FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

デス・サイト(原題伊Il Cartaio米The Card Player)について

監督  ダリオ・アルジェント

役名および出演者名

アンナ・マリー    ステファニア・ロッカ
ジョン・ブレナン    リーアム・カニンガム
ルチア・アルフィエリ  フィオーレ・アルジェント
カルロ        クラウディオ・サンタマリア
レモ         シルビオ・ムッシーノ
アルフィエリ本部長  アダルベルト・マリア・メルリ

まずは、予告編から



あらすじ

アンナに誕生日だと花束を渡す男(カルロ)。 「君のことは何でも知っている」と。 デートに誘う・・・が。

アンナは、パソコンの画面を見ていると・・・差出人不明のメッセージで「彼女の命はない。」 女性の写真。 アンナは、至急上司の下へ。 女性は、捜索中のイギリス人観光客C・ガードラー。 誘拐犯は、警察とポーカーで勝負しろ、と。 警察が勝った場合のみ女性は解放される。 犯人が1勝するごとに、体の一部を切断する。

アンナがプレイすることになる。 “サラ”という名前でログイン。 (時間稼ぎをして犯人の居場所を割り出すつもりだ) 5回勝負で先行はゲームごとに交替する。 3勝した方が勝ち。
人質のライブ映像が映し出される。 ・・・やりやがった! 追跡にも失敗。

川で、女性の死体が発見される。 ジョン・ブレナン(イギリスの刑事)が、勝負しなかったことへのクレーム。

女性の遺体からは、争った痕はないが、カード(ジョーカー)が見つかる。 何かの種(?)も見つける。

犯人が再戦をのぞんできた。 同じゲームだ。 何だって! (軽快な音楽) まじか!? あ"ぁぁぁぁ 

アンナは、酔ったジョンを家に送る。 

アンナは、自宅で本を読む。 「ポーカーは、人生。 実生活の行動がそのまま勝負に反映される。」

翌日、川で死体が発見される。 同じ種を見つける。  プロファイリング「犯人は35歳前後。 高学歴で、アメリカで教育を受けている。 コンピューターに通じていて相当に高性能の機器を揃えている」

犯人は、“リスク型快楽主義者”のため、イカサマはない模様。

“マイダスの手” 容疑者としてレモが浮上。 違った。 でも、そうだ! 

必勝法!? ゲーム開始。 やった! グサッ グサッ グサッ

「熟練者との対戦では、相手を動揺させ、注意をそらし、嘲笑し、混乱状態に陥れることだ。 敵の人格に屈してはいけない。」

ん? さぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜 あれ? どこへ行った? まさか! 何だと! (く・・・くらい) やったか? 

マリオを見かける。 

ルチア(上司の娘)が、誘拐された。 そして、またゲームが。 メッセージ「サラ ボスは娘を賭けて」 レモが呼び出される。 やった! よし! やぁぁぁぁ 

見つかった。 カンパイ。

レモは、ウェイターを誘う。 選択を迫られる。 あ"ぁぁぁぁぁ

内部の人間なのか? ジェニコロ パーン! そうか! 

そして・・・

あ"ぁぁぁぁぁ あれれ? 

感想

監督が、ダリオ・アルジェントなので、ホラーかと思ってたら、サスペンスだった。 ダリオ・アルジェント = ホラーと思って見たら肩透かしだった、て言う人も多いかもしれない。 そういえば、ダリオ・アルジェントは、この手の作品では、初期の作品「サスペリア2」(「サスペリア」よりも前に作られた「サスペリア」とは全く関係ない作品)がある。

エロ・グロ・ナンセンスは、ほぼ皆無(ゼロとは言わない)。 そういう意味では、安心してみていられる。 ただ、サイトで行われる被害者への残虐シーンは、どういう訳か貧弱だ。 描写が何と言うか、タンパクだ。 そこがメインなんじゃないの?って感じもする。 メインじゃない遺体の方がリアルで迫力があった。 

ストーリーとしては、ギャンブル狂にスポットを当てた、犯人探しがメイン。 最後には、あっっっっっっという人物が・・・・・となるかどうかはわからないが、犯人への手がかりを見つけながら見たほうが楽しめる。 

邦題は、デス・サイトとなっているが、原題のようにメインであるカードゲームあるいはギャンブルっていうところをタイトルに入れたほうが、誤解が少なかったんじゃないかな。ただ、アンナの同僚がやられる所は、もはやギャンブルとは何の関係もない。 そこら辺りに一貫性が欲しかった所。

全体としては、そう悪くないと思うのだが、終盤の一番盛り上がるべきところ(オチの部分)でパワーダウンしてしまっているため、評価が下がってしまうのだろう。 一番の盛り上がりポイントは、ジョンが犯人のアジトを特定した辺り。 今までバラバラだったパズルのピースがつながった!っとなる。 (とは言っても、そこまで凄い謎解きは、無いんだが)

どうでもいい事なのだが、ゲームに出てくるジョーカーがオードリーの春日さんに見えてならない。 作品の内容とは全然関係ないが。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

広告



テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2014/03/01(土) 18:30:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インシテミル 7日間のデス・ゲームについて | ホーム | マウス・オブ・マッドネス(原題In the Mouth of Madness)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/124-6619918a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村