阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

デビル・ストレンジャー(Meeting Evil)サミュエル・ジャクソンが迫力ありすぎ・・・について

監督 クリス・フィッシャー

役名および出演者名

ジョン    ルーク・ウィルソン(フェルトン)
リッチー   サミュエル・L・ジャクソン
ジョーニー  レスリー・ビブ(フェルトン、ジョンの妻)
タミー    ペイトン・リスト(ジョンの元恋人)
フランク   ミューズ・ワトソン
ラティーシャ トレイシー・トムズ
ピーター   ブレット・ロバーツ
トレヴァー  ジェイソン・アラン・スミス(ジョンの元上司)
ロンダ    ティナ・パーカー(携帯電話ショップの店員)
トラック運転手 ダニー・エッパー
ジョンJr  サム・ロビンス(ジョンの息子)
サム     ガブリエル・ハーヴェイ(フェルトン、ジョンの娘)
バーテンダー ダニー・ハーネマン
保安官ムーア エドワード・J・クレア

まずは、予告編から



あらすじ

不動産の売り物件が目立つ、ちょっと寂れた郊外をドライブするジョン・フェルトン。 家に帰ってきたが、ポストには支払い出来なかった料金やローンの支払いを催促する手紙が山のように入っている。 差し押さえられている家に入ると、家族の誰もいない。 昼からヤケ酒呑み。 (Dream Homes)

(((( ;゚д゚)))

不動産販売員のジョンの仕事が上手く行っていないため、ジョンと妻のジョーニーはギスギズした会話。 っというか、会社を首になってしまっている。

リッチーと名乗る男が、ジョンの家のベルを鳴らす。 車が故障したため、押して欲しいということだ。 押していると、車の後部が爆発。 ジョンは左足をケガしてしまう。 リッチーは、ジョンを病院に連れて行く・・・と言うが。

ガソリンスタンドに寄り道。 リッチーの奇行が目立ち始める。 ジョンは、途中下車したバー(McDougal’s)の近くにある携帯電話取次店で、電話を借りて妻に電話をしようとするが、店員(ロンダ)とトラブルに。 結局、バーで電話を借りることになる。

バーで(ジョンを解雇した)トレバーとタミーにバッタリ遭遇してしまう。 電話の前では、リッチーがドッカリと座っている。

ジョンは、タミーと不倫していたのだが、それがタミーと付き合っていたトレバーに見つかってしまいクビになったようだ。 

ジョンはタミーの車でリッチーを送っていこうとするが、後ろからトラックに煽られる。 怒ったジョンは、トラックドライバーと口論しようと外に出た隙にリッチーが車を奪って・・・

リッチーの奇行はエスカレート。 話を聴こうともしなくなる。 ジョンはタミーと逃げようとする。ε=ε=(;´Д`)

しかし、ジョンは、リッチーに見つかってしまう。

捜査官のフランクとラティーシャは、ジョンを容疑者として捜査し始める。

そして・・・

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

Poorly

デビル・ストレンジャー


一言で表現するなら
不動産販売では、リッチーも重要な判断材料


ジャンル
クライム・サスペンスというか、バイオレンス系ミステリー。
 直接的な厳しい暴力描写は少ないものの、間接的に“そういった行動を連想させる”描写は結構あったりする。 エロ・グロ・ナンセンスは皆無。 そういう意味では、家族で見ても問題ない範囲なのかもしれない。 一部、厳しい目のシーンはあるのだが。


出演者
リッチー役のサミュエル・L・ジャクソンは、珍しく悪役。
 殺し屋役は、「パルプフィクション」で演じているが、今作の役は“付きまとい、迷惑かけてしまう”系なので、怖さが際立った。


ストーリー
不動産取引業の会社を解雇されたジョンは、抵当権が実行されるなど、経済的に行き詰っている。
 妻ジョアニーと口論になり、ジョアニーは、息子ジョンJrと娘サムを連れてしばらく外出。 憂鬱になっているジョン。 そこへ、車が故障したと見知らぬ男(リッチー)が訪ねてくる。 ジョンはリッチーの車を押していこうとする。 が、アクシデントでジョンは、左足を負傷してしまう。 リッチーはジョンを病院まで送ると言い出し、ジョンを乗せてドライブする。 ジョンは、リッチーのサイコパスな行動を目の当たりにし・・・


見所
サミュエル・L・ジャクソンの悪役は、迫力がある。


結末は・・・
一応、中盤辺りに伏線は張られていた。 勘のいい人じゃなくても気付ける範囲だと思う。


作品の方向性(5段階)および評価
クライム・サスペンス度3(間接的な表現が多かったので)、ミステリー度3(ラストに関しては、ちょっと取って付けた感があったりする)、やっぱ高額物件はリッチーな人にしか売れないよねぇ~度4242(黒尽くめのスーツの男に、付きまとわれるけど)。 ということで、作品の評価は、全体にどんよりとした雰囲気だが、ハードルを上げすぎなければ普通に楽しめる作品。 終盤のストーリー展開に関しては評価が分かれるかも。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2015/01/28(水) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コロンビア・コネクション 麻薬シンジケート壊滅作戦(The Colombian Connection)について

監督 ジュリアン・ヒギンズ

役名および出演者名

ジャック・フックス ロバート・ソーン(警官)
フランク・ロッシ  トム・サイズモア(警官)
マイク       バーティ・ヒギンズ(ジャックの友人)
カーマイン     ケヴィン・アンソニー・ブルックス(ジャックの船のクルー)
チャーリー     ライアン・コールドウェル(ジャックの船のクルー)
ボー        ハワード・マクネア(ジャックの船のクルー)
ジョン・バーガー  ジョー・ジェレティ(DEA捜査官)
アニー       ミシェル・スペクト(ジャックの従兄妹でマイクの恋人) 
キャプテンモーガン マーシャル・ライトル(フランクの仲間)
カルロス・ウエルタ デヴィッド・カストロ(コロンビアでの取引相手)
エミリオ      エディ・ボレロ(カルロスの部下)
エレーナ      ビアンカ・マリノフスキー(カルロスの恋人)
コニー       スザンヌ・グティエレス
ラリー       タイラー・ジラード
ザック       デヴィッド・バローナ
シャーロット    シャーロット・ヒギンズ
サディ       ランディ・モーガン
エリス       ロス・ロドリゲス
ジェラルド     エディ・タイソン
マーヴィン     デヴィッド・ヴォーゲル

まずは、予告編から



あらすじ

ユカタン海峡は、キューバとメキシコの間にあり、世界で最も危険な海峡だ。

1970年代、その海峡はコロンビアからフロリダへの違法薬物の密輸に使われるようになった。 密輸業者はその海峡は、「ジ・アイ」と呼ぶようになった。

今作は、実際に起こった事件を基に構成されている。

1972年のフロリダ湾岸、サディ、ザックとエリスがせっせと密輸をした品物を運び込んでいるところへ、警察(フランク、ジャック)が来た!

大変なことになった。 ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

悪行を働くフランクにジャックはハメられてしまう。

4年後。 ジャックは、残りの刑期を赦免してもらうことを条件に、DEA(麻薬取締局)による密輸のアンダーカバーの案件をジャックを逮捕した内部捜査担当だったジョン・バーガー(現DEA)から引き受ける。 派手に密輸をしているフランクが関わっている為に、ジャックが選ばれた。

モーガンが雇ったパイロットが荷物の落下地点を間違う。 フルタイム・ジョブ。 ジャックは、モーガンに仕事を紹介してもらう。 モーテル(119号室)で休憩。 (119・・・救急・・・う~ん、何かの伏線だろうか?)

フランクが、仕事の話をするために119号室へ来た。 商売したい男を追い払う。

ジャックは、マイクの船で酒を飲む。 モーガンとロッシの仕事を引き受けたことを話をする。 クルーを募集する。 でも、変な男(チャーリー)がクルー。 その他、カーマイン、ボーがクルー。

取引相手は、オズの魔法使い。

Pete’s Dream号に乗ってコロンビアのグアヒラ半島へ。 カルロス・ウエルタに会う。 ビジネストーク。

失敗ダメ、絶対!( ̄▽ ̄;)!!ガーン

ピンチがクルー。

そして・・・

エレーナ・・・上手く行く?

945-9795

エル・ミラグロ

何のまねーだ。

コロンビア・コネクション 麻薬シンジケート壊滅作戦


一言で表現するなら
ジ・アイ≠慈愛


ジャンル
クライム・アクション系サスペンス。
 ガンアクションや潜入捜査を中心に描いているため、ストーリーは、比較的分りやすい。 勧善懲悪ということなので。 時代設定が1970年代なので、うっかりと設定を忘れてしまうと「あれ?」ということになってしまう(特に貨幣価値。 日本では100万長者って言われた時代なので)。 ポロリが1シーンあるが、全体的には、エロ・グロ・ナンセンスは控え目。 銃撃戦のシーンがあるので、アクションといった意味では派手だが。


出演者
マイク役のバーティ・ヒギンズは、ジュリアン・ヒギンズ監督の父。
 「哀愁のカサブランカ」を作詞・作曲し、歌っている人だ。 ちなみに、同曲は郷ひろみさんがカバーしたことで、日本でもヒットしたようだ。


ストーリー
麻薬捜査官のジャックは、相棒のフランクにハメられて内部調査を受け、服役することになる。
 刑務所にいるジャックに内部調査を行ったジョン・バーガーが訪れる。 ジョンは内部調査からDEA(麻薬取締局)に勤めるようになり、派手に密輸を繰り返すフランクを逮捕するため、ジャックに残りの刑期の赦免を条件に潜入捜査をすることを持ちかける。 ジャックはこの話に乗り、フランクにアプローチ。 フランクの取引先のカルロスの所へ向かうが・・・


見所
実話ベースなので、「ここはフィクション」「ここは実話」などと考えながら見ると案外楽しめる。


作品の方向性(5段階)および評価
クライム・アクション度4(ただし、派手なシーンは少ない)、サスペンス度3(実話ベースなので、ムチャは出来ない)、違法薬物ダメ、絶対!度5(もちろん)。 ということで、作品の評価は派手さはないがなかなか楽しめる佳作。 ストーリーが分りやすいので、気軽に見ることが出来る。 実際にあった事件を基に作られているので、壮大なストーリーを期待すると厳しいが、ハードルを上げすぎなければ、充分鑑賞に堪える。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2015/01/27(火) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウソ発見器 Yes or No 生死を賭けた選択(Shame the Devil)イギリス版ゆるめのシチュエーション・スリラーについて

監督・脚本・原案 ポール・タンター

役名および出演者名

ジェイムス  サイモン・フィリップス(スコットランド・ヤードの刑事)
サラ     ジュリエット・ベネット(ジェイムスの元恋人でプロファイリングのエキスパート)
リー     ウィル・デメイオ(ジェイムスの同僚)
ケリー    ルーシー・クレメンツ(ジェイムスの妻)
ウエスト医師 ピーター・ウッドウォード(ジェイムスの元同僚)
ジョン    ピーター・バレット(スーパーのマネージャー)
ベネット   ジャック・マレー(ジェイムスの上司)
アンダーソン レオ・グッドマン
マリー    シャーロット・ルイス
クラーク   ケリー・シャーリー
ハリー    ブラッドフォード・ウエスト(サラの兄)
ヒューズ   ウォーリック・エヴァンス(心理学の教授)
ヴィクター  ダグ・ブラッドレイ(教会で雑用係)
捜査官    マルコ・フラマー
ダミアン   マーティン・フィッシャー(神父)
警官     リー・アスキス・コー、ニック・トーマス=ウェブスター、ポール・ブラックウェル
エマ     キャロライン・カーヴァー(ジョンの妻)
ギルビー   フォーブス KB(スーパーの警備員)

まずは、予告編から



あらすじ

スーパーマーケットの店長ジョン・フィッシャーは、目を覚ますと店内でイスに縛り付けられている。 目の前には、ショットガンが。
( ̄▽ ̄;)!!ガーン

マイクを通じて質問されるジョン。 腕には「嘘発見器」のセンサー(?)がつけられている。 (ホントかよ!?)
感情というか精神状態によって目の前にある計器に記録されている。 嘘をついたら死ぬゲームだ。

「同僚のメリッサと不倫をしたか?」などの質問。

明かりというかスポットライトでエマがいることが分る。 エマが警察に通報。

警察(ジェイムス、ビルなど)が現場検証。 ジェイムスは、その番担当していた警備員(ギルビー)とジョンの妻エマを疑う。

ジェイムスは、医師トム・ウェストに電話。 妊娠している妻ケリーを診てもらうためだ。

ジェイムスは、サラに尋問しようとするが、代理で心理学の教授ヒューズが答えることになる。 サラは精神的に安定していないので代理をすることになったようだ。

「真実を話さなければならない」 「Shame the Devil」

医師ウエストにヴォイス・チェンジャーを使った電話が。 心臓に病気を抱えているウエストのペースメーカーを遠隔操作。 患者に「真実を言え」という指令。 そこへ、ジェイムスとケリー夫妻が来る。

ジェイムスは、7年前に別れた恋人サラに電話。

神父デミアンが目を覚ますと、突然懺悔の時間。 嘘は御法度。 嘘をつくと・・・首にビリビリング。 ビックった!

上司のベネットが、ジェイムスを事件の担当から外す。('д` ;)

ジェイムスは、サラに犯人のプロファイリングを依頼。 サラリと断られてしまう。 捜査の情報は、こっそりとリーに送ってもらうことに。 (秘密リーに送ってもらうってことですな)

ジェイムスは、プロファイルを依頼しているサラに会いに行くためにニューヨークへ。

十戒?

サラは、古いレコードをコレクションしている。

NYでも事件が発生。

閉じるウソ発見器 YES or NO 生死を賭けた選択


一言で表現するなら
答えとしては、Noってことで。


ジャンル
刑事モノ系ミステリー。
 どことなく雰囲気がソリッドシチュエーションホラーの「Saw」に似てなくもない。 グロや残酷描写は、ずっと少ないが。 十戒を基に連続殺人を行うのは、「セブン」っぽい所もあったりする。 ストーリーは簡略化されているが。


出演者
ヴィクター役でダグ・ブラッドレイが出演。
 「ヘル・レイザー」シリーズでピンヘッド役を演じている人だ。 まぁ~どーしよう。 今作では、どこに映っているのか分りづらい。 頭にピンが刺さっていなかったせいもあるが。 1ヶ所は明確に分るんだが、その他のシーンでは、映っているんだか不明。 ヴィクターは教会の雑用係ということなんだが、教会のシーンで映っていたっけ?


ストーリー
スーパーの店長・ジョンが目を覚ますと、イスに縛り付けられている。
 目の前にはショットガン、腕には嘘発見器で計測するための計器がつけられている。 指令で「嘘をついたら、殺す」ということだ。 質問に答えていくが、不倫したことを告白した直後に、ジョンの近くにスポットライト。 そこには、ジョンの妻エマがいた。 エマは、警察に通報するが、ジョンがうっかり嘘をついてしまい・・・ 2人目の犠牲者は、事件の担当刑事ジェイムスの元同僚で現在は医師のトム・ウエスト。 3人目の犠牲者も出る。 2人目と3人目の犠牲者は、ジェイムスの知り合いであり、犯行時に犯行現場にジェイムスがいたことから、疑われてしまう。 ジェイムスは、元恋人でプロファイラーのサラに相談。 捜査資料を持ってニューヨークへ向かうが・・・


見所
最初の犠牲者(ジョン)のところ。
 それっぽい雰囲気は出ていた。


作品の方向性(5段階)および評価
刑事モノ度3(っま、ジャンルとしては)、ミステリー度4(ただし、伏線から犯人を絞り込むのは困難)、ところで十戒はどうなったんだ度3(う~ん。 まさか、住んでいるアパートが十階だったってオチ?)。 ということで、作品の評価は、う~ん、もうちょっと突っ込んで描いて欲しいところもあったが、全体的には、ちゃんとまとまっている作品。 ただし、Sawのような厳しい目の(・・・というか、キッチリとした設定の)ソリッドシチュエーションホラーを期待すると、ちょっと違ったりする。 そもそもジャンルが違うので。 それにしても、ラストというかオチは評価が分かれるかも。 突然の展開で「ビックッた」となる・・・かどうかは、分らないが。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2015/01/26(月) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (171)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村