FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

アーバン・エクスプローラー(原題 Urban Explorer)について

監督 アンディ・フェッチャー

役名および出演者名

ルシア(マロリー)  ナタリー・ケリー(ベネズエラ出身の看護師)
デニス(ミッキー)  ニック・エヴァスマン(ルシアの恋人でドイツ語が話せる)
クリス(ダンテ)   マックス・リーメルト(ガイド)
マリー(オリンピア) カトリーヌ・ドゥ・レアン
ユナ(ハイク)    ブレンダ・クー(マリーと友人)

アルミン       クラウス・シュティーグルマイアー
ネオナチ       アンドレアス・ウィズニュースキー

まずは、予告編から




あらすじ
「ベルリンの地下には2万5000以上のトンネルがあり、3分の2は封鎖されている。 しかし、60年以上トンネルが放置されている区域もある。」

ガイド役のダンテ、ミッキーとマロリー(カップル)、ハイクとオリンピア(女友達)というニックネームでお互いを呼び合う。 (マロリーとは言っても、中村玉緒さんは関係ないぞ。 どっちかっていうと、「ナチュラル・ボーン・キラー」から持ってきた名前) 違法行為を行うためにお互いの素性を明らかに出来ないための措置だ。 

クラブを通り、地下へ。 目的地までは、歩きで2時間。 目的地には、ヒトラーの運転手たちの地下壕がある。 第二次大戦時の壁画などがあり、ネオナチの信仰の対象とされないように封鎖された場所だ。

ちなみに、ガイド料は1人300ユーロ(たっか!)。

さらに地下へ。 (結構遠くまで歩くのにチカってこれ如何に?)

住民(?)に遭遇。 カメラで撮影してたハイクに「自分たち(住民)が映りこんでいる写真を消去すること」を求めてくる住人との間でトラブル。

さらに進む。 そして、コーヒーブレイク。 “オーディン”について説明。

壁画のある場所に到着。 記念写真などを撮る。

帰り道で、ガイド役のダンテが事故で動けなくなってしまう。 ハイクとオリンピアは、助けを呼びに行く。

マロリーとミッキーはダンテの看病しているところへ・・・老人が・・・ ε=ε=(;´Д`)  

そして・・・

「人生は短い」 GT

ダダダダダダダ

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

えぇぇぇぇぇぇ  (((( ;゚д゚)))


やっぱりんこ

( ̄▽ ̄;)!!ガーン

か・・・ら・・・の・・・

ε=ε=(;´Д`)

ウゲェェェェェェ

生シャツ脱がしちゃう ( ̄◇ ̄;)


アーバン・エクスプローラー


一言で言うと
遠くで聞こえるのに地下鉄って、これ如何に。


ジャンル
猟奇モノ系ホラー。
 地下で迷子になってしまう恐怖と、ひっどい目に遭ってしまう恐怖が描かれている。 残酷なシーンもあるのだが、どちらかというと、その辺りは“さっぱり目”で、犯人が迫ってくる恐怖というのがメイン。 ただし、生シャツ脱ぎは怖いというかグロい。


ストーリー
ベルリンの地下に存在する封鎖されたトンネルを許可なく(違法に)探検するツアーに参加したルシア、デニス、マリー、ユナ。
 4人は、クリスのガイドによりナチスが残した壁画のある場所へ。 帰り道でガイドのクリスが事故により重傷を負い、意識も戻らない。 マリーとユナは助けを呼ぶために外へ向かう。 ルシアとデニスはクリスの看護。 っと、ルシアとデニスのところへ、老人が現れて・・・・


犯人像
犯人のキャラが立っているが、出オチといえなくもない。 あんまり戦闘力が高いわけではなく、軽率でちょっぴり抜けたところがあったりする。 でも、謎の綺麗好き。


設定と伏線
舞台がドイツとなっていることは、ストーリーに大きく影響しているため、生かされている。 具体的には、デニスとクリス以外は、ドイツ語ができないため、助けを求めるのも一苦労。 地下という設定は、携帯電話が通じ難いという縛りが出来たので、生かされている。 しかし、ナチという設定は・・・?


しばらく、スープは・・・
材料がやっぱり・・・ でも、ある程度は予測してたが。


見所
生シャツ脱がしかな。 ✂╰⋃╯ あと、犯人は、意外と綺麗好き。(*→‿←*)♡o


作品の方向性(5段階)および評価
猟奇モノ度3(悪くは無いんだが)、ホラー度3(前半がオカルトっぽかったが、後半はホラー度高かった)、ところでハイクとオリンピアのシーンが無かったのは何故だろう度5(どうなったかは分るが、投げっ放しジャーマンスープレックスになってたぞ)。 ということで、作品の評価は、ネオナチという設定とオリンピアとハイクの扱いが中途半端だった部分が残念だったが、雰囲気もあって、ハラハラ感のある期待通りの出来だった。 ラストシーンは賛否両論かもしれないが、筆者的にはありだな。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2014/10/07(火) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<真夜中の同乗者(原題 Penny Dreadful)について | ホーム | 操り人間(原題 Cassadaga)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/345-5a069a3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村