FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

カオス(邦画だけど別名 Chaos)について

監督 中田秀夫
原作 歌野晶午

役名および出演者名

黒田五郎   萩原聖人
小宮山佐緒里 中谷美紀
小宮山隆幸  光石研
浜口警部   國村隼
三浦刑事   田中哲司
黒田美佐子  菜木のり子
相馬るみ   夏生ゆうな
栗原冴子   山村美智子
さおり    新恵みどり
有村真樹   Miki
不動産屋   諏訪太朗
やから    浜田学

まずは、予告編から



あらすじ

雨。 (アーメンへのフラグか)

高級そうな飲食店(代々木のエルという店)で・小宮山佐織里が右手を怪我している夫(小宮山隆幸)と食事。 肉を切り分ける。 (憎たらしいってことのフラグか?) 小宮山隆幸が支払いを終え店を出ると佐織里がいない。 (ムムム)

仕事をしている小宮山隆幸に電話が入る。 「あなたの女房を預かっている」という内容だ。 誘拐らしい。 身代金3000万円だ。

隆幸は、警察(浜口警部ら)に協力を求める。 メイワ銀行の佐藤から融資のお話。 (迷惑千番ってことのフラグか)
(#8501にダイヤル。 連絡番号32213757 暗証番号1102)

羽生パーキングエリア(羽生PA)に2時までに届けなければならない。

犯人は、隆幸が警察に連絡したため佐緒里の姉・栗原冴子に身代金をかわりに要求。

代行サービスを営む黒田五郎のもとに、小宮山佐緒里がやってくる。
誘拐の依頼? ってそんなこと言うかい?

狂言? ぎょぎょぎょ! (((( ;゚д゚)))

罠 OR 縄 
わなわなわな (つд⊂)ゴシゴシ

はっ!?  (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

思わぬ方向へ。  ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

えええぇぇぇ! 

そうさ、公開捜査だそうさ。

303号室。 

カフェ…らしいね。 

ん? あれれ?

雨。 (アーメンのフラグかな)
なるほど。 つながった!

理由 → 有利 → 理由 → 運 あっ (;´Д`)

賭け → かっけぇー (なるほど)

カオス

感想

そうそう、その顔っす。 その顔が、ストーリーを難解にしてるっす。

ジャンルは、ミステリーあるいはサスペンス。 

黒田五郎役の萩原聖人さんは、どこか影がある四苦八苦する便利屋を好演ている。 小宮山佐緒里役の中谷美紀さんは、それに対して怪演という感じ。 終盤に向かっての表情が怖い時もあった。 國村隼さんの浜口警部もピッタリ。 ベテラン刑事役顔だ。 

ストーリーは、便利屋黒田に狂言誘拐を依頼する怪しげな女性・小宮山佐緒里。 黒田は依頼を受けたことで別の事件に巻き込まれていく。 

ストーリー展開は、時系列通りではない。 筆者の解釈では、この時系列のバラバラ感が本作のタイトル「カオス」に結びついていると思うんだが。 時系列はバラバラでも、ストーリーで迷うことはない。 話としては、一本道だし、逆に時系列が入れ替わった方が含みを持たせられる。

印象に残ったのは、赤い口紅と雨。 赤い口紅は、中谷美紀さん演じる小宮山佐緒里の妖艶さを表現したものだと思う。 それに対して天気雨は、2面性、賭け(勝ち負け入り混じりという意味で)を表現していると筆者は解釈した。 (アーメンの比喩ではなかった)

本作の監督は、中田秀夫さんということもあり、ホラーテイストをちょっと期待したのだが、ほぼそういうことはなかった。
 
作品の方向性は、サスペンス4、謎解き3、カオスもいいけど最近元ヤクルトのギャオスをすっかり見なくなったなー度10。 ということで、作品の評価は、原作ありってこともあって基となるストーリーがしっかりしていて見応えがある。 


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



ちょっとだけ、ヒドイ目のネタばれを含む考察。 (未視聴の人は、見ないこと)









( ・Д・)









φ(.. )













((=゜エ゜=))









本作のタイトルは、カオス。 カオスの意味は、混沌ぐらいのはず。 でも、小宮山の妻・佐織里をに成り代わった津島さと美は、周到に計画し、それを遂行する。 結局、小宮山隆幸は捕まってしまうのだが、それは、最初っからある程度予想できたこと。 終盤で、さと美は、黒田が自身を見つけたことに「やっぱり見つけたんだ」的なことを言って全く驚かない。 この辺りも、やはり計算の内なんだろう。

時系列についても、無秩序ということはなく、むしろ、この順番でないと成り立たない部分も多い。 

う~ん、となると、ラストにつながる黒田の提案あたりから、さと美の計画は破綻していき、精神的にも追い込まれていくことになる。 ラストのさと美の精神状態は、完全にカオスというかパニックなんだろうか。

ちなみに、本作は、原作ありなのだが、これの基になる事件ってあったような気がする。 大人の事情で、詳しくは書けないが。

カオス 裏表紙

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/06/26(木) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ペーパーボーイ 真夏の引力(原題 The Paperboy)について | ホーム | 殺人動画サイト Death Tube 2(邦画のため原題同じ)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/241-8dadd934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村