FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

スローター 死霊の生贄(原題 The Slaughter)について

監督・脚本・撮影 ジェイ・リー

役名および出演者名

デイナ   ジェシカ・カストディオ(エリスとクレジットされている)
イギー   ザック・キルバーグ(タイラーの義弟)
タイラー  テリー・エリオスキ(デイナのボーイフレンド)
ヘザー   ローラ・バック(デイナの友人)
ブランドン トラヴィス・ウッド(ヘザーのボーイフレンド)
アレックス ジェン・アレックス・ゴンザレス(アレクサンドラ)(カールの秘書)
カール   ブラッド・ミルン(スティーブンス)(デイナらの依頼主)
ラズ    ビリー・ベック(デイナらの友人)
死霊    アドリアーナ・エスキヴェル
ジュリア  カーミット・レヴィテ(40年前の家の持ち主)
デニース  シャイエン・オールト
イズライア エヴァ・デレク
エリザ   ペニー・ドレイク
魔女    エレナ・ブランク、ジェシカ・エルダー、エリン・ダニエルズ、ジェシカ・ハーベック、ジェニファー・サルヴッチティファニー・テジェダ、サーシャ・イエイツ、ティファニー・ヘイデン

まずは、予告編から



あらすじ

魔女たちがナイフを使った儀式。 カッツーラ カブッテルワネェ~ (?)  (((( ;゚д゚)))

儀式は、セイコウ!
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

ジュリアは、家を相続し娘と住んでいるが・・・ ( ̄◇ ̄;)

デイナとボーイフレンドのタイラーとタイラーの義理の弟イギーは、老朽化した家を修理・清掃するバイトをしている。 3人は、冒頭で大変なことが有った(ジュリアが住んでいた)家を掃除することに。

40年間人が住んでいなかったため、かなり老朽化している。

デイナの友人・ラズとヘザー、ヘザーのボーイフレンド・ブランドンが助っ人としてやってくる。 ブランドンの素行は良くなさそうだ。



雇い主のカール・スティーブンスと秘書のアレクサンドラも来ていた。 カールく自己紹介。 監視のためだ。

イギーが地下を調べていると・・・

ブランドンが地下で怪し過ぎる本を発見。  (つд⊂)ゴシゴシ
悪魔を蘇らせる呪文が書かれている。 イギーが本を預かることに。 インターネットで調べてみる。

カールは、デイナにかーるくダメだし。 値切るつもりのようだ。 しかし、突然現れた謎の女性に手を切られる。 (手切れ金ってことか)

イギーが本の解読結果を報告。 “最後のいけにえ”

そのころ、ブランドンとヘザーは・・・ (´Д`)y-~~
(て・・・手遅れだったかも)

そして・・・

あだだだだだだ

ライター → タイラー → ライター 

ゾンビンゴ

スローター 死霊の生贄

一言で言うと
終盤のストーリー展開は、スローダー。


ジャンル
オカルト系ゾンビホラー。
 そこそこ、スプラッター系の厳しい場面もあるのでR指定はやむなしだな。 終盤は、コメディーに方向転換。 うーむ、「死霊のしたたり」リスペクトなんだろうか?


出演者
デイナ役のジェシカ・カストディオは、ジェシカ・エリスとクレジットされている。 でも、他の作品では、カストディオ名義。 「ゾンビ・ストリッパーズ(原題 Zombie Strippers!)」では、カストディオ名義なので、混同しないために一方で表示することにした。


ストーリー
人が住まなくなった家を修理・清掃する仕事の依頼をデイナ、タイラー、イギー、ヘザー、ラズ、ブランドンは、受ける。
 そこへ、様子を見に来た依頼主のカールと秘書のアレクサンドラを加えた8人は、家の調査をしている時に不思議な書物を発見する。 イギーが解読すると、そこには、死霊を蘇らせるための方法が書かれていた。 イギーは、死霊を復活させないために“やってはいけないこと”を説明するが・・・


「死霊のはらわた」を意識している?
ストーリーや展開はそっくりだ。 テイストもどことなく似ている。 でも、終盤のモタモタした展開は、好き嫌いの分かれるところ。 あと、タイトルからして、何かイロイロ混ぜちゃったな。


ウルトラ低予算
予算は、2万5000ドル(約290万円!)。
 そう考えると、頑張った方なのかな。 ただ、派手な演出を求めていたわけではなく、作りこんだセリフやストーリーを期待していたんだが。 


作品の方向性(5段階)および評価
ホラー度2(あんまり怖くないかも)、コメディー度3(筆者的にはハマらなかった)、「役名の付け方が安易じゃない?(ゾンビのお食事になりそうになるからデイナ・・・ディーナーから、社会に不満タラタラだからイギー・・・異議から、ライターを逆さにしちゃうからタイラー、キャラ的に薄っぺらで軽いのでカールなど)」度10。 ということで作品の評価は、超低予算ながら何とか完成にこぎつけたという感じで、う~ん、酷くはないけど、他人にお勧めし難いというか、評価が分かれる作品というか・・・


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/09/10(水) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インフェルノ(原題 Inferno)について | ホーム | プロブレムでぶ 何でそうなるの?!(原題 Black Sheep)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/317-e23ae967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村