FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

スターシップ・トゥルーパーズ(原題 Starship Troopers)について

監督 ポール・バーホーベン

役名および出演者名

ジョニー・リコ      キャスパー・ヴァン・ディーン
ディジー・フロレス    ディナ・メイヤー
カルメン・イバネス    デニス・リチャーズ
エース・レヴィ      ジェイク・ビューシー
ジーン・ラズチャック   マイケル・アイアンサイド
カール・ジェンキンス   ニール・パトリック・ハリス

ザンダー         パトリック・マルドゥーン
ジム軍曹         クランシー・ブラウン
オーウェン将軍      マーシャル・ベル
デラディエ        ブレンダ・ストロング
キトゥン・スミス     マット・レヴィン
教師           ルー・マクラナハン

まずは、予告編から



あらすじ

地球連邦軍からの兵士募集。 軍隊に入ると市民権が得られる、入らないと市民権無しということか

虫は、クレンダス星から小惑星を地球に向けて発射(?)している。

高校でのラズチャックの授業で、市民権についての議論。 リコとカルメンは、付き合っている? デイジー→リコ片思い。 

授業では、虫の解剖・・・グロース (≧ヘ≦) ムゥ

同級生のカールは、超能力的なものを使う。

リコは、高校卒業と同時に入隊することを決める。 カルメンとも決めちゃう? 

リコとデイジーは歩兵、カルメンはパイロット、カールはインテリジェンスに配置される。


軍隊での厳しい訓練が始まる、サー。 

失礼 OR 失恋 OR 失敗

連隊内処分。 ムチ ゃ するぜ、サー

家族から電話を受けるが、バグのせいで通信が途絶える、サー。 (そっちのバグだったかぁ~)
虫のアタックが地球へ、サー。 いよいよ、戦争へ、サー。

根気、昆虫、コンバットみたいな感じか。

ズババッバババババババァァァァァ
アァァッァアァァァァァァァァ


大敗、退廃。 犠牲者多数。 なんてこったい! K.I.A OR K.Y.Y (kyな野郎ってことか)

タンゴなんとかっつー星へ。 無心、虫の息、虫がいい、虫の知らせ、そして、えへん虫。 (違うか)

(なるほど、タンゴ→カルメンって流れか?)

ズババババババズババババババ (屮゚Д゚)屮 カモーン
ズババババババズババババババ
ズババババババズババババババ (≧ヘ≦) ムゥ
ズババババババズババババババ 
ズババババババズババババババ
ズババババババズババババババ ε=ε=(;´Д`)

アプローチ OR コックローチ  (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

感想

虫のいい話だ。(殺虫剤まけば一発で終わりジャンなんていってはいけません)

ジャンルは、SF戦争モノだ。 CGなんかを使った宇宙空間での戦いや、巨大で残虐な敵(昆虫)が襲ってくるというSFでは、ある意味定番かもしれない。

敵は巨大化した虫。 設定が、人種や性別での差別が全くない「ユートピア社会」のため、特定の国や国民を敵とすることが出来なかったのかと妄想。 巨大化した昆虫の戦闘力なめんなよ!という描写が随所にある。 敵は強いほうがいいということもあったのかな。

もとはといえば、人類が植民地を求めて昆虫型異性生物を侵略したことが始まりだ。 そう考えると、人類が虫を殺しまくって自らの正当性を主張するのは、いかにも虫のいい話だな。 

監督は、「ロボコップ」を撮ったことでも知られるポール・ヴァーホーヴェン。 SFを得意とするのかと思いきや、「ショウガール」なんかも撮っている。 う~む、方向ブレブレじゃねーっすか。

物語は、4人も高校での同級生が軍隊のそれぞれ違う部隊に入ってからの立身出世ものとなっている。 歩兵やパイロットの視点から軍隊や戦争を描くことで、映画そのものにも含みを持たせている。 4人の友情、助け合い、恋愛など人間的なところも描くことで、単なる戦争万歳という映画じゃないぞと言いたいのかもしれない。

ところで、作中で出てくるK.I.Aというのは、軍事用語なんだろうか? 新聞なんかでは、M.I.Aというのも見たことがあるんだが。 (Missing in Action = 行方不明という意味)。 

本作では、CG満載なんだが、おそらく大勢のエキストラも使っており、予想していたより迫力がある。 映画館や大きな画面で見れば迫力はもっとすごいはず。 

出演者で気になったのは、ディナ・メイヤーとデニース・リチャードだ。 ディナ・メイヤーは、ソウシリーズに出ていたので記憶に残っている。 彼女にも若い頃があったんだとしみじみ。 デニース・リチャードは、チャーリー・シーンと結婚、離婚したことで話題なったが、女優としても「ワイルド・シングス」やコメディー映画などにコンスタントに出演している。 あと、エース役のジェイク・ビューシーってオヤジ・ビューシー(ギャリー・ビューシー)そっくりやないかーい。 大沢樹生さんもビックリのDNA鑑定不要なくらい似てる。 本作とは、全然関係ないけど。

ということで、作品の評価は、廉価版のDVDが販売されてそうなので、それなら買って暇なときに何回か見るぐらいの価値はある。 巷じゃB級オタク向けSF映画ということになっているかもしれないが、実は結構広い層に向けた作品。 


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

スターシップ・トゥルーパーズ

テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

  1. 2014/05/10(土) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スターシップ・トゥルーパーズ2(原題Starship Troopers 2: Hero of the Federation)について | ホーム | 俺はまだ本気出してないだけ(邦画のため原題同じ)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/194-c76620d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村