FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

アイデンティティー(原題Identity)について

監督  ジェームズ・マンゴールド

役名および出演者名

エド    ジョン・キューザック (カロラインの運転手)
カロライン  レベッカ・デモーネイ (女優)

ロード    レイ・リオッタ (警官)
パリス    アマンダ・ピート (娼婦)
ラリー    ジョン・ホークス (モーテルの主人)
ロバート・メイン ジェイク・ビジー (護送中の囚人)

ジョージ・ヨーク ジョン・C・マッギンリー 
アリス・ヨーク  レイラ・ケンズル (妻) 
ティミー・ヨーク ブレット・ローア (アリスの連れ子)
 
ジニー     クレア・デュヴァル (妻)
ルー      ウィリアム・リー・スロット(夫)

マリック医師  アルフレッド・モリーナ 
テイラー判事  ホームズ・オズボーン 

マルコム・リバース プルイット・テイラー・ヴィンス (死刑囚)

被告側弁護人 カーメン・アルジェンツィアノ  
テリー地区検事 マーシャル・ベル 
地区検事のアシスタント マット・レッシャー

まずは、予告編から



あらすじ

「階段を登っていたら、また会った姿のない人に。 そこには、いない人に。 どうか、僕の前から消えてくれ。」 子供の時に作ったものらしい。 “捨てられて子供、モーテルで発見”という記事が。 マルコム・リバーという殺人犯の資料を調べる男(マリック医師)。 “解離性同一障害・・・邪悪な人格” 君の名は・・・?

大雨の中、モーテルを訪れる負傷した女性(アリス)を抱えた男(ジョージ)。 交通事故に遭ったらしい。 靴がタイヤに引っ掛かってパンクの原因になったようだ。 その靴は、パリスがうっかり落としてしまったものだ。 ジョージは、雨の中タイヤを交換するが、アリスが後ろから来た車に轢かれてしまった。

カロラインを乗せて運転するエド(運転手)。 気を取られていると、アリスを轢いてしまった。 (この辺りは、出来事が連続してる) やっちまった! 

さっきのモーテルの場面へ。 パリスの車が故障したため、通りかかったエドの車に同乗することに。 道路は、冠水し先へ進めない。 立ち往生している所に、ジニーとルーの車が通りかかる。 どの道も水浸しで進めないようだ。 

アリスの状態が良くない。 ジョージ、エドが看病をる。

囚人を移送中の警官がモーテルに。 非常事態なので、囚人(ロバート)と警官(ロード)がモーテルに泊まることに。 

雨の中、携帯の電波の受信しやすいところを探すカロラインは・・・ あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ エドは、カロラインの持ち物とおぼしきものを部屋の外で見つける。 ランドリーで不気味な音を建てる乾燥機を見ると・・・見ると・・・ あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ (なんてこったい!) 嘘だろ! エドは、元刑事? 囚人は、どこかに逃げてしまっている。 

モーテル内は、混乱。 どうしよう。 囚人は、連続殺人犯だった。 エドとロードは、犯人を探す。

ルーとジニーが夫婦喧嘩。 ・・・あれ? ・・・ガチャガチャ・・・ ガタガタ・・・ ん? そーーーっ え・・・えらいこっちゃ! 

アリスの意識が戻る。

エドは、捜査や、証拠写真を撮影。 ん! ルーの手に何かが。 2つ目の鍵だ。 なんと! なんてこった! 冷蔵庫には・・・ やっっちまっっっった! 

共通点はあるのか? 10.9、8、7、・・・ 事件の鍵なのか? ドッっっっっっっっっかーーーーーーン!

何と、死体が消えている! (どうなってんだ!)
なんと共通点は・・・ そうか! 

なんだって!!! えぇぇぇぇぇぇ、どうなってんだ!

まっ さっ かっ 

感想

最初の一言から伏線になっている。 普通、最後にどんでん返しが来るものだが、中盤の終わり頃にひとヒネリある。

ストーリーでいえば、序盤は、大雨の中、1つのモーテルに集まってくる人々。 こんな偶然ってあるっていう感じだ。 (それが、後につながるんだが) いかにもバラバラな人達のエピソードなんだが、ヒントを散りばめてますよっっていうサスペンス色満載なのだ。 あんまり言うとヒド目のネタバレになるが、最初のドライブの所が最後の場面にもつながっていたりする。

中盤では、早くもやや軽めのどんでん返しがある。 っというか、やっぱりそうなんだったのかっていう感じだ。 モーテルに集まった人たちの共通点が(勘のいい人だったら序盤で気づいていたかも)徐々に明らかになる。 ナルホドーっていうより、強引だなっという感じだ。 でも、その強引さが必要なので、なんとも言えない。 その辺りは、主演のジョン・キューザックが上手く演じている。 

終盤、実は、モーテルで起こっている殺人事件の犯人を特定することが、非常に重要だということになる。 まさに、「なんだって!!!」という感じだが。 そこで、冒頭のシーンとつながる。 う〜ん、ナルホド。 そして、最後の最後でまさかのどんでん返し。 うっかり、見落としていたのを突かれた。 そ〜いえば、そうだったよなっと。 っま、何でもありなんだけどね。

重要なアイテムになるのが、鍵って事件の鍵っていうのと、掛けたんだろうか? (多分そう) 色んな繋がりが見つかったのは最後まで見れば当然といえば当然なんだろうけど。

ネタバレが酷くならないようにボカしたから、何か変な感想になってしまった(いつものと変わらないか)。ちょっと前に見たあの作品に似てるのにってことも言えない。 

作品の評価としては、セルでも納得のレベル。 出演者からして豪華だし、ストーリーもちゃんと練れている。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

広告



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/03/15(土) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トーク・トゥ・ザ・デッド(邦画のため原題同じ)について | ホーム | ゴシカ(原題Gothika)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/138-30a99502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村