FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

カタコンベ(原題 Catacombs)について

監督・脚本 デヴィッド・エリオットトム・コーカー

役名および出演者名
ヴィクトリア シャニン・ソサモン
キャロリン  アリシア・ムーア(ヴィクトリアの姉)
ヒューゴ   カブラル・イバカ(パーティーの主催者)
アンリ    エミール・ホスティナ
ニコ     ラデュ・アンドレイ・ミク
ソフィー   アシュリー・レインズ
レオン    ケイン・マノーリ
ジャン=ミシェル ミハイ・スタネスク
Dr.ギグルス トム・コーカー
ソフィー   アシュリー・レインズ

まずは、予告編から




オフィシャルサイトはこちら

あらすじ

実話からの創作。 (あくまでヒントを得たという話だが)

200年前、パリは墓地が不足した。 王の命令により700万体の遺体がパリ市の地下の石切り場跡に遺棄された。

現在、世界で最もロマンチックな都市の地下30メートルには、史上最も巨大な墓がある。 「それは、“死者たちの帝国”」だ。

地下の(ディスコじゃなくて)パーティー会場では、パリピがダンス三昧。 柱や壁には、髑髏が装飾されている。 (おシャレコウベってことか)

ヴィクトリアは、ソルボンヌ大学の学生である姉(キャロリン)からパリへ招待される。 空港でキャロリンが出迎える。

キャロリンの住むアパートへ。 ボロい。 老朽化がひどいな。 キャロリンの友人たちは、ヴィクトリアを幼稚な方法で驚かす。 (お・・・おう)

ヴィクトリアとキャロリンは、パーティーに参加するためのドレスを買うために街へ。

そして、パーティー会場へ。 会場は、パリの地下迷宮。 全長500kmで場所を変えて開催するため警察には捕まらないらしい。 (パリピの顔も三度まで・・・という言葉通り、パリピは同じ場所に何度も顔を出すわけじゃないのだな)

主催者ヒューゴの挨拶。 「目の前の死を意識することによってのみ与えられた命を存分に生きることが出来る」 か・・・ら・・・の・・・ パーティー

別室でヴィクトリアは、ジャン=ミシェルから勧められたアブサンを飲んで意識朦朧。 (ところで、今でも、あぶさんって現役だっけ?)

ジャン=ミシェルは、ヤギの仮面の殺人鬼の話をする。(メェ~わくな話だぜ)

他のメンバーが地下水をプール代わりにしている間に、ヴィクトリアは、迷路のような道を通ってパーティー会場へ向かう。 (迷子フラグ?)

「生への出口は1つ、死への出口は無数」

ヴィクトリアを追いかけて来たキャロラインが何者かに・・・ 

そして、ヴィクトリアにも迫って・・・ ε=ε=(;´Д`)

警察がパーティー会場に突入したことでカオスに。 (゚Д゚≡゚д゚)エッ!? 

ヴィクトリアが目を覚ますと、誰もいない。 (フランスの地下なのに、だーれもオランダってことか)

「希望の光果てる場所」

出口を探す・・・

そして・・・

ウィー ウィー 

あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛

どうして???  (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛

ヴィクトリアだけに、ビッグトリや(う~ん、ちょっと強引だったか・・・ちなみに作品とはあんまり関係ない)

カタコンベ


一言で言うと
髑髏(シャレコウベ)が多数でてくるが、オシャレな神戸という意味ではなかったもよう。


ジャンル
理不尽系迷宮ホラー。
 
ストーリー自体はシンプルなのだが、方向性は迷宮入りパターン。 臨場感を出すためか、暗い場所で揺れ揺れのカメラワークは、酔ってしまう人には厳しいかも。 残酷なシーンよりも、主人公が追いかけられるシーンがメイン。 レートは、R-15で妥当なところ。


出演者
シャニン・ソサモンは、何らかの精神薬に頼り切ってしまっているヴィクトリア役にピッタリなぐらい上手く役作りが出来ていると思う。 やたらと走る場面が多かったが、暴走気味だったとも思えなくも無い。


ストーリー
フランスに留学中の姉・キャロラインからの手紙で、アメリカに住む妹ヴィクトリアはパリへ行くことに。
 パリに着いて休む暇もなくキャロラインに誘われるままに、地下(カタコンベ)でのパーティーに参加するヴィクトリアだったが、そこで、恐怖の体験をすることになる。


テーマはSawシリーズに似ている
「目の前の死を意識することによってのみ与えられた命を存分に生きることが出来る」というのが、本作のテーマ。 「Saw」シリーズの製作チームが関わっているので、っま、そうなんだろうという感じだ。 ただ、テーマが同じでも、表現の仕方が本作のほうがずっとマイルドというか控えめ。 そっち方面のグロい演出を期待した人には、物足りなかったのかも。


見所は
ヤギの仮面をつけた男(?)がヴィクトリアを追いかけるシーン。
 この辺りをもっと丁寧に扱えば巷の評価も随分違ったのかも。 実は少なかったので、ホラー要素がさっパリしすぎだった。


ところで、サイコ・モラルハラスメント・スリラーってなんなの?
辞書を引くとひっどいネタバレになってしまう気がする。 だから、あえて詳しくは解説しない。


作品の方向性(5段階)および評価
カタコンベの迷宮度5(ストーリーとあいまって出口が見えない)、ホラー度2(よく考えると怖いシーンは控えめ)、考えようによっては怖いのかも度3(実話を基に創作したとなっているので、もしかして、本当にやっちまったなぁ~的なことがあるのかも)。 ということで、作品の評価は、一部見辛いシーンもあったものの、過度の期待をしなければ、そこそこまとまっている見易い作品。 これは、これで有りじゃないっと思う。 ただ、人によって凄く好みの分かれそうなことは、間違いないが。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2014/09/27(土) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セブン・サイコパス (原題 Seven Psychopaths)について

監督 マーティン・マクドナー

役名および出演者名

マーティ  コリン・ファレル(脚本家)
チャーリー ウディ・ハレルソン(マフィアのボスで、愛犬家)
ビリー   サム・ロックウェル(マーティーの友人、失業中の俳優)
ラリー   マイケル・ピット
トミー   マイケル・スタールバーグ
カーヤ   アビー・コーニッシュ(マーティーと同居)
ハンス   クリストファー・ウォーケン
ザカリア  トム・ウェイツ
マイラ   リンダ・マリー・ブライト(ハンスの妻)
牧師    クリスチャン・バリジャス
シャリース ガボレイ・シディベ
アル    ジョセフ・ライル・テイラー
デニス   ケヴィン・コリガン(チャーリーの手下)
パウロ   ジェリコ・イヴァネク(チャーリーの手下)
マギー   アマンダ・ウォーレン
アンジェラ オルガ・キュリレンコ
僧侶    タイ・チェン・ゴ
トミーの母 サンディ・マーティン
裁判官   パトリック・オーコナー

まずは、予告編から




あらすじ

ハリウッド。 目を撃たれたのは・・・ (目の当たりにしたってフラグ?)
トミーともう一人(マツじゃなさそうだ)の会話は進むが、聞く耳持たない感じだ。 そんな他愛も無い会話をしている2人に後ろから・・・ ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

マーティーは依頼を受けている脚本を仕上げるように催促されている。 
マーティーの家にビリーが訪れる。 のんびりーしていたマーティーは寝ぼけ眼で応対。

ビリーは犬の拝借ビジネス(?)を生業としている。 ビジネスパートナーは、ハンス。 (グレーってよりも完全に黒ですな)

マーティーが書いている脚本は、タイトル(セブン・サイコパス)だけ決まっている。 その他未定。

ジャック・オブ・ダイアモンズ クェーカー教徒 

マフィアのボス・チャーリーは、ボニー(犬)の世話をしていたシャリースが散歩中にボニーを見失ってしまい行方不明となっていることに激怒。

マーティーはカーヤに暴言を吐いてしまったために家に帰れず、ビリーの家に居候。

ビリーは、LAWeeklyにサイコパス募集の広告を載せる。 (よく審査をパスしたもんだ)

チャーリーの手下デニスは、ハンスの正体を暴いてしまう。 犬を管理しているところにいたマーティーもとばっちり。

ビリーの広告を見てやってきたザカライアにマーティーはインタビュー。

マジーーー!? (((( ;゚д゚)))

マイラの病室へチャーリーが・・・
( ̄▽ ̄;)!!ガーン

自分から誘拐っていうかい?

Billy Biokle
1016 White Knoll Dr.

マーティー、ビリー、ハンスは、チャーリー一味から逃げる。

そして・・・

素敵! (დ☣‿☣დ)


セブン・サイコパス

一言で言うと
8番目のサイコパスをすごく最近映画で見た気がする。


ジャンル
クライム・コメディー。
 シリアスな場面よりもコメディータッチの場面の方が多い。 ガンアクションはあるのだが、シンボリックな描き方というか、オドロオドロしさがない。 その分、軽いタッチだ。 レートは、どういうわけかR-15。 Rでもおかしくない。


出演者
コリン・ファレルウディ・ハレルソン、サム・ロックウェル、クリストファー・ウォーケンなど一人でも一本取れそうなぐらい豪華な面々が多数出演。 この出演者なら予算が1300万ドル(約10億円)かかるのも仕方が無いかな。


ストーリー
脚本家マーティーは、タイトルは決まっているものの全然筆が進まない。
 マーティーの友人ビリーは、マーティーを助けようと「サイコパス募集」という広告を新聞に出す。 一方、マーティーとハンスが行っている事業が思わぬトラブルを起こし、たまたま居合わせたマーティーを巻き込み、マフィアのボス・チャーリーに追われることとなる。 そして・・・


最近筆者が疲れているせいなのか
夏バテなのかなぁ~。 コメディー映画なのに、笑えなかった。 筆者が疲れているせいなのか、ツボにはまらなかっただけなのか。 だからって、シリアスになっている場面は少なかったりするし、どうしたもんだろう。


7人のサイコパスの構成
①ジャック・オブ・ダイアモンズ(マフィアを標的にした殺し屋)、②クウェーカー教徒のサイコパス(娘を殺された復讐で・・・)、③行き過ぎた愛犬家、④連続殺人犯を標的にする殺人犯、⑤は④の相棒、⑥元ベトナム兵、そして⑦は、あの人(ひっどいネタバレになってしまうので自粛)


作品の方向性(5段階)および評価
クライム度4(限りなく黒に近いグレー)、コメディー度2(笑いどころが分らなかった・・・筆者が疲れているせいかもしれない)、「イカれた奴を募集したら、来られた奴」1名。 ということで、作品の評価は、笑いどころが筆者のツボにははまらなかったが、サイコーの出来とはいえないが、友人にお勧め出来る水準はパスしているかな。 

ちなみに、パッケージに映っている女性2人はサイコパスじゃないよ。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2014/09/26(金) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

P2(原題 P2)について

監督 フランク・カルフン

役名および出演者名

アンジェラ レイチェル・ニコルズ
トーマス  ウェス・ベントリー(警備員トム)
ハーパー  サイモン・レイノルズ(アンジェラの上司ジム)
カール   フィリップ・エイキン(警備員)
ジョディー ミランダ・エドワーズ
ロレイン  ステファニー・ムーア

まずは、予告編から




あらすじ

地下駐車場のP2(地下二階の駐車場ってこと?)の車のトランクからドーーーーーーーーーーーン!!!!!!!
ヾ(´ω`=´ω`)ノ

アンジェラは、クリスマスにも関わらず仕事上の手違いで残業しなければならない。(クリスマスに苦しみますってことか)

ジムから謝罪。 クリスマスパーティーで何かあったようだ。 アンジェラは事務的な対応。 ( ´_ゝ`)

どうにか一区切りつけて帰ろうと警備員カールらと共にエレベーターに乗る。

姉と電話をしながらP2(地下駐車場)へ。 車が故障。 ビル内に戻ろうとするが、鍵がかかっていて入れない。 地下の警備員室にいる警備員トムに状況を説明すると、バッテリーをチャージしてくれるらしい。

配線をつないで・・・ トライ → ×

アンジェラは、諦めてタクシーを呼ぶことに。
パークアベニュー2370φ(.. )

タクシーが来たが、ドアが開かない。
 アンジェラはP2の警備員室へ行ってみるが・・・誰もいない。 照明まで消されてしまう。 (誰が悪いって証明できないってことかな)

アンジェラは後ろから襲われ連れ去られてしまう。 目を覚ますと・・・メリークリスマス。
 鎖で足をイスにくくりつけてある。

何故か優雅にワインとお食事。 「日はまた昇る」

犯人からプレゼント。 中身はVHS!!! (最近の流れとつながったぜ!)
衝撃映像!

近場へのドライブ・・・

グシャ グシャ

何とか逃げ出すが・・・

みずからいっちゃうか!?

ブルークリスマス

ビリっと

そして・・・

ロッキー・ホラー・ショウ?

わ・・・ワンダフル (`Д´) ムキー!

かーっとなって・・・・・

ヒィィィィィィィィィィィィィ

P2


一言で言うと
タイトルは、P2だけどP1の続編じゃないぞ!


ジャンル
サイコパス系というか粘着系サスペンス。
 低予算(350万ドル・・・日本円で約4億)のためか登場人物がかなり少ない。 閉じた空間でサイコパスが暴れまわるんだが、派手な演出は無い。 地味な技ほど痛い、と某格闘家が語っていたのを引用してみた。 レートは、謎のR指定(18禁)。 う~ん、そんなにハードなシーンってあったっけ? っま、暴力シーンが多かったのは否定しないが。


出演者
アンジェラ役のレイチェル・ニコルズは、モデル兼女優ということでバリバリのキャリアウーマンというわりには色気ムンムン出しまくっている。 監禁されてからは、薄着で体にピッタリと張り付く系の下着で走り回っている。 この手のサスペンスモノではお約束なのかな。 ただし、それ以上は無い。 (きりっ!)


ストーリー
ニューヨークのオフィスビルで働くアンジェラは、ちょっとした手違いのためクリスマスイブにもかかわらず残業。 なんとか一区切りついたところで帰ろうと車に乗るが、故障している。 仕方なくタクシーで帰ることにするが、出入り口が全てロックされているため外に出られない。 状況を説明してドアを開けてもらうため警備員室に向かうアンジェラに・・・


監禁モノだがスペースは広い
地下の駐車場スペースが全て監禁用スペースなので、やたらと広い。 アンジェラと犯人が争う場面よりも、「ここはどこ?」みたいな場所をアンジェラが好き放題探検しまくるので若干間延びした感は否めない。 


よく考えたらクリスマスイブ
ニューヨークの冬は相当寒いはずなので、主人公アンジェラが水浸しになってしまったのであれば、手が凍えて何も出来なかったというエピソードがあってもよかった(普通はそうなるはず)。 でないと、筆者はちょっと寒いくらいなんだろうと勘違いしてしまったので。


作品の方向性(5段階)および評価
サスペンス度3(方向性としてはそっち方向かな)、犯人のサイコパス度3(やっていることは残酷だが、一貫性がないというかブレちゃうところがあるというか)、ファイル共有ソフトの話?度0(って、それはP2Pやないかぁ~い)。 ということで、作品の評価は、監禁場所が広すぎるという難点(グダってしまうので)はあるものの、最後まで退屈せずに見れた。 見る人によって評価は結構代わってくるのかも。 筆者的には主演のレイチェル・ニコルズさんが薄着で走り回っているだけで評価が甘くなってしまう。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/09/25(木) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (204)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村