FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

蝋人形の館 (原題 House of Wax)について

監督 ジャウム・コレット=セラ

役名および出演者名

カーリー・ジョーンズ エリシャ・カスバート(NYでインターン)
ニック・ジョーンズ  チャド・マイケル・マーレイ
ボー/ヴィンセント  ブライアン・ヴァン・ホルト
ペイジ・エドワーズ  パリス・ヒルトン
ウェイド       ジャレッド・パダレッキ
ドールトン・チャップマン ジョン・エイブラハムズ(カメラ)
ブレイク       ロバート・リチャード(ラップでノリノリ)
トルーディ・シンクレア ドラジシア・デバート
ヴィクター・シンクレア マレー・スミス(医者)
ジェニファー     エマ・ラング
運転手        デイモン・ヘリマン
保安官        アンディ・アンダーソン

まずは、予告編から



あらすじ

(何だろう?) ・・・1974年、蝋を溶かしている。 型に流し込んでぇ~~~ シリアルを食べる子供・・・(シリアル・キラーってことのフラグ?)

子供を椅子に縛り付ける、トルーディとヴィクター。

現在。 カーリー、ウェイドとペイジは、ハンバーガーショップでお食事。 ブレイクは、カーナビでショートカットを見つける。 (ノーブレーキでゴーゴーゴーってことか)

(人物構成)
カーリーとニックは、兄妹。 ペイジとブレイクは、恋人。 カーリーとペイジは、親友。 ニックとドールトンは、友人。 ニックの素行は悪いらしい。 ドールルトンは、カメラ小僧。

6人は、大学のフットボールの試合を観戦するためにドライブ中。 ペイジは、ブレイクに・・・ (ギブ・ミー・ア・ブレイク状態)(  ̄っ ̄)ムゥ

深夜なので、とりあえず泊まるところを見つける。 Trudy’s House Of Waxという看板にウェイドが興味津々。

ペイジが「妊娠してるかも」とカーリーとの会話。 ワックス(○)、ゴム(X)ってことか (●´ω`●)

ウェイドとニックは、ギスギス。 (「にっくたらしいことを言いやがるぜっ」ってここか)

6人がキャンプをしているところへ車が。 暫らくライトで照らしたあと、去る。

翌朝、ドールトンのカメラがなくなっている。 カーリーとペイジは、悪臭の元を探して森を迷っていると・・・

ウェイドの車が故障したため、ガソリンスタンドのあるアンブローズへ行くことに。

カーリーとウェイドは、動物の死骸を捨てにきていたドライバーに目的地まで乗せてもらう。 いろいろあって、カーリーとウェイドは歩いて移動することに。

2人は、アンブローズという小さな町に着く。 「Whatever happened to Hary Jane?」

町の教会では、葬式を行っている。 暇つぶしに2人は、蝋人形の館に入ってみる。 ヴィンセントが作った作品(?)が展示してある。

2人は、ヴィンセントの家に招待される。 が、トラブル発生。 (((( ;゚д゚)))

カーリーは間一髪逃げるが、ウェイドは・・・

ニックとドールトンが遅れて町へ。 ウェイドとカーリーを探す。 

ペイジとブレイクは・・・
しかし、魔の手が迫る・・・

そして・・・

蝋人形の館DVDジャケ

感想
(注)この作品にデーモン小暮閣下は、出ていない。


ジャンル
町一帯が不気味系ホラー。
 レーティングは、R-15。 血がドバドバ出るシーンや残酷なシーンとスケベなシーンが引っかかったんじゃないかな(筆者の主観も混じっているが)。


出演者
主演は、「24 Twenty Four」でジャック・バウアーの娘キンバリー役を演じたエリシャ・カスバート。 ニューヨークの出版社でインターンとして働くことが決定している優秀な女子大生役だ。 本作の大半を体のラインを強調したような薄着で走り回ったりするのはサービスの一環だろうな。

それにしても、カーリー(エリシャ・カスバート)は、主役で綺麗どころのはずなのに、酷い目に遭う。 指をニッパで切られたり、唇を接着剤で固められたり(ケツアゴを接着しなかったのは、武士の情け的なものだろうな)。

カーリーの親友・ペイジ役は、パリス・ヒルトンが演じている。 カーリーが犯人に捕まって口を接着剤で接着されるシーンがあるが、このシーンは、流石に、パリス・ヒルトンに演じさせるわけにはいかなかったのだろうか? 口は災いの元っていうことで、公開当時(2005年)いろいろなことで騒がせていたので。 (そういうシーンは、もっとダイレクトに描かれてたりするんだけど) Σ(゚д゚;)

「SUPERNATURAL スーパーナチュラル」でサム役のジャレッド・パダレッキは、カーリーの恋人ウェイド役で出演。 設定では、良い人役のはずなんだが、人の家に勝手に入ったり、入った家のものを勝手にいじったりする実は素行はニック以上に悪いかもしれないという役だ。


ストーリー
2組のカップル(カーリーとウェイド、ペイジとブレイク)とカーリーの兄とその友人ドールトンは、大学のアメフトの試合を見るためにドライブ。
 途中、ウェイドの車が故障したため、ウェイドとカーリーは、近くの町まで修理用部品を買いに行くことに。 一方、その他のメンバーは、予定通りアメフトの試合を観戦するためにドライブ。

カーリーとウェイドは、町(アンブローズ)に着くが、そこで、なんと・・・ という流れだ。

(ちなみに、アメリカでは、大学のフットボールがプロのもの並みに人気があるそうだ。 日本でいうと、昔の6大学野球みたいな感じだろうか。)


原題は「House of Wax」に対し、邦題は、「蝋人形の館」なのでそのままっていう感じだな。 (ちなみに、Waxは、蝋人形という意味)


予算
なんと、3000万ドル(1ドル110円として33億円くらい)。 ホラー作品としては、結構予算がついた方。 やっぱ、出演者が豪華だと予算がつきやすいのかなぁ~。 っま、そのおかげかどうかは分からないが、蝋人形は、結構な数が登場する。 


作品の方向性と評価
古典的ホラー度4、お約束とはいえお色気シーン多すぎんじゃない?度4、カーリーの周りの人たちは「NYへ行きたいかー」っと「アメリカ横断クイズ」ばりに何度も確認するけど、福留さんは関係ないよ度5。 ということで、作品の評価は、オーソドックスなホラーなので安心して(?)見られる良心的な作品。 


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/08/04(月) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<GOTH(邦画なので原題同じ)について | ホーム | 恋愛の法則(原題 Bodies, Rest And Motion)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/280-7b56a9e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村