるため、マックスが帰ってくるまでに出て行かなければならない。 1年間は、マックスがヨーロッパでの公演があるため帰ってこないはずだったのだが、予定より早く帰ってくる。

2人は、ウォルターの知人で不動産業者のジャックに相談。 (家がジャック・イン・ザ・ボックスってことのフラグか)

アンナは、マックスの指揮するオーケストラでビオラを演奏。 ウォルターは、ヘヴィメタルバンドの顧問弁護士。

2人は、格安で豪華な物件を紹介される。 売主のエステルは、お金に困っていて、酷く弁護士に恨みがある模様。

ウォルターは、担当している子役ベニーから20万ドルを借りる。 (売れてる子役に対する皮肉たっぷりだな)

アンナとウォルターは、格安物件に引越し。 やはり、格安だけにあちこちボロイ。 ボロイ家 → ホラーハウス。

2人の手に負えないので、大工のアートに修理を依頼。 しかし、アーーーっというまに帰ってしまう。

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
(もう、笑うしかないな状態)

アンナは、マックスにお金を無心。

ウォルターは、蟻地獄にハマって行く。 ユカイなことになってしまう。 2人の間の壁がなくなる。

4ヵ月後。 大規模改修。 不満は、マックス。 イエスタデェー。 そして、2人の間に壁が・・・ 不協和音。 


第9 → 大工ってことか

マネー・ピット

感想

タイトルのマネー・ピット(money pit)は、底無しにお金がかかるもの[プロジェクトなど], 金食い虫という意味らしい(プログレッシブ英和中辞典(第4版)からの引用)

ジャンル
スラップ・スティック系コメディー・ドラマ。 ドタバタ系で皮肉たっぷりにオンボロ物件が描かれる。 全体としてのストーリーはあるのだが、どっちかっていうと、コメディーが中心。

出演者
主演は、トム・ハンクス。 1980年代は、主にコメディー映画に出ていたように思う。 「ビッグ」は、本作の2年後。 ウォルターは、ちょっぴりエキセントリックな役。 筆者のトム・ハンクスの印象は、シリアスなものよりも、どっちかっていうと、こっちの方がシックリくる。

助演(なのかダブル主演なのかは不明だが)のシェリー・ロングは、TV番組「Cheers」のダイアン役で出演し人気があった頃。 ちょとインテリぶって知識をひけらかしたり、ヒステリックなところは、本作でのアンナと重複するところだ。 若手だったトム・ハンクスに対して、既にベテランの雰囲気もあった。 年齢では、シェリー・ロングの方が6歳上だし、キャリアとしても長いし。
 
ストーリー
ウォルターとアンナは、同棲していたが、住んでいた家を出て行かなければならなくなる。 豪邸が格安で売られているのを見つけた2人は、即決で購入。 しかし、実は欠陥住宅だった。 

ウォルターとアンナの仲も家の状態と比例するかのように悪くなってしまう。

コメディー要素
ドタバタ系コメディーなので、ドッタンバッタンする。 家のあちこちが壊れる。 水周りは、安定の故障もち。 など、笑いを狙ってネタを振ってくるんだが、ややスベっていたように感じた。 あくまでも筆者の感想だが、ネタの詰め込みすぎと分かり易さを最優先したために露骨になってしまったことが原因じゃないかな。 これは、ハリウッド映画の宿命かもしれない。 商業的映画であるため、観客を何回笑わせることができたか、あるいは、ネタをいくつ仕込めたかという数値で表せることが出来る基準がもしかして足かせになったのかも。 あと、世界中で公開されることを前提とするのであれば、誰が見ても分かり易いということも基準になるはず。

作品の方向性(5段階で)および評価
ドラマ度3、コメディー度4、「髪型が姉葉物件じゃん」と言われた時の筆者のイライラ度100。 ということで、作品の評価は、う~~~ん、難しく考えずにリラックスした状態でノンビリ見るには丁度いいかも。 ジャンルは、コメディーだが、ドラマを見る感覚で見たほうが楽しめるかも。



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/07/27(日) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エンド・オブ・ザ・アース(原題 Rapture-Palooza)について

監督 ポール・ミドルディッチ

役名および出演者名

リンジー   アナ・ケンドリック
ビースト   クレイグ・ロビンソン(アール・ガンディー)
ベン     ジョン・フランシス・デイリー
ローラ    アナ・ガスティヤー(リンジーの母)
Mr.ルイス ジョン・マイケル・ヒギンス(リンジーの父)
マーフィー  トーマス・レノン
モーガン   ロブ・ヒューベル
ウォルト   ロブ・コードリー(ベンの父)
クラーク   カラム・ワーシー(リンジーの弟)
フライ    ジェシー・カマチョ
リズ     アドリアナ・コスタ
キンバリー  ステファニー・ポール

まずは、予告編から



あらすじ

実話を基にしている? (どう考えたってフィクションじゃないの?)

リック・フォレスト牧師 「黙示録には、終末が記される。」
「キリスト再臨のとき、世界中の信者が空中で主と出会う経験をし、真の信者の霊と体が天国に召される。」
「残された罪深き者は、悪夢のような世界でもだえ苦しむ。」

始まりは、ラプチャー(携挙)から。

ボーリングを楽しむリンジーと恋人ベン。 突然、人々が消えた。 教会に熱心にいっている人たちが消えたので、天国に行った? (昇天したってことか?)

しかし、リンジーの母・ローラが、地上に戻ってきてしまった。 服には番号が。 122112。 (筆者の知っているお互いを番号で呼び合う施設は、地獄だと聞いたが)

家に鬱陶しいバッタが入り込む。 (バッタ物、ダメ、絶対ってことか)

町では、奇妙な現象が・・・ 血の雨。 (シアトルなので、雨はデフォ)

そして、ゾンビが出没し始める。 そこらじゅうで暴れまわる。 (だって、ゾンビだもの)

近所のマーフィーがゾンビになってしまう。 芝を刈るだけのゾンビだ。

市長選に立候補しているアール・ガンディー。 ホワイトハウスで悪事を働く。 (ホワイトライじゃすまない)
アール・ガンディーは、ビーストと名乗り、更に悪事を働く。

リンジーの弟クラークと彼の友人フライは、なぜかエンジョイ勢。 (暗~くなっても仕方が無いってことか)

町には、無職(?)のゾンビがウロウロ。 (え~っと、既に死んでるんだからブラブラさせてやってもいいんじゃない?)

リンジーとベンは、サンドイッチを売り始める。 (臨時のアルバイトってことか) いろいろあって、お金を工面するため、ベンの父ウォルトが働くビーストの屋敷へベンとリンジーは行く。 ビーストはリンジーに一目惚れしリンジーと散歩。 ビーストの下ネタ・トーク炸裂。 

XGLTLGLレーザー光線なんとか

ビーストは、交際を断ろうとするリンジーにムチャ振り。 8時間以内に戻らないと・・・


Oh,My God!

ベンとリンジーは、隣人のマーフィーにお願いをする。 (意思疎通、人間関係・・・マーフィーの法則ってことか)

計画を練る。 そして実行。

門番ゾンビは、ベンたちが持ってきた違法薬物に手を出してしまう。 (そういえば、昔、違法薬物やめますか? それとも、人間やめますか?っていうCMがあったが、手を出してるのがゾンビなので、既に人間をやめてた) (TДT)

Oh,My Lord!(あれっ?)

エンド・オブ・ザ・アース

感想

そういえば、最近、百貨店でもゾンビを見かけたんだが、この映画の影響だろうか?

ジャンル
キリスト教の終末観に基づくナンセンス・コメディー。 悪乗りとドぎついブラック・ジョークを連発する。 アメリカの文化についてある程度理解がないと厳しいかも。 R指定なので、ある程度大人向け。 多分、違法薬物のところが引っかかったんだろうな。

ストーリー
キリスト教の予言通り、地上では、不思議な現象が次々と起こる。 突然消えてしまう人々。 血の雨。 町にあふれるゾンビ。 そして、悪態をつくバッタやカラス。 そんな中、シアトルに住むリンジーと恋人ベンは、つつましく生活していた。 が、ひょんなことから自らをアンチ・キリストで悪魔を自称するビーストに無理難題を押し付けられる。 それに対し、リンジーとベンは策略により対抗していこうとする。

突っ込み所とちょっとした予備知識
まず、始まりに、「This film is based on a true story.」とあるが、ど~~~~~お考えてもフィクション。 人が突然消えたり、ゾンビが町をウロウロって、それだけでトップニュースになるはず。

舞台がシアトルだけに、やっぱり雨が降る。 そして、同性愛ネタも放り込んできたり。 ビーストの名前がアール・ガンディーだが、もしかして、マハトマ・ガンジーとかけているのかな? 

若干ネタバレになるが、本作に登場するゾンビは、人を襲ったりしない。 ただただ、死後の世界を楽しんでいるだけ。 しかし、ビーストに雇われるゾンビもいたりする。 なんでだろう? 給料少ないからって飢え死にすることもないし、ましてや、老後のために蓄えが必要・・・なわけもないし(老後というより死後だから)。 

作品の方向性(5段階)と評価
コメディー度3(ブラックジョークとピンクネタを連発するが、空振りしてるかな)、世界の終わり度2、実話に基づいている度0。 ということで、作品の評価は、う~~~ん、予備知識あっても本作でのネタを笑うことが出来るかは微妙かも。 筆者はキリスト教徒ではないので、聖書の内容が分からないせいもある。



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/07/26(土) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (204)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村