FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

ターミネーター4(原題 Terminator Salvation)について

監督 McG(マックジー)

役名および出演者名

ジョン・コナー    クリスチャン・ベール
マーカス・ライト   サム・ワーシントン
カイル・リース    アントン・イェルチン
ブレア・ウィリアムズ ムーン・ブラッドグッド
スター        ジェイダグレイス・ベリー
ケイト・コナー    ブライス・ダラス・ハワード
バーンズ       コモン
アシュダウン     マイケル・アイアンサイド
セレーナ・コーガン  ヘレナ・ボナム=カーター
バージニア      ジェーン・アレクサンダー
ターミネーターT-800  ローランド・キッキンガー(アーノルド・シュワルツェネッガー)
サラ・コナー    リンダ・ハミルトン

まずは、予告編から



あらすじ

2003年、州立ロングビュー更生施設で、セレーナは死刑囚マーカスを訪問。
 マーカスは、サイバーダイン社にドナー登録。 マーカスの刑が執行される?

21世紀初頭、スカイネット(軍の防御プログラム)は、自我に目覚める。
人類は自身への脅威だと、スカイネットは、人類への攻撃を決断。

核戦争(審判の日)を生き延びた人々は、(機械との戦いという)新たな悪夢に悩まされることになる。

機械側の基地に侵入したジョン・コナーたちは、牢屋に入れられた捕虜を発見。 ターミネーターが製造され始めていることを知る。

レジスタンス・ヘッド・クオーターでは、アシュダウン将軍らがスカイネットへの大規模な攻撃を計画。

ロサンジェルス郊外で、マーカスが目を覚ます。 (死刑囚だった人?)
マーカスの記憶が無くなっている。 ターミネーター(T-600)に襲われているところをカイル・リースとスターに助けられる。

ジョンたちは、ロボットたちをコントロールする信号の研究に成功する。

カイルは、マーカスから銃を扱う時の“マジック”を教えてもらう。 (T1でカイルが序盤でやったものだ)
カイル、スター、マーカスは、レジスタンスのジョンに合流するためにドライブ。
ドーーーン!

マーカスは、途中で助けたブレア・ウィリアムスにジョンのいる基地まで案内される。(セカンド・チャンス?)

スカイネットの基地では、捕虜を集めてなにやら実験。

マーカスとジョンが遭遇。 キル OR iKill ?

ズバババパバババババ
ズバババパバババババ
ドーン
ズバババパバババババ
ズバババパバババババ
ドーーーーーーーーン

ε=ε=(;´Д`)

バイク = ターミネーターに奪われるもの!

I’ll Be Back! …からの


ズバババパバババババ
ズバババパバババババ
ドーン
ズバババパバババババ
ズバババパバババババ
ドーーーーーーーーン

ε=ε=(;´Д`)

ターミネーター4 ポスター

感想

巨大な予算で制作された本作、投資したお金が“salvage”出来なかったの巻。

ジャンルは、SFアクション。 

前作(T3)で審判の日を止められなかったせいで、今作では、その後が描かれる。 出演者は、ガラリと代わりカセットテープで声だけ出演(?)のサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)やCG合成で顔だけ出演のアーノルド・シュワルツェネッガーを除いてシリーズで共通する出演者がとうとういなくなってしまった。 

ジョン・コナー役は、クリスチャン・ベール。 エドワード・ファーロングは無理にしても(大人の事情で)T3のニック・スタールは、キャスティング出来なかったのか。 同様にケイト・ブリュースター役のクレア・デインズも今作ではブライス・ダラス・ハワードに代わっている。 別にクリスチャン・ベールらが悪い役者だと言っているわけではなく、続編としての一貫性という意味で、なぜ? 筆者的には、T2の未来のジョン・コナー役のマイケル・エドワーズあたりがキャスティングされると納得いったと思うんだが、年齢的に無理だったかも。

アシュダウン役のマイケル・アイアンサイドは、「スターシップ・トゥルーパーズ」で高校教師、兼、ジョニー・リコの上官を演じたミスター・軍人顔のおじさんだ。 最近では、「X-Man」シリーズにもやはり軍人役で出ていた。 う~ん、似合うといえば似合うんだけど。

ストーリーは、審判の日以後の世界で人間 Vs スカイネット率いるロボット軍団の戦いを描く。 前作までの、「ターミネーター・・・はぁ? なにそれぇ~」というまどろっこしさは一切なく、いきなり見つけたら撃ちまくるのみという姿勢だ。 そのせいかもしれないが、ストーリーに厚みが足りないというか、「予算があるんで、興行収入を上げたかったら結局ドンパチやればいいんでしょ」というのが、全開だった。 そのあたりは、すごく好みの分かれるところ。

製作費約2億ドル(280億円)とものすごい予算を組んで製作されたが、興行収入が3億7000万ドル(当時の日本円で344億円くらい)のため、(赤字で?)制作会社が倒産してしまう。 う~ん、きびしぃ~。 2009年っていうと、ちょーどサブプライムローン問題でリーマンショックが起こり、アメリカのバブルが弾けた時期とも重なっているのかな? そういう意味では、「審判の日」は、制作側には別の意味となってしまった。(T_T)

作品の方向性は、SF度3、アクション度4、「この記事を書いているのが2014年6月なので、筆者的にはジョン・コナーよりも虫コナーズの方がありがたかったかも(特に視聴中)」度100。 ということで、作品の評価は、シリーズとしての一貫性で厳しいところもあるが、T2などとは別の作品(シリーズの外伝)として見れば、そこそこなんじゃないかな。 ハードルを上げずに「うっかり」見てしまうくらいの方が楽しめるかも。 

ところで、T5制作の噂があるが、大丈夫なんだろうか?


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/06/22(日) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アメリカン・ハート(原題 American Heart)について | ホーム | ターミネーター3(Terminator 3 Rise of the Machines)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/237-5ea09bbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村