FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

ルール2(原題Urban Legends Final Cut)について

監督 ジョン・オットマン

役名および出演者名

エイミー  ジェニファー・モリソン
トラヴィス マシュー・デイビス
ソロモン  ハート・ボックナー(教授)
ヴァネッサ エヴァ・メンデス
リース   ロレッタ・ディヴァイン
グレアム  ジョーイ・ローレンス
トビー   アンソン・マウント
ブレンダ  レベッカ・ゲイハート(看護師)
スタン   アンソニー・アンダーソン
サンドラ  ジェシカ・コーフィール
ダーク   マイケル・バコール
サイモン  マルコ・ホーフシュナイダー
リサ    ジャシンダ・バレット
マリーナ  レジーナ・ホール
ケビン   デレク・アースランド
リビー   ジャネット・ソーサ
フェイ   ピーター・ミラード(博士)
ロブ    ヤニ・ジェルマン

まずは、予告編から



あらすじ

嵐の中、飛行機の中で不安になってしまう乗客。 カップルは、トイレでイチャイチャタイム。 乗客と添乗員は、殺人犯に襲われ、死んでしまっている。 逃げるカップル。

・・・映画の撮影だった。 カップルの女性役を演じるサンドラの芝居がよくない、と監督のトビー。

アルパイン大学の映画学部に通うエイミー。 夜道を一人で歩いていると、警備員のリース(前作でも同じ役だったか)に呼び止められ車で送ってもらう。 リースは、ペンドルトン大学での事件(前作)をエイミーに話す。

エイミーは、卒業制作に都市伝説に基づく連続殺人をテーマにした作品を撮るとソロモン教授に報告。

バーでカクテルを飲んで酔っ払ったリサは、何者かにさらわれる。 目を覚ますと、氷漬けにされており、近くには自分の物と思える内臓が置かれている。 (((( ;゚д゚)))

逃げようとするが・・・ ε=ε=(;´Д`)
あだだだだ  (T_T) (そうはイカンぞうってことだな)

エイミーは、卒業制作をするためにスタッフを集める。トビーは、エイミーが彼の作品のアイデアを盗んだと警告に来る。 (`ε´)ぶーぶー

エイミーの友人トラヴィスの紹介でカメラ担当のサイモンが撮影所へ来た。 撮影後、サンドラは車の鍵を忘れたため誰もいないスタジオに戻る。

試写会でサンドラが襲われるシーンが映し出される。 リアルな感じだ。 (もしかして、スナッフフィルム?)

トラヴィスは、(成績不振が原因で?)自殺したらしい。 (トラジェディー)
トラヴィスの葬式でグラハムがエイミーに「彼のコネを使ってエイミーの作品を仕上げようか」と助け舟を出すが、エイミーは、自分で仕上げたいと断る。

エイミーは、トラヴィスの自殺したタワーに調べに行ってみると、トラヴィスの双子の兄弟トレバーが同様に調べていた。 

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

そして

魔の手は、エイミーにも・・・

ε=ε=(;´Д`)

痺れを切らして・・・

か・・・ら・・・の・・・


なんてこったい 
( ̄▽ ̄;)!!ガーン  ( ̄▽ ̄;)!!ガーン  ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

ルール2


一言で言うと
筆者の聞いた事がある都市伝説といえば、某芸能事務所の寮で冷蔵庫に“104”と書かれた飲料などを勝手に飲んだりすると大変な目に遭うという噂だ。((=゜エ゜=))


ジャンル
都市伝説を模倣したスリラーまたはホラー。
 
序盤できつい目の残酷シーンがある。 そのシーン以外は、それほど厳しいものはないかな。 終盤は、コメディータッチ。


出演者
エイミー役のジェニファー・モリソンは、海外ドラマ「Dr.HOUSE」のアリソン・キャメロン役での印象が深い。
 
今作では、女子大生役で、実年齢的にいっても20歳前後であったのでピッタリだった。 1994年の「わかれ路」(原題Intersection)でデビューなので、若いがそこそこキャリアがあったようだ。 

そう考えると、ヴァネッサ役のエヴァ・メンデスは、撮影当時25~26歳くらい。 う~む、ギリギリかな。

前作からは、リース役のロレッタ・ディヴァインとブレンダ役のレベッカ・ゲイハートが出演。 ガッツリと主要な出演者とからむリースとは対照的にブレンダは、ほんの申し訳程度の出演だ。


ストーリー
アルパイン大学の映画学部での卒業製作の題材として都市伝説がらみの殺人事件を選んだ学生エイミーの友人や同級生たちが、都市伝説になぞらえた方法で次々と殺され、ついには、エイミーも標的になり・・・



作品中で扱われた都市伝説
①腎臓強盗 ・・・ バーで酒を飲んでいると、意識を失い、気がつくと肝臓が手術により取り出されている。 ネタ元は、いたずらメールらしい。

②“Humans can lick too” ・・・ 夜寝ていると、水の音がしたため、少女は起きてしまう。 少女は、蛇口を閉めベッドにはいって手をベッドから垂らしていると犬にペロペロされる。 というのを数回繰り返す。 今度は、クローゼットの中から物音が聞こえたので開けてみると、犬が惨殺されている。 “Humans can lick too”というメッセージが残されている。

③“snuff film” ・・・ 実際に殺人をしているシーンを撮影した映画。

④食品に異物
 ・・・ サンドラがエイミーに話した内容。 う~ん、都市伝説ではなく、実際にありそう・・・というか、2014年に中国の工場であったような気がするんだけど。


タイトルについて
邦題は、ルールとなっているが、原題は都市伝説を意味するUrban Legends。 作品が公開された2000年当時では、都市伝説という表現は一般的ではなかった(という筆者の勝手な判断)ためなのかも。 サブタイトルのFinal Cutは、おそらく映画内映画ということと、本作がシリーズ最終作であることを掛けているんだろう。


終盤というか、ラストが・・・
この手の作品で、終わり方で評価が随分変わってしまう。 終盤のバタバタした感じ、ラスト・・・う~む、評価が割れそうだ。


予算は、1500万ドル(日本円で約16億円)とホラー映画としては、奮発している方。 興行収入は、約3857万ドル(約41億円)と興行的には成功している。


作品の方向性(5段階)と評価
スリラー度3(そこそこの怖さ)、ミステリー度1(謎解きの部分が強引かな)、「リサの事件、あんまりにも触れられないなんて、いかんぞう!」度10。 ということで、作品の評価は、前作ほど都市伝説を知らなくても作品を理解することは出来る。 しかし前作のラストのインパクトが本作にも欲しかったかな。 決して悪い出来ではないのだが、レンタルで1度借りて見れば充分な気がする。 セルは厳しい。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/08/28(木) 22:32:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルール(原題 Urban Legend)について

監督 ジェイミー・ブランクス

役名および出演者名

ナタリー   アリシア・ウィット(女子大生)
ポール    ジャレッド・レト(学生、記者)
ブレンダ   レベッカ・ゲイハート(ナタリーの友人)
パーカー   マイケル・ローゼンバウム
サーシャ   タラ・リード(ラジオDJ)
リーズ    ロレッタ・デヴァイン(警備)
デーモン   ジョシュア・ジャクソン(イタズラ好き)
トッシュ   ダニエル・ハリス(ナタリーのルームメイト)
デビッド   ゴード・マーティノウ(マッカリー)(TVリポーター)
ミシェル   ナターシャ・グレグソン・ワグナー(ドライバー)
デビッド   ヴィンセント・コラッツァ (エバンス)
フェリシア  スタファニー・ミルズ
ブレイク   ダニー・カムデン
マイケル   ブラッド・ドゥーリフ(ガソリンスタンドの店員)
清掃員    ジュリアン・リッチングス
アダムズ学長 ジョン・ネヴィル
ウェスクラー ロバート・イングランド(教授)

まずは、予告編から



あらすじ

雨が降る深夜、ミシェルは、ノリッノリで歌を歌いながら運転。 燃料を入れるためにガソリンスタンドへ。 しかし、店員(マイケル)はホラーなルックスでミシェルを驚かせる。 (((( ;゚д゚))) (マイヤーじゃないぞ)

支払いのためのクレジットカードに問題があったために、ミシェルに事務室へ付いてくるようマイケルが伝える。 マイケルが・・・ (ドンマイケル)

ペンドルトン大学のWZABというラジオ局でDJを務めるサーシャにフェリシアという女性からのお悩み相談。

キャンパス内のカフェでパーカーが都市伝説を話す。 「25年前に教授が多数の生徒を学生寮(スタンリー・ホール)で殺した」というものだ。 聞き入るナタリー、ブレンダ、とポール。

ナタリーが部屋に帰るとルームメイト(トッシュ)が作業中だった。 (*´ェ`*) ナタリーは、急いで電気を消して自分の部屋へ。

ウェスクラー教授が都市伝説の講義をする。 あくびをするデーモン。 (寝たらすっごいモンスターに襲われるぞ!) ブレンダが実験に参加。 オー、マイキー! 

ポールは、(冒頭の)ミシェルの事件を記事にして生徒に配ろうとするが、大学の学長ディーンと警備のリースに妨害される。 TVでもミシェルの事件が扱われている。 ガソリンスタンドの店員・マイケルも行方不明になっているようだ。

デーモンは、悩みを聞くという口実でナタリーを呼び出し・・・ でも…
ナタリーは、助けを求めて警備のリーズのところへ。 事件が起こった所へ戻ってみるが何も残っていない。 

ナタリーは、カフェに集まったパーカー、サーシャ、ブレンダに都市伝説をなぞらえた殺人が起こっているのではないかと訴えてみる。 でも、デーモンがイタズラ好きだったために、他の者は信じようとしない。

ポールは、ナタリーに取材。 でも、ナタリーにはいろいろあって、ぐったりーしている。 2人は、25年前に起こったとされる事件との共通性を調べてみる。

ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

グサッ ε=ε=(;´Д`)

パーティーで警備はゆるゆるに。 ヾ(=^▽^=)ノ
ブレンダはショッキングな出来事に遭遇。 (  ̄っ ̄)ムゥ

そして・・・


ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!


(((( ;゚д゚)))


か・・・ら・・・の・・・

ルール 小さい

一言で言うと
藪からスティックなシーンが多かった by 大柴


ジャンル
都市伝説系ホラーというかスリラー
というか。 方向性としては、「スクリーム」シリーズに似ているかな。


出演者
ナタリー役のアリシア・ウィットは、「恋愛の法則」(原題 Bodies, Rest And Motion)でエリザベスという少女役で出演していた人だ。 本作では、ちょっと影のある女子大生役。 

そして、ウェスクラー教授役のロバート・イングランド。 名前はイングランドだが、アメリカのカリフォルニア州出身(紛らわしいぜ)。 出世作(というか筆者の記憶に一番残っている)は、「エルム街の悪夢」でのフレディ・クルーガー役だ。 ただ、本作では、ムスっとしていて、それほどフレンドリーではなかった。 それに、出演時間もそれほど多くなかったため、爪痕も残せなかった。 (フレディー人形を教授室の斧の近くに飾っておくってのは、おしゃれだったが)


ストーリー
ペンドルトン大学に通う女子大生ナタリーの周辺で、その地域に伝わる都市伝説になぞらえた殺人事件が起こる。 やがて、ナタリー自身にも・・・



本作で扱われた都市伝説(作品からの説明なので正確ではないかも)(注)一部ネタバレ含む
①The Killer in the Backseat ・・・ そのタイトル通り後部座席に殺人犯が隠れているのだが、ドライバーを助けようとパッシング(ヘッドライトを点滅)したり、今作では、ガソリンスタンドの店員が助けようとしたりする。

②The Boyfriend's Death ・・・ デートしているカップルの一人が首にロープを巻かれ、残った一人の乗っている車にくくりつけられている。 怪しい人影に怯えた残りの一人が車でその場から逃げようとするとロープを首に巻きつけられたほうが窒息してしまう。

③The Gang Initiation ・・・ 無点灯で走る車に気付かせようとヘッドライトを点滅して教えると、無点灯で走っていた車に追いまわされるというもの。

④aren't You Glad You Didn't Turn on the Light ・・・ ルームメイトを襲った殺人犯のメッセージで、実際にその現場に出くわしたにもかかわらず、照明をつけなかったために、犯人は、もう一人殺さずに済んだために残したというもの。 この都市伝説は、筆者も聞いたことがあり、おそらく、元ネタは、テッド・バンディーが実際に犯行で残したメッセージ。

⑤Slasher under the Car ・・・ 車の下に潜んだ犯人に足を斬られるというもの。

⑥Bloody Mary ・・・ (鏡に)ブラッディー・マリーと三回呟くと・・・

⑦Old Lady dries wet dog in microwave ・・・ ずぶ濡れの猫(犬?)を乾かそうと電子レンジに入れたという話。 (中川翔子さんもビックリな話だ)

⑧Pop Rocks 
・・・ パチパチキャンディーと炭酸飲料を同時に食べる(飲む)とお腹の中で炭酸が爆発するという話。 (島木譲二さんのパチパチパンチならセーフだけど)

⑨The Babysitter and the Man Upstairs ・・・ ベビーシッターに執拗に電話を掛けて来る男の話。 違う階にいる「子供を見に行け」と何度も言ってくる。

⑩おまけだけど、女性用避妊薬を頭痛薬と入れ替えるという非常に怖いのも紹介されている。( ̄◇ ̄;)


作品の方向性(5段階)と評価
都市伝説に忠実度5、ホラー度3(怖さがメインではないような気がする)、謎解きの難易度3(ミステリーではないので、犯人の予想は、伏線からは不可能)、「サプライズのためなのか、終盤は、ルール無用」度10。 ということで、作品の評価は、背景となる都市伝説を知っている人であれば充分に楽しめる内容。 知らないと、どうしてこんな回りくどいことをやるんだろうとなってしまうかもしれない。 


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/08/27(水) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

予言(邦画のため原題同じ)について

監督 鶴田法男
原作 つのだじろう『恐怖新聞』

役名および出演者名

里見英樹  三上博史
里見綾香  酒井法子(英樹の妻)
里見奈々  井上花菜(英樹の娘)

若窪沙百合 堀北真希(英樹の生徒)
御子柴聡子 吉行和子(超能力者)
鬼形礼   山本圭(恐怖新聞を研究)
宮本美里  小野真弓(綾香の助手)

リポーター 鶴水瑠衣
男性記者  足立学
教頭    伴大介
新聞配達員 出光秀一郎
三田村医師 山路和弘
少年    溝口遊人
殺人犯   寺十吾
アナウンサー 浦口直樹
話しかける男 高橋洋
宮本の母  荒井眞理子
宮本の友人 藤真美穂
鬼形吹替  小林徳司
ニュースの声 向井政生、広重玲子、高野貴裕
校長の声  諏訪太朗
ナレーション 津嘉山正種

まずは、予告編から



あらすじ

「明治の末、透視能力を持つといわれた三船千鶴子は、自殺の前日にあるビジョンを見たといわれる。 それは、彼女の死亡を伝える新聞であった・・・」

夕暮れ時、田舎道を走る車。 里見英樹は、妻・綾香と娘・奈々を乗せた車で祖父の家からの帰宅途中だ。 「♪ちんちろちんろちんちろりん」 里見英樹の仕事関係のデータを送信するために電話ボックスへ。 (そういうのがあったんだ!?) おっっっっっっっっそろしく時間がかかる。 英樹は、ふっと視界に入った新聞記事を手に取り読んでみる。 そこには、「自動車にダンプ衝突 炎上する車 女児犠牲に」という記事が書かれている。

なんと、なんと、犠牲者は、娘の奈々だと写真入りで掲載されている。 (つд⊂)ゴシゴシ

そして、新聞の記事が現実に・・・ 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
マンモスかなぴー (;´Д`)

3年後。 里見英樹は、大学での仕事を辞職し、高校で現代文の非常勤教師をしている。

一方、綾香は、大学で念写の研究を行っている。 実験室では、宮本美里が(超能力者?)御子柴聡子に念写するように依頼。 次に、新聞の・・・を依頼する。 綾香は、離婚していた。 (≧ヘ≦) ムゥ 綾香は、御子柴に個人的に話をするが、イロイロと見抜かれてしまう。

恐怖新聞・・・ 鬼形礼が名付けた現象だ。

里見英樹は、テストの採点をしている時に、「埼玉連続少女通り魔殺人 新たに5人目の犠牲者 14日午後1時すぎ 市立西中学3年 村田美雪さん」とかかれた答案に出くわす。 書いたのは、授業中不思議な雰囲気だった若窪沙百合だ。

家に帰り、投函された新聞を見ると、若窪沙百合の答案通りの事件が起こっていた。  (((( ;゚д゚)))

綾香の家に御子柴から奇妙な電話がかかってくる。 「あなた・・・もう・・・逃げられない・・・」というものだ。 心配になった綾香は、御子柴の家に行ってみる。 そこで、綾香は、鬼形礼の連絡先を入手する。

英樹は、若窪沙百合から情報を得ようとする。 「何もしなかったんですよね・・・ それで良かったんです・・・。」と意味深発言。

家でゆったりしている英樹の下へ恐怖新聞が届く。 そこには・・・・  ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

英樹は綾香とともに、総合精神医療センターへ。 患者が書いた予言が部屋の壁などに残されていた。

あぁぁぁぁ あぁぁぁぁ あぁぁぁぁぁ~~~ 悪夢?  (゚∇゚ ;)エッ!?

英樹と綾香は、鬼形礼の居場所に向かう。

そして・・・

予言





一言で言うと
英樹(ヒデキ)、感激!? (あっさり目にしてみた)


ジャンル
不条理系ホラータッチのドラマ。
 メインは、夫婦愛や家族愛となっている。 怖いシーンは、少なめで大人しい目だ。


出演者
三上博史さんが、娘を亡くし、妻とも離婚をしてしまった、独り寂しく暮らす高校教師・里見英樹役をちょっぴりエキセントリックに演じている。 

若窪沙百合役の堀北真希さんに至ってはもう完全に幽霊じゃんかっていう感じだ。 ハマリ役だった。

里見綾香役の酒井法子さんは、2004年当時既に結婚されていて大体同じくらいの息子さんがいる状況だったので、リアルな感じだったはず。


ストーリー
里見一家で祖父の家に行った帰り、英樹がデータを送信するために立ち寄った公衆電話で娘・奈々が犠牲になる事故を掲載した新聞(恐怖新聞)を見つける。
 しばらくすると、その新聞どおりの事故が起こってしまう。 3年後、英樹と綾香は離婚。 それぞれに別々の生活を送っていたが、英樹が再び恐怖新聞を見てしまったことで・・・ 


予言?
事件 → 離婚 う~む。 ( ´_ゝ`)

紙面に載っちゃう → 新聞が恐怖に・・・  ( ・Д・)

逃げられない(何からとは、言わないが) → 結局巻き込まれてしまう  ('д` ;)


作品の方向性(5段階・・・良し悪しではなく、あくまでも方向性)と評価
ホラー度2(怖さに特化していないような気がする)、ヒューマン・ドラマ度4(家族愛については丁寧に描かれている)、「この予言、当たりすぎですわ」度10。 ということで、作品の評価は、ホラーというカテゴリーに入れられることがあるが、本作をドラマとして見るとちゃんとしたストーリーになっていて見応えがある。 久しぶりに酒井法子さんの作品が見れたので評価がちょっと甘めってのもあるかも。(დ☣‿☣დ)


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

筆者も最初誤解していた部分で作品の評価に関わる部分だけど、ラストまで語ってしまう相当ヒドいネタバレなので、未視聴の人は読まないこと。






ʅ(´◔౪◔)ʃ







ლ(╹ε╹ლ)888








ζ*'ヮ')ζ 










里見英樹が娘・奈々のシートベルトを外すことにこだわった理由?
まず、設定として恐怖新聞は、近未来の死亡事故や事件を掲載している。 それを読んだ者(里見英樹)は、ほんの少し修正を加えることで死ぬはずだった人を救うことが出来る。

しかし、修正の仕方を間違ってしまうと、別の被害者が出てしまう。 それは、走行中の車もろともダンプに衝突し、一家で死んでしまうパターン(公衆電話に寄り道しないで走っていると正面からダンプという流れ)もあったことから明らか。 それは、車をどこに移動してもダンプとの事故で誰かが死んでしまうということは変わらないと主人公・英樹は悟ったのではないかな。 言い換えると、事故が起こること“そのもの”をなくすことは出来ない。

そのため、少なくとも妻と娘を助けることが出来たと安堵した英樹のあのラストの表情につながるのかもしれない。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/08/26(火) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (207)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村