FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

トーク・トゥ・ザ・デッド(邦画のため原題同じ)について

監督  鶴田法男

出演者名

川久保百合  小松彩夏 
三枝亮    加藤和樹
来島マユ   桜井ユキ

笹本洋子   大塚千弘
長谷川美優  Erina
桜田友美   嶋崎亜美
本間優一   須賀貴匡
佐々木店長  池田政典
鴨下信司   嶋田久作
川久保民子  毬谷友子(百合の母)

川久保聡   酒井天満(百合の弟)
健彦     山本真嗣

まずは、予告編から



あらすじ

目覚めると、「なにこれ!」状態。 こ・・・こ・・・こ・・・声が聞こえるぞ! さとし(弟)がいる? 声変わり?

百合(小松)でのお店での辛口発言で殺伐とした雰囲気になってしまう。 

週間未来の記者たちの会話。 死者と話せるアプリ? 笹本(大塚ちひろ)が興味ありげに訊いてみる。

お店の新人(マユ)がたどたどしく接客。 

笹本は、死者と話せるアプリを探すことに。 

母親は、百合と異母兄弟のさとしを残し家を出て行ってしまった。 百合が幼いさとしの面倒もみることに。

百合が家に帰ると・・・あれ? さとしがいないぞ。 もしかして! あぁぁぁぁぁ 

新人(マユ)が死んだ祖母と「死者と話せるアプリ」で会話している・・・と。

百合は、例のアプリをインストールしてみる。 スマホの挙動がオカシイぞ! こっちからの一方通行のようだ。 

アプリを使った人間は、みんな死んでいるという噂が。 

百合は、公園で聡に電話を掛けてみる。 「おね〜ちゃん」 

電話の相手に、「会いたい」って言われても会ってはイケないルールらしい。

会話がハッキリ出来るようになってくる。 「お家に帰りた〜い」 勝手にテレビがつく。 ギャァァァァァァァァア 人影が!!!!!!!

リョウがかつて人を騙したことがあると告白。 マユとミエが喧嘩。 

百合の家に突然母が現れる。 お金を借りるために来た。 捨て台詞とともに去った。

傷ついたマユはユリに電話をかける。 今から祖母に会うという。

鴨下(嶋田久作)が、笹本に電話て情報提供する。 しかし、様子がオカシイ。 笹本が駆けつけるが・・・ 鴨下は・・・ ギャァァァァァァァァ

マユが死んだらしい。

笹本は、鴨下の残した電話を調べてみる。 百合は、聡に電話。 会いたい・・・帰りたい・・・というが。

そして・・・

なんてこったい!( ̄▽ ̄;)!!ガーン

まさかの!(_´Д`) アイーン

感想

う〜ん、何だかなぁ〜。 みんな、安易にというかそんな理由でっていうので死んでしまう。 「黄泉帰り」暗黒版という表現をしたらいけないんだろうか?

ジャンルとしては、ホラーなのか、サスペンスなのか。 血が大量に出たり、残酷なシーンがあったり、ということはない。 心理的に追い詰められる感じ。 全体を通して薄暗く、どんよりとした映像。 バックグランドミュージックもゆったりマッタリ、しかし、どこかオドロオドロしくなっている。 それはそれで、不思議系の心霊現象がテーマのこの作品とマッチしている。 ただ、パッケージとは、怖さの方向性が違っている。 そっち方面で一番怖かったのは、チョイ役で出演の嶋田久作さんのシーン。 鉄板だ。

主演は、グラビアアイドルの小松彩夏さんなのだが、働いているお店では、浮いているような気がする(いい意味で)。 働き口をそっち方面の店にする必要があったのかドウなのか。 主人公の境遇を物語るという意味では、有りといえば有りなんだろうけど。

主人公には、感情移入出来る所もあったが、その他でアプリを使ってしまう人たちには、ちょっと。 終わり方としては、コレはコレでありなんだろう。 誰も幸せにならないけど。

作品の長さとしても、1時間30分を切るので、余計なことはあまりせずに結末へ一直線だ。 おそらく低予算ということで、多くを望まなければ、これは、これで、見れる作品なんじゃないかな。

公式サイトがある。
興味のある人は、どうぞ。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


広告


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/03/16(日) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トランス・ワールド(原題Enter Nowhere)について | ホーム | アイデンティティー(原題Identity)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/139-ac8b7cf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村