阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

奴隷区 僕と23人の奴隷・・・岡田伸一さんの原作を佐藤佐吉監督が映像化について

監督 佐藤佐吉
原作 岡田伸一「奴隷区 僕と23人の奴隷」(双葉社刊)

役名および出演者名

荒川エイア  秋元才加(ファミレスのウェイトレス、大田ユウガの双子の姉)
大田ユウガ  本郷奏多(フリーター、荒川エイアの双子の弟)
葛飾ジュリア 大沢ひかる(大学性)
中央アタル  山田裕貴(牧師)
新宿セイヤ  久保田悠来(ホスト)
杉並ルシエ  杏さゆり(24歳OL、コールセンターで働く)
足立シヲリ  折井あゆみ(SMの女王様)
墨田ズシオウマル イ・テガン(大学院生)
豊島アヤカ  麻亜里(ホストにハマっている)
文京ゼンイチ 黒石高大(元自衛官)
目黒マサカズ 斉藤悠(無職)
板橋ゲッコウ 槙尾ユウスケ(かもめんたる、大学生、ミュージシャンを目指す)
中野タイジュ 岩崎う大(かもめんたる、35歳映画監督)
渋谷サチ   天乃舞衣子(専門学校生)
品川ゼロ   川嵜祐樹(29歳俳優)
港タキオ   畔柳亮平(20歳大学生)
千代田マリヤ MASAMI(be quixxt!、元ミュージシャン)
江戸川リュウオウ 板垣李光人(小学生)
北ミナミ   心美響(ツンデレ、読者モデル、練馬ムオンの孫)
練馬ムオン  緒形幹太(組長、56歳)
世田谷ツバキ 斎藤洋介(47歳、高校教師)
台東フジコ  鳥居みゆき(31歳、正体不明)

まずは、予告編から



オフィシャルサイト

あらすじ

Blessed ・・・ 機械から解放? しかし、奴隷でいたい者は、残る事になる。

中学の時に親の離婚で離れ離れになった双子の姉「荒川エイア」を探す大田ユウガ。 そして、再会。 でも、いるのは、最上階。

ユウガは、SCM(スレイブ・コントロール・メソッド)という機械をエイアに見せる。 「仲間と保険」が欲しいために、エイアを誘っているようだ。

SCMは、
1.他人を奴隷に出来る
2.上の歯が10本必要
3.SCMを着けた者同士で勝負
4.挑まれた方が、勝負の方法を決める
5.勝者は主人、敗者は奴隷
6.主人が負けると、その奴隷も相手の奴隷になる
7.相手が30m以内に近づくと、機械が反応
8.奴隷は主人に嘘をつけない
・・・というルールだ。

ホストの新宿セイヤは、客の豊島アヤカにSCMを装着させ、わざと負けるように指示する。 しかし・・・

っと、そこへ、大田ユウガが来て、勝負を挑む。

いっせーの ლ(╹ε╹ლ) で勝負することに。

ナギサ荘の目黒マサカズは、女性にモテるという説明書きに反応して、装着してしまう。 面識のある杉並ルシエが来る。(効果あったってこと?) しかし、杉並ルシエが勝負を挑んでくる。 (*→‿←*)♡o

千代田マリヤは、板橋ゲッコウをババ抜きで下し、奴隷にする。

俳優の品川ゼロは、監督の中野タイジュを将棋で下す。

Cool devilの足立シヲリに渋谷サチが挑む。

ユウガとエイアは、春のジャマイカというブログをチェック。

文京ゼンイチは、足立シヲリに勝負を挑む。

ユウガは、江戸川リュウオウの奴隷の葛飾ジュリアに助けられるが、ジュリアに勝負を挑まれる。 そして、ジュリアの奴隷になってしまう。

手にナニカ書いてR

台東フジコが、目黒マサカズにガラスのシャワーをヒット・エンド・ランしてしまう。(´Д`)y-~~

エイアとユウガは、作戦会議。

北ミナミのことを調べに入ったエイアは、物理クラブ顧問の世田谷ツバキから話を聴く。

そして・・・

勝負を挑まれる?

5963

床をペロンチョ。

からの・・・

4すくみの戦いへ。

息の詰まるような展開? 金魚迷惑な対戦だ。

( ̄◇ ̄;)

奴隷区 僕と23人の奴隷


一言で表現するなら
勝負に勝てば主人。 負ければ、奴隷。 っで、傷ついたら、(Drギグルスの)ラリーが治療してくれる。(う~ん、もうちょっとヒネった方がよかったかな)


ジャンル
サバイバルゲーム的サスペンス。
 原作があることから、ルール設定は、ある程度練られている。 でも、これだけの大人数にしては、1時間40分で展開するのは、ちょっとムリがあったかも。 筆者は原作を読んでいないが、オリジナルストーリーに近いものに仕上がったのでは?と思う。 映倫では、PG12。 っま、妥当なところだろう。 ほんの少しのバイオレンス描写と、ゲームで相手を奴隷にするというところが引っ掛かったのかな。


出演者
世田谷ツバキ役の斎藤洋介さんは、キモキモ高校教師を熱演。 でも、ルール説明のところは、棒読みに思えるんだが、気のせいだろうか?


ストーリー
大田ユウガは、双子の姉・荒川エイアを探し出し、SCMという他人を奴隷に出来る機器を使ったゲームに参加しようと誘う。 23人限定で配られたSCMを使い、特殊なルールの中、ユウガとエイアは戦って奴隷を増やしていくが・・・


見所
床ナメ
シーンかな。(-_-)


タイトル
「奴隷区 僕と23人の奴隷」という数字の入るタイトルは珍し・・・(くもないかもしれないが)、当ブログでは珍しいはず。 なんとなく、「掛布と31匹の虫」を思い出してしまった。 全然関係ないけど。 ちなみに、23人の名前は、東京の23区だと思うんだが、練馬って区だっけ?


作品の方向性(5段階)および評価
サバイバル度2(っま、死ぬまではないということで)、サスペンス度3(ストーリーは思わぬ方向へ行くが)、あの金融会社とは関係ないぞ度101。 ということで、作品の評価は、基本的な設定では面白い部分のありスピーディな展開でラストにも工夫のある作品。 ただし、時間の都合上、勝負の駆け引きがダイジェストになってしまっている部分もあるのは仕方がないところか。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2015/04/30(木) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

その男、凶暴につき・・・北野武さんの初監督作品について

監督 北野武
脚本 野沢尚
製作 奥山和由

役名および出演者名

我妻諒介 ビートたけし
清弘    白竜(殺し屋)
灯     川上麻衣子(我妻の妹)
吉成署長 佐野史郎
菊地刑事 芦川誠
柄本   遠藤憲一(麻薬の売人)
織田   寺島進(清弘の手下)
植田   小沢一義(清弘の手下)
片平   佐久間哲(清弘の手下)
佐藤   中村銀次(本庁の刑事)
三宅   谷村好一(本庁の刑事)
樋口署長 勝部演之
荒木   浜田晃(刑事課長)
石橋刑事 上田耕一
友里刑事 石田太郎
田代刑事 原吉実
本間刑事 河合佑樹
岩城刑事 平泉征
岩城の妻 音無美紀子
仁藤   岸部一徳(実業家)
新開   吉沢健
橋爪   川上泳
塩田   井田弘樹
酒井   松本公成
アリサ  仁科ひろ子
精神科医 趙方豪
女秘書  速水渓
山田   秋山見学者(秋山大学)

まずは、予告編から



あらすじ

公園で食事をする、アウトドアライフの達人。 っと、そこへ、少年たちが来て、達人に殴る蹴るの暴行。 ぐったりとして、動かなくなってしまう。

少年の1人の家に、港南警察署の警察官の我妻諒介が来る。 明日、警察へ仲間を連れて来るように言う。

吾妻は、赴任したばかりの吉成署長から少年たちが関与した事件での対応に関して注意を受ける。

吾妻は、退院した妹灯を連れて海へ。

新人の菊池を連れてバーへ行く。

深夜の港で、清弘と柄本が取引・・・成立しなかった。

吾妻と相棒の菊池は、事件現場に到着。 被害者は、密売人の柄本だ。 本間刑事から一万円を借りて、灯のいるアパートへ。

ガサいれで、205号室の石井宅へ。 But 暴れた容疑者により数名の警官が負傷。

ε=ε=ε=┌(;*´Д`)ノε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

吾妻は、始末書を書くことになってしまう。

ディスコで尋問した売人(橋爪)から、ブツは、警察内部からの横流し品である事を知る。 (尋問されても、言わん気だったのだが、耐え切れなかったってことだな)

疑惑の警官が姿を消してしまう。

そして・・・

聞き込み捜査だそうさ。

取調べを受ける清弘は、なかなか口を割らない。 (拒否ろう!ってことか)

えっ!? ʅ(´◔౪◔)ʃ

( ̄▽ ̄;)!!ガーン

その男 凶暴につき

一言で表現するなら
ノワールで終わーる。


ジャンル
クライム・サスペンス。
 ガンアクションもあったりする。 全体的なトーンは、暗黒という意味でのダークというかノワールというか。 汚職まみれの刑事、裏社会の組織、違法な捜査をする刑事など、良い人がいない。 暴力多め、薬関係のややこしい描写もあったりするので、対象年齢はやや高めだろう。


出演者
監督としては北野武、主役吾妻としてはビートたけしとクレジットされている。 撮影時40前後だったたけしさんのエネルギー有り余ってる感がある。 吾妻が、妹灯の彼氏(山田)とバッタリ出会ってしまった後の描写がリアルだった。 調べると、たけし軍団の秋山見学者さんだった。


ストーリー
港南警察署の刑事・吾妻諒介は、暴力を使った捜査を行うため、署で浮いた存在だ。
 管轄内で、取引をしていた闇社会の清弘と柄本がトラブルを起こす。 柄本は死体になって発見される。 吾妻と相棒である新人の菊池は、聞き取り捜査を進めていく。 そんな中、闇社会と吾妻の知り合いの警官がつながってブツを横流していることを知り・・・


見所
1980年代後半のたけしさんは、諸々の事情で、バイオレンス描写にリアルな緊張感があった。


作品の方向性(5段階)および評価
クライム・サスペンス度4(方向としてはそうだが、ムチャはしていない)、ハードボイル度4(固ゆでの一歩手前くらいかな)。 ということで、作品の評価は独特な映像表現もあり、暴力のわりには落ち着いた音楽を使っていたりとコントラストが効いている筆者的にたけしさんの監督作で一番印象に残っている秀作。


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2015/04/29(水) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイレンス 血の呪(Le pacte du silence)について

監督 グレアム・ギット
原作 マルセル・ベルンスタイン

役名および出演者名

ジョアキム  ジェラール・ドパルデュー(医師、神父)
サラ     エロディ・ブシェーズ(双子妹)
ガエル    エロディ・ブシェーズ(双子姉)
エマニュエル カルメン・マウラ(修道女、サラの面倒をみている)
モレル    イサーク・シャリー(新聞記者)
ジョセフ   ツィラ・シェルトン(元修道女、サラの面倒をみていた)
精神科医   イザベル・カンディエ
スザン    シャーロット・ボネ
シャンタル  マヌエラ・グーレリ

まずは、予告編から



あらすじ

ブラジルの修道院で、サラは倒れこんでしまう。

医師であるジョアキムは、サラの診察というか検診をする。 異常は発見できなかったが、しばらく様子を見ようということになる。

サラの双子の姉ガエルは、殺人罪で服役している。

ジョアキムは、サラから事情を聞こうとする。 サラは、15歳で修道院に入った。 厳しい戒律を守っている。

エマニュエルたちは、サラを連れてパリへ。 ジョアキムは、許可なく退院したサラを追ってパリへ来た。

サラの診察をすると、症状が悪化している。 治療をしようとするが、戒律で思うように出来ない。 サラの話を聴こうと、縁のあるジョセフのところへ。 サラには、服役中の双子の姉ガエルがいることを知る。 新聞社でガエルの起こした事件を調べると・・・

教授によると双子の姉妹には、特別なリンクがあるようだ。

ガエルが出所。 (町に帰るってことだな) 実家へ。 しかし、受け入れてもらえない。 バイクに乗った男性にナンパされるが・・・

ジョアキムが教会で祈っていると、そこへ、ガエルが職を求めてきた。 事情を話そうとするジョアキム、しかし、ガエルが倒れこんでしまう。 ガエルは、ジョアキムの知人の教授の家に泊まる事になった。

そして・・・

サイレンス 血の呪


一言で表現するなら
修道女が出てくるが、松岡さんは関係ないぞ。


ジャンル
オカルト・サスペンス。
 厳しい戒律やキリスト教における立場など、そっち方面に詳しい人でないと評価は違ってしまうかも(筆者も詳しくないけど)。 タイトルやパッケージから、ホラー的なものを期待したのであれば、裏切られた気分になったかも。


出演者
サラとガエルが、やけに似ていると思ったら、1人2役(エロディ・ブシェーズ)だった。


ストーリー
25歳の修道女・サラは、ブラジルの戒律の厳しい会派の修道院で過ごしている。
 ある日、サラは気を失ってしまう。 サラを担当する医師(神父)ジョアキムは、治療をしようとするが、戒律のため思うようにできない。 そんな中、シスター・エマニュエルは、サラを連れてフランスに帰国。

サラの双子の姉・ガエルは、殺人罪で10年間服役していたが、出所。 実家に帰るが、両親はそっけない。

ジョアキムは、サラの謎の病を治療するため、フランスに帰国し、サラのところへ。 しかし・・・


見所
花形俳優ジェラール・ドパルデュー(ジョアキム役)の活躍。


作品の方向性(5段階)および評価
オカルト度1(う~ん)、サスペンス度2(え~っと)、サイレンスをサイエンス度74(全然関係なかった)。 ということで、作品の評価は、う~ん、えぇ~っと、評価としては、「 」な作品。 タイトルがサイレンスだけに、沈黙というか空白にしてやったぜ(別に手を抜いたわけじゃないぞ)。 あまりにも、やり過ぎかもしれないので、一応補足としては、怖さメインではないだけに、のんびりと見れる。 が、フランス映画っぽさが前面にでているような。 あくまでも、筆者の先入観だが、フランス映画って中途半端なところで終わってしまう。 余韻を楽しむという目的かもしれないが。 あと、暗いシーンが多い。 今作ではそれほどでもないが、映画館で見る事を前提にしているためなのかな・・・とも思う。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2015/04/28(火) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
TV番組 (28)
グルメ (3)
スポーツ (4)
流行 (1)
海外ニュ−ス (4)
振り返る (6)
週刊誌 (4)
映画 (538)
雑学 (2)
季節 (1)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (75)
川柳 (3)
日記 (5)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村