FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

ノーベル殺人事件(原題NOBELS TESTAMENTE)について

監督  ペーテル・フリント

アニカ・ベングッソン  マリン・クレピン (アナ)
アンデルス      ビョーン・シェルマン
スピーケン      レイフ・アンドレー (編集長)
ベリット       カイサ・エルンスト (記者)
パトリック      エリック・ヨハンソン (記者)
ソレル       ペール・グラフマン (舞踏会で知り合った男)

まずは、予告編から



あらすじ

冬のストックホルムの一大イベント、スウェーデン国王も出席する12月10日のノーベル賞晩餐会。 

カンパイ。 からのスピーチ。 

クヴェルスプレッセン紙の記者(アニカ)が仕方なく舞踏会へ。 なんと(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?なんと、事件発生! 医学賞の受賞者(イスラエルのヴィーゼル博士)を含む数名が撃たれた! 犯人は、ボートで逃走。

街は封鎖され戒厳態勢。 アニカは、事情聴取を受ける。 死亡した被害者は、ノーベル賞選考委員会のキャロリン・フォン・ベーリング。 アナは、重要参考人になったため、箝口令を敷かれ編集者に情報を開示できないことになっている。 仕方なく、パトリックが代わりに記事を書くことになる。

ドイツのテロ組織ノイエ・ジハードが関与? 犯行声明が出された。

アナは箝口令のため、芸能部に移籍。 したはずだが、やはり事件の取材。 キャロリン・フォン・ベーリングは、免疫グロブリン遺伝子を研究していた。 “T細胞受容体”

その頃、ラトビアのムイズニエキでは、犯人が傷の治療を受けている。 ヒドイ話だぜ Σ( ̄ロ ̄|||)

アナは、何者かに狙われている?

アナが舞踏会で一緒に踊った男性(メディテック社のソレル)にキャロリン・フォン・ベーリングの葬式で偶然会う。 

最も重要なノーベルの遺言が疎かにされる?

事件の真相を知るという男(ヨハン)が、アナに情報提供? ヨハンは、晩餐会の案内係だった。

しかし、ヨハンは・・・

そして、次の被害者が・・・ “真実を書く義務がある”?

襲撃犯を見た! 

からの・・・ドーーーーーーーーーン! っと

感想

スウェーデン産クライムサスペンスというかミステリーというか。

主人公アナは、2人の子供がいる、やり手記者。 も〜、グイグイイケるところまで突っ込んで取材しちゃうのだ。 気性が荒いのは、息子の通う保育園のエピソードでも語られているが、一歩間違えれば荒くれ者になってしまう。 それを、カッコイイ母親ととるか、やり過ぎでキャサリン・ターナーの「シリアルママ」状態と取るかは評価の分かれそうなところ。

内容としては、この手のミステリーによくある、いかにも怪しい人物が序盤から登場する。 というか、襲撃犯は、最初から面が割れてるし。 問題は、誰が背後にいるか。 直接手を下したわけではないので、犯人の特定が難しい。 “例”の人物ちょっと、あやし過ぎだろwww いかにも犯人(?)ってのは、真犯人じゃないの法則発動したけど。

中盤は、犯人を特定するためのヒントとミスリードが織り交ぜられている。 でも、やっぱり最初の方のシーンが重要だというのも再認識する。 ノーベル賞は、巨大な利権を生み出すということで、犯人は、既に登場した人物だということも明らかになる。 犯人を探す事になるのだが・・・

終盤、結構早めにというかアッサリと犯人が分かってしまう。 もうちょっとモッタイブッてもイイんじゃないと思ったが。

映像としては、北欧の重厚な雰囲気が伝わってくる。 ただし、派手なシーンなどはあまり無い。

評価としては、土曜日の夜9時頃にTVでやってれば、間違いなく視聴率10%は取れそうなクオリティー。 セルは厳しいけど、レンタルなら満足できる範囲。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

広告


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/03/18(火) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<死刑台のエレベーター(邦画のため原題同じ)について | ホーム | トランス・ワールド(原題Enter Nowhere)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/141-06e78cd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村