FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

スティーラーズ(原題 Pawn Shop Chronicles)について

監督  ウェイン・クラマー

役名および出演者名

ロウドッグ     ポール・ウォーカー
ランディ      ケヴィン・ランキン
ヴァーノン     ルーカス・ハース
スタンリー     ノーマン・リーダス
ザ・マン      トーマス・ジェーン
JJ・トンプソン   DJクオールズ
リチャード     マット・ディロン
ジョニー・ショー  イライジャ・ウッド
リッキー・バルドースキー  ブレンダン・フレイザー
アルトン      ヴィンセント・ドノフリオ
ジョンソン     シャイ・マクブライド
ラマー       マッシュー・オラリー
シンディー     ペル・ジェイムス

まずは、予告編から



あらすじ

アントンが経営する質屋で、サンタクロースについて白黒ハッキリさせようとしているところに、ショットガンを持った男(ヴァーノン)が入ってきた。

ロウドッグは、ややこしいブツが切れて、幻覚を見るぐらい酷い状態。  (つд⊂)ゴシゴシ


3人でスタンリーを襲撃する予定だが・・・

嘘つき男ラマーのせいでトラブル発生。 (やっぱ、悪いことは、うまくいかないものだ)( ̄∠  ̄ )ノ
スー、ハー、ハー・・・呼吸を整えて・・・

ロウドッグとランディー(首に卍の刺青がある男)は、悪行の限りを尽くしてきたようだ。 ジーザス・クライスト 

ザ・マンが、ヴァーノンに銃をプレゼント。 (なんで?)

計画は、ややこしい方向へ。 的を射ている・・・かな? ドーーーンっと。

質屋に新婚のリチャードとサンディーがやってきた。 そこで、リチャードは、R&Cと刻印された指輪を見つける。 込み入った話だ。 失踪した元妻のものだ。 

リッキー・バルドースキーは、ノリノリでカフェで注文。 “キング”の生活を満喫中。 キングボンビーってことだな。

う~ん、バイオレントだぜぇ~~~ 暗黒版「指輪物語」ってとこか。 シンディーケイショーン

なんてこったい! オー・マイ・ガァァァッド アァァァァァ 


そして、ぱちものエルヴィス。 ドックとクック、どっち? デジャブ? アァァァァァァ
サーダーなショーだ。 (やっぱり)
そして、ここにつながるんだ! 

感想

どうにか、こうにか、一つのストーリーになった。

今作の出演者は、とにかく豪華。 例えば、リチャード役のマット・ディロン。 「シングルス」や「ドラッグ・ストア・カウボーイ」なんかで有名になって第一線で活躍してると思いきや・・・ 先日亡くなられたポール・ウォーカーもドジな強盗のロウドッグ役で出演している。 あと、ジョニー・ショー役のイライジャ・ウッド。 「指輪物語」の主役が「暗黒指輪物語」に出演したらイカンだろ。 そして、一番の問題児は、リッキー・バルドースキー役のブレンダン・フレイザー 。 砂漠の冒険で迷子になって、こんなところに行き付いたんかい! どーしたんだい、その二重アゴ。 だらしの無い、腹。 ぱっと見、分かんなかったぞ。

作品のジャンルとしては、コメディーかな。 シリアスな場面は、少ないけれど、笑いのほうでは小ネタをこっそりと仕込んでいるようだ。 文化的な違いがあって筆者には、しっくりこないものも多かったが。

内容は、質屋から始まる3つの短編からなる。 一つ一つの関連性は、薄いのだが、最後になんとかつながる。 細かな設定や、伏線なんかも回収される。 ちょっと強引だけど。 ただ、コメディーだからといって、必ずしもハッピーエンディングにはならないかも。 どっちかっていうと、ダークコメディーなので。だた、タランティーノが絶賛するのは分かる気がする。 (作風がどことなく似ている、という意味で)

原題のスティーラーズって、どうにかならなかったんだろうか? 原題に入っている質屋というのを、邦題のどこかに匂わして欲しかった。 

笑いという面に関しては、アメリカの南部の文化が分かっていないと厳しいはず。あくまで、筆者の思い込みだが、例えば、①南部の人は、おしゃべりが好きだ。 質屋のオヤジと客が延々としゃべっていたのでもわかると思うが。 ②南部の人は、派閥が出来てしまう。 理容店でのエピソードは端的なものになっている。 どの教会へ行くのかでも派閥ができる。

ということで、作品の評価としては、う~ん、う~ん、っま、いいんじゃないのという感じかな。 厳しい目の下ネタが入っているので、ファミリー向けじゃないことは確かだ。 アメリカの若者なら「このくらいの悪ふざけするよねぇ~」っというおおらかな、生温かい視線で見れる人向けだな。 なお、“予測不能のクライム・ムービー”というよりも、予測可能だけど暗い夢・ムービーという方がしっくりくる。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

スティーラーズ


テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2014/05/06(火) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フローズン・グラウンド(原題The Frozen Ground)について | ホーム | インベージョン(原題 The Demented)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/190-90f0a233
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村