FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

オルゴール(邦画なので原題同じ)について

監督  黒土三男
脚本  黒土三男
原案  長渕剛

役名および出演者名

神崎勇次    長渕剛
神崎きよ    仙道敦子
新居翔     哀川翔
早苗      永島暎子
今里恭平    大滝秀治
仙吉      石倉三郎
阿南勝成    寺田農
田尻豊     成瀬正孝
瀬川浩     中村ゆうじ
品川      遠藤憲一
妹尾アキオ   寺島進
神田二郎    中島陽典
滝       伊藤洋三郎
竹本      奈津あつし
杉田      政
薗部一郎    戸田信太郎
高山      鈴木和久
丸池      丸林昭夫
朱美      根本里生子
久保      森美智夫
太郎      堀裕昌
蓮       加藤雅典
田代      磯村憲二
飯島      浦野真彦
瞳       中島ひろ子
百合子     城戸真亜子
峰山      平田満
久保静子    多岐川裕美
土門修造    中村嘉葎雄

まずは、予告編から



あらすじ

ガムぺちゃくちゃしながら、立ちショん? 

別の場所では、神崎勇次が丸かジリ。 (う~ん、大胆) ペッチリっと。 事が終わって帰る途中の神崎勇次を、ドスを持った男(瀬川浩)が襲う。 しかし、勇次は、長渕キックで反撃。 「馬鹿たれが・・・」という捨て台詞を吐いてその場を立ち去ろうとするが・・・ 追い込まれた瀬川浩は、近くを歩いていた子供を人質に、その母親(久保静子)を刺してしまう。

電車に乗って長いトンネルを抜けると、そこは雪国だった。
勇次は、雪の降る中徒歩で移動。 

久保静子の葬式に勇次は行く。 遺族から、絡まれる。 (っま、仕方がねぇーな)

家に帰ると、悪徳警察官の土門修造が勝手にお食事中。 ネギトロ(○)かっぱ(X) (ポイントなんだろうか?)
勇次の妹・神崎きよと勇次の舎弟・新居翔は、結婚予定だ。 

勇次は、アンティークショップでオルゴールを眺めている。 (見るだけだった)

勇次には、服役中に元妻(早苗)が産んだ子供(蓮)がいる。 離婚する際に子供(蓮)には、一生会えないという条件がつけられていた

蓮は、いつもミニカーで遊んでいる。 

勇次は、服役中の仙吉に面会。 

蓮が家に帰ると、誰もいなく、猫まで出て行く。 (さびちー)

翔ときよは、蓮を見つけたことを 言う OR 言わない
勇次の食事へのこだわりハンパネー。 しょーがないぜぇー。

翔ときよ・・・清い交際が一番。 我慢我慢。 しょうがないぜぇー。

勇次と翔が、ご機嫌でお出かけ。 店内みえみえで食事中の女性たちが気に入らない勇次は、ちょっとしたショウを。 翔もそれに続く。 しょうがないぜぇ~。 (意外と大物だったかも)

早苗は、男と情事。 その隣の部屋にいる蓮は、たまったものじゃない。

勇次は、阿南勝成と直に話し合い。 そこで、勇次には蓮という息子がいることを知る。 

蓮のことを知っていて知らせなかった翔に長渕キックの嵐。

会う OR 会わない

蓮には父親がいっぱいいる? (意味深発言) 

例のアンティークショップ。 あのオルゴールは、売れてしまった? 

勇次は連の面倒を看ない早苗に腹を立てる、が・・・

着ぐるみ→みんなにプレゼント→トラ→ランドスケープ→プレゼント→トーク→グラサン あっ 


品川は、勇次の命を狙う。 が、未遂に終わる。

ブゥ~~~~~~~~ンっと。 

きよと翔の結婚が近ずく。 しみじみ。 

きよと翔は、阿南勝成の手にかかり・・・ あかん

結婚式、招待されていないのに勇次は・・・ (っま、しょうがないか)

感想

結局、ねぎとろは、なんの伏線にもなってなかった。 (う~ん、残念)

設定は、TVドラマの「とんぼ」とそっくりだが、役名などがほんの少し違っている 英二→勇次は、思わず打ち間違いそうになった。 哀川翔さんの役名が水戸常吉(とんぼ)→新居翔となっているが、やはり、翔の部分ははずせなかったのだと勝手に妄想。 もしかして、吉本新喜劇と同じシステムを使って・・・いるわけないか。

主演はもちろん、長渕剛さん。 代名詞になっている長渕キックは、健在(っていうか、25年前なら現役ってことか)。 役者としても、歌手としても脂がのっている時代にとった作品だ。 たしか、この時期に紅白歌合戦にでて、ベルリンの壁あたりで、予定を超オーバーして歌ったんじゃなかったっけ。 それにしても、長渕さんのヤクザの役、はまっている。 

舎弟・翔役の哀川翔さんは、このシリーズから本格的に俳優業に進んだ(って言っていた記憶がある)。 そんな哀川翔さんも、今となっては親分や組長の方を演じることが多い。 時間の経過が早いものだと、しみじみ。 

ストーリーとしては、親子愛をメインテーマに一匹狼的な勇次と敵対勢力との対決などが中心となる。 一匹狼というか、はぐれ狼というか、子連れ狼・・・はっ!w(゚o゚)w オオー! そうか、それが、土門修造役の中村嘉葎雄さんにつながっていくのか! (ちょっと、というか随分遠かったか)(アニキつながりで)

作品のジャンルとしては、バイオレンス多めのヤクザ映画だ。 エロあり、グロあり、暴力あり、だけどメインは、家族愛ってことになっている。 本ブログでも記事にした、「仁義なき戦い」シリーズのような敵と味方が入れ替わり立ち代わりということは、ない。 複雑な勢力図よりも、主人公勇次の人間関係にテーマを絞っているので、そっちに集中してほしいということだろう。

ということで、作品の評価としては、長渕剛さんのファンなら当然見なければならない作品、長渕さんのファン以外でも十分満足できるものとなっている。 TVドラマの「とんぼ」を見ていたほうがいいのか、どうなのかは、迷うところ。 (見ていなくてもわかるが、見ていればより深いところまでわかる・・・気がする) 


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


パッケージ

オルゴール 多分ベター

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2014/05/02(金) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ex エックス(原題RANCID)について | ホーム | 里見八犬伝 (邦画のため原題同じ)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/186-a8eb7493
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村