FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

リアル鬼ごっこ(邦画なので原題同じ)について

原作 山田悠介
監督 柴田一成
脚本 柴田一成

役名および出演者名

佐藤翼 石田卓也
佐藤愛 谷村美月
佐藤洋 大東俊介
佐藤輝彦  吹越満
佐藤益美  渡辺奈緒子

渡辺かをり 松本莉緒
医者    柄本明

鈴木まこと 三浦涼介
高橋つよし 田中鈴之助
王様の側近 品川徹

まずは、予告編から



あらすじ

街を歩く人々・・・突然の落雷、建設現場での鉄骨落下、電車に飛び込む女子校生。
ここ数日、苗字が佐藤という人たちの謎の死が全国で確認される。 謎。

商店街で追いかけられる男子学生(佐藤翼)。 追いつかれた・・・からの、危機一髪。 突っ切ったぜぇぇぇぇ。

翼が家に帰ると、父・輝彦が酔いつぶれている。 翼は、父からパンダの縫いぐるみをもらう。

病院でボーーーっとしている(患者)佐藤愛の診察を医者がする。 翼は、妹の愛を見舞うが、愛の心ここにあらず状態だ。 死んだ母について語る翼、でも愛からの返事なし。 (愛そう良くないってことか)

学校で、佐藤洋が、またも翼に言いがかり。 はっ (つд⊂)ゴシゴシ 消えた!

翼は、何故か公園に。 (゚Д゚≡゚д゚)エッ!? 翼が、偶然近くを歩く友人・高橋と鈴木に話しかけるが、向こうは翼を知らない。 「鬼ごっこの最中」(?) 「かまってはいけない」(?) (かまってはっっって、色んな意味で)

洋が鬼から逃げている。 (何のこったい!?) 洋によるとリアル鬼ごっこ開催中で捕まったら殺されるらしい。

ルールは、①一週間鬼ごっこしろとの王様の命令。
②マスクをカブった鬼が追いかける。 (鬼は複数いる) 
③捕まっているのに無理に逃げようとするとその場で殺される。
④追いかけられるのは佐藤だけ(王様が自分と同じ名前が大勢いるのが気に入らないためだ)
⑤鬼ごっこには、1日ごとに決められた時間内でのみ行われる。
⑥逃げ切った者には、望みが叶えられる。

翼は、家に帰るが・・・父も妹(愛)もいない。

TVでは、捕まった佐藤が処刑される様子が写し出される。 ドイヒー

実録・王様ゲームって、やりたい放題だな。 

翼が洋がヤクザの舎弟になった経緯を語る。 王様は、超能力者?

愛が翼に話しかける。 アイマイ、アイコンタクト、 
パラレルワールドから来た! (やっぱそうか!)

愛は、翼と洋を父のもとへ連れてくる。 パラレルワールドの説明。 混乱。 

鬼ごっこ6日目。 走れない父をかばうため、翼達は っっって、 ドーーーーーーーーーーン!!!

あい変わらず、状況は好転しないし、苛立つ翼。 ひろしです「翼の説得に失敗したとです。」的な流れ。

鬼ごっこ最終日。 やはり、というか当然の流れとして鬼が大量発生。 洋と愛は、追い詰められる。 
手→手伝う→うわぁぁ→あっ!?→愛→異次元 あっ ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

衝撃の展開? お前は・・・! ボイチェの王様。

そして・・・

(なんで?)

OK なのか KO なのか?  (_´Д`) アイーン

電池切れ?

感想

う〜ん。 難解な設定に追いついたと思ったら(ストーリーがわかりにくい方向へ)逃げられてしまう、視聴者側が鬼になった気分だ。 分身の分身は、みな分身だ、(パラレル)世界につなげよう友達の輪・・・じゃなくて話のつながりと人物のつながりが難しい。

以下ネタバレを含むので要注意。

まず、設定としてパラレルワールドが存在する。 ここまでは、OK。 片方の世界で死んでしまうと、もう一方の世界でも死んでしまう。 オッケーだ。 でも、逆のことをすると、逆のことが起こるの? ここは、オッケーじゃないぞ。 何となくシックリこない。 

パラレルワールドというか、向こうの世界で暴君というか悪の王様は、仮面とボイスチェンジャーで自らを神格化というか超能力者として扱われている。 これって・・・これって、スターウォーズのダースベーダーがモデルなのかな? 向こうもダークフォース的なものを使ったはずだし。 色んな意味で、影響を受けているのかもしれない。

ストーリー展開は、鬼ごっこを主題にする割には、ちょースローペースで進む。 佐藤さん達は、全力疾走しているんだが、映画は、息を潜めながらのほふく前進状態。 見ている方の色んな期待を下から通りぬけてしまう。 最後(ラスト)はこれで良かったんだろうか? 細かい設定が気になってしまう。

とは言え、製作費1億円という超低予算で作られたことを思えば、安っぽさを感じない。 役者でいえば、柄本明さんや吹越満さんなど知名度のある人達が出ているせいもある。 世界観も原作があることから、一応破綻しない範囲でギリギリ守られている方だと思う(原作は読んだことがないのでわからないが)。

作品の評価としては、う〜ん、どうにか見れる範囲だ。 筆者は、メモを取りながら見ていたので難解な部分にもなんとかついていけた気がするんだが、メモナシ、予備知識無しで見るとどうなんだろう。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

    パッケージ(アマゾンからの転載)

リアル鬼ごっこ

アマゾンリンク リアル鬼ごっこ スタンダード・エディション [DVD]

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2014/04/05(土) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リアル鬼ごっこ2(邦画のため原題同じ)について | ホーム | 燃えよデブゴン カエル拳対カニ拳(原題 老虎田鶏 英題DIRTY TIGER, CRAZY FROG!)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/159-63e904a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村