阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

罰ゲーム(原題 Simon Says)について

監督・脚本・原案 ウィリアム・ディア

役名および出演者名

ケイト   マーゴ・ハーシュマン(リフのガールフレンド)
ザック   グレッグ・サイプス
アシュリー ケリー・ヴィッツ
リフ    アーティ・バクスター(ケイトのボーイフレンド)
ヴィッキー キャリー・フィンクリー

ロニー   ロリ・ライヴリー
サム    ブルース・グローヴァー
ジェニー  ブレイク・ライヴリー
サイモン  クリスピン・グローヴァー
モリー   リーラ・ジョンソン
ソマー   エリカ・ハバード
ガース   バート・ジョンソン
サラ    ダニエラ・モネ
ウィル   ケリー・ブラッツ
ジョーイ  ディーン・シェルトン
クイン   ブラッド・ジョンソン
リアン   ロビン・ライヴリー
スタンリー クリスピン・グローヴァー

まずは、予告編から




あらすじ

ステッカー貼りまくりのヴァンで山道をドライブする大学生の男女5人(ケイト、ザック、アシュリー、リフ、ヴィッキー)。 ネットで調べた場所へ砂金を採りに行く道中だ。 砂金で一山当てたら・・・ ヴィッキーは豊胸手術を受けるつもりらしい。 (ほー、金とって胸を入れるねぇ~)

到着・・・したのは、墓地だ。 あんな事件があったのに・・・ サイモン・セズのゲームで双子の兄弟が・・・という話だ。 

とりあえず、5人は町へ行く。 (寂れた町なのは、間違いない) ( ´_ゝ`)ノ
Miner tools and Beer(ガソリンスタンド兼コンビニ的なところ)で、トラブル。 (最近そういう事件があったような気がする)

しばしのドライブ後、キャンプ場へ。 ケイトは、ザックにしっかりするようにハッパをかける。 

リフとケイトがイチャイチャしていると・・・アシュリーが通りかかって・・・


ドリームガールじゃないドールだった。

サイモンセズ「サバイバルゲーム」

キャッチボール ゲームオーバー

町の店主が残っていた3人(リフ、ヴィッキー、ケイト)に接触。 そこへ、ザックが帰ってくる。

何とか店主をやり過ごしたが・・・

そして・・・

キリキリキリ ビューン

一家団欒

ウゲェーーーーー ノ( ̄0 ̄;)\オー!!マイ!ガァァァッドー!!!!

罰ゲーム

一言で言うと
キャンプ場に来た5人は、ゲームの要素がなく、ただただ罰を受けるのみだった。


ジャンル
キャンプDEホラー。
 13日の金曜日シリーズからの鉄板ネタですな。 犯人はサイコパスで悪趣味。 お食事時には向かないシーンもある。 (食事中にホラー映画見る人はあんまりいないか)


出演者
スタンリー役のクリスピン・グローヴァーは、サイコパスを相当エキセントリックに演じている。 謎が多い人物だが、実は、役柄では、アシュリー(ケリー・ヴィッツ)の方が、変人だったりする。


ストーリー
男女5人の大学生(ケイト、リフ、アシュリー、ヴィッキー、ザック)は、砂金を採るため山奥に来る
 川の近くでキャンプの用意をする5人に殺人鬼が一人また一人と襲いかかる。 そして・・・


設定ユルくない?
邦題は、罰ゲームだが、5人の男女にゲームの要素はない。 殺人鬼が一人で面白がってゲーム的なことを殺人現場で行っているだけだ。 犯人は、武器のような拷問器具のような物を設計・製作しているが、無駄に凝ったつくり。 作品の流れとは関係なく武器をぶっ放してくるので、「???」となってしまった。 必然性や計画性は、あまり無いようだ。


You forgot to say ・・・ SIMON SAYS!
でも、SIMON SAYSといってから命令しても相手はいうことを聞いてくれない。 相手の方もほぼほぼこの設定を忘れているんじゃないかと疑う場面もあったり。 ちなみに、SIMON SAYSというのは、命令ゲームで、SIMON SAYS!○○と言った時には、○○を実行しなければならず、(SIMON SAYS!を付けずに)○○と言った時には○○をしてはならないという“引っかけゲーム”。 「ダイ・ハード3(原題 Die Hard: With a Vengeance)で、やはり名前がサイモンの命令をジョン・マクレーン刑事(ブルース・ウィリス)が聞くという設定だったので覚えている人も多いんじゃないかな。


作品の方向性(5段階)および評価
ホラー度3(っま、平均点を上回っているかな)、コメディー度3(笑いに走っている節も有り)、投げられたツルハシの数108本(数え切れなくなったので適当にこれぐらいかと)。 ということで、作品の評価は、この作品一本を「さぁー見るぞ」と思って見ると、がっかりするところもあったりするかもしれない。 しかし、ついでに見るかという感じで見れば、案外楽しめるかも。 低予算(300万ドル)で時間も短いので、良く言えばブレ無い、悪く言えば一本調子と評価の分かれそうなところ。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/09/30(火) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ(原題 No One Lives)について

監督 北村龍平

役名および出演者名

ドライバー ルーク・エヴァンス(カップル)
ベティ   ローラ・ラムジー(カップル)

ギャングメンバー
ホーグ   リー・ターゲセン(リーダー)
アンバー  リンゼイ・ショウ(ホーグの娘)
フリン   デレク・マジャール
タマラ   アメリカ・オリーヴォ(アンバーの友人)
デニー   ボー・ナップ(アンバーのボーイフレンド)
イーサン  ブローダス・クレイ(ホーグの弟)

ハリス   ゲイリー・グラッブス(モーテルのフロント)
ビル    ロバート・ウェイルス
エマ    アデレイド・クレメンス(行方不明)
ヘレン   レノア・バンクス(レストランのオーナー)
保安官   デイン・ローデス、クリス・カーネル、カール・パーマー
キャスター エレナ・バレラ


まずは、予告編から



オフィシャルサイトはこちら


あらすじ

Emma alive

引越しのため道路を走るカップル(ドライバーとベティ)。 
運転していたドライバーが疲れたので、ハイウェイマン・モーテルへ。 (モーテルの名前そのまんまなんですけど) ベティは、何故か不機嫌。

部屋のTVでは、FBIがスポーケン北部でエマの行方を捜索するニュースが流れている。

食事でヘレンの店へ。 ウェートレスのアンバーが接客。 そこへ、少し前に窃盗に失敗したギャングメンバーが一杯飲みに来た。 メンバーの一人(フリン)がヘマをやったせいで、財布は空。 でも、不満はいっぱい。

フリンがドライバーとベティに絡んでくる。 

しばらくして、夜、車で走っているとバイクに乗ったフリンに攻撃される。 ドライバーとベティは囚われてしまう。 ベティは耐えられず自殺。 

ムチャをしやがるぜ!

そして、復讐にぃぃぃきたーーー  ( -д-)ノ

ドーーーーーーーーーーン  (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

( ̄▽ ̄;)!!ガーン

情熱 φ(.. )

選択

NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ

一言で言うと
やられたら、やり返す、倍返しだ。 (ちょっと懐かしい目のフレーズも言ってみたりして)


ジャンル
クライム・ホラー。
 
復讐劇といえば、復讐劇なんだが、やり方がエグイ。 拷問あり、スプラッターとグロありと、やりたい放題。 そのため、レートはR指定(18禁)。 


出演者
(カップルの)ドライバー役のルーク・エヴァンスは、粛々とガールフレンドを死に追いやったギャング達を追い詰める冷酷さがよく出ていた。


ストーリー
ギャングメンバーのフリンは、金品を奪う目的で、たまたま通りかかったカップル(ドライバーとベティ)の車を襲撃。
 ドライバーとベティは囚われる。 諸々の事情で耐えられなくなっていたベティは自殺。 ドライバーは、ギャング達に復讐を開始する。 一方、ドライバーの車から金目の物を探していたフリンは、トランクから・・・・・


伏線は序盤から張られている
オープニングシーンやカップルの会話は、結構重要になってきたりする。 凄く深いってことではないが、中盤ぐらいに「あっ、そうだったのか」となる。 特に、ベティのお腹の傷はカップルの関係性を・・・


エマの情報
オレゴン大学で誘拐されたエマの生存情報がワシントン州スポケンで確認されている。 オレゴン州とワシントン州は隣接しているが、オレゴン大学のあるユージーンからワシントン州スポケンまでは、車での移動となると、おっそろしく離れているはず。 土地勘がないとわかりにくい情報だったかも。 (筆者もグーグルマップ的な地図で調べないと厳しかった)


今作の見所
タイトル通りの展開。



作品の方向性(5段階)および評価
クライム・ホラー度4(登場人物の犯罪者率高し)、スプラッター度3(シーン自体は少ないが、エグイ目のがあったりする)、バイオレンス度4(もー、やりたい放題なのねん)、晴れのちバイオレンス時々拷問みたいな展開度5。 ということで、作品の評価は、低予算(290万ドル・・・約2億8000万円)ということを考えれば時間は短いものの、描かれるべき物がしっかりと描かれており、見終わるとそれなりに満足感がある。 ただし、あくまでもB級というくくりの評価なので、すっごい期待をして見ると評価が変わってしまうかも。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2014/09/29(月) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サバイバル・イン・ザ・ルーム(原題 Keepsake)について

監督・脚本 ポール・ムーア

役名および出演者名

ジャニーン サニー・ラ・ローズ
TTD    ロバート・プラルゴ(アール?)
アリス   コートニー・ホーガン
ダディー  バリー・エレンバーガー(ジャニーンの父)
運転手   ジェフリー・シュミット(通りがかりの車の運転手)
助手席の男 ライアン・カップス(通りがかりの車)
保安官   ロッド・シェパード
被害者   アシュリー・ハドソン、リズ・ブレイク、レベッカ・ベイルス


まずは、予告編から




一応オフィシャルサイト(英語だけど)


あらすじ

深夜CDをイジリながらドライブしていたジェニーンは、交通事故に遭ってしまう。 携帯電話でレッカー車で車を引っ張ってもらうよう依頼。

地元の車が通りかかってジェニーンに助けようかと訊くが、怪しすぎるルックスと既にレッカー車を依頼したため、断ってしまう。 (いろんな意味で悪い予感しかしない)( -д-)ノ

しばらくして、レッカー車が来た。 運転手のアールは、諸々の事情で喋れないようだ。 レッカー車の助手席に乗っていたジェニーンは、グローブボックスの中で厄介なモノを発見してしまう。 (((( ;゚д゚)))

そして、隙を突いて逃走。 ε=ε=(;´Д`)

パトカー(19号車)が、レッカー車が駐車しているのを怪しんで調べる。 が、取調べに失敗した!
いかん、問題大有りの流れじゃ  (ρ゚∩゚) グスン

9月14日 1日目
ジェニーンが目を覚ますと、農家の納屋に閉じ込められている。 首にリモコンで激痛を与える輪を装着される。 ビリビリビリ (納屋だけにヤナ予感的中)  力ずくで地下へ放り込む。

ジェニーンは、悪夢なのか幻覚なのかアリスと会話をする。

期限は30日、Show Me」と書かれた手紙の入ったバッグが地下に投げ入れられる。

9月16日 3日目
水浴び。 (ち…ちべたい)

9月22日 9日目

9月28日 15日目
水浴び → おまけ

妄想なのか回想なのか アリス登場。

外へ・・・ 違う建物に入り・・・ もう一人女性が現れーの・・・食事 (???)

目を覚ますと納屋に戻されている。

ファイル

アワワワワ

10月12日 29日目
1番目は・・・

そして・・・

はぁー

ギコギコギコ

10月13日 金曜日(!!!) 30日目

ご気分は?

か・・・ら・・・の・・・

えっ?  (つд⊂)ゴシゴシ

サバイバル・イン・ザ・ルーム

一言で言うと
水浴びで そこのけそこのけ ちぢれっけ (っま、そういうことです)


ジャンル
監禁系ホラー。
 救いはあまりなく、絶望はある。 ポロリがあるため、一人で視聴するのを推奨。 間違っても、家族で一緒に見ないこと・・・ってこの手のホラーを一家団欒で見るってのも、あまり無いかもしれないが。 良くも悪くも監禁一本で勝負しているので、そっち方面を期待した人を裏切らなかったはず。 スプラッター要素は、地味だけど残酷系。


出演者
ジャニーン役のサニー・ラ・ローズは、文字通り体張りまくりの演技。 ストーリー的にはダレるところもあったが、彼女の演技と迫力で何とか持ちこたえることが出来た。

TTD(レッカー車の運転手)役のロバート・プラルゴは、喋れない設定。 無言で黙々と残酷なことをやるので不気味さ満点・・・までは行かないが、及第点に達する。 


ストーリー
深夜車を運転していたジェニーンは、交通事故に遭ってしまいレッカー車を呼ぶ。
 しばらくして現れたレッカー車の運転手(アール)は、いろいろあって喋れない設定。 レッカー車の助手席に乗っていたジェニーンは、グローブボックスをいじっていると中から・・・ そして、いろいろあってジャニーンは、監禁されることになる。


そっち系では逃げなかった(ネタバレになるが)
いわゆる幻覚・妄想・夢オチ系では、逃げなかった。 そういう意味では、ガッチリハード系だ。 妄想というか幻覚シーンが多数挿入されていたために、疑う要素満載だったんだけど。

本作の見所
やはり、終盤の展開。
 
ネタバレで評価が変わってしまうといけないので、あえて詳しくは書かないが。


作品の方向性(5段階)および評価
監禁系モノ度5(間違いなくそっち方面なので)、ホラー度3(意外と主人公の妄想シーンなどが多く、現実シーンが削られている)、筆者の中では今まで無かったという意味で珍作度5。 ということで、作品の評価は、期待通りの方向性だったので、若干詰めの甘いところがあったものの、満足出来るものだった。 具体的に詰めの甘いところは、ジャニーン以外の人物の設定や“例のアイテム”の補足や“30日という設定”についての詳しい説明が欲しかった。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/09/28(日) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (28)
グルメ (3)
スポーツ (4)
流行 (1)
海外ニュ−ス (4)
振り返る (32)
週刊誌 (5)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (1)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (91)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村