FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

リアル鬼ごっこ5(原題は、邦画なので同じ)について

原作 山田悠介
監督 安里麻里

役名および出演者名

草野大地  井上正大
月野希   仲間リサ
浩太    浅利陽介
朔也    河合龍之介
マエストロ  史朗

王様    山本浩貴

スグル    山崎賢人
オンジ    岸田タツヤ
リノ     山谷花純
コダマ    森田直幸
スグルの父  高川裕也
マサハル   荒井敦史
ツカサ    相楽樹
ユイ     未来穂香
マユリ    前田希美
葉子     大島なぎさ


まずは、予告編から



あらすじ

西暦3000年、王様によって始められたイベントにより、血液型B型がターゲットとなり3日間リアル鬼ごっこをさせられる。 このイベントによりB型は、大虐殺される。

(3と4の回想シーンなど)

続きということなんだろうか?

ドジな新社会人・草野大地は、会社でもヘマやりまくり、上司に説教されまくり。 パソコンオタクの浩太(大地の友人)に仕事を手伝ってもらう。 会社には、大地の憧れの女性・月野希がいる。 浩太によると「ありえねぇーって」と言うことらしい。 月野が営業部の朔也と付き合っているという噂のためだ。

月野と同僚が与太話している所で、国営放送が流される。 

やっぱり、あのイベントの告知なのね。 リアル鬼ごっこについて。 ターゲットは、B型。

ルールは、
①ビルから脱出禁止。
②鬼に捕まったB型は、死刑。
③期間は3日間。
④鬼はスコープで血液型を分析。
⑤B型以外の社員は、B型の手助け禁止。
⑥一回の鬼ごっこの時間は、1時間。


サイレンの音と共にリアル鬼ごっこ開始。

やっぱり、パニックになる。
デデーーーン、B型アウトーーー (おんなじギャグ入れてしまった)

予防接種と言っていたが、このイベントのためだったんだ! (この注射によりターゲットを見分けるようだ)

一回(1時間)の鬼ごっこで結構な人数をヤラれてしまった。 

月野希は、朔也に助けてもらい・・・イチャイチャ。 それを、ジーーーッと見る大地。 B型以外の社員は、ビルから出るように言われるが・・・B型でない大地がビルに残る。 

スグルの父親が、コダマにスグルへの伝言を依頼。 

希の朔也への不信感が・・・

清掃員(マエストロ)が、リーダーとして大地と浩太を引っ張る。 大地が目を覚ますと、前作「リアル鬼ごっこ4」で出て来た廃工場だ。 近くには、ツカサも寝ている。

浩太は、パソコンで王宮へのハッキングにトライしている。

マエストロは、大地と話す。

廃工場にも鬼が現れる。 ドーーーーーーーーーーンっと。

大地、浩太とマエストロは、何とか逃げる。 

会社では、亡くなった人たちのデータを調べる希。 草野大地のファイルを調べていると・・・えぇぇぇぇぇぇぇ

最終日。 24時まで・・・のはず。 

あぁぁぁぁぁぁぁ (ρ゚∩゚) グスン

絶対→対抗→抗体→体力→力技→技あり→リアル鬼ごっこ(*´∇`*)

なるほど。 一応、つながった。

ち・・・ち・・・違った えぇぇぇぇぇぇぇ (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

感想

リアル鬼ごっこシリーズの1、2と3、4、5とでは、どちらのほうがより原作に近いんだろう。 1と2は、続き物でストーリー的にもつながっている。 一方、3、4、5は3部作というか、進行する時間帯が同じという設定になっている。

月野希役の仲間リサさんって、名古屋テレビの番組「キングコングのあるコトないコト」にウラドリガール2号として出演している人だ(作品にあんまり関係ないか)。 っということで、今作では、3と4で語られなかった裏の部分をしっかりと裏取りされてしまう

それにしても、国営放送のCGって上手く合成されてないじゃないか! しかも、設定としては西暦3000年で、この画質ありえねーーー。 しかも、(くどいようだが)IT機器が近未来感全くない。 いっそのこと、20〜30年後の方が良かったんじゃないかな。 超低予算で製作されたのに無茶するな〜っ。

3部作で互いに大いにリンクしているだけに、このシーンは、前作のあのシーンなどと確認しながら見るのも、あまり時間を開けずに続けて見たので楽しいものだった。 

舞台が会社に移ったことで、出演者が社会人で前作までの学生達よりも落ち着いた感じで良かった。 ある程度キャリアを積んだ役者さんが多かったせいもある。 


ここからは、ちょっとひど目のネタバレというかカミングアウトがあるので要注意
( ´_ゝ`)

( ´,_ゝ`)

(*´ェ`*)

φ(.. )

ただ、ツッコミどころもあるわけで・・・
なんと、なんと、王様には、誰にも言えない秘密があった! 
薄々 うすうす 気づいていた人もいるかもしれないが、王様、実は
ズラかぶっていた!!! ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!! 怪しいなーとは、思ってたんだよ。

ということで、作品の評価としては、見れる範囲じゃないかな。 3、4と見た人であれば、今作を見れば一応話のツジツマが合う所があるので、スッキリする・・・かもしれない。 若干設定に甘さがあるものの、我慢出来る範囲だと思う。 時間も74分とコンパクトにまとまっている。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

    パッケージ(アマゾンからの転載)

リアル鬼ごっこ5


広告(アマゾンリンク)

リアル鬼ごっこ5 [DVD]

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/04/09(水) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ダイ・ハード(原題Die Hard)について | ホーム | リアル鬼ごっこ4(邦画のため原題同じ)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/163-f6044335
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村