FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

クラウン(Clown)について

監督 ジョン・ワッツ
製作 イーライ・ロス、ブライアン・オリヴァー、マック・カプチーノ、コディ・ライダー

役名および出演者名

ケント   アンディ・パワーズ
メグ    ローラ・アレン(ケントの妻)
カールソン ピーター・ストーメア
デニス   エリザベス・ウィットメア
ジャック  クリスチャン・ディステファーノ(ケントの息子)
ウォルト  チャック・シャマタ(メグの父)
ロビー   マイケル・リーンドー
マーティン ロバート・レイノルズ
コルトン  ルーカス・ケリー
アニー   エミリー・バーリー
ビリー   オーデン・ララット
デイヴ   ヴィクター・コーンフット
チャッキー ミラー・ティムリン
トム    ボビー・オスボーン
捜査官   マシュー・ストフィーク
医師    アレン・アルトマン
看護師   ジョセリン・デイトン
コスチュームショップ店員 サラ・シェファー
しかめっ面のピエロ イーライ・ロス

まずは、予告編から



公式ホームページ

あらすじ

あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛(≧ヘ≦)

ジャックの誕生日を祝おうと準備中。 ジャックの母メグは、友人に妊娠していることを明かす。

不動産仲介業(1-800-852-5696)を営むケント・マッコイは、妻メグから「クラウン」(ピエロ)が来れなくなったという連絡を受ける。 ケントは、管理している物件でクラウンの衣装を見つける。

家に帰り、クラウンとして、ジャックの誕生パーティーを盛り上げるケント。 ピエロのメイクを落とさずに寝てしまった。 そのままの格好で、仕事場へ。(検討するってことか)

洗面所で、メイクを落とす事ができたが、カツラと赤鼻と衣装を外す事ができない。 建設用の工具を使っても、衣装を切る事ができない。

家に帰って、メグに赤鼻を取ってもらおうとするが・・・ 皮膚ごと持っていかれてしまった。 病院へ行って、医者に診てもらう。

KC 系氏?

ケントは、クラウンの衣装があった物件の持ち主だった人を調べる。 コスチューム店へ行って、衣装の出自を調べてもらう。 コスチュームや繊維関連の仕事をしているロバート・カールソンという人物が、家の元持ち主(マーティン・カールソン)の兄弟だと分る。 そこに電話をすると、急いで会おうということになる。

ロバートの説明を受けていると、睡魔に襲われ・・・ 目を覚ますと、ベッドに縛り付けられている。 どうにかこうにか、ケントは難を逃れる。

ロバートを警察へ連れて行こうとドライブしている途中で、ケントの体が変化し始める。

ケントが行方不明になったため、メグは、警察に捜索願を出す。

管理していた物件に来たケントに、少年(ロビー)が話しかける。 ケントの空腹感は、マックスに。

( ̄▽ ̄;)!!ガーン

ホームセンターで、工具を購入。 電気ノコギリを使って自殺を図るが・・・

メグが、ケントの居場所を探し当て、家に連れ帰る。 ケントは、自身をメグに拘束してもらう。 メグは、ケントの持ってきた資料からロバート・カールソンのことを知り、入院している病院を訪れる。 コスチュームを脱ぐ方法を聞くが・・・

メグは、ロバートの職場(ロバートとケントが待ち合わせた場所)へ。

ケントは、ジャックをイジメていたコルトの家へ行き・・・

そして・・・

明かりが消えて、真っ暗ウン。

暗いマックス?

クラウン



一言で表現するなら
暗運


ジャンル
呪術系ホラー。
 アイテム(クラウンの衣装)に呪いがかけられている系だ。 架空の予告編を基に構成されたピエロの映画となっている。 残酷シーンは、そこそこある。 しかし、子供に害を加えるシーンに関しては、関接的に描写されている。 映倫のR15指定は、妥当なところ。


ストーリー
不動産仲介業を営むケント・マッコイは、息子・ジャックの誕生日パーティーに土壇場でキャンセルしたクラウン(ピエロ)の代わりに、管理している物件で見つけたクラウンの衣装を着てパーティーに出る。
 その夜、ウトウトしたケントは、クラウンのメイクのままソファーで翌朝まで寝てしまう。 メイクをしたまま、息子ジャックを学校に送り、職場へ。 洗面所で衣装を着替えようとするが、体に張り付いてなんとも出来ない。 家に帰り、メグは医療用器具を使って強引に赤鼻を剥がすと、ケントの皮膚ごと持っていかれてしまう。 仕方なく救急病院へ。 翌日、クラウンの衣装が置いてあった管理物件の前の持ち主・カールソンに連絡を取る。 至急会いたいということになり、カールソンの職場へ行くと・・・


見所
案外、まじめに、怖い雰囲気を出しているところ。(悪い意味じゃないぞ)


作品の方向性(5段階)および評価
呪術度4(徐々に・・・という流れ)、ホラー度3(直接的な描写は少ない)、衣装が脱げなくなってしまうなんて、道化してるぜ!度5(っま、ブラマヨの吉田さんとは、あんまり関係ないけど)。 ということで、作品の評価は、悪役のはずであるクラウン(ピエロ)に家族思いのところがあり、悲壮感もあるが、作品で描かれているピエロの由来を本当の事だと信じてしまう人がいるくらい、しっかりと背景を作りこまれた作品。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2015/05/28(木) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゾンビ・ウォー101(101 Zombies/ Broken Springs)について

監督・脚本・製作 ニーリー・ローソン

役名および出演者名

ケン    ティーグ・クィレン
デイヴ   トラヴィス・ムーディ(チェックの上着)
ブランドン ブランドン・ジェンキンス(絵を描く)
ジミー   クリス・カトラー(ケンの義父、スージーの夫)
オーティス チャーリー・ローソン
ユージーン ジェイコブ・ムーア(ケンたちの同級生)
ジェニー  アシュリー・モウピン(ケンたちの同級生、ケンの片想いの相手)
ロン    ショーン・ロープ
宣教師   ジェイク・ロウソン(ハレルヤ)
ビリー   シャノン・ウォーレン(森で密造酒を製造)
セシル   W.スコット・パーカーIII(トラッカーと連絡を取っている)
エルマ   デブラ・L.ヤング(セシルの妻)
スージーQ デビー・グリーン(ケンの母、ハンバーガーショップで働く)
ダニー   ジェフ・ボボ(市民放送のイベント企画者、ぽっちゃり)
トラッカー ジョン・L・アルトム
パーソンズ アンソニー・フレイジャー
警官    ハンター・ロバーツ
クリス   クリス・イングル

まずは、予告編から



あらすじ

「神と救世主に会いたいか?」

アメリカ南部テネシー州にある田舎町・ブロークン・スプリングス。

944 CLM

旧兵器施設の近くにある炭鉱で大爆発があった。 その影響で、毒物が川に流出してしまう。

汚染された水と気付かずに、密造酒を作る男性(ビりー)。

(ケンの義父)ジミーは、ケンの父の腕時計を奪い、ケンの母(スージー)のトレーラーハウスに住み着いている。

ゾンビキラーネットワークへアクセス。

警官が、トレーラーハウスにいるジミーに食料を届ける。 (地味ーに活躍中ってことか)

汚染された密造酒を飲んだジミーは、地味に・・・じゃなく、派手にゾンビ化。 警官を襲う。 (ケイカンだけに、うぅ~~~ん、ナイス・ビューってことだな)

ケンとデイヴとブランドンは、授業をサボってややこしいことをしていたが、ヘマをしてしまい、1週間の謹慎処分。

ケンは、ゾンビ化したジミーのいるトレーラーハウスに帰る。 が、派手に荒れ放題。

( ̄▽ ̄;)!!ガーン

そこへ、デイヴとブランドンが、入って来る。

「アパラチア山脈にある化学兵器が、死人を蘇生することが出来る兵器」という文章をゾンビ・キラー・ネットワークに投稿セシル。

Bad Job

1050AM(ブロークン・スプリングスのラジオ局)で、宣教師が説教三昧。

ケンと友人たちは、ゾンビ化したジミーを車のトランクに入れて運ぶ。 スクラップ置き場の車のトランクに隠す。

しかし、ジミーは、トランクを抜け出す。 森を徘徊した後、近くにいる洗濯中の老婆を襲おうとするが・・・ (センタクミスってヤツだな)

ダニーは、公共放送でビンゴ大会の司会をする。

パーティー会場に着いたケンたち。 ケンは、ジェニーにジミーのことを打ち明ける。

ビンゴ会場で、密造酒を飲んだ参加者がゾンビ化。 他の参加者に襲い掛かる。 (ゾンビンゴってヤツだな)

パーティー会場では、密造酒を飲んだ参加者がゾンビ化し、カオスに・・・

町は、ゾンビでいっぱいになっている。

デイヴは、ラジオで説教をしている宣教師に「密造酒でゾンビ化することを警告するよう」電話。 しかし、逆のことを言ったりする。 

ハレルヤ!

ケンは、母スージーを助けるために計画を練る。

ケン、デイヴ、ブランドンは、スージーの働くハンバーガーショップ(Studebaker)へ向かおうとする。

無人に見えた施設にユージーンがいた!

作戦名「プラン Z ローリング・サンダー」を発動だゼェーーート!

そして

State Welding Champion

ゾンビ・ウォー101

一言で表現するなら
101匹ゾンビちゃん。


ジャンル
コメディタッチのティーンエイジャー系ゾンビ・ホラー。
 ゾンビいっぱいホームランくらい、出したかったんだろうが、予算の都合からか、大人数に見える少人数のゾンビが団体行動をする。 残酷なシーンは、あまりない。 ゾンビの汚食事は、散らかさないでカブリつくだけのスタイル。 かじられた人が、ゾンビ化するの時間は、とてつもなく短い。 完全に瞬間芸。 ゾンビ同士、かぶりつかないか、心配するくらい。 謎のポロリシーンが、あったりする。 何かの帳尻あわせだったんだろうか? それなら、カー何とかのシーンでポロリでも良かった気もする。 


ストーリー
テネシー州のブロークン・スプリングという田舎町。
 かつてはフットボール選手だった義父のジミーに、派手にいびられるケン。 炭鉱の爆発により近くにある旧兵器工場から毒物が流出。 川に流れ出した毒物を含んだ水を使って、ビリーは密造酒を作ってしまう。 汚染された密造酒を飲んだジミーは、ゾンビ化して食料を届けてくれた警官を襲う。 学校から帰り、ゾンビ化したジミーを目の当たりにしたケンは、ショットガンでズドン。 友人のデイヴとブランドンとともに、ジミーの死体(ゾンビだから死んでるので)をスクラップ場の車のトランクに隠す。 パーティーに参加するが、密造酒を飲んだ参加者がゾンビ化。 命からがら逃げたケンたち。 しかし、町は密造酒を飲んだゾンビたちに占拠されつつある。 そんな中、ケンは、ハンバーガーショップで働く母(スージー)を助け出す計画を立て・・・


見所
全力疾走するゾンビ。
 死んでいるのに働き者。


ちなみに
Moonshineで、密造酒という意味のようだ。


作品の方向性(5段階)および評価
コメディ度201(う~ん)、ゾンビ度301(もうちょっと、ゾンビ化するまでのタメが欲しい)、ケンが大健闘度501(悪ふざけが、酷すぎる、という見方も出来るかもしれない)。 ということで、作品の評価は、低予算のためか、ゾンビメイクが微妙だが、内容的には、可もなく不可もなくといった作品。 過度の期待があると、厳しい。 でも、画質も良いため、最後まで見れる。 ところで、エンドロールにジョージ・シーガルの名前があるんだが、どこに出ていたっけ?


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2015/05/27(水) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハウンター(Haunter)について

監督 ヴィンチェンゾ・ナタリ

役名および出演者名

リサ   アビゲイル・ブレスリン
ブルース ピーター・アウターブリッジ(リサの父)
キャロル ミシェル・ノルデン(リサの母)
ロビー  ピーター・ダクーニャ(リサの弟)

エドガー   デヴィッド・ノール
エドガーの父 タデク・マクマホン
エドガーの母 マリー・デイム

オリヴィア エレノア・ジィシー
デヴィッド デヴィッド・ヒューレット(オリヴィアの父)
アン    サラ・マンニネン(オリヴィアの母)
エミリー  マルティーヌ・キャンベル(オリヴィアの妹)

フランシス サマンサ・ワインスタイン
メアリー  ミシェル・コバーン
青白い男 スティーヴン・マクハティ

まずは、予告編から



あらすじ

蝶の標本。 (超大変、ってことの伏線?)

目。

リサ・ジョンソンを呼ぶ弟ロビーの声。 海賊の宝を見つけたそうだ。

カナダのオンタリオ州にある、霧のかかった家。 リサは、弟ロビーにトランシーバーで話しかけないよう注意。

キャロルから頼まれたため、仕方なく、冷水で洗濯。 (どっちにするか迷ったってこと?)

リサは、クラリネットの練習をしようとする。 が、両親から呼ばれる。 毎日がループであることを、両親に説明しようとする。 リサの16歳の誕生日の前日をループしているようだ。

ディナーは、マカロニチーズとミートローフ。 その後は、「ジェシカおばさんの事件簿」(マーダー・シー・ロート)。 (結論は、マーダーってことだな)

ループに入る。 しかし、何かの物音に気付いたリサ。 超常現象に怯える。 かかってきた電話に出ると・・・

クラリネットを練習していると、リサを呼ぶ声。 ループに戻る。

深夜1時を過ぎた頃、リサは、何かに気付き、上の階に行ってみる。 が、ループに戻る。

翌朝、リサは洗濯機の裏に隠し扉を発見。 鍵がかかっているため、調べられない。

夜、クラリネットの練習をしていると・・・上の階で物音が! 部屋に入ってみると、引越しの日に撮影されたVHSテープを見つける。 再生して見ると、1984年8月24日に撮影されたものだった。 ジョンソン一家(リサ、ロビー、ブルース、キャロル)が映っている。

ウィッチボードで霊的なものの力を借りて、状況を理解しようとする。

ループがちょっとずつ、ズレてきている。(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

夜中の1時。 何者かが、リサの部屋に入って来る。

翌朝、ブルースの様子がおかしい。 キャロルに壁ドン! からの、来客。 電話会社から来たという男の顔が青白い。 青白い男の様子をチェックすると、「いつから気付いていたんだ?」と聞かれる。 「生きている者と接触を図ろうとすると、苦痛を味わう事になる」と忠告される。

ループが軌道に戻っている。 耐えられなくなったリサは、外へ出る。

夜中の1時15分。 ウィッチボードで生きている者に接触を図ろうとする。 ジョンソン一家以外にも、死者がいるようだ。

リサの寝室に戻ると、ベッドには知らない女性(オリヴィア)が寝ている。 床の下を見ろと言われ、リサが見ると・・・

翌朝、リサは床をチェック。 隠しスペースがあり、そこにスクラップブックが隠されていた。 1953年6月6日に行方不明になった少女フランシス・ニコルズの記事。 1954年11月23日に行方不明になった少年の記事。 など。

胸ポケットにあった鍵で、洗濯機裏の隠し扉を開ける。 中を探検。

家族揃っての朝食中に、電話がかかる。 担任のウッズから、リサに連絡したい事があるということだが・・・

洗面所で、誰かオルヴィア。

1985年4月23日に家族4人(ジョンソン一家)の死体が発見された記事を見つける。 オリヴィアの妹はゲーム三昧、母は料理、父は車の修理、をしている。

ロビー活動。

秘密の洞窟へ。

そして・・・

フラン死す?

正しいセンタク?

ハウンター

一言で表現するなら
幽霊が、万死(BANSHEE)ってプリントされたTシャツ着ているって・・・


ジャンル
オカルト系ホラー・ミステリー。
 ループするストーリーが、主人公の行動によって、少しずつズレていく。 「CUBE」のヴィンチェンゾ・ナタリ監督の作品ということが納得できるストーリー展開。 「CUBE」では、進んでも、進んでも、トラップが仕掛けられた部屋が延々と続いていた。 今作では、主人公リサが何かに気付いて行動を起こすが、同じ生活が延々と続く。 直接的な残酷シーン、エロ、グロの類は、ない。


出演者
リサ役のアビゲイル・ブレスリンは、「ゾンビランド」でリトルロック役だった人だ。 子役出身、というより、今作でもリサは15歳の子供という設定だけど。

リサの父・ブルース役のピーター・アウターブリッジは、カナダのTVドラマ「リ・ジェネシス バイオ犯罪捜査班」でデビッド・サンドストロム役を演じている。 ちょっとスケベだけど、正義感の強い科学者役だったが、「ソウ6(SawⅥ)」では、嫌味な保険会社の査定部門主任ウィリアム・イーストン役だった。 今作では、ナイスミドルのファミリーパパと言った役。


ストーリー
16歳の誕生日を翌日に控えた朝、リサは、弟ロビーのトランシーバーでの呼びかけで起きる。
 いつものように、母キャロルが朝食を作り、リサに洗濯を手伝うように言う。 夕食には、マカロニチーズとミートローフ。 その後、「ジェシカおばさんの事件簿」という推理モノのTV番組を一家で見る。

翌朝、リサは、やはり、ロビーの呼びかけで起きる。 一日に起きる全ての出来事が、全く同じように繰り返されている。 そんな中、リサだけは、既に自分たちジョンソン一家が死んでいる事に気付いている。 同じことの繰り返しから抜け出すために、リサは、違った行動をしようとしていると、生きている人間オリヴィアの一家が住んでいることに気付く。 さらに、家には別の秘密が・・・


見所
タイトルからして、霊的な何かなのは明らかなのだが、そこから、ヒトヒネリあるところ。


作品の方向性(5段階)および評価
オカルト度4(っま、初期設定からして)、ホラー度2(ただし、直接的に残酷なシーンはない)、ハンター×ハンター?度0(別にちょくちょく、休載するわけじゃないし)。 ということで、作品の評価はオチに関しては、途中である程度、予想がつくのだが、そもそもの話の設定からして独特なので、最後まで退屈せずに見る事が出来る作品。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


ちょっとだけ、気になるところを、考察に書いておいた。 ネタバレを含むので、未視聴の人は読まないこと。
続きを読む

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2015/05/26(火) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (192)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村