FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

ヒドゥン(原題The Hidden)について

監督  ジャック・ショルダー

ロイド・ギャラガー    カイル・マクラクラン 
トム・ベック       マイケル・ヌーリー

クリフ・ウィリス     エド・オロス 
ジョン・マスターソン部長 クラレンス・フェルダー  
エド・フリン警部補    クルー・ギャラガー 
サンチェス       リチャード・ブルックス 
ブレム         ラリー・シーダー 
ホルト上院議員     ジョン・マッキャン 
ジョナサン・ミラー     ウィリアム・ボイエット 
ブレンダ・リー      クラウディア・クリスチャン 
レコード店店員     マーク・エドワード・モランテ 
車のセールスマン    ジェームズ・ルイージ 
マイケル・バックリー   フランク・レンズーリ 
エディ         デュアン・デイヴィス 
ロバーツ        ブランスコム・リッチモンド 
囚人          ダニー・トレホ
バーバラ・ベック    キャサリン・キャノン 
ジュリエット・ベック  クリスティン・クレイトン

まずは、予告編から



あらすじ

銀行内を写す警備カメラの映像。 男(ジャック)がショットガンで発砲。 ニヤリ・・・Bang ジャックは、スポーツカーに乗って走り去ってしまう。 パトカーが追いかける。 しばしのカーチェイスの後、ベック刑事を含む警察の銃撃により・・・やったか? ん? 出て来たぞ。 ニヤリ。 ドカァーーーーン

ジャックは、2週間で随分無茶をやったようだ。 警部補のオフィスにFBIのロイド・ギャラガー捜査官がジャック・デフリーズ容疑者を追って来たと伝える。 ベックと組むことに。 

ICUで突然起き上がるジャック。 おえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ 触手系が、隣の男(ミラー)に。 

ミラーは、レコード店で万引き。 店員が注意すると逆ギレ。 ミラーは、ラジカセで大音量かけながら歩くホップな中年男としてストリートへ。 

目撃者の証言から、犯人は、ミラーだと。 (シアトルから来たというのは、この映画がツインピークスへの伏線だろうか?・・・なはずないか)

ホップでポップなミラーがファミレスで食事。 ノリノリだなwww ゲップが下品だwww 自動車販売店でもひと暴れ。 赤のフェラーリに乗ってどこかへ行ってしまった。 ロイドとベックは、ミラーを追う。

ミラーが苦しそうだぞ。 触手出ちまってんじゃんか! 

ロイドは、ベックの家に招かれる。 ベックの娘ジュリエットは、ロイドを見て何かに気づいたんだろうか?
ラス・アルハーク? ロイドの妻、娘と相棒は、例の敵に殺されたらしい。

武器を大量に持ち歩くミラーは、ハーレムナイトを満喫。 

ミラーの中の例のものは、ブレンダ(踊り子)に乗り移る。 あぁぁぁぁっぅぅぅぅ ロイドとベックは、ブレンダを追うことに。 援護する? 援護しない? 援護する! からの、銃撃戦! バン バン バン バン 「終わったと思うか?」 「間違いだ」 「俺はまだ出て行かない」  警察犬が近づくと・・・ ガックシ

ロイド逮捕、そして・・・

ドカァーーーーーン (アルハーグ? アルタリア星人?)

からの・・・

最終決戦へ!

えっ?

まーさーかー! あれれ?

感想

タイトルのヒドゥンというのは、隠れるという意味。 エイリアンが人間の中に隠れて悪さをする。 ホストにした人間が弱ってくると、また別の人間に潜り込む。 後に作られることになるのだが、「悪魔を憐れむ歌」にも受け継がれている。 15発も撃ち込まれて平気で撃ち返してくるほど撃たれても死なないのは、ジェイソンやマイケル・マイヤーに通ずるものがある。 

低予算で作られており、悪い方のエイリアンの姿が、ちょっとトホホな感じになっている。 それにしては、序盤から高級車(フェラーリやポルシェ)で迫力のあるカーチェイスをバンバンやっている。 

中盤にロイドがベックの家に招かれているが、その辺りのシーンが終盤での伏線になっている。 何気ないところがラストシーンにつながる。 無駄なシーンがないスッキリとしたストーリー展開だ。 ロイドが薬を飲むシーンでは、ちょっとほっこりするところもあったり。

ラストは、この終わり方しか無いっという終わり方。 しっかりと、まとまっている。

出演者でいえば、少し後にデイル・クーパー捜査官役でツインピークスに出演するカイル・マクラクランや製鉄所の二枚目社長ニック・ハーレイ役でフラッシュダンスに出ていたマイケル・ヌーリーを起用している。 カイル・マクラクランのクールなというか冷静沈着な捜査官は、ピッタリ役にはまっている。

ところで、異星人って、フェラーリとヘヴィメタルな曲とグラマーな美人が好きなのね。 

ということで本作は、低予算で最新のCGなど皆無だが、役者のハマり具合とテンポの良いストーリー展開で見せる佳作。 見て損はしないはず。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


広告というか在庫なしにつきパッケージ写真のみ(中古なら探せば有るはずなんだが)

ヒドゥンDVDパッケージ

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2014/03/08(土) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヒドゥン2(原題The Hidden II)について | ホーム | Re:DIALリダイアル(原題Long Distance)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/131-2b20675a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村