FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

CODE RED コード・レッド(原題 CODE RED) について

監督: ヴァレリー・ミレフ

役名および出演者名

ジョン   ポール・ローガン
アナ    マナル・エル=フェイトゥリー
ミリアム  マイア=レシア・ネイラー
ハロルド  ジュリアン・コストフ
オーウェン フォーブス KB
ルセフ   ゲオルギー・ステイコフ
ニチェフ  ヴェリザール・ビネヴ
隣人    ボリスラフ・イリエフ

まずは、予告編から



あらすじ

第二次大戦は、最終局面へ。 スターリングラードでは、激戦。 ドイツ軍が街を占拠。 しかし、ロシアのスターリンは、徹底抗戦。 200万人が死んだ。

負傷兵を看てもらうため、軍医を探すハンス。 
おっと危ない。 軍医を見つけるが…

ハンスの日記。 

化学兵器による大量殺人?
ハ~
ん?
スゥ~ ハァ~

証拠は? (にわかに信じがたい) 

そのガスが、ブルガリアにあるらしい。 
捜査官は、軍需関係の調査官ジョン・マクガヒーという名で捜査する。 アナ・ベネット軍医が協力する。

ブルガリアでは、地元兵士ハロルドが案内。

2人は、例の場所へ。 
ジョンは、ベネット軍医から詳しい話を聞く。

死んだはずの兵士が、… 看護師を …
ボロフ大佐が隠蔽を図る。 (ボロが出るってことの伏線か?)

ミリアム「友達欲しいなんて、いわん」ってことか(内容とは、あんまり関係ないけど)

不器用な商売。 気の毒な話。 ちょっとしたことなので、大差ない? 

ピッピッピッピッピ
パンパンパンパン
サァァ~~~~~

ドォ~~~~~ン

ウゥゥゥ~~~~~~


ミリアムは、母アナとはぐれてしまう。 あな大変。 

街は、ゾンビでいっぱいに。 

コード・レッド = 皆殺し。 (なんてこったい)

へぇーい、へい、へい、へい、将兵ってことで、街には皆殺し前提の兵士がやって来る。

病院内には、感染した人々が。 

逃げる、ハロルドとアン。 揺れるカメラ。 途切れる息。 一行はミリアムを救出に向かう。

ジョジョジョジョーン。

カエルもミミズも皆ゴメンじゃなくて、皆殺しみたいな流れだ。 

キィーーーーー
ズババババババパババパバババ
パリン 

Oh,No!

code red

感想

ところで、アナとミリアムのアパートに住むBBA感染前と感染後、全く変わらないじゃんか。

ジャンルは、軍事系感染したら大変よ系サバイバル・ゾンビ・アクション・ホラー。 そんなジャンルあるのかよってことだが、本作は、いろいろと欲張っている。 大雑把に言えば、ゾンビモノと軍事モノの合わせ技一本を狙った作品。 同じように、コードレッド的なことをやる、「バタリアン」とは、全然違うテイストだ。

ゾンビのお食事シーンや、生きている人がやられるシーンに関しては、描写がきつい目。 苦手な人がいるかも。 (筆者は、もっと行ってくれてもいいと思ったくらいだけど)

内容は、第二次大戦時にこっそりと作られて倉庫に眠っていた(感染した人…というか死体をゾンビに変える)化学兵器が爆発により街に充満。 ここで、タイトルにもある、「コード・レッド」(皆殺し)が発令される。 街に残った感染していない人まで、皆殺し作戦…まさに、ミミズもカエルも皆ゴメンっとなる。 っま、タイトルの意味からここまでは、ネタばれにならない範囲かな。

ラストは、賛否両論なのかな? 筆者的には、ホラー映画って後味が悪いものっていう先入観があるので、あまり評価が下がることがなかったが。

今作のゾンビは、全力疾走、音に敏感など最近のトレンドに乗っている。 (ゾンビンゴってことか) 生前の生き方がほんの少し見えるようなちょっとした個性が(ほんの少しだけど)ある。 「俺の生き様を見やがれ」ってことかもしれないが、ゾンビなので、既に死んでる。 あと、 投入される軍の武器も本格的。 300万ドル(日本円で三億円ほど)という低予算を考えれば、かなりしっかりと作っている。 安っぽく見えないという意味で。

作品の方向性は、アクション度4、ゾンビ度3、いろいろ詰め込んじゃったな度5。 ということで、作品の評価は、う~ん、巷のレビューでは酷評されるかもしれないが、充分見ごたえがあると思う。 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/06/03(火) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プロムナイト(原題 Prom Night)1980年版 について | ホーム | Return to Sleepaway Camp(2008) について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/218-878bce40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村