FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

マウス・オブ・マッドネス(原題In the Mouth of Madness)について

監督 ジョン・カーペンター

役名および出演者名

ジョン・トレント    サム・ニール (保険調査員)
リンダ・スタイルズ  ジュリー・カーメ (ケインを担当していた編集者)
サター・ケイン    ユルゲン・プロホノフ (人気ホラー作家)

ハーグロウ     チャールトン・ヘストン (アルケイン出版の社長)
ウレン博士     デビッド・ワーナー  精神科医
ピックマン夫人   フランセス・ベイ ホテルの女主人

まずは、予告編から



あらすじ

近日発売“マウス・オブ・マッドネス” サター・ケイン著。

救急車が治療施設に入ってくる。

サパスティンが電話。 彼(ジョン・トレント)がくる。 拘束されているが、暴れる。 精神科の治療施設のようだ。 ジョン「金蹴りは、悪かった。 タマタマ当たっただけだ。」 あんまりにも、うるさいので、なんと、カーペンターズ!!!の音楽をかける。 うんざりするジョン。 ん? あれれ? コンコン コンコン パリン! 何だったんだ? 幻覚か?

彼も その一人 だと? ジョンは、壁に何やら描いている。 訪ねてきたのは、精神科医のウレン博士だ。 十字架をアッチコッチに描いている。 “彼ら”とは? ジョンは、語り始める。 ジョンはフリーの保険調査員として保険金詐欺や不正を調べていた。 行方不明の調査から全ては始まった。 サター・ケーンが消えた!

ジョンは調査をしている。 契約者が自分の倉庫に火を放ったと疑っている。 

アーケイン社(保険会社)の社長とカフェでしゃべっていると、斧をもった男が近づき、パリーーーーーン。 「ケインは読むか?」とジョンに尋ねる男。 目。 斧を振りかかり・・・

ニュースでは、ケインの新刊書の予約に本が間に合わず、暴動が起きたと報道された。 

ジョンは、アルケイン出版の社長であるハーグロウに会う。 ケインを担当していた女性編集者リンダが入ってくる。、サター・ケインは、2ヶ月前から行方不明らしい。 ケインの代理人は、あの斧の男だった。

リンダ「ケインの作品は、時に読者に影響を与える。 精神錯乱、健忘症、分裂症状。」

帰りの夜道。 “ホブの町の恐怖”と書かれたシャッターをめくってみる。 路地裏では、警察官がゴロツキを殴っている。

東部では、散発的暴動が続く。 警察によると、“ホブの町の恐怖”の読者が暴動を起こしている。 書店でメガネの男がジョンに近づき、「僕は見える。 彼はあんたに会う。」

ジョンは、ケインの本を読み始める。 作品の中の世界。 悪夢にうなされる。

ジョンは、ケインの作品からケインの居場所を見つけるヒントを得ようとする。 何だ? チョキチョキ コレだ! なんと、居場所のヒントが。 

ケインの居場所(ボブの町?)までのドライブにリンダも同行することに。 ジョン「現実と作り話は、まるで違う」 リンダ「皆が、現実と言えば現実。 常軌を逸しても、それが多数なら正気になる。」 リンダ「最後の一人は、寂しいわよ」

自転車に乗った老人を轢いたか? 動かないぞ! ん? あれ? 

え? 錯覚? 橋を渡ると、何故か朝。 どうなっているんだ? そして、ついに!“ホブの町”に着いた。 犬・・・子供が走ってくる。 え? いないぞ。 

“ピックマン・ホテル”に宿泊することにする。 リンダは、街の景色は本で読んだのと同じだ、と。 ホテルの女主人(ピックマン夫人)が受け付ける。 彼女は、ケインのことは、知らないらしい。 

リンダ「彼の本が事実だったら?」 

2人は、1788年に建立された教会へ。 町の者達が来た。 ケインと叫びながら、バーン。 息子を返せ? ジョニー。 からのケイン! (どういうこと?) 犬が来た。 町の者達を追い払う。 

ケインの今度の作品の内容は、この世の終焉。 悪魔が徐々に子供から人間を怪物に変えて支配する。

ジョンはピックマン夫人と話をしていると・・・リンダが車で出かけてしまった。 リンダは、教会へ。
逆さ十字だ。 タイプの音・・・ケインだ。  

リンダは、新しい作品の結末を見た。 何だこりゃ。 

ジョンの部屋にリンダが帰ってきた。 本を読まないように忠告。 フロントの絵が変わっている。 怪物? なんじゃらほい。 ピックマン夫人が、怪物に変わっている。 リンダは・・・ 何かおかしいぞ! 

町では、リンダが子供と。 バーで男が銃で自殺。 (なにが何だか) 

そして、さっきの自転車の老人。 リンダ!!! 

えっ? さっきの・・・ ループ? なんと!www ループ? もーどうなっているんだ? ループ! やっちまった! 

目が覚めると、どこだ? 奴らとは? あれれ? 

そして・・・ あれれ?ん? あちゃちゃ

感想

現実と作り話が交錯する。 何が何だか。 もともと、映画自体がフィクションなのだが、フィクションのフィクションという難しいことになっている。 どこから、どこまでがメインのストーリーで、どこからが、ジョン(ケイン)の作り話なんだか。 ケインが出て来た辺りから難易度が高くなる。 ついてこれた人だけに、ご褒美が・・・特に無いんだけど。 そして、話のツジツマがあってるかを考えながらみることになる。 ホラーでは定番の何がなにか分からない、けど、不条理だけど、(とくにループの場面)混乱するけど、どういう訳か怖いという手法なのだろう。

主役のジョン役のサム・ニールは、眼光鋭い保険調査員から正気を失った治療施設に収容される男まで上手く演じきっている。 彼の精神的に病んでいく過程は結構急にくる。 最後のシーンは・・・ネタバレなのでやめておく。

タイトルは、狂人の口という意味だろうか。 ということは、最初の方のシーンがやはりメインというか伏線だろう。 ウィキペディアでは、

クトゥルフ神話を下敷きにした隠喩や用語が作品中に頻出する。例えば、作中に登場するモーテルの名前「ピックマン・ホテル」や、同神話作品群の出版で著名な出版社「アーカム・ハウス」を連想させる「アルケイン出版」、原題の「In the Mouth」を続けて発音するとインスマスになる点などであるが、本作の原題「In the Mouth of Madness」そのものがハワード・フィリップス・ラヴクラフトの小説『狂気山脈』(または『狂気の山脈にて』、原題:At the Mountains of Madness、1931年)を示唆するものである。

っとあることから、相当こだわったタイトルのようだ。

残酷シーンは、かなり控えめ。 そのかわり、心理的に追い込まれる。 怪物の登場は、どちらかというとオマケ的な扱い。 完成度は高いけど。

ちなみに、自転車に乗った少年(新聞売りの方)として出演しているのは、後に「スターウォーズⅡ」と「Ⅲ」でアナキン・スカイウォーカーを演じることになる若き日のヘイデン・クリステンセンだ。 

監督のジョン・カーペンターは、音楽も担当しており、彼独特のチョイスが雰囲気を盛り上げる。 違う方のカーペンターズの曲は、ネタなのだろうか?

ジョン・カーペンター作品なので間違いなくB級、派手なものを期待する人には厳しい。 でもその分、彼の独特の世界観や雰囲気が楽しめる。 


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

広告


テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2014/02/28(金) 18:30:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<デス・サイト(原題伊Il Cartaio米The Card Player)について | ホーム | エビデンス-全滅-(原題EVIDENCE)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/123-58c2613d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (202)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村