fc2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

ex エックス(原題RANCID)について

監督 アラスター・オア

役名および出演者名

ウィリアム・ハンター  ブランドン・オーレ
ドミニク・ブラック   マイケル・トンプソン
リース         クレイグ・ホークス
サマンサ・フォックス  インゲボルク・リードマイヤー
ジェイク・バトラー   ライアン・マクケット
ミーガン・ドノバン   クリスティアン・ル・ルー
ブリッグス       ニック・ラセンティ
コリン・ノートン    クライブ・ギブソン

まずは、予告編から



あらすじ

ジェンテックB14の成功率25%。 ジェンテックB15で被験者を増やすことに。 被験者の私物は、病院側が預かるようだ。

ウィリアム、ジェイク、サマンサ(持病で喘息がある)、とドミニク(車椅子で移動する)は、3日間で報酬25万ドルだがかなり危険そうな治験に参加。

厳重すぎる設備と警備の中、治験が始まる。 言うことを聞かん奴には、機関銃みたいな。 (戦闘服と機関銃)

被験者たちは、「ここはどこ、私はだあれ?」状態。

キューブ?(関係あるのかな?)  被験者たちの共通点?

水掛け論が勃発。
 

からの、

なんてこったい! えらいこっちゃ! あぁぁぁぁぁぁーーー ε=ε=(;´Д`)

そこに、ジェンテックB14の被験者(冒頭で血を吹いていた人たちか?)が、絡んでいく?

なにかが、おかしい! というか、全部おかしい。 歩行、聴こう、奇行、非行、逆行・・・どっか行こう、みたいな流れ

アァァァァァァァァァァァァ  (T_T)

奇行→運命?→意外→生きる!→ルール→流浪→運行→裏切り→理解不能  ('д` ;)

ブゥゥゥーーーーー アダダダ キューブ(何か関係あるのか?)

なっるほどねぇ~

感想

治験、危険、どげんかせんといけん、みたいな感じだな。

ネタばれを回避するために、今回は、あらすじをいつに無くあっさり仕立て。 (いつもと、変わらないか) アイデア一発勝負なので、そのあたりを配慮してのことだ。

作品のジャンルは、シチュエーション・ホラー ほぼほぼ、全てが病棟内で進行する。 低予算なので仕方が無いところかな。 なお、「ダイ・ハード」のように、一つの建物で全てを処理してしまう必然性は、それほどない。 ホラーなので、血が出るシーンあり、グロありなんだが、どちらかというと控えめ。 ホラーという枠組みの中でという条件付だけど。 メインは、心理的描写により恐怖してもらうところだろう。 

本作は、南アフリカの映画。 そのため、出演者で見たことがある人はいない。 そして、なんといっても、70万ドルの超低予算、28日間で撮影されている。 そのわりに、安っぽさはそれほど感じない。 

小道具で、キューブが出てくるのは、映画「Cube」とかけているんだろうかと思ったが、あんまり関係なかったみたい。 同様に機関銃もでてくるが、南アフリカという土地柄、病棟内も外も危険はいっぱいという意味では、それほどモノモノしい物ではなかったのかな。 

ストーリーは、治験関連のシチュエーション・ホラーの定番みたいな流れ。 伏線は、特に序盤に散りばめられているので、注意深く見れば、ラストの意味がすんなりと理解できるはず。 (メモを取りながら見る必要は無いが)

ということで、作品の評価は、「まー、暇つぶしくらいにはいいんじゃないの」という感じかな。 予算の関係からか、無茶はできない、という制約の中、それなりに見れる作品に仕上がっている。  (*´ -`)(´- `*) 販売元は、アルバトロス。 う~ん、期待を裏切らない(悪い意味じゃないぞ)

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

パッケージ

ex エックス 300の方

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2014/05/03(土) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<チャイルド・プレイ 誕生の秘密 | ホーム | オルゴール(邦画なので原題同じ)について>>

コメント

imdbではタイトル「Expiration」で出てきました
原題rancidであっているのだが
別の映画ばかりでてきたので一応
  1. 2014/10/24(金) 00:18:02 |
  2. URL |
  3. 通りすがり #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

通りすがりさん、コメントありがとうございます

確かにIMDBでは、「ex エックス」のタイトルが「RANCID」ではなく、「Expiration」と表記されています。 検索した結果、「Expiration (2011) aka "Rancid"」ということなので、アメリカでは「Expiration」として公開(ビデオリリース)されたんだと思います(aka は別名という意味です)。 パッケージに大きく「Everyone Expires 」と書かれているのでExpireの方がインパクトがあると判断したのかもしれませんね。

「rancid」という単語は、不快な臭いという意味で、同名タイトルの映画がかなりあるのは仕方が無いですね。 特にホラーやアーティストがらみでは。

検索してみると邦題の「ex エックス」では、エクストリームスポーツ関連の映画の情報が山ほどヒットするし、そういった意味では、この作品は受難だったのかも。 
  1. 2014/10/25(土) 03:25:57 |
  2. URL |
  3. 阿佐蔵 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/187-8c6e33a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村