FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

スネーキーモンキー 蛇拳(原題 蛇形刁手 英題 Snake in the Eagle's Shadow)について

監督 ユエン・ウーピン
製作 ウー・スーユエン

役名および出演者名

簡福(チエンフー)  ジャッキー・チェン(洪泰武館の雑用係)
パイ・チャンティエン ユエン・シャオティエン(白長天)

クワイ        ジャン・ジン(町の有力者の息子でぽっちゃり体型)

シャンカンイーユン  ウォン・チェンリー (上官逸雲)(鷹爪形流師範)
ジュウケイ      フォン・ハクオン(鷹爪形流派師範)

洪泰(ホンタイ)   チャーリー・チャン(洪泰武館の道場主)
リー(師範代)    ディーン・セキ
リャン(副師範代)  ピーター・チェン

ロシア人宣教師    ロイ・ホラン

宏威武館の道場主   フォン・ギンマン
リョン        チャウ・チーリン(いつも半裸でレンガ割り→イテテの人)
蟷螂拳使いの師範   ワン・チェン(宏威武館)

まずは、予告編から


随分とネタバレを含んだ予告編


オープニング



あらすじ

(世界のナベアツそっくりな)蛇形流の師範・趙昴が、鷹爪形流師範イーユンに追い詰められ、闘う。 抵抗むなしく、3つ数えるまでもなく殺されてしまう。

宿代を払えずに、宿を追い出されそうなボロボロの服を着ている老人。 宿の管理人は、老人の所有物である籠を調べると・・・ ヘヴィーなことになってしまう。

洪泰武館という道場で下働きをするチェンフー。 門下生の練習を見て真似てみる。 それを見つけた師範代理のリーは、ナイスショットをしてしまう。

宏威武館(洪泰武館の隣の道場)でチャウは、息子にカンフーを習わせてナニナニさせようとする。 しかし、不手際があったため、去ってしまう。 師範は、道場の前で寝ていた(さっき宿を追い出された)老人を邪険に扱う。 そこへ、通りかかったチェンホーが助ける。 ロシア人宣教師が仲裁に入り・・・

チェンホーは、老人を裏口から自分の住む納屋に案内。 料理人のチャンを紹介する。 さっきのチャウ親子が入門のために見学に訪れる。 チェンホーは、道場のヤラレ役のため、一仕事終わって帰ってくると怪我だらけ。

老人は、チェンフーと「茶碗を取れるかな?」的な遊びを仕掛ける。 翌朝、老人の姿はなく、表には、足跡が描かれている。 チェンフーは、前日遊んだ姿を参考に練習。

またヤラレ役をさせられ、嫌気がさしていたので抵抗してしまったチェンフーは、師範代理のリーにいびられ、道場を飛び出してしまう。_| ̄|○  偶然手傷を負ってグッタリしている老人を見つけ、看病。

老人(蛇形流の師範・パイ・チャンティエン)は、チェンフーにカンフーを教えることにするが、約束事があると。
①老人を師匠と思うな。
②身につけた術を気安く披露しない事。
③老人(パイ・チャンティエン)が敵と闘うことがあっても、加勢してはならない。

シュッ  ( ´_ゝ`)ʃ

シュッ (´◔౪◔)ʃʃ

シュッ ʅ(´<_` ;)

宏威武館から、大会に優勝した祝いをよこさなかったと因縁をつけてきたため、師範代・リーと副代理フンが相手をする。 ・・・というか、かる~~~く、あしらわれた。

旅から帰った洪は、チェンフーから事情を聞き、宏威武館へ。 洪は、蟷螂拳を使う大会優勝者と対戦するが・・・ 助けに入ったチェンフーは、蛇拳を使ってしまう。 それを見ていたイーユンは・・・

そして・・・


スネーキーモンキー 蛇拳


一言で表現するなら
(´◔౪◔)ʃ ニャーーー



ジャンル
カンフー・コメディー・アクション・ドラマ。
 モンキーシリーズでは典型的な カンフーの腕イマイチ → 修行 → 達人になる というパターンで構成されている。


出演者
チエンフー役のジャッキー・チェンさんとパイ・チャンティエン役のユエン・シャオティエンさんは、師弟として随分共演しているような印象があるが、実は少ないようだ。 本作と「ドランクモンキー酔拳」(あと「ジャッキーの必殺鉄指拳」?・・・この作品を共演とするには疑義があるかもしれないが)ぐらい。 ユエン・シャオティエンさんは、胡散臭そうだけど“実は!”っていう感じの老人としてはピッタリの役柄だ。 とぼけた感じと老練なカンフーに味わいがある。


ストーリー
鷹爪形流派と蛇形流派は長年争ってきた。

洪泰武館の雑用係チェンフーは、隣の宏威武館の前で門下生たちに囲まれている老人を助ける。 泊まる宿のない老人を自分が住む洪泰武館の納屋で、しばらく面倒を見ることにする。 道場でヤラレ役として怪我をするチェンフーをみかねた老人は、カンフーの足捌きと防御法のヒントを残し去ってしまう。 その後、老人に再会したチェンフーは、3つの約束事を守ることを条件に蛇拳を教えてもらうことになる。

大会で優勝した宏威武館の師範が帰ってきて、洪泰武館の師範代リーと副師範代フンに闘いを挑む。 リーとフンは2人がかりで闘うも、為す術もなく負けてしまう。 それを目の当たりにした門下生たちは、宏威武館へ移籍してしまう。

旅から帰った道場主の洪は、もぬけの殻になった洪泰武館に驚く。 唯一残っているチェンフーに事情を聞き、宏威武館で蟷螂拳を使う師範と対戦をすることに。 が洪は劣勢になり、チェンホーが蛇拳を使って代わりに師範を破る。 それを見ていた鷹爪形流派イーユンは、策を練り・・・ そして・・・


見所
やはり、本格的に蛇拳の修行をする
ところだろう。 子供だった筆者が、この作品を初めて見た次の日は自然とカンフーの修行的なものをやっていた。 (全く根拠のない修行だったが) 日常の動作にシューシューボーボーと言いながら動いたんだけど、さすがに現在の年齢では、そこまではやらなかった(どーでもいい情報だったか)。

筆者の記憶違いかもしれないが
終盤の闘いは、もうちょっと長かった気がする。
 TV版では、カットをすることはあっても、シーンを足すことはないと思うんだが。


作品の方向性(5段階)および評価
カンフーアクション度5(修行の場面も含めれば満喫できる)、コメディー度2(ややシリアスなところがある)、軽快に進むんだけどヘビーってこれ如何に・・・度3(中途半端なダジャレに走ってしまったぜ)。 ということで、作品の評価は、初期のジャッキー作品を代表する傑作。 コミカルなところとシリアスな場面とのメリハリがあり、何度見ても飽きない。 なんといっても、今作と「ドランクモンキー酔拳」の成功があったからこそお蔵入りだった他のジャッキー作品が公開されることになったという重要な作品。


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/10/28(火) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蛇鶴八拳(原題 蛇鶴八歩 英題 Snake & Crane Arts Of Shaolin)について

監督 チェン・チーホワ
製作総指揮 ロー・ウェイ

役名および出演者名

ヒュー     ジャッキー・チェン(徐英風)

チェンティ   カム・コン(黒龍党頭領)
サイ夫人    テウ・ガーイン(チェンティの妻)
クー・タンロウ ミャオ・ティエン(黒龍党)

タン・ベンエル ノラ・ミャオ(四川唐門派総帥)

パク(百里窮) リー・マンチン(乞食党)
ルー      ウー・テーサン(鷹の爪党)

ヒュアンジュ  キム・チンラン(ファンの娘)
ファン     タン・ラム(飛虎党党首で、ヒュアンジュの父)

ファン・シービン リー・ヤンコク(峨眉派)

まずは、予告編から




あらすじ

少林寺拳法を代表する八人の長老たちは、会議を開いて少林寺の技を守るため披露していた。 八人の長老の拳法を組み合わせた究極の拳法が編み出されることになった。 その拳法は、蛇と鶴の形に似ていることから蛇鶴八拳と名付けられた。

長老たちは、蛇鶴八拳の極意書と龍の鉾を八人の一人リン長老に託す。 そして、長老たちは極意書を世間の目の届かないところに隠すことに決めた。 悪用されないようにするためだ。 しかし・・・ 八人の長老たちは、極意書とともにどこかへ消えてしまう。

川で釣りをするヒューにならず者(タン3兄弟)が、「極意書を渡せ」とばかりに襲いかかる。

ヒューは、町で饅頭を盗もうとして捕まったヒュアンジェを助ける。 ご飯も奢ってあげちゃう。 蛇鶴八拳の極意書を持った拳法家が町に来ていることは、飲食店でも噂になるほどだ。 極意書を手に入れるため、名だたる拳法家が町に来ているらしい。

食事中に不意に(スリのせいだけど)ヒューの懐から「蛇鶴八拳」の極意書が落ちてしまう。
 
それを見たチンピラたちは、ヒューに襲いかかる。 店内で大暴れ。

何やら怪しい男について廃屋へ行くと・・・ 四川唐門派総帥タンが待っていた。 消息不明になった長老の娘であるため、極意書と長老の行方に関する情報を欲しているようだ。

宿に帰ると、ヒュアンジェがなんと・・・!! (つд⊂)ゴシゴシ

パクが部屋に隠れており・・・

黒龍党の手下に連れられて頭領チェンティの妻サイの所へ。 案の定災難にあう。 助太刀に峨眉派のファン・シービンが現れる。

えぇぇぇぇぇ (((( ;゚д゚)))

とらブル発生! 老獪な作戦。 藪からスティックに出てきたルーが牢屋に入れられる。

そして・・・

各流派入り乱れての闘い。

蛇鶴八拳  日本語吹替収録版


一言で表現するなら
カム・コンの髪型で不思議発見


ジャンル
シリアス系カンフーアクション。
 極意書を巡る拳法の各流派が入り乱れての闘いが続く。 初期のジャッキー作品の中では珍しく登場人物が非常に多く、相関図が複雑な部類に入る。


出演者
黒龍党頭領・チェンティ役のカム・コンは、「天中拳」「木人拳」でもラスボスだった人だ。 髪型一つでこんなにも印象変わるか(っ手言うほどでもないかな)。 ミステリーハンターを自負する筆者としては、今作地毛なのかカツラなのか解明したくなってしまった。 結論としては、ズラじゃ!w(゚o゚)w オオー! 生え際が特に不自然。 それに、今作と前後して撮影された「天中拳」ではツルンツルンだったので、相当短期間でこれだけ髪が伸びるはずが無い。


ジャッキーが開眼?
ロー・ウェイ製作では定番だったズッシリ重い何でも一人で背負い込んでしまうウルトラ・シリアス・キャラが、今作あたりからシリアスな中にも独特の言い回しやシニカルだがどこか憎めないキャラへ変貌している。 後に製作された「モンキー」シリーズにつながっていったんじゃないかと思う。


ストーリー
少林寺を代表する8人の長老たちが集まり、究極の拳法「蛇鶴八拳」を完成させる。
 悪用されることを恐れた長老たちは、「蛇鶴八拳」の極意書と(極意書を持つ権威の印としての)龍の鉾を隠すことにした。 しかし、長老たちは、「蛇鶴八拳」の極意書と龍の鉾とともに行方不明になってしまう。

町に現れた青年ヒューが「蛇鶴八拳」の極意書を持っていることをバレてしまい、有名無名の拳法家から狙われることに。 そして・・・


見所
「まろやかな味の蛇拳、ピリッと辛味の鶴拳、いろいろ揃えて8タイプ」
(広川さんの予告編ナレーションからの引用)と豪華なカンフーが余すところなく披露されているところ。


作品の方向性(5段階)および評価
カンフー・アクション度5(序盤からフルスロットルだ)、シリアス度2(コメディー要素は少ないが、深刻になりすぎるほどでもない)、奇想天外で単純明快で天真爛漫だけど支離滅裂って一体どういう意味だろう度1(・・・わかんないっす!)。 作品の評価は、登場人物は多く複雑だが、ストーリーは比較的シンプルで分り易く、序盤からジャッキーの完成されたカンフーが見られる良作。 「モンキー」シリーズのような修行シーンやユーモア溢れるシーンは少ないが、ちょっぴり皮肉を言いながらクールに装うジャッキーも見応えがある。


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2014/10/27(月) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

龍拳(原題 龍拳 英題 Dragon Fist)について

監督・製作 ロー・ウェイ

役名および出演者名

ホーエン ジャッキー・チェン(サンタイの弟子で義理の息子)
ムーラン ノラ・ミャオ(サンタイの娘)
サンタイ シュー・シャ(唐山武館の師範)

チュン   ヤム・サイクン(百勝道場の師範)
ファンカン ジェームス・ティエン(チェンの弟子)
ナンシン  イーグル・ハン(チェンの弟子)
チュウピン イム・ウンジュ(チュンの娘)

ウェイ    カオ・チャン
ロウサン  ワン・カンユー(ウェイの手下)
シンウェイ シュー・ユエン(ウェイの手下)
ウェイの弟 シュー・ファ
マッツォ  チェ・ジュホ(殺人犯)
医者    リャン・シャオシュオ


まずは、予告編から(結構見所を出してしまっているのでネタバレ感があるかも)




あらすじ

サンタイは武術大会で優勝し、武林至尊の額を得る。 唐山武館でその祝賀会の準備をしていたところ、チュンがやってきてサンタイに挑戦。 サンタイは受けて立つが・・・ 敗れて ・・・ ホーエンを後継者に指名し、死んでしまう。 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

チュンが師範を務める百勝道場で祝賀会が行われている。 チュンの娘チュウピンがチュンの妻を呼びに行くと・・・妻は自殺していた。
(((( ;゚д゚))) 妻の遺書には・・・

波止場では、マッツォが悪事を働いているところを見られたため、目撃者を一人残らず始末。 (マッツォは、加山雄三さんの若い頃にソックリだ)

チュンの道場に近くの川へ流れ着いた死体が運ばれる。 門下生の一人が、犯行現場を目撃し、犯人はマッツォだと証言。 チェンは、ファンカンとナンシンにウェイの屋敷へ行って、マッツォを捕らえてくるように命じる。

ウェイにマッツォの行方を聞くが、既に破門したため行方を知らないとウェイに答えられる。

未亡人(サンタンの妻)と娘・ムーランを連れて師サンタンの仇チェンを探す旅をするホーエン。

ウェイの手下のシンウェイの手下たちが、ホーエン一行にちょっかいを出す。

寺でサンタンの3回忌。 ホーエンがシンウェイと手下たちに絡まれているところをチェンの娘チュウピンに助けられる。 しかし、助けるのにシッッッパイしそうになったところでホーウェイが助太刀。

あくる日、ホーエン一行は、百忍道場へ。 チェンに迎えられるが、3日待つよう言われる。 (  ̄っ ̄)ムゥ

ファンは、ホーエンに夜襲をかけるが・・・

ファンは、チェンの借りがあるという説明に納得いかず、カリカリしちゃう。 (`Д´) ムキー!

3日後。 百忍道場は静まり返っている。 チェンは、その後反省したことを説明。

チェンを快く思っていないウェイ一味は、ホーエンを仲間に入れつつチェンを倒す策略を練る。

未亡人は、病気にかかってしまう。 医者によると珍しい病気で、ウェイのみが持っている薬でしか治らないそうだ。 (う~ん、この展開は・・・)

薬をもらうためにホーエンは、ウェイの道場を訪れる。

ファンカンとナンシンは屋敷に乗り込み、マッツォを捕らえる。 しかし・・・

そして・・・

百忍道場へウェイ一味がやって来て・・・

なんて奴だ!

(#`皿´) ムキーーーー!
Dragon Fist 炸裂。


ジャッキーチェンの龍拳



一言で表現するなら
アーウェイ、オーウェイ、オレ入江フロムLAっという感じだ。


ジャンル
シリアス系カンフーアクション。
 コメディー要素は皆無。 そのかわり、カンフーアクションてんこ盛りだ。 ジャッキーが最初からある程度強く、真面目な性格の設定なので、修行のシーンなどは一切ない。


出演者
百勝道場の師範・チュン役のヤム・サイクン
は、笑拳で鉄の爪役などラスボスクラスではよく見かけるが、悪者じゃない役は初めて見た(筆者の勉強不足かもしれないが)。 師の仇という役ということで大物感が必要なのでピッタリだ。 それにしても、1947年生まれなので、製作時30歳前後のはず。 そう考えると貫禄ありすぎ(もちろん悪い意味じゃないぞ)。

そして、なんといっても、今作のジャッキーは悩みまくっている。 葛藤 → 格闘 → カットみたいな流れ。 
製作されたのが1978年くらいなので、モンキーシリーズ(「蛇拳」「笑拳」「天中拳」「酔拳」)あたりと近い時期に撮影されたはずで、1本だけ飛びぬけて作風が違う。 「拳精」あたりではコミカルな部分も演出したロー・ウェイだったが、今作ではそっち方面には一切行かなかった。 折れない心というのか頑固というのか。 (っま、とは言っても、筆者的には、今作のような“ひたすらかっこいいい”ジャッキーも評価は高いんだが) 


ストーリー
サンタイは武術大会で優勝し、武林至尊の額を得る。
  これを気に入らない百忍道場のチュンは、サンタイに挑戦し破る。負けを認めているサンタイに攻撃を続け、サンタイは重傷を負う。 それが原因でサンタイは死んでしまう。 後継者に指名されたサンタイの弟子で義理の息子のホーエンは、チェンに敵討ちをするため龍拳を窮め、未亡人(サンタイの妻)とサンタイの娘・ムーランを連れてチェンを探す旅に出る。 一方、サンタイを破ったチェンは祝賀会を開催。 娘・チュウピンがチェンの妻を呼びに行くと首を吊って自殺していた。 チェンは、後悔し自ら・・・ 

ホーエン一行は、チェンの百忍道場に辿り着く。 しかし、チェンは・・・


見所
やはり、最後の格闘場面。



どことなく・・・
ブルース・リー作品に雰囲気が似ているような気がするんだが、気のせいだろうか? ジャッキーが最初からある程度強いところや、怒りの感情をあらわにして敵に向かっていくところなど。 ロー・ウェイが関わっていることと関係が有るんだろうか。


やはり記憶に残っているのとちょっとズレている
人間の記憶って曖昧ということを思い知らされる。 っま、ぼんやりとシリアスな映画って印象は変わらないが。


作品の方向性(5段階)および評価
カンフーアクション度5(っま、序盤から完成形の龍拳を披露しているので)、シリアス度4(冗談が通用する雰囲気ではない)、ジャッキーが薬を得るためにあらゆる手段を使う!?度2(どこかで聞いたことがあるような設定?)。 ということで、作品の評価は、ジャッキーのかっこよさが堪能できる良作。 終盤にヒトヒネリあるので最後まで飽きずに見られる。 


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/10/26(日) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (192)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村