阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

ルール5(原題 Hangman's Curse)

監督 ラファル・ジリンスキー

役名および出演者

エリーシャ レイトン・ミースター
イライジャ ダグラス・スミス(エリーシャの双子の兄)
ネイト   デヴィッド・キース(エリーシャの父)
サラ    メル・ハリス(エリーシャの母)
ブレイク  エドウィン・ホッジ
イアン   ジェイク・リチャードソン(クリスタルと付き合っている)
クリスタル アンドレア・モーリス(イアンと付き合っている)
ノーマン  ダニエル・ファーバー
レオナルド ボビー・ブレワー
アルジャーノン博士 フランク・ペレッチ
デビー   マーガレット・トラボルタ
ダン    トム・ライト
ショウナ  リズ・シリング
ジュリー  テレサ・シュテール
カリン   クリスティン・コーワン
カール   クリストファー・ヒギンズ
トレバー  アレクサンダー・ディーン
ジミー   ライアン・フラナリー
エイベル  ジョージ・ハンフリーズ(エイベル・フライ)
スチュワート セシル・エルスワース



まずは、予告編から




あらすじ

アメリカには異常現象や犯罪などを捜査できる政府によって選ばれた市民がいる。 これを、ベリタス(真実)・プロジェクトとして知られる。

首を吊る少年。

10年後。 ロッカーのドアに落書き。

ロジャース高校のアメフトの試合で活躍するジミー。 が、様子がおかしい。 地味ぃ~~~に苦しがっている。 (*・ω・)ノ
「エイベル・フライ」と叫ぶ。
 (タルタルソースはいかが?)

違法薬物の取引現場でオトリ捜査?

ベリタス・プロジェクトで選ばれた一家(スプリングフィールド)は、ロジャース高校での事件を調査する。

「エイベル・フライ」の呪い(?)事件での被害者は、クレイマー(入院中)、アンダーソン(危篤状態)、ジミーだ。 それぞれの被害者のロッカーには、「エイベル・フライ」の呪い(?)を象徴する落書きがされていた。 そして、謎のストロー。 (血ぃ~吸うたろかぁーーーって感じのヤツかな)

レオナルドは、「エイベル・フライ」と関係ありそうな不気味なファッションのイアンからカツアゲ。 (お腹へってきたぞ)
レオナルドは、トレバーからもカツアゲ。 (う~む)

ロジャース高校では、エイベル・フライが10年前に事件を起こし・・・  (なるほど)
エリーシャは、エイベル・フライの噂を検証してみる。
(((( ;゚д゚)))

エリーシャとイライジャは、盗聴器をエイベル・フライの自殺した場所に設置しに行く。
(つд⊂)ゴシゴシ

ヘビーな場面が続く。

そして・・・

ルール5 大きい目


一言で言うと
謎を解明する糸口は、意外と身近にあったりして・・・


ジャンル
さわやか学園モノの都市伝説系スリラー。
 レーティングがPG-13ということもあって、厳しいシーンはない。 子供が見ても大丈夫。 っというか、ターゲットとなる年齢層は、若干低めなのかも。 もちろん、大人もマッタリと見れるけど。


ストーリー
ロジャー高校で発生した学生が意識混迷になる事件を解決するために、政府から選ばれた市民(スプリングフィールド一家)は、高校に潜入捜査をする。
 事件は、10年前に自殺した少年エイベル・フライから「エイベル・フライ」の呪い(?)のせいだと生徒たちに恐れられている。 スプリングフィールド一家は、事件を調べていくうちに・・・


今更ながら、続編なの?
結論から言うと、違う。 都市伝説を忠実に再現しようとした「ルール」「ルール2」とは異なり、今作では原題通り、Hangman's Curse(作中では、「エイベル・フライ」の呪いとして紹介されている)一本で勝負している。

でも、流石に「ルール4」と比べると、ギリギリでルールは守っているかな。 学園モノで(ちょっとだけ)都市伝説風の何かが絡んでいるという点では。


キャラクター
登場人物、特にスプリングフィールド一家を丁寧に掘り下げているんだが、この作品を基にしてシリーズ化を狙っているんだろうか? 主人公が一家であるとすると、逆にボヤける感じもしたが、続編を作るんだったらコレくらい広げないとなとも思う。


作品の方向性(5段階)と評価
ミステリー度2(そんなに難しいトリックはない)スリラー度3(そこそこ)、学園モノ度4(主人公一家が若干浮いている分マイナス1)、「甘口だわぁ~。 具体的に言うと、カレーを注文したはずなのにトッピングと称して生クリームやバナナがたっぷりと乗っていた時にスプーンがカレーに向かう可能性」0%(みたいな感じだ)。 ということで、作品の評価は、レーティングがPG-13ということもあり、家族でほのぼのしながら見れる、そこそこまとまった小品。 約200万ドル(約2億円)の超低予算で製作されたB級スリラーとしては、ちゃんとしてると思う(「ルール4」の後だけに、評価が甘すぎるかも)。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/08/31(日) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルール4(原題 Glory Days)について

監督 ランドール・ジスク
製作総指揮・脚本 ケヴィン・ウィリアムソン,ランドール・ジスク

役名および出演者名

マイク  エディ・ケイヒル
エリー  ポピー・モンゴメリー(検視官)
ルディー ジェイ・R・ファーガソン(保安官)
サラ   エイミー・スチュワート(マイクの姉)
ヘイゼル テレサ・ラッセル(カフェの店員)
サム   エミリー・ヴァンキャンプ(マイクの妹)
ミッチ  フランシス・フィッシャー
ゼイン  ベン・クロウリー(ヘイゼルの息子)
カル   エリン・カープラク
ルー   エイドリアン・ホームス
キム   ユージニア・ユアン
ジャック テッド・キング
ジェシー リリー・バードセル
デニース クリスティン・シャトラン
エリック ターモー・ペニケット
ギル   タック・フィッツジェラルド
アーサー スコット・ブライス

まずは、予告編から




あらすじ

港で男性が子供の落とした人形を拾おうとしている時に、後ろから海に突き落とされる。 (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

周りにいる人達は助けようとするが・・・

マイクは、保安官ルディーに目撃したことを証言する。 押す手を見たのはマイクだけだ。 ルディーに信じてもらえない。 ルディーは、一応そのことも検視官エリーに報告。

マイクは、妹サムに会う。 父からの手紙(?)のため、マイクは帰省したようだ。 マイクは、かつて父が所有していた離れの小屋に行ってみると・・・ 

住居侵入 → うかつだった → 畳み掛けるように

マイクは、かつてこの町を舞台にした小説を書いたことで町の人間から疎まれている。 

マイクは、冒頭の事件の犯人を見つけようと、証拠をあれこれ探してみる。 そんな中、妹サムが友人たちと遊んでいるゲームを見たマイクは・・・

カイダン (意味深)

犯人たいーほ →

えっ 話が変わった?

グローリー島にサーカスがやってきた。 親密に話すマイクとエリー。 (何かあったのか?)(´- `*)
エリーは、ピエロが苦手。 そして、マイクの小説も苦手なのかマイクに渡されたのに読んでいない。 そこへ、「お呼びじゃない」系タイミングでピエロが割ってはいる。 

ピエロが男性を路地裏に連れ出す。 しばらくして、その男性は、死体となって発見された。

カフェのウェイトレスのヘイゼルは、サムにネックレスをプレゼント。 カフェにサラの大学時代の友人のキムがやって来る。

ピエロ 対 ピエロ で喧嘩。 

カフェで働くサムは、ピエロにネックレスを盗まれ激ー怒。 ヽ(#`Д´)ノ

ルディーとキム、マイクとエリーは、遊園地でダブルデート。 (サラも付いて来ているけど)

エリーが帰ろうとしていた所でピエロがピエロに殺される現場を目撃する。 殺したピエロは、殺されたピエロの首を持ち帰ってしまった。

キムとルディーがイチャイチャパラダイス。ヾ(´ω`=´ω`)ノ

「ピエロは、平和の使者。」 

容疑者として、ピエロが浮かび上がる。 ルディーがピエロに尋問。

やはり、犯人はピエロ!? 


遊園地で遊ぶサム、マイク、ルーディー、エリー。 アトラクションの一つ、的に当たったら上に乗ってる女性(デニース)が落ちちゃう(名前が分からないんだけど・・・調べる気にならない)で、乗っていた女性に吊り下げてあった看板が直撃。 女性は、大怪我を負ってしまう。

「事故じゃない」とマイクは主張。

マイクは、カフェでジェシーにバッタリ出会う。

デニースは、ミスコンテストで優勝。  v( ̄∇ ̄)v
が、夜道で何者かに襲撃される。 そして、デニースの死体が発見される。

容疑者は、夫エリック。 

サムは、ギルを誘惑しようとするが、相手にされない。 (ブルーなサム)

エリックも溺死。 (≧ヘ≦) ムゥ

アーサーが・・・

ルール4の2


一言で言うと
一発レッドカードのルール違反! (`Д´) ムキー!


ジャンル
推理がちょっと入った海外のTVドラマ3本立て。
 TV放送が前提なので万人向けの設定。 当然、残酷な描写、お色気シーンは相当控えめ。 話の内容も込み入ったモノはやらない。 


出演者
ヘイゼル役でテレサ・ラッセルが出演。
 
昔ちょっぴり悪いことをやったという設定なのだが、もしかして、「ブラック・ウィドー」でのキャサリンと何か関係あるのかな? (儲けた金でカフェを買収した・・・であったり?) 今作は2002年の作品なので、25年前の作品との比較になるが、すっかりティーネイジャーの母役が似合う年齢になったな、とシミジミ。(´- `*)


ストーリー
かつて自分の住んでいた町を舞台にした小説を書き、モデルになった町の人達を酷く描いたため、町の人々から疎まれているマイクが町に帰ってきた。 マイクは、持ち前の分析力を生かし、町で起こる殺人事件の捜査に協力する。


これは酷い
本作は、海外ドラマ「Glory Days」の第一話「Grim Ferrytale」第9話「Clowning Glory」第8話「No Guts, No Glory」を編集したもの。 「ルール3」でも、全く関係のない映画をヒットした「ルール」の続編であるかのようにタイトルをつけて、「酷いことするなぁ~」と思ったが、今作に関しては、ここまで酷いことをするとは・・・ 

筆者は、海外ドラマも好きでよく見るので、「Glory Days」というドラマ自体は面白そうだなと思った。 しかし、それをまとめて映画かのようにして販売したらイカンだろ! (`□´)コラッ! しかも、話が飛ばし飛ばしなので、設定が分かり難くなってるし。


作品の方向性(5段階)と評価
ミステリー度2(伏線を張ってという展開ではない)、ホラー度1(皆無)、流石にこのルール違反はいけませんわー度1000。 ということで作品の評価は、なし。 (このブログ始まって以来じゃないかな) TVドラマなので、シリーズ全作品を見た上でのものなら出来るが、今作のような形式で評価するのは元ネタになった「Glory Days」に申し訳ない気もするので。



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/08/30(土) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルール3 (原題 WishCraft)について

監督 ダニー・グレーブス

役名および出演者名

ブレッド  マイケル・ウェストン
サマンサ  アレクサンドラ・ホールデン
ハウイー  A・J・バックリー
コディー  ハントリー・リッター
ジンボ   チャーリー・タルベルト
エディー  エヴァン・ジョーンズ
ターナー  オースティン・ペンドルトン 
ショウ   ミート・ローフ(捜査官)
バウワー  グレゴリー・クック(捜査官)
ブレイン  スコット・コーディル
クリスティ アレクサンドラ・ブレッケンリッジ
ベイツ   ハミルトン・キャンプ
デジリー  サラ・ダウニング
ショーン  クリス・マッケーナ
ドンブロスキー ルイス・マスティーロ(校長)

まずは、予告編から



あらすじ

放課後、教室に残って歴史を勉強するブレットとサマンサ。 ブレットの好きなもの3つ・・・食べること、映画、女(意味深)。 コディーからブレットは、ゲイ疑惑をかけられている。

歴史の授業にデジリーが遅刻して入ってくる。 コディーとサマンサは、授業中イチャイチャ。 (*´ェ`*) 

ブレットは、サマンサに片思い。 

ある日、ブレットに小包が届く。 願い事が3つ叶うと説明書に書いてあるイカニモ怪しいモノだ。 ハウイーと探ってみる。 願い事は、①サマンサと一緒にパーティーに行くこと。

なんと、願いが叶ってしまう。 w(゚o゚)w オオー!

ブレットとハウイーは、古物商に例のブツを鑑定してもらう。 それは、かなり古い牛のチ○コらしい。 

パーティーの後、ジンボは、クリスティーと野外(ゴルフ場)でイチャイチャ。 (棒を振り回して穴に入れる)ナイスショットとはならなかった。 突然の放水のせいだ。 (昔よく見た、盛りがついた猫に水ってのと同じ流れかな) 忘れたズボンを取りにいったジンボは・・・  (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

ジンボと揉めていたエディーが捜査官・ショウから取調べを受ける。 ハウイーがドンブロスキー校長に慰めてもらう。 (゚∀゚)アヒャヒャ

願い事②(ブレットは、)サマンサと付き合いたい。

そして、ブレットとサマンサが付き合い始める。 オオーw(*゚o゚*)w

ハウイーは、ブレットの部屋に忍び込み、例のブツをこっそり拝借。 自分の願い事(マッチョでモテモテになりたい)を言っちゃう。 

エディーは・・・ (そういえば、チャージ不足だった。 ささっとチャージしてくるよん。 よし、再開)

ブレットは、サマンサに“例の願い事”で付き合うようになった事を打ち明ける。

そして・・・

ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

ルール3


一言で言うと
(牛の)チ○コの数だけ願い事がある。 (っていうサブタイトルは、どうでしょうか?)


ジャンル
学園モノのファンタジー系スリラーというかホラー。
 残酷なシーンは、少なめで、あっても間接的に描かれている。 ターゲットの年齢層は、中学生か高校生あたりなのかも。


出演者
サマンサ役のアレクサンドラ・ホールデンは、どこかで見たことがある顔だなぁ~と思っていたら、海外ドラマ「フレンズ」でロスの恋人エリザベス・スティーヴンス役の人だった。 公開時25歳くらいと高校生役としては、ちょっと厳しい目なのだが、童顔のせいかギリギリセーフだ。 でも、学校一の美人っていうのは、盛りすぎ(悪い意味じゃないぞ!)。 っま、好みの問題かもしれないけど。


ストーリー
成績は優秀だが、女子にモテない高校生ブレットに、ある日、“願い事が3つ叶う”と説明書きされた怪しい箱が郵送された。
 送り主は、不明。 ブレットは、半信半疑で「片思いの相手・サマンサとパーティーに行きたい」と願ってみると、叶えられた。 一方、ブレットの同級生が何者かに惨殺される事件が相次いで発生。 やがて・・・


続編なのか?
原題から考えると、どーーーーー考えても、続編ではない! 思うに、日本で権利を買った配給会社が「やっちまった」のだと思う。 つながりの悪さは、「ルール」と「ルール2」でも認識できたが、本作に至っては、都市伝説ちーーーっとも出てこねぇ~じゃん!って思って調べてみたら、前作(ルール2)、前々作(ルール)と全く関係ない作品だった。 ( ̄▽ ̄;)!!ガーン (ってことは、4、5、6もなのか?) まさかのルール破りだった。 (≧ヘ≦) ムゥ


作品の方向性(5段階)と評価
ファンタジー度2(設定だけ)、スリラー度3(そこそこだな)、「牛のチ○コに真剣に願い事を言う女子高生役のアレクサンドラ・ホールデンをニヤニヤしながら見ている、いい歳した大人の視聴者の姿が一番のホラーじゃない」度100。 ということで、作品の評価は、実は「ルール」シリーズとは全く関係ない作品だと分かった上であれば、平均点くらいの“ちょい怖”学園ホラーだ。 予算が500万ドル(6億円弱くらい)と低予算なので多くを望めないが、カップルや中高生が設定の甘さに“ツッコミ”を入れながら見れる甘口ホラー。 これは、これでありだと思う。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/08/29(金) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (28)
グルメ (3)
スポーツ (4)
流行 (1)
海外ニュ−ス (4)
振り返る (32)
週刊誌 (5)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (1)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (91)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村