FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

ある夜のできごと(邦画なので原題同じ)について

監督  鈴木聖史

役名および出演者名

カッちゃん 秦秀明
ヤスタカ  松尾敏伸
ケンさん  内山信二
ナオ    高部あい
真由美   田村愛
リエ    中山絵梨奈
ユカ    宮岡由加菜
アスカ   小西悠加
マキ    飯村未侑
加藤    福田佑亮
内島    栗田将輝
鈴木さん  島屋半兵衛

まずは、予告編から



あらすじ

雨。 おもちゃのロボ。 3Sの伊藤? (ちっちゃいなぁ~)

中学生(加藤と内島)が学校でタイムカプセルを見つける。 中から一枚の写真が・・・
ユカがその写真を取り上げ眺めている。

友人・鈴木さんの訃報を聞き、カッちゃんは、葬式に出るため久しぶりに帰郷。

メロン → メロンパン! 1992年 カツミシンイチロウ ・・・むむむ

葬式の後、カッちゃんは、ヤスタカにばったり出くわす。 7年ぶりの再会。

鈴木さんは、飲食店を経営していた。 そこへ、ケンさんが見参。3人は、鈴木さんを偲んで居酒屋で昔話。 鈴木さんの経営していた飲食店“きばらんと”での若い頃に集まった記憶がよみがえる。 そこでは、カッちゃん、ヤスタカ、ケンさん、ナオ、真由美がことあるごとに集まっていた。

ケンさんは、いまでも医者を目指して自由人。 縛られない人生。 (そして、わかままボディー)

カッちゃんの経営する雑貨屋は、赤字。 (経営は、カッツカツってことか) (夢は追いかけるけど、借金取りには追いかけられているってことか。)

3人は、私生活でいろいろあってギスギス。 


雨・・・ (水に流すってことか) なお、過去にも男女間でいろいろあった模様なんで。

ケンさんが暴走。 (自分は、不器用なモンでって感じで) ヤスタカも暴走。 (ウ~イェイって、微妙に違うか・・・分かる人だけ用) (●´ω`●)

ちょりーーーっっっす。 (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

そして・・・

ある夜のできごと

感想

いやぁ~、センセーショナルだなぁ~。 明石屋さんまさんのバラエティー番組に子役として出ていた内山くんがすっかり大人になって、タバコを吸っているシーンまである。 時の経つのは早いもんだ。

ジャンルは、じっくり・マッタリ系ドラマ。 地球が滅亡の危機になることも、誰かが生死をかけて戦うこともない、ノンビリとした居酒屋トークが中心。

カッちゃん役の秦秀明さんとヤスタカ役の松尾敏伸さんとケンさん役の内山信二さんの3人芝居が中心。 凝ったカメラワークがあるわけではなく、ダイナミックな演出があるわけでもない。 その分、3人のマッタリした会話が続く。

ストーリーは、20代のころ、ことあるごとに集まっていた居酒屋の店主が死んだことで、葬式に出ることになったかつての仲良し3人。 20代のころの回想シーンを含めながら、3人の現状と過去の話で盛り上がる。 

ちょっとだけ、考察する。 今作では、タイムカプセルが重要なアイテムになっている。 現役中学生が掘り起こしてしまうんだが、もしかして「コレがフラグ?」ってメモを取ってしまった。 30代になったかつての仲良し3人(カッちゃん、ヤスタカ、ケンちゃん)、掘る、ある夜の出来事・・・これって、これって! まさか! ♂♂♂ってこと? という、完全にミスリードにひっかっちまった。 (どう考えても違うだろ)

エンディングに関しては、もしかして伏線が張ってたんだな。 

作品の方向性は、ドラマ度3、ガールズトークに対抗してボーイズトーク度5、こっちのカッちゃんはシャーシャー言ってませんけ度10。 ということで、作品の評価は、たまにはこういうマッタリとした作品も見てみたくなるんだよなぁ~という感じ。 なにかすごいことが起こるわけではないが、ほのぼの系でじっくり見れる


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


ちょっとだけ、酷い目のネタバレを含むメモというか蛇足。




( ̄▽ ̄;)!!ガーン









(≡ω≡.)






ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ








カッちゃんの店「Brand New Rockets」の従業員(リエ)が、 スリーエスの伊藤ことヤスタカから度々電話を受けている。 ヤスタカは、「Brand New Rockets」に直接出向いたことまである。 (もちろん、カッちゃんは、不在だったわけだが) っということは、ヤスタカはカッちゃんが帰郷することをリエから何らかの方法(おそらく電話かな)で知った上で偶然を装ってカッちゃんにアプローチっていうのは、考えすぎだろうか。 

ヤスタカは、ツンデレ系キャラなので3人出会っている時には、あんまりそんなそぶりを見せない。 がさつキャラのケンちゃんに掻き消されているだけっていうことも考えられる。

もう一つのサブストーリーである、ヤスタカを巡るナオと真由美の三角関係って、詳しくは語られなかった。 ヤスタカと真由美は、結婚したんだが、ナオとは、別れた? ナオに子供がいるっていう描写があるが、もしかして・・・。

っま、そんなこんなで、結局、本作のメインテーマは、男3人の同窓会なわけで、それぞれの私生活どうしょーかいじゃないってことだな。 (しょーもないダジャレに頼ってしまった) ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2014/07/15(火) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブロブ 宇宙からの不明物体(原題 The Blob)について | ホーム | ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲(邦画なので原題同じ)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/260-37c0bf77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村