FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

テキサス・チェーンソー(原題 The Texas Chainsaw Massacre)について

監督 マーカス・ニスペル
製作 マイケル・ベイ、マイク・フレイス

役名および出演者名

エリン    ジェシカ・ビール
ケンパー   エリック・バルフォー
モーガン   ジョナサン・タッカー
ペッパー   エリカ・リーセン
アンディ   マイク・ヴォーゲル
トーマス   アンドリュー・ブリニアースキー
ホイト保安官 R・リー・アーメイ
ジェダイア  デヴィッド・ドーフマン
ルダ・メイ  マリエッタ・マリク
モンティ老人 テレンス・エバンス
ヒッチハイカー ローレン・ジャーマン
ヘンリッタ  ヘザー・カフカ
ナレーター  ジョン・ラロケット

まずは、予告編から



あらすじ

30年前に起こった若者5人が犠牲になった事件。 現場となったヒューイット家に残された証拠は、1300点になる。 その中には、事件現場を撮影したフィルムが含まれる。

1973年8月18日、5人の男女(エリン、ケンパー、モーガン、アンディー、ペッパー)がコンサートへ向かっている。 一行は、メキシコでしこたま違法薬物を購入した。 (うーむ)  (≧ヘ≦) ムゥ

片田舎の道にもかかわらず、道路を黙々と歩くヒッチハイカーをうっかり轢きそうになる。 様子がおかしいので、とりあえず車に同乗させて町まで送ることにする。 そして・・・ ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

ガソリンスタンド兼レストランで一旦休憩。 とりあえず、保安官に連絡。 5人は保安官のいる場所に行くことに。 しかし、そこには誰もいない? 

誰かいた?  (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

子供を見つける。 保安官のいる場所までの道順を教えてもらう。 エリンとケンパーは、そこへ向かう。

保安官は、アンディー、ペッパー、モーガンの待つ方に来た。 (あれ?)

ケンパーが行方不明に・・・

残りの4人は、ケンパーを探す。

アンディーとエリンがケンパーを探していると、レザーフェイスがチェーンソーを持って登場!
( ´_ゝ`)ノ


そして・・・

状況は悪い方向へ。

か・・・ら・・・の・・・

さらに悪い方向へ。

センリツ・・・

テキサス・チェーンソー


一言で言うと
(福澤朗さん風に)ジャストミートって感じかな。(ちょっとヒネリ過ぎかも)


ジャンル
猟奇殺人系ホラー
。 レートは、R-15指定というイマイチわかり難いところ。 残酷なシーン、血の出るようなシーンはやや多めで、そういうのが苦手な人は、かなり厳しいかもしれない。


出演者
エリン役のジェシカ・ビールは、ムッチムチのタンクトップ姿で走り回る。 本来であれば、R指定となってもおかしくないところを、ジェシカ・ビールのパフォーマンスでR15におまけしてくれたのかも(っま、絶対違うんだけど、一応言ってみた)。


ストーリー
1973年8月18日、5人の男女(エリン、ケンパー、モーガン、アンディー)がコンサートへ行くためテキサス州の片田舎(トラビス)をドライブしていると、道の真ん中をフラフラと生気なく歩く女性を見つける。
 5人は、彼女を保護し、近くの病院へ送るために車に同乗させるが、自殺してしまう。 とりあえず、警察に連絡することにするが、保安官のいる製粉所へ来るように伝えられる。 仕方なく行くと・・・


保安官
州ごとに法律が異なるアメリカでは、刑事事件を担当する部署も多様なようだ。 アメリカでは、今でも保安官というシステムがある。 一応選挙で選ばれるらしいが、1973年当時では、映画に登場するような緩い基準で採用されるような人もいたんだろうか? (あくまでも、フィクションなので何とも言えないが)


実在の事件が基になっている
モデルになったのは、連続殺人犯のエド・ギーン。(もちろん、今作では映画用に脚色されているが) エド・ギーンがモデルになった映画は、「サイコ」のノーマン・ベイツ、本作のレザーフィエス、「羊たちの沈黙」のバッファロー・ビルなど多数。 1906年生まれで1984年に死んでいるので77歳まで生きたことになる。 


低予算だけど
920万ドル(約10億円)の予算で約1億ドル(約115億)の興行収入と興行的には大成功した。 オリジナルは、(今作が公開される)30年前の作品なので流石に両方を映画館で見て・・・という人は少ないかな。 でも、レザーフィエスは、ジェイソンやフレディーと同じようにキャラクターとしてインパクトがあったせいなのか、プロレスラーでそういうのを被った人までいたような記憶がある。


作品の方向性(5段階)と評価
猟奇度4(いろんな意味で)、ホラー度4(終盤は・・・)、「ま・・・さ・・・か・・・原題からマサカーの部分が抜けてるのが気になって仕方がない」度10。 ということで作品の評価は、これはこれで有りなんじゃないのと思う。 オリジナルとは若干方向性が異なるが、酷評するほど酷くないとは思うんだが。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/09/06(土) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<テキサス・チェーンソー ビギニング(原題 The Texas Chainsaw Massacre The Beginning)について | ホーム | 光のほうへ(原題 Submarino)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/313-d174acc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村