FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

ミロクローゼ(邦画のため原題同じ)について

監督・脚本・美術・編集・音楽  石橋義正

役名および出演者名

オブレネリ ブレネリギャー 山田孝之
青春相談員 熊谷ベッソン  山田孝之
片目の浪人 多聞(タモン)  山田孝之
偉大なミロクローゼ  マイコ
蜘蛛伊/ユリ     石橋杏奈
刺青師 蛾禅     鈴木清順
新幹線パーサー    佐藤めぐみ
天柘楼案内人 雪音  岩佐真悠子
賭場オーナー     武藤敬司
壷振り師 お竜    原田美枝子
女萎魅        椿かおり
なきゃむら      奥田瑛二

まずは、予告編から



あらすじ

オブレネリ・ブレネリギャーの冒険のお話。 規則的な生活をしているオブレネリだが、通勤が非常に苦手。 休みとなる週末は、暇だ。 家でゴロゴロしたり、机のササクレをめくったり。 オブレネリ・ブレネリギャーは、猫のベランドラ・ゴンゴンゾーラと一緒に暮らしている。

ある日曜日、買い物がてら公園を散歩する。 ベンチに座っていると、隣に綺麗な女性(偉大なミロクローゼ)が隣で読書をしている。 しばらくして、偉大なミロクローゼがオブレネリ・ブレネリギャーに話しかけてきた。 (*゚∀゚)っ

それから、オブレネリ・ブレネリギャーは、これまでに無くせっせと働き始める。 家も買っちゃう。 ニンマリ笑顔も覚えちゃう。 (o^∇^o)ノ 

やがて、オブレネリ・ブレネリギャーは、偉大なミロクローゼと一緒に暮らすようになる。 (*'-'*)

しかし、ヤクルト・ジョアが好きなオブレネリ・ブレネリギャーとネクターが好きな偉大なミロクローゼは、合わなかったってことか。 オブレネリ・ブレネリギャーが調べて見ると、実は、 偉大なミロクローゼは、サラマンダラ・クオレンツォリッヒというチャラ男と付き合っているようだ。

5pm.5時からイブニングという番組の司会をするのは斉藤洋介、アシスタントは浦浜アリサだ。 ゲストは、青春相談員・熊谷ベッソン。 電話での相談に荒っぽい対応。 ナ・・・オンって何? ナオンのベルって何?

ベッソンは、ナオンを2人連れてドライブ。 電話番号案内 104の川上が電話を受ける。 電話番号を聞いた男性は、ベッソンに新幹線パーサーに恋をしたと相談。 天竜川でコーヒーを飲むのが解決策? (アファアファファアファファアファファ・・・って、それは、天龍源一郎やないか~い)( ̄ー ̄)ニヤリッ

「ゴムを下さい・・・。」  (*´∇`*)


ベッソンを乗せた車は、ノリノリで片目の浪人(多聞)を撥ねてしまう。 多聞は、恋人・ユリの行方を捜している。 ユリは、大正町最大の遊郭・天柘楼に売られてしまった。 多聞は、天柘楼の賭場へ。 賭場を仕切るのは、壷振り師・お竜。 礼儀には厳しい。 

丁半博打。 多聞は、賽を調べたいとお竜に言い、調べる。 (他意はない)

4年前。 多聞は、花屋でユリを見かけ一目惚れ。 ユリに百合を送る。 多聞は、ユリにプロポーズ・・・のはずが・・・

ユリには、暴力的な彼氏シンがいる。 (シンじられなーい展開だ)

どうにかこうにか、ユリと付き合うようななった多聞。 しかし、単車男状態でユリとツーリングしている途中、ユリが大正町の盗賊にさらわれてしまう。 

数年間、ユリの行方を捜す多聞。 たくましく、ワイルドになったぜぇ~。 有力な情報を刺青師・蛾禅から得る。 (俄然、やる気が出てきた)

多聞は、赤線地帯でユリをさらった盗賊を見つける。 そして、ユリが天柘楼にいるという情報を得る。

天柘楼遊女七人衆(紫緑、華房、喜璃鋭、夢歌、女萎魅、幸卯、無憂)。 ユリは、蜘蛛伊という源氏名で在籍。 軍資金が足りず、増やすために賭場へ。 (つながった!)

そして・・・

ミロクローゼ DVDパケ

一言で言うと
あらすじを書くのは、一苦労だぜぇ。 (あんまり、タイトルにかかってないか・・・)

ジャンル
コメディータッチの不思議系ファンタジー恋愛ドラマ。



出演者
「電車男」や「世界の中心で、愛をさけぶ」の山田孝之さんが主演。
 3役(オブレネリ ブレネリギャー、青春相談員 熊谷ベッソン、浪人・多聞)を演じる。 オブレネリ ブレネリギャーは不思議ちゃん、青春相談員・熊谷ベッソンは別の意味(エキセントリック)で不思議な人、浪人・多聞はワイルドな人とかなりキャラが違ったため、山田孝之さんの魅力を満喫できる。

ちなみに、天柘楼遊女七人衆の一人・女萎魅役の椿かおりさんは、山田孝之さんの姉だ。

あと、刺青師 蛾禅役で出ている鈴木清順さん、死に掛けに見えるぞ。 既にお亡くなり・・・えーっと、2014年8月時点では、御存命だ。


ストーリー
3つのストーリーからなるオムニバス形式だ。
 一つ目は、オブレネリ ブレネリギャーと本作のタイトルにもなっている偉大なミロクローゼとの物語。 二つ目は、青春相談員・熊谷ベッソンのハチャメチャ恋愛相談。 三つ目は、浪人・多聞が盗賊によって連れ去られた恋人ユリを探す物語。 二つ目と三つ目は、はっきりとつながっているが、一つ目と他のストーリーとのつながりは、不明。


おそらく、鈴木清順さんリスペクトなんだよなぁ~
話の流れがチンプンカンプン。 全体としてのテーマもなんだかハッキリしない。 おそらく、このあたりが酷評の的になるんじゃないかな。 っま、筆者もちょっぴりそういう部分もあったりするが。 

でも、鈴木清順さんが刺青師 蛾禅役で出ていることで、「そうか、監督・脚本・美術・編集・音楽の石橋義正さんって、鈴木清順さんの影響をモロに受けてんじゃん」と納得してしまった。 筆者は、初めて「ツィゴイネルワイゼン」を見たとき、もーそれはそれは、ちんぷんかんぷんだった(まだ若かったことを差し引いても)。 

「ツィゴイネルワイゼン」は芸術的で高評価だが、本作はさっぱり。 うーむ、この辺りは、監督の知名度とカリスマ性が関係してくるんだろうか? 視聴者層が違うのなら話は単純なんだが。 


作品の方向性(5段階)と評価
コメディー度2(笑いを取りにいっていないような気がする)、ドラマ度2(ストーリーが分かり難い)、なんだかわけがわかんねぇ~んだよ度5、清順を叩きすぎだろ・・・リアルにヤバいことに・・・度10。 ということで、作品の評価は、う~ん、芸術作品なんだよなぁ~という感じで芸術作品ではなく娯楽作品を期待していた筆者には厳しいものがあった。 すごく好みにより評価が分かれそうな作品だ。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/08/19(火) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エレベーター(原題 Elevator)について | ホーム | 5IVE (原題 5ive! )について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/295-bd7febd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村