FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

プロムナイト(原題 Prom Night)1980年版 について

監督  ポール・リンチ

役名および出演者名

ハモンド校長  レスリー・ニールセン
キム      ジェイミー・リー・カーティス
ニック     ケイシー・スティーヴンス
ウェンディ   エディ・ベントン
アレックス   マイケル・タフ
サイクス    ロバート・A・シルヴァーマン
ドルー     ジェフ・ウィンコット
ケリー     メアリー・ベス・ルーベンス
ジュード    ジョイ・トンプソン
マクブライド刑事 ジョージ・トゥリアトス

まずは、予告編から



あらすじ

廃校で、かくれんぼ。 (ストーリーの見通しが立たないってことの比喩かな?)
ニックがベランダに張り付いている。 

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

キル・キル・キル
本当にキル


ロビン・ハモンドが、あやまって窓から転落。 そこに、影が…

ウェンディー、ジュード、ケリー、ニック、… 秘密 (TДT)

6年後…

ロビンの身内、ハモンド校長、校長の妻、兄弟アレックスとキムが墓参り。

アレクサンダー・ハミルトン高校

ジュードにイタズラ電話が… Hey,Judeってことか

ケリーにイタズラ電話が… 

ニックにイタズラ電話が… にっくったらしい、ってことか。

キムとニック、ジュードとセイモアー、ケリーとドリュー、ウェンディーとロウがプロムに行く予定。

ロビン転落事件があった廃校で死体が発見される。 あの男が解き放たれた?

謎の男、やる気満々日曜日じゃんか。

カフェテリアで荒れてるや。

復讐? どこかに、隠れている?

ロウとウェンディーが、ハンバーガーを注文。 (なるほど)

あやしい。 誰も彼もが怪しい。 

パーティーでの出し物を最終確認。 

ロッカー 写真 鏡

キムは、プロム・パーティーに向けておめ、おめかし。 ニックがお出迎え。

学校では、パーティー。 80年代ミュージックだ。 ポップだぜぇ~。
ディスコミュージックと、…えーっと、モンキーダンスってやつか。
たっぷり、ダンス&ミュージック。 

会場をマクブライド刑事たちが見張る。 

(ホラーで異文化交流といえば … )
そんなところで、いちゃいちゃしていると… 何かが折れた音・・・中折れってことか。 って、違うにきまってんだろうがい。

マスカラ からの Oh,No!  ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!
逃げる→追いかける→逃げる

悪事のために首になった男。Σ(´д`;)

Prom Night (1980)

感想

ウェンディーにハンバーガーを注文させたのは、大人の事情でどうしても必要だったんだろうか。 (単なる偶然説もあり)

撮影は、カナダのトロントで行われた。 ということで、オリジナルは、カナダ映画だった。 (知らんかった) 

ジャンルは、学園モノでミステリーのようなホラーのようなサスペンスのような。 血が出るような厳しい目の描写は、控えめ(ゼロとはいわない)だが、暗がりで覆面の犯人が迫ってくるは、結構怖い。

内容は、6年前に起こった事故というか事件が原因で、6年後のプロム・パーティーで事件が起こる。 パーティーは、夜に開かれることから、ホラー独特の暗がりの必然性がある。 

当ブログでも紹介済みだが、2008年にリメイクされている。 今作を見ると、リメイクというより、別のものを作ったと考えた方がいいのかも。 

予算は、160万カナダドル(当時のレート、1ドル200円として、3億2000万円くらい)なので、カナダの人件費が安いことを考えても低予算とはいえないが、潤沢な予算でないことは確か。 興行収入は、1480万アメリカドル(当時のレートでいえば、32億5600万円くらい)と、大成功を収めている。 ということは、当然続編も作られている。

出演者では、レスリー・ニールセンジェイミー・リー・カーティスが特に目を引く。 レスリー・ニールセンといえば、「裸の銃を持つ男」シリーズですっかりコメディー爺さん化しているが、本作では至ってシリアス。 既に初老ルックということは、変わらないが。 そして、ジェイミー・リー・カーティス。 プロム・パーティーということは、10代後半でないといけないんだが、どう見ても20歳超えている。 1958年生まれだから、1980年で22~23歳。 っま、仕方がないか。 当時は、「ハロウィン (Halloween)」での活躍もあって、「絶叫クイーン」って呼ばれてたっけ。 

作品の方向性は、ホラー度3、ミステリー度3、典型的な学園モノ度4、ジェイミー・リー・カーティスの高校生という設定は、岩下志麻さんのセーラー服姿を思い起こさせて本作で一番怖かったんじゃないか度10。 ということで、作品の評価は、本作は定番の学園モノホラーでちょっぴり怖いという万人受けする設定もあり、誰にでもお勧めできる。 


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/06/04(水) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヘル・レイザー(原題 Hellraiser)について | ホーム | CODE RED コード・レッド(原題 CODE RED) について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/219-6181250b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村