阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

サスペリア・テルザ 最後の魔女(原題 La Terza madre)アルジェント監督の魔女3部作完結編・・・について

監督 ダリオ・アルジェント

役名および出演者名

サラ・マンディ  アーシア・アルジェント
エンゾ・マルキ  クリスティアン・ソリメーノ(刑事)
ヨハネス神父   ウド・キア
マイケル     アダム・ジェームズ(博物館館長で、サラの恋人)
ラクリマルム   モラン・アティアス(涙の母)
マルタ・コルッシ ヴァレリア・カヴァッリ(降霊師)
カテリーナ    市川純(魔女)
エリザ・マンディ ダリア・ニコロディ(サラの母)
デ・ウィット   フィリップ・ルロワ(錬金術師)
ジゼル      コラリーナ・カタルディ・タッソーニ(博物館副館長)
ユリアン     パオロ・ステラ
エルガ      シルヴィア・ルビノ(マルタの恋人)

まずは、予告編から



あらすじ

えっ、絵、えぇぇぇぇ?

Viterbo墓地。 教会で掘削作業をしていた建設作業員が、誤ってショベルカーで穴に突っ込んでしまう。 その拍子で歴史のありそうな鎖で施錠された箱を発見。 神父が解読すると、「ラクリマルム」の物らしい。 神父は、より知識のあるマイケルに箱を送る。

ローマの考古学博物館。 博物館副館長のジゼルと復元を研究しているサラは、マイケル不在の中、神父から届いた箱を開けてしまう。 中には、宝剣、像、古代文字が書かれた布が入っていた。

ジゼルは、被害に遭ってしまう。 (内臓がナイゾウっていうくらいまで、腹をえぐられてしまう)
その場面に遭遇したサラは、その場を立ち去る。 (助ける気がサラサラないってことだな)

サラは、警察に通報。 取調べを受けるが、サルが追ってきたことを話すと、モンキー・・・じゃなくて「本気か」と怪訝な顔で言われる。

乳児をドーーーン。(;´Д`)

車をどーーん。 (゚Д゚≡゚Д゚)ゴルッホー!!!

マイケルは、送り主のいる墓地へ行く。 が、送り主の神父は心臓発作により重体。 ラクリマルム。
病院の駐車場では、怪しすぎる女性2人(魔女)がマイケルを見張っている。

ローマは、すっかりカオスに。
マイケルの息子が、何者かに誘拐されてしまう。 ベッドには、「調査をやめないと息子は返さない」と書かれている。
マイケルは取り乱してしまう。 (ドンマイケル) そして、降霊師の所へ行ってしまう。

サラは、3のつくものを調べる。 (散々な目に遭ったせいだろう)
マイケルからサラに助けを求める電話。 

「ちょと待て」「シモネイケ」

サラは、魔女(カテリーナ)に追いかけられる。 ついでに、ジゼルの一件以来、警察にも尾行されている。 モンテレオーネ行きの列車に乗り込む。

サラは、神父ヨハネスのところへ行く。 そこで、マルタに会う。 マルタは、サラの両親と知り合いのため、両親のことを話し始める。 サラの母エリザは、白魔術師だった。 黒魔術師(サスペリオルム・・・スリー・マザースの一人)と戦ったそうだ。 サスペリオルムとテネブラルムは封印されているが、ラクリマルムは復活してしまった。

目。(゚ロ゚;)エェッ!?

そして・・・

シュシュシュっと。

カタコンベ

サスペリア・テルザ 最後の魔女

一言で表現するなら
序盤では、マザー、まだーっていう状態だった(本編とは、関係ない。 ダジャレを言いたかっただけ)


ジャンル
サスペンスというかホラー。
 心理的に追い詰められる系かなぁ~っと思ってみていると、ガッツリ険しいシーンがお出迎えって感じだ。 エログロナンセンス・満載。 映倫のR18+も納得。 ポロリが普通に出てくるし、殺し方が結構残酷だったりする。 その辺りが苦手な人は、評価が変わってしまうかも(筆者は大丈夫だけど)。


出演者
サラ・マンディ役のアーシア・アルジェントは、ダリオ・アルジェント監督の娘さんだ。 「デモンズ2」で駐車場にいたイングリッド役(だっけ)をしていた子供(当時10歳前後)だ。 最近では、アーシアは監督までしている。 やっぱり、映画一家だなぁ~っと思ってしまう。


ストーリー
ローマ郊外の墓地で古代の遺品を納めた箱が見つかる。
 立ち会った神父は、考古学博物館の館主マイケルに解読をしてもらうために遺品を送る。 マイケルのいない間に、副館長のジゼルと復元を研究しているサラが箱を開けて、遺品を出してしまう。 ひょんなことから、ジゼルは(スリー・マザーズの一人)ラクリマルムを復活させてしまう。 ローマの人々は、暴力的になり、町はカオスに。 そんな中、サラはサラの両親の知人であるというマルタに会う。 マルタから両親が死んだ真相を聞かされ、サラは・・・


見所
世界中から魔女が集まってくるところ。
 日本からも、秘密のアッコちゃんが・・・いや、ちょっと方向性の違う日本人女性(カテリーナという役名)が魔女としてサラを追いかけていた。  アッコちゃんは、アッコちゃんでもR(リズム)&B(暴力)のワダのアッコちゃんの若い頃を彷彿とさせるメイクが特徴だった。


三部作の完結編ってことで
第二部の「インフェルノ」に出てきた、「The Three Mothers」も出てきていた。 でも、前作をみたのは、随分前(3ヶ月前)なので大部分を忘れていた。 劇場で見た人だと、27年も間が開いたんだ。 その間、ダリオ・アルジェント監督に作風の変化があったんだか、なかったんだか。 筆者だけかもしれないが、「サスペリア」「インフェルノ」で特徴的だった、鮮やかな赤や青を基調とした色彩が今作では見られなかった。 っま、それが作品の評価に直結するわけではないんだが。


作品の方向性(5段階)および評価
サスペンス度4(前半は、間違いなくこっち方向)、ホラー度4(後半は、こっち方向)、「三度目の約束を破って、一人で見てしまった・・・どうしよう?」度42(っつーか、恋人となら分るが、家族で見るのはすっげー気まずいぞ。 エロ・グロが満載なだけに)。 ということで、作品の評価は、内容がまとまっていて分りやすいので、気軽に見れる作品。 本ブログで紹介したアルジェント作品は、どっちかというと濃口。 でも、今作は、あっさり味。 好みが別れるかもしれない。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2014/12/28(日) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ザ・エージェント(原題 Jerry Maguire)トム・クルーズが独立した代理人を熱演・・・について

監督・脚本 キャメロン・クロウ

役名および出演者名

ジェリー・マグワイア  トム・クルーズ(スポーツ選手の代理人)
ロッド・ティドウェル  キューバ・グッディング・Jr(アリゾナ・カージナルズのワイドレシーバー)
ドロシー・ボイド    レニー・ゼルウィガー(SMIの会計士)
エヴェリー・ビショップ ケリー・プレストン(ジェリーの恋人)
ボブ・シュガー     ジェイ・モーア(ジェリーの教え子)
フランク・クーシュマン ジェリー・オコンネル(ドラフト1位候補)
ローレル・ボイド    ボニー・ハント(ドロシーの姉)
マット・クーシュマン  ボー・ブリッジス(フランクの父)
レイ・ボイド      ジョナサン・リプニッキ(ドロシーの息子)
ビル・ドゥーラー    マーク・ペリントン
マーシー・ティドウェル レジーナ・キング(ロッドの妻)
イーサン・バルヘアー  エリック・ストルツ
元ガールフレンド    ルーシー・アレクシス・リュー
タイソン・ティドウェル ジェレミー・スアレス
ディッキー・フォックス  Jared Jussim
キース・クーシュマン  ベンジャミン・キンボール・スミス
アン・ルイーズ     イングリッド・ベール
スカリー        ジャン・ウェナー
ウェンディ       ナダ・デスポトヴィッチ
ボビー         アレクサンドラ・ウェントワース
ティーピー       アリエス・スピアーズ(ロッドの弟)
ジャン         ケリー・コフィールド・パーク
アリス         アリス・マリー・クロウ
デニス         グレン・フレイ
クレオ         ボーモント・ベーコン
パトリシア・ローガン  リサ・アムステルダム
キャシー・サンダース  アンジェラ・ゴーサルス
ジョン・スウェンソン  リック・ジョンソン
スティーブ・レモ    トビー・ハス(負傷したスポーツ選手)
ジェシー・レモ     ドレイク・ベル(スティーブの息子)
カルヴィン・ナック   ブレント・バリー

まずは、予告編から



あらすじ

ジェリーは、これから活躍しそうな若手を支える代理人。 SMI(スポーツ・マネージメント・インターナショナル)に所属している。 SMIは、1685人のスポーツ選手の代理をやっている大手企業だ。 ジェリーは、そのうちの72人を担当。

ジェリーは、負傷したスポーツ選手のスティーブ・リモを見舞いに行く。

ジェリーは、SMIに提案書を書く。 初心に戻って、もっと選手のケアをやっていこうという内容だ。 それを、会社の人達に配る。

エヴェリーと一試合こなした後、バチュラーパーティー(結婚の前祝)へ。 元恋人たちからのビデオメッセージが流される。 (暴露話ってやつだな)

提案書を配ったことで、ジェリーはクビになってしまう。 契約していた選手に連絡を取ろうとするが、教え子のシュガーに1人(ロッド)を除いて契約を取られてしまう。

Show Me the Money!

ジェリーは独立するため仲間を集めて去ろうとするが、賛同したのは金魚とドロシーだけだった。 (金魚は半ば強引にだったが)
_| ̄|○  (もしかして、Show Me the Money!に対抗するために、“金”魚を持っていったってこと?)

婚約者のエヴェリーとも別れてしまう。o(#゜Д゜)_‐=o)`Д゜)・;

酔っ払ったジェリーは、夜中にドロシーの家に押しかけてしまう。 でも、金魚を見て冷静になる。 (キンギョ迷惑ってことが分ったってことか)

Help Me, Help You

ジェリーとドロシーは、親密になっていく・・・  (●´ω`●)

そして・・・

ジャーーーズ

ブレイクしちゃう。

タッチダウン?

ザ・エージェント

一言で表現するなら
ショウヘイ・ザ・マネー $(-ロдロ-)


ジャンル
ビジネス系ロマンティックコメディ・ドラマ。
 映倫はPG12だが、結構キワドイ場面がある。 フルポロリじゃないから、ギリギリセーフって判断なのかも。 でも、突然、生々しい場面が出てきて、気まずいってことに・・・って大丈夫か。 っま、とはいっても、地上波TVで放送しても問題ないくらい。 タイトルからして、シビアな代理人家業を淡々と描くのかと思ったが、実は、しっとりと恋愛モノが中心。


出演者
ジェリー・マグワイア役のトム・クルーズは、若干エキセントリックな代理人を演じている。
 夜のサングラスのシーンもビックリしたが、序盤の婚約者・エヴェリーとのシーンは突然でもっとビックリした。 そして、・・・気まずかった。 そういえば、エヴェリー役のケリー・プレストンの夫であるジョン・トラボルタが、この映画について聞かれた時に、気まずそうだった・・・という記憶がある。 どのインタビューだったかは、忘れたが。

ロッド・ティドウェル役のキューバ・グッディング・Jrは、本作の演技でアカデミー賞助演男優賞を受賞。 実録「Show Me The Oscar」だった。


ストーリー
スポーツ選手の代理をする大手会社SMIの社員・ジェリー・マグワイアは、彼の担当する選手(依頼人)に対する会社のアプローチが高額契約を結ばせることに執着しすぎていることに疑問を感じるようになる。
 そこで、提案書を作成。 会社の従業員たちに配布する。 しかし、それが原因で会社を解雇されてしまう。 ジェリーが担当していた約70人のクライエントの大半は、ジェリーの教え子・シュガーの方に移ってしまう。 唯一契約できたのが、気難しいアメフトの選手(ロッド)。 ジェリーの考えに賛同する同僚の会計士・ドロシーと共に独立し、クライエント(ロッド)をサポートしていくが・・・


見所
ロッドがTVインタビューを受けているところ。


興行的に大成功
製作費5000万ドル(約54億円)に対し、興行収入2億7355万ドル(約297億円)と大ヒット。 (観客の回転率がよくない)2時間超えの作品と考えれば、もっと凄い。


モデルになった代理人
レイ・スタインバーグという代理人がモデルになっており、本編の終盤にトロイの代理人役で出演している。 


作品の方向性(5段階)および評価
ビジネス度2(メインではなかったかも)、ロマンティック・コメディ度4(メイン)、邦題の“ザ”は何とかならないものか度5(でも、ジ・エージェントだとシックリこない。・・・なら、代理人って方が良かったんじゃないかな)ということで、作品の評価は、2時間を超えるが、軽快なリズムで進む爽やか系の秀作


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2014/12/27(土) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マッチスティック・メン(原題 Matchstick Men)ニコラス刑事が詐欺師を好演・・・について

監督 リドリー・スコット
原作 エリック・ガルシア 「マッチスティック・メン」
製作総指揮 ロバート・ゼメキス

役名および出演者名

ロイ・ウォラー ニコラス・ケイジ(詐欺師)
フランク    サム・ロックウェル(ロイの相棒)
アンジェラ   アリソン・ローマン(ロイの娘)
ハリス・クレイン ブルース・アルトマン(ロイの担当精神科医)
チャック・フレシェット ブルース・マッギル(ボートを所有する富豪)
シェイファー夫人 ジェニー・オハラ(当選詐欺の被害者)
Mrシェイファー スティーヴ・イースティン(当選詐欺の被害者)
ランドリーの女性 ベス・グラント
キャシー    シーラ・ケリー(スーパーのレジ係)
ビショップ   ティム・ケルハー(刑事)
ホルト     ナイジェル・ギブス(刑事)
バーテンダー  ジム・ズレヴィック
ヘザー     メローラ・ウォルターズ(ロイの元妻)

まずは、予告編から



あらすじ

豪邸に住む潔癖症(というかOCD?)のロイは、職場へ出勤。 フランクが、フランクな口調で浄水器を電話で販売している(当選詐欺ってやつだな)。

その後、シェイファー宅へ。 ロイは、捜査官キャラウェイと名乗る。 連邦がらみの仕事で、当選詐欺を捜査している・・・という設定だ。

精神科医から処方されていた薬を誤って排水溝に落としてしまう。 薬を飲めなくなったロイは、潔癖症が酷くなってしまう。 すっかり、お掃除刑事になってしまう。

何度電話を掛けても出てくれないロイに痺れを切らしたフランクは、ロイの家に来る。

1・・・2・・・3・・・

別の精神科医(ハリス・クライン)を探してもらい、ロイはクラインのオフィスへ行く。 カウンセリングを受ける。 そして、薬(プリフェっクス)を処方してもらう。

ハリスがロイの元妻ヘザーに連絡したところ、ロイにアンジェラという娘がいることが分る。 アンジェラは、ロイに会いたいと言っているそうだ。

ロイはアンジェラに会う。 電話番号を教えてもらう。

次のターゲットは、貿易商のチャック。 フランクと打ち合わせに行こうとしているところに、アンジェラが家出をしたので暫らく泊めてほしいといってきた。 土産にニューヨーク・スーパー・ファッジ・チャンクを買ってきて欲しいと言われる。

ロイは、詐欺師であることをアンジェラに打ち明ける。 アンジェラは、テクニックを教えて欲しいと言い始める。 仕方なく、ロイはアンジェラに教える。

「騙す相手に騙されるな」

ロイは、アンジェラに当選詐欺を教えるが・・・当然の結果に。

そして・・・

ボウリングーーっ・・・からの・・・ランニングーっと。

薬 ⇒ リスク ⇒ 苦しみ ⇒ 見苦しい ⇒ イライラ ⇒ Lie Lie(って流れか)

「泳ぐのなら、濡れるのは覚悟の上」

マッチスティック・メン

一言で表現するなら
イライラなのかLie Lieなのか。


ジャンル
クライム・コメディ。
 クライムとなっているが、雰囲気は明るい。 主人公が詐欺師だけに犯罪シーンは多数登場するが、残酷なシーン、下ネタ、グロ、ナンセンスといったシーンはない。 映倫のPG12は妥当なところ。 ある程度の子供が見ても大丈夫だろうし。


出演者
ロイ・ウォラー役のニコラス刑事が、珍しく(でもないか)詐欺師の役。
 精神面でのトラブルを抱えているが、状況によって症状が出たり、出なかったり。 逆に言えば、ロイの置かれている状況が分る。

アンジェラ役のアリソン・ローマンには、観客というか視聴者がみーんな騙されたはず!(((( ;゚д゚)))
ちょっとネタバレになってしまうかもしれないが、実は・・・アリソン・ローマンは撮影時22歳。 アンジェラの設定が14歳なので、夏川純さんもビックリな鯖の読みよう。 リドリー・スコット監督もオーディションの時に年齢を言われるまで、分らなかったそうな。


ストーリー
ロイと相棒フランクは、プロの詐欺師(マッチスティック・メン)だ。
 普段は当選詐欺などで食いつないでいる。 ある日、フランクが大きなヤマ(富豪のチャックから巻き上げる計画)を持ってくる。 一方、精神的にトラブルを抱えているロイは、フランクの紹介で精神科医(クライン)に会って、薬を処方してもらう。 クラインとのカウンセリングの過程で、元妻ヘザーが別れる時に妊娠していたことを打ち明ける。 クラインがヘザーに連絡したところ、アンジェラという娘がいることが分る。 ロイはアンジェラに会ってみる。 フランクとの仕事の打ち合わせをしようとしているところで、アンジェラは家出をして来たのでロイの家に泊まらせて欲しいと言って暫らく滞在することに。 ロイとフランクは、チャックの件を進めていくが・・・

見所
エンディング
かな。 ロイの仕草というかクセがヒントになっている。


ところで・・・
3回ドアのクセ、途中で一貫性がなくなってない?


作品の方向性(5段階)および評価
クライム度4(っま、ずーーっと詐欺の話なので)、コメディ度2(笑い・・・・う~ん)、藪からスティックにマッチスティックマンが・・・度0(本編とはあんまり関係なかったけど、とりあえず言ってみたかっただけ)。 ということで、作品の評価は、収録時間は若干長めだが、それを感じさせないほどテンポ良く話が進む秀作。 最後のシーンは、リドリー・スコット監督の助言で足されたそうだが、それで正解ではないかと思う。 ないと、評価は随分と変わってしまうはずなので。


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2014/12/26(金) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (149)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村