FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

コントロール(原題Control)について

監督  ティム・ハンター

役名および出演者名

リー・レイ・オリバー      レイ・リオッタ
マイケル・コープランド博士   ウィレム・デフォー

バーバラ・コープランド     ポリー・ウォーカー
テレサ            ミシェル・ロドリゲス
エデン・ロス         キャスリーン・ロバートソン

アーロ・ベナー博士      スティーヴン・レイ

まずは、予告編から



あらすじ


刺青だらけの男に注射されるのをガラス越しに見守る人々。 男の名は、リー・レイ・オリバーといい、死刑になる。
回想シーン。

ん?
オリバーは生きている!
 医学プロジェクト(薬物による行動修正)の研究対象になったためだ。

刑務所所長は、ヴェルトエフから報復を受ける。 

オリバーは、コープランドの開発した薬(アナグレス)を投与される。 激しい気性を抑え、脳の性質を変えるらしい。
副作用は、不明だ。 無期限で治験が続くそうだ。

オリバーが脱獄を試みるが、失敗。 

疲れた様子で帰宅するコープランド。 元妻(バーバラ)が訪れる。 

オリバーは、かつて殺したロシアのマフィア、ヴェルトフなどについて語る。

オリバーは、コープランドを人質にとり脱獄をしようとするが、失敗。

オリバーは、ゲイリー・カプートの顔が思い出されると、反省? 

そろそろ、第二段階へ。

施設からアパートへ。 自立しなければならない。

コープランド達により、オリバーは、別室で監視されている。

職探しをしているオリバーは、テレサの紹介で車の洗車サービスで働くことにする。

サリーの友達に会う。 何かを受け取った。 アパートで監視カメラに気づく。

オリバーは、ダベンポート行きの列車に乗る。 彼を狙う男も後を追う。

オリバーがかつて負傷させた、ゲイリーに謝罪する。

オリバーは、ヴェルトフの手下の襲われる。

コープランドは、8歳で死んだ息子の話をオリバーにする。

ビル(ゲイリーの兄)がオリバーの職場へ。 オリバーとテレサは、遊園地でデート。 そこに、ビルが。 ヴェルトフの手下も。


感想

クスリ→リスク→クスリ→リスク

タイトルからも、ちょっとネタバレしてるかな。 終盤は、詳しく書かなかったけど、タイトルからもわかるかも。 

ストーリーは、「時計じかけのオレンジ」のような感じで、オリバーが新薬の被験者となる。 使用前と使用後の人格が正反対だ。 アクションシーンは、それほど多くなく、じっくり観る感じの作品。 ジャンルは、サスペンスなのかな? どっちかっていうと、ドラマの方がシックリ来る。

オリバー役のレイ・リオッタとコープランド役のウィリアム・デフォーは、さすがというか、安定の演技というか、安心して見ていられる。 テレサ役は、別の女優さんの方がよかったかも。 (個人的見解だけど)


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



広告

アマゾン



楽天ブックス

コントロール [ レイ・リオッタ ]

価格:3,591円
(2014/2/5 16:07時点)
感想(1件)





テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2014/02/06(木) 18:34:55|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<処刑山デッド卍スノウ(原題Død snø)について | ホーム | ワルキューレ(原題Valkyrie)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/100-20fd9418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村