阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

テケテケ (邦画のため原題同じ)について

監督 白石晃士

役名および出演者名

大橋可奈  大島優子
平山理絵  山崎真実
関口綾花  西田麻衣
内海圭太  一慶
可奈の母  水木薫
清水弘美  小島可奈子(友情出演)
ナメカタ  蛍雪次朗(加古川大学教授)
武田慎   阿部進之介
鹿島礼子  長宗我部陽子

まずは、予告編から



あらすじ

夜、バスで噂話をする子供たち。 前に座っていた清水弘美に手提げ袋が直撃。 イライライラ

清水弘美は、歩道橋を渡っていると・・・
後ろから物音が・・・  (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
逃げる清水弘美に・・・ 足音が近づく。 

( ̄▽ ̄;)!!ガーン

綾花は、可奈に一生のお願いをする。 (CD買って投票してくれって事か)
一計を案じて、可奈に綾花が内海のことを好きだと知ってもらうことだ。 (なんだかなぁ~)

従姉妹の理絵が突然の訪問。 (ありえねぇ~ってことか)

可奈は、綾花と内海のデートに付き合わされることに・・・ 
ニュースでは、名古屋で清水弘美の死体が発見されたと報じられる。

テケテケの噂
①胴体から下がないお化け。
②日が落ちた頃に、線路の上の歩道橋を歩いていたら
③テケテケって音を立てて近寄ってくる。
④振り向くと胴体あたりをバサッと切られてしまう。
⑤その時に生き延びても、3日後には必ず死ぬという。

可奈と綾花は、言葉のあやからギスギスしちゃう。 そんな、バカなぁ~~~。 (●´ω`●)

その帰り道、綾花は、テケテケの被害にあってしまう。 可奈は、警察から事情聴取を受ける。 おっかなびっくりな答え方だ。

綾花の死のため、うつむき加減な可奈を内海が励まそうとする。 でも、悲しぃーってことか。 可奈は、綾花が被害に遭った例の歩道橋に献花。 テケテケに追いかけられることに・・・ 何とか逃げ切った!? 

でも、内海は負傷。 可奈は、テケテケに関する都市伝説を調べてみる。 実は理絵もテケテケを調べていた。 一緒に加古川にいる教授を訪ねる。 アウストラロピテクス。 (加古川より向こうの人、帰られへんっていうフラグかな?)

みかさ町一丁目。 助手の武田が、何か知っている模様。 現場を武田が案内。 

タイムリミットが迫る。 

そして・・・

あかん。 大変なことになってしまう。

か…ら・・・の・・・

テケテケ 1

感想
新たな都市伝説、「加古川より向こうの人帰られへん。」ってホントだった。

ジャンル
都市伝説調査系ホラー。
 体を真っ二つってところが残酷だが、その他は、わりと大人しい目の作品。

出演者
主役(大橋可奈)を演じるのは大島優子さんで、2009年公開当時AKBのメンバーとしてブイブイ言わせていた時期。 映画には、初出演初主演だったのかな。

助演は、従姉妹の平山理絵役を演じる山崎真実さん。 で・・・でかい。 152cmの大島優子さんの隣に立つと171cmの山崎真美さんが巨大化して見える。

ストーリー
女子高生・大橋可奈は、ひょんなことから都市伝説となっているテケテケに追いかけられることになり、その呪いから逃れるため兵庫県加古川市まで行き都市伝説の原点を探る。


ところで、エンドロール中にワンシーンあったのだが、うっかり見逃すところだった。

都市伝説の話術で語られる怖さと映像化の難しさ
この手の話は、稲川淳二さんやハローバイバイの関さんが語ると聴いている者の想像をかきたてて怖さが倍増するんだろうな。 それに対し、本作で映像化されたテケテケは、恐怖を与える死の象徴というよりも、「13日の金曜日」のジェイソン並みにキャラクターを出してしまっている。 特にテケテケというのは、上半身だけの女性なので、怖くしようとするとどうしても、辻褄が合わない部分、あるいは、滑稽になってしまう部分がある。

作品の方向性(5段階・・・あくまでも方向性なので良し悪しではない)と評価
都市伝説調査度2(ナイトスクープ並に、しっかりと調べて欲しかった)、ホラー度2(テケテケが運動不足に思えたぞ)、「この都市伝説に、逃げ場はない!」度1(逃げ切った人いなかったっけ?)。 ということで、作品の評価は、う~ん、70分と短いこともあって暇をもてあそぶようなことは無かったが、腹八分目のような満腹感。 決して駄作ではないことは確かなのだが。 同日に公開された2で詳しく説明されている(?)という期待があるからかもしれない。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/07/31(木) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルームメイト(邦画のため原題同じ)(2013年)について

監督・脚本 古澤健
原案    今邑彩

役名および出演者名

萩尾春海  北川景子
西村麗子  深田恭子
工藤謙介  高良健吾
長谷川伸一 尾上寛之
安藤リカ  大塚千弘
春海の母  筒井真理子
松木刑事  螢雪次朗
山崎徹   田口トモロヲ(児童養護施設理事)
春海    吉田里琴(子供時代)

まずは、予告編から



あらすじ

神奈川県大和市の事故現場から女性が救急車で運ばれる。 警察官は、現場を調べる。 血の跡が・・・ 血の付いたナイフが・・・ 何者かを引きずった血の跡が・・ 

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

誰かいた!!!

現場で発見された被害者は、萩尾春海と工藤謙介の2人だった。 萩尾は、工藤の会社のアルバイトだった。 萩尾には、ルームメイト(西村麗子)がいた。 西村は、行方不明。

3ヶ月前。 春海は、交通事故で怪我をして入院中。 リカラビット。(ラビット関根さんとは、関係なさそう)
交通事故の加害者(工藤謙介)が保険会社の長谷川伸一とともに面会と謝罪に来る。 (工藤と長谷川は、高校からの友人)

看護婦の西村麗子が事故現場から回収した本を春海に渡す。 春海と麗子は、意気投合。
春海は、本に挟まっていた写真を発見。 (青写真が描けたってことか)

春海は、お金の工面に苦労する。 母にも電話をかけてみるが・・・(虚勢をはるみ)

麗子は、春海にルームシェアすることを誘う。 「お互い助け合うのがルームシェア」

麗子は、春海の保険会社との交渉を代理する。

手帳を連絡日誌にする。 (むむむ)

「ずっと一緒だよ」  (なるほど)

2ヶ月前。 麗子が代理する保険会社との手続きが滞っている。 ペット・・・
2人は、気分転換にレストランで食事。 偶然居合わせた麗子の同僚リカと会話。 (理解不能ってことか)

麗子の様子がおかしい。 (((( ;゚д゚)))

工藤がリハビリ中の春海に会いにくる。 春海が帰宅すると麗子は、何かを料理中。 
・・・ (つд⊂)ゴシゴシ

ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

まさか・・・

「誰か入ってきた・・・?」 (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

鍵を交換。 (この作品のキーってことなのかな?)

1ヶ月前。 帰宅途中の麗子の元同僚・安藤リカが、何者かに襲われる。 (そんなの、ありか!) 

3週間前。 春海は、工藤の会社(輸入雑貨店)で働き始める。 オフィスは、事務所兼倉庫兼倉庫。 段ボール箱の区別ムズカシィー。 春海は、夜の歓楽街で麗子を見つける。 マリ・・・無理 わ・・・た…し・・・は・・・マ・・・リ (謎の世界に、私ハマリましたってことか)

春海は、工藤の事務所に避難。 ARIADNE(アリャーどーねっ、てことか)

(TДT) なんてこったい

そして、現在・・・

ルームメイト 2014

感想

ドランクドラゴンの塚地武雅さん - 体重 + ロン毛 = 北川景子さん。

ジャンル
スリラー系ミステリーというかサイコホラーというか。
 心理的に追い詰められるという意味で怖い。 結構残酷なシーンもあったりするが、メインは心理描写であったりエンディングにつながる伏線の確認であったりする。 

出演者
北川景子さんと深田恭子さんのダブル主演。 北川景子さん演じる春海は、交通事故で足を負傷。 杖をつきながらの演技だったので大変だったんだろうな。 (春海、強えーーー、っとなったかどうかは、ここでは言えないが) 

筆者のこの作品を見る前の深田恭子さんの印象は、水泳が得意で足のサイズが和田アキ子さんと同じの天然系キャラということだったのだが、本作では、見事にいろんな性格を持つ怪しい女性を演じている。

ストーリー
交通事故で足を負傷し入院している春海は、看護師の麗子に誘われルームシェアをすることになる。
 最初は、意気投合していた2人だが、次第に麗子の奇行が目立つようになる。 春海は、事故の加害者・工藤の会社で働くようになるが・・・

ちなみに、ブリジェット・フォンダ主演の「ルームメイト」(原題 Single White Female)とは無関係。 まー、ハリウッド版(1992年の作品)とは、設定が全く異なるので、うっかり間違ってということもないだろう。

複雑なストーリーなので、また、スペースを空けてネタバレを含む考察をしようかな。

原作じゃなく原案?
本作は、今邑彩さんの「ルームメイト」を原案としている。 話の大筋は、そのままで、ざっくりと変えてしまった部分もあったせいだろうか。 (筆者は、原作を読んでいないので何とも言えないが) そういえば、綾辻行人さんの「十角館の殺人」も文章として書かれるトリックは成立しているのだが、それを映像化するのは、かなり困難だっていうのと似ているのかな。 

作品の方向性(5段階)と評価
スリラー度4、ミステリー度3、ショッキン・グーなオチ度4(エド・はるみさんには、申し訳ない使い方だったかも)、ルームメイトとトラブル抱えてるのに鈴木拓じゃなくすぐ帰宅ってどーよ度10。 ということで、作品の評価は、見る前にハードルを上げ過ぎなければ充分楽しめる佳作。 ほんの少し部屋を暗くしてこっそり見ると怖さ倍増。 

ちなみに、公式サイトもあるようだ。 (リンク切れじゃなければ)


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


以下に、>酷い目のネタバレを含む考察を書いておいた。 未視聴の人は、読まないこと。







(  ̄っ ̄)ムゥ














(`Д´) ムキー!













(`ε´)ぶーぶー














西村麗子は、萩尾春海が母親の恋人から受けた虐待により現実から逃避するために作り上げた別の人格というオチだった。 そこに、マリという第3の人格が混じってくるので複雑になった。 麗子 → マリという描写はあるが、春海 → マリという描写はない。 なんでだろう。

そもそも、春海が交通事故で記憶を一部失ったことが事の発端。 それまで、都合の悪いことを麗子に押し付けていたのを忘れてしまったため、事態は悪い方向へ。 

筆者が感じた最初の違和感は、冒頭のシーンで走り去る女性。 実在のエリだったのだとラストで判明。 麗子が実在するかのようなミスリードだった。

あと、春海と麗子がレストランで食事をするシーン。 春海と麗子は同一人物なので、一人で2人分の料理を注文したことになる。 「ネットでは評判のいい店」のウェイターがため息交じりにサービスというのも納得。

ここまでは、ある程度理解できるんだが、問題は、麗子やマリと春海の記憶がつながっているかという点だ。 母親を殺した麗子なので、春海にはその記憶が無く、お金の無心をするシーンまである。 会話は、勿論妄想のはず。 でも、春海の行動は、麗子に筒抜け。 麗子とマリが夜中に言い争うシーンがあることを考えると人格間での情報の共有ってどうなっているか悩む。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/07/30(水) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハロー・アゲイン(原題 Hello Again) について

監督  フランク・ペリー

役名および出演者名

ルーシー  シェリー・ロング
ゼルダ   ジュディス・アイヴィ(ルーシーの妹)
ケビン   ガブリエル・バーン
ジェイソン コービン・バーンセン(ルーシーの元夫)
キム    セーラ・ウォード(ルーシーの友人)
ジュニア  オースティン・ペンドルトン
レッジーナ キャリー・ナイ
フィニアス ロバート・ルイス
フェリシティー マデリーン・ポッター
ダニー   ソー・フィールズ(ルーシーの息子)
ブルース  ジョン・カニンガム
バーンズ  エルカーン・アブラモウィッツ

まずは、予告編から



あらすじ

ルーシーは、鏡を前に自己紹介の練習。 夫ジェイソンと共にパーティーへ。 ジェイソンは、美容整形の外科医をやっている。 ルーシーは、パーティーに溶け込めない。 友人・キムに会って一安心と思いきや、失敗もしちゃう。 

翌日、妹ゼルダの店へ行き、愚痴ってみる。 ジェイソンにも愚痴ってみる。

ジェイソンとルーシーの家の庭でパーティー。 ゼルダが死者との会話を語る! (ゼルダの伝説ってことか) 調理師になるための修行中のルーシーの息子・ダニーが料理を準備する。

海岸際でパーティー。 キムは、結婚と離婚を繰り返している。 目的は、お金。 

ゼルダは、ごつい韓国風チキン・ボールをルーシーに勧める。 ルーシーは、それを喉につめて窒息死してしまう。

ゼルダは、古い書物からルーシーを蘇らせる儀式を見つけ、行う。 
なんと、 (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
あの世から帰ってきた。 (ハローアゲインってことか)

ルーシーは、自分が1年前に死んだことをなかなか理解できない。 ゼルダが調べ物をしている隙にこっそりとお金を借りて家に帰ってしまう。

が、家は、バーンズという人に売られてしまっていた。 Σ( ̄ロ ̄|||)
ボランティアをやっていた、場所も売られてしまった。 (幽霊だけに、売らめしや~ってことか)

ルーシーは、ゼルダに死ぬほど怒られる。 (っま、一回死んでるので気にしてないようだが)

ルーシーは、医師ケビンを訪れ、死んだ時の様子を説明してもらう。 ジェイソンに会いに行く。 そこで、ジェイソンとキムが一緒にいるところに遭遇。  (つд⊂)ゴシゴシ (気まずい)

ダニーにも会ってみる。 

儀式で蘇ったルーシーが、この世に居続けるためには条件がある。
 それは・・・

hello again ちょっぴり大きいかな

感想

丹波哲郎さんもビックリの死後の世界からの帰還。 そのためか、主人公・ルーシーは、人の話を聞かん。 暴走機関車のような状態になってしまう時は・・・なかったか。

ジャンル
ロマンティック・コメディー。
 1980年代のアメリカン・ポップミュージックを映画にしたようなライトなテイスト。

出演者
主役のルーシーを演じるのは、シェリー・ロング。 1987年の作品なので、「チアーズ」で一息ついて映画に集中でき始めた頃のはずで、脂の乗り切った演技が見れる(ルックスでいえば、すごく痩せ型で油とは無縁のようにも思えるが)。 蘇った後は、どこか青白く、健康状態がよくなさそうなので、幽霊役にピッタリ(悪い意味じゃないぞ)。 ・・・しかし、(筆者は、見る前に誤解していたのだが、)ルーシーは、幽霊ではなく生身の人間として蘇った。  (≧ヘ≦) ムゥ  そのため、特殊メイクなどしているはずも無く、食事をしたり、健康診断が出来たりする。

今では、渋キャラおじさん役でブイブイ言わせてるガブリエル・バーンは、若い医師・ケビン役で出演。 若い。 でも、キャラは、今とそんなに変わらない。 ブレないっていう方が正確かな。

お金目当てに結婚と離婚を繰り返すキム役としてセラ・ウォードが出演。 最近では、海外ドラマ「ドクター・ハウス」にステイシー・ワーナー役で出演。 知的でセクシーな大人の女性役なので、この人も若い頃からキャラがブレていない。

ストーリー
ハイソな生活をする夫ジェイソンと調理師志望の息子ダニーと共に暮らすルーシーは、妹ゼルダの出した韓国風チキンボールを食べているときに喉を詰まらせてしまい、うっかりと死んでしまう。
 1年後、ゼルダの儀式により蘇ったルーシーだが、ルーシーが死んでいた1年間で彼女のまわりの人たちは、すっかりと変わっていたのだった。

キャラ
シェリー・ロング演じるルーシーは、今でいうドジッ子キャラ(っていうんだよね?)。 叶姉妹の1人や2人いそうなセレブ・パーティーでは、(鏡の前で予行練習をしたのにもかかわらず)1人馴染めずに失敗と失態の連続。 ちょっとした段差があれば、転んじゃう。 服で引っ掛けられるものがあれば、無意識に何でもかんでも引っ掛けて引きずっちゃう。 ただ、設定でいえば、大学生の息子がいる40代の中年女性で、萌えとなるかどうか・・・

作品の方向性(5段階)と評価
ロマンティック度3、コメディー度2、ほのぼの度4、修学旅行やキャンプで一緒の部屋にいる先に寝てしまった同級生や知人の顔にに三角に折ったハンカチを永遠の眠りと言ってそっと置いたらバレてガチ切れされた回数7回(絶対にハロー・アゲインという雰囲気ではなかった)。 ということで、作品の評価は、突っ込み所は多々あるが、ほのぼの系でライトなテイストなので安心して見られる小品。 


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/07/29(火) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
TV番組 (28)
グルメ (3)
スポーツ (4)
流行 (1)
海外ニュ−ス (4)
振り返る (6)
週刊誌 (4)
映画 (538)
雑学 (2)
季節 (1)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (75)
川柳 (3)
日記 (5)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村