FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

俺はまだ本気出してないだけ(邦画のため原題同じ)について

原作     青野春秋
監督・脚本  福田雄一
音楽     ゴンチチ

役名および出演者名

大黒シズオ     堤真一
大黒鈴子      橋本愛 シズオの娘 高校生
大黒志郎      石橋蓮司 シズオの父親。
宮田修       生瀬勝久  シズオの親友。
市野沢秀一     山田孝之  シズオのバイト先の新人
村上政樹      濱田岳   編集者
宮田の妻      水野美紀
宇波綾       指原莉乃
本物の店長     賀来賢人
不動産屋      ムロツヨシ
田中        川久保拓司
宮田正男      秋元黎
ボブ        ドナルド・アッシュ
クニさん      蛭子能収
キャバクラのヒゲ  尾上寛之
キャバクラの黒服  小柳心
キャバクラの新人  村松利史
小室武士      池田成志
占い師       佐藤二朗

まずは、予告編から



あらすじ

「どうすんの?」 「やばくねぇ?」 「いい加減、やばいっしょ!」 シズオは、現実逃避する。

シズオは会社をやめて、ゲーム三昧。 父士郎から、ゲームやめろといわれる始末。

シズオ「本当の自分を見つけるの!」 しかし、不安はある。 そして、とうとう見つけた! シズオは、漫画家になると決意! 40年の生き様を漫画で描ききるらしい。 (突然のことで、大丈夫かよ)

そして、「・・・描くことがない」と悟る。 

中学館に漫画を持ち込むが、ボツだ。 
バイト先では、失敗続き。
 年下の子供店長に叱られる始末。 合コンにも精を出すが、ノーコンギャグ連発。 ヒットの予感? 

シズオは、とうとう本気を出すことを決意! 

描く→苦労→うやむや→やっぱり→理想→うちで借金 あっ(ρ゚∩゚) グスン

シズオは、親友・宮田と居酒屋で雑談。

シズオは、各所で大活躍、なんだが、なぜか、小馬鹿にされている気がする。 作家がサッカーってことか。
オブゴゲェェェェェェロォォォォ (注、食事中は見ないほうがいいかも)

離婚している宮田は、別居している息子に面会。 (さみちぃー)

大黒シズオ、41歳夏・・・ (バカボンパパと同い年じゃないか!)

シズオの後輩で金髪の新人、市野沢秀一は、キャバクラで働き始める。 (モデルは、ヒロシかな)(無口だぜ)

ピンチ→チャンス?→スリーパーホールド→どげんかせんといかん あっ ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!! 

キャバクラで市野沢、生きていくってきびちぃー。 

葛藤は続く。 葛藤なのか、ただの妄想なのか? 
バイト卒業?

ボツが続いて悩むシズオに、居酒屋のクニさん(蛭子能収)から「才能がないんじゃないの」というキツーイひと言が・・・

心機一転、シズオに転機が・・・( ´_ゝ`)

勢いよりカテイが大事。 

勢いあまって、ドーーーンってことだな。 ドドドーーン!!! ズドドーーーン。 Σ( ̄ロ ̄|||)

感想

ところで、いつ本気を出すんだろうか?

主役のシズオを演じるのは、堤真一さん。 まさか、ここまでコミカルな役だとは、いままでの堤さんの印象が変わった。 シズオは、ニートというよりフリーターなのでバイトは一応こなしている。 本気出してないけど、責任感が強いせいか、お人好しなせいか、周りの人間に頼られる存在でもある。 最初は、ちょっと違和感もあったのだが、次第にハマってるなと感じるようになった。 山田孝之さんが、シズオの後輩で金髪の市野沢役を演じる。 山田さんといえば、「世界の中心で愛を叫ぶ」に出演していたのに、今作は、おっそろしく寡黙な役だ。 場末のイケテない水商売でバイトって、もしかして一発屋芸人のヒロシさんがモデル・・・ってこともないか。 シズオの娘役で橋本愛さんが出演しているが、連続テレビ小説あまちゃんに出る前の作品だろうか。 あと、シズオの親友役で生瀬勝久さんが出ているが、生瀬さんがいることで、場面が安定する。 ちょっとエキセントリックになりそうなところもあるので、落ち着かせる役にピッタリだ。

それにしても、クニさん役の蛭子能収さんに「才能がないんじゃないの」ってすごいセリフを言わせるもんだ。 蛭子さんにそんなことを言われたら寝込んじゃうぞ、普通(悪い意味じゃないぞ)。 

BGMでは、ゴンチチさんのアコースティックギターでの演奏が、のほほんとした雰囲気を上手く演出する

作品のジャンルは、のんびり、ゆったり、脱力系のコメディーかな。 ところどころに、大人にしか分からないビターな小ネタで笑いを誘う。

内容は、脱サラしてバイトで食いつなぎぐ40歳男性が、漫画家デビューを目指す物語だ。 お金がなく、離婚もして、オワコン人生まっしぐらのはずなのに、ぜ~んぜん悲観することがない。 (妄想と葛藤は、あったか!) だいたいバカボンパパと年齢的に近いか。 そんな、四十路のオワコンおやじを周りの人間は、彼の生き方を否定するでもなく、生温かーい目で見守る。 そういう意味でいうと、悪者は、一人も出てこない。 ほのぼの系のストーリーだな。

ということで、作品の評価としては、ゆったり、マッタリしたい時に椅子に深ーく座って見るには丁度いい映画だ。 ただし、メンタルが弱っているときに見ると(コメディーの共通点かもしれないが)、あまり笑えない。 見る人の年齢によっても、評価は変わるかもしれない。 筆者的には、主人公の境遇も主人公の親友の境遇も理解できるんだけど。 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

パッケージ

俺はまだ本気出してないだけ


一応番号も

DVD

ASIN: B00EID1UDQ

EAN: 4907953040427

Blue-ray

ASIN: B00EID1S1U

EAN: 4907953040410

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2014/05/09(金) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スターシップ・トゥルーパーズ(原題 Starship Troopers)について | ホーム | スタア(邦画のため原題同じ)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/193-666f72d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村