FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

燃えよデブゴン カエル拳対カニ拳(原題 老虎田鶏 英題DIRTY TIGER, CRAZY FROG!)について

監督  エリック・ツァン

役名および出演者名

デブゴン サモ・ハン・キンポー
タイガー ラウ・カーウィン
パンサー ディーン・セキ
千手観音 ラム・キンミン
白眉和尚 リー・ホイサン
(ちょい役) ユン・ピョウ

まずは、予告編から



あらすじ

3人の男達(チキン兄弟)が宿泊しているタイガーを捉えようと宿に殴りこみ。 チキンのアニキがターキーってwww 武器を使った格闘。 得意技、それは・・・ まさにチキン兄弟www

そんなタイガーに(めっちゃ)BBAが旦那を探してほしいと依頼する。 なんと、成功報酬は、20テールの金貨。 なんと旦那はまだ28歳とのこと。 (そりゃ〜逃げて当然だろ)

賭場で客の財布をする女(千手観音)。 スッた(お金をスられたという意味だぞ)男に見つかるが、そこにいあわせたデブゴンが助けてしまう。 デブゴンは剣で刺されてもダメージを受けない・・・なんと、無敵チョッキを着ていたからだ。

スリの女(千手観音)にチョッカイ出そうとするが・・・
 (チョッカイ出したくなるほど、千手観音ってあんまし美人に見えないぞ) ヤラれた!  Σ( ̄ロ ̄|||) 無敵チョッキを盗まれてしまう。

千手観音の相棒は、世界のナベアツにソックリだ。 3つ数える暇もなくアホになってしまった。

山中を歩くデブゴンは、タイガーに捕まってしまう。 右、左、前、後ろ、下、上・・・からの・・・びよ〜んっと。 (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

しかし、タイガーは、無敵チョッキが絡んでいることでデブゴンと協力することに。 デブゴンの策略は、ウマくいっているんだか。

とりあえず、デブゴンをBBAのもとに届けるタイガー。 鎧が盗まれたことを知り、泣き崩れるBBA。 (ヒドイことになっている、色んな意味で) 「マルコポーロの息子ポポからの贈り物」だったらしい。 (胡散臭せーーー!!!)

山賊が無敵チョッキを盗もうと、策を練る。 3つのトリック。 ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/  からの ( ̄▽ ̄;)!!ガーン  

山賊兄弟の兄貴パンサー(いつもジャッキー・チェンの映画に出てくるひょろっとした人だ)と弟“笑うタイガー”は、なかなか手強いようだ。 そして、兄弟の父は、蟹型十六拳の使い手“無敵の白眉和尚”だ。

パンサー対千手観音。 ウマく逃げられてしまった。 パンサーなにやってんじゃいwww

噂街では、金持ちの“棺おけ王”が街を仕切っている。 そこに、偽無敵チョッキを着たデブゴンとそれに対してタイガーがひと芝居。 棺おけ王は、無敵チョッキが欲しくてたまらない。

棺おけ王の部下(鶏のフン)がデブゴン達に襲いかかるが・・・ (なんて名前だ!) こっそり・・・こっそり・・・ドーーーン からの カーン ♪ソ、ファ、ミ、レ、ド ジャーーーン

タイガーは、山中でパンサーに遭遇。 「フィジカル!!」な感じで対決。 タイガーは、パンサーの子分から鳩を奪う。 「サンキュー!!」
 

棺おけ王対パンサー・・・  (((( ;゚д゚)))

タイガーとデブゴンは、千手観音を騙した? 

棺おけ王亡き後、街を取り仕切るパンサーとデブゴンが対決。 パンサーは無敵チョッキを着ているデブゴンにメンタル!!で押されてしまっている。 仲間を連れて報復するため捨て台詞を残してサル。

タイガーに誘われデブゴンは、夏村茶へ。 カエル飯でも喰っていると・・・ちゅーと半端に小奇麗な女性にデブゴンがウィンクするが、それに気を悪くした連れ合いの保安官を炊きつけるタイガー、まんまとタイガーの策に乗ってしまうデブゴン。 デブゴンは、五獣の拳で威嚇、しかし、相手は死拳で対抗。  (●´ω`●)

無敵チョッキを隠した部屋を白眉和尚に乗っ取られてしまうが、タイガーとデブゴンは和尚が寝ている隙を狙いチョッキを回収しようとするが・・・ まさに、実録・坊さんが屁をこいた状態! (地域限定だったか) 坊さんが・・・屁・・を・・・こい・・・ アウトーーー  


そして、タイガーとデブゴンは白眉和尚一派と対決へ。

最後は、やっぱり、分け前で揉める。
まさに、タイガー&デブゴン、「オレの話を聞けぇ〜、5分だけでもいい」状態だ。(_´Д`) アイーン

感想

1970年代に撮影されたカンフー映画で、ジャンルとしては、カンフー喜劇。 

この作品の見どころは何と言ってもデブゴンことサモハンキンポーとタイガー役のラウ・カーウィンのカンフーだろう。 若さあふれるサモハンキンポーのカンフーは、キレッキレなのだが、ちょっとポッチャリな体型のせいでコミカルに見えてしまう ラウ・カーウィンのカンフーも見事なのだが、問題なのはその衣装。 白の上下、その出で立ち、見る角度に寄ってはエスパー伊東さんに見えてしまう。 さすがに、カバンの中から登場はしなかったが、数々のトリックを使う様子はまるで・・・という感じだった。 あと、パンサー役のディーン・セキも安定のチンピラぶり。 さらに、ちょい役でやっぱりユンピョウが出ている。 勿体無い。 

ストーリーとしては、無敵チョッキがらみのハチャメチャコメディーなので、難しいことはやらない。 無敵チョッキを巡って、悪党どもの争いにタイガーとデブゴンが巻き込まれたり、巻き込んで行ったり。 やたらと悪知恵が働くタイガーとチョット抜けた所があるデブゴンが互いに騙し騙されたりするのは、作品のいいアクセントになっている。 

ラスボスの蟹型十六拳の使い手“無敵の白眉和尚”のカニ拳ってなんじゃそりゃwww 闘いが始まると両手をチョキにしてユラユラって迫力のかけらもないぞwww 多分(確認していないが)大真面目にカニ拳を正面から扱った作品って今作だけじゃないかな。

作品の評価としては、面白い、見る価値あり。 ジャッキー・チェンの作品は、アクション、カンフーに力点をおいて、そこに笑いの要素をアクセントとして加えているのに対し、今作では特にコメディーに力点をおいて、そこにカンフーやアクションが加わっている。 方向性が違うので、ジャッキー作品のファンであれば、作品の評価が違うことがあるのかも。 筆者は、ジャッキー・チェンの作品のファンだが、今作のようなカンフー喜劇もありだと思うのだが。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


パッケージ(テックシアターからの転載)

燃えよデブゴン カエル拳対カニ拳

アマゾンなどでは、在庫なし。 レンタル店や中古ショップを回ればあるかも。 Gaoでたまにやってることもある。


テーマ:アクション映画 - ジャンル:映画

  1. 2014/04/04(金) 22:00:05|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リアル鬼ごっこ(邦画なので原題同じ)について | ホーム | ライアーズ・ゲーム(原題Liars All)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/158-e122492b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村