FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

ジャッキー・チェンの必殺鉄指拳(原題 刀手怪招 英題 Master with Crack Fingers)について

監督 チン・シン

役名および出演者名

リュウ  ジャッキー・チェン(?)
七変化の男 ユエン・シャオティエン(無宿大将)
洪    テイエン・ファン(リュウの育ての親)
首領   チェン・ヨン・ウェン
麻雀大将 ディーン・セキ
龍の義姉 スー・ペイペイ
豚児   ジャン・ジン
兄貴   チャン・ホンリー
スリ   ハン・クォーツァイ
首領   クァン・ユンムン
ヤン   クワン・チュン(三人組チンピラのリーダー)
ショウ  ガム・グワン(飲食店店主)

まずは、予告編から

今作の予告は50秒あたりから




あらすじ

オープニングは、演舞。  (*゚∀゚)っ

んんん?  (つд⊂)ゴシゴシ

ジャッキー随分老けたな。 髭ものばしてるし。 ってか、だれだ、この中年男性は・・・?

はっっっとした!

なんと、賊の首領だった。 目隠しをして、命令に従わない部下を制裁。 殺された部下は、リュウ少年の父親(チョウ)だった。

カンフーを一人で学んでいたリュウは、偶然出会った無宿大将に教えてもらうことになる。

修行は・・・ 秘密の袋(卑猥な意味じゃないぞ)に裸で放り込まれるというものだ。( ̄◇ ̄;)

目隠しをしての修行。 忍耐の修行。

大人になって、修行が本格的に。

リュウは、飲食店でウェイターをしている。 道でスリをした男が来る。 そこへ、スリの上役・ヤンが来て、とりあえず、とり分を持っていってしまう。 その後、ヤンと手下は、店で大暴れ。 Σ(`□´/)/(いやんばんかーってことか)

怒ったリュウは、ヤンたちをカンフーで懲らしめる。

育ての親・洪は、リュウが禁止していたカンフーの練習をしていたことと、勤めている飲食店でカンフーを使いチンピラたち(ヤンを含む3人)と喧嘩をしたことに立腹。 (#`皿´) ムキーーーー!

再び、ヤンら3人組と喧嘩をしたリュウに洪は激怒。 (゚Д゚≡゚Д゚)ゴルッホー!!!
バチ当たりな奴めーーーーーっていう意味で、植木をリュウに投げつける。 (結局、ダジャレかよ!)

2度も痛い目に遭って根に持っている3人組は、リュウをおびき出し・・・

闘うな(育ての親) OR  闘え(無宿大将)の板ばさみに・・・

割れたガラス!!!  Σ('◇'*)エェッ!?

イダダダダダダダダダダダ Σ( ̄ロ ̄|||)

ショウは、麻雀大将にショバ代を納めるためにお金を渡し、リュウに向かわせる。 (もしかして、ロンとローンを掛けたダジャレなのか?)

ショバ代には足りないと激怒した麻雀大将は、麻雀拳の構えで戦闘準備完了! 付き添えで行った、無宿大将がリュウの代わりに麻雀大将と勝負をする。

くつじょく的な負け・・・

ん?

そして・・・

ヒィィィィィィィィィィ 大変なことに・・・ Σ(=゚ω゚=;)

スリリングな展開。

酔拳?

???

目隠し・・・ 

(゚ロ゚;)エェッ!?

オチ・・・?


ジャッキー・チェンの必殺鉄指拳 こっちの方が


一言で言うと
う~ん、疑惑の作品。 目隠し以上に隠したい物があるのか?


ジャンル
カンフーアクション。
 ストーリーとは違った所で、ミステリーなところがある。 ジャッキーの「拳」シリーズとは違った趣。 独特の雰囲気がある。 (ちょっと粗いところも)


出演者
リュウ役のジャッキーチェンさんと七変化の男役のユエン・シャオティエンさんの師弟コンビは、蛇拳や酔拳でお馴染み。
 ただ、今作はシリーズのように弱くてイタズラ好きの青年を鍛え直すということではなく、子供の頃から英才教育をする。 2人は偶然出会ったように描かれているのだが、徹底的に鍛え上げる。 しかも、ある程度大人になっても四六時中監視するオマケつき。 なぜだろう?

それにしても、今作の撮影時ジャッキーは10代だったはずで、身体つき・動きのキレが(特に中盤以降)別人に思えるのは気のせいだろうか。

ストーリー
子供の時、父(チョウ)を殺されたリュウは、育ての親・洪の子供として姉と共に暮らしている。
 洪は、リュウにカンフーを習うことを禁じている。 が、5歳のリュウは、偶然出会った七変化の男にこっそりとカンフーを教えてもらうことになる。 青年になったリュウは、飲食店でウェイターとして働いている。 そこへ来たチンピラたちの横暴に耐えられず、カンフーを使ってチンピラどもを蹴散らしてしまう。 逆恨みしたチンピラたちは、リュウに復讐するために・・・ そして、チンピラどもの黒幕は・・・


見所
普通の見方ではない楽しみ方があるような気がする。 特に中盤以降。 ある疑惑が・・・


話がつながっているんだか、いないんだか
メモを取りながら視聴する筆者でも、話の流れが分らなくなるところがあった。 なんというか、突然シーンが飛んじゃうのだ。 明らかに後から放り込んだ「酔拳」の修行シーンにしても、ジャッキーが闘っていたのはチンピラたちや、そのボスなのか、それとも、全く別の何か(出演者じゃないモノ)なのか。


作品の方向性(5段階)および評価
カンフー・アクション度3(なんだかなぁ~)、目隠しなしでは勝てないってどうしてだ?度10000(もしかして、作品そのものとは違った意味で負けちゃうのか?)。 ということで、作品の評価は、細かいことを気にしない人でも相当いろいろツッコミ所のある問題作。 どうにかこうにか、それらしい作品を完成したが、粗さは目立つぞ。 目隠しで視聴者の目を誤魔化せても、怪しいモノを見つける嗅覚は反応しちゃったぜ。 ちなみに、元ネタは、「タイガー・プロジェクト」(原題 広東小老虎)らしい。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/10/23(木) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クレージーモンキー 笑拳(原題 笑拳怪招 英題 The Fearless Hyena)について | ホーム | 成龍拳(原題 剣・花・煙雨江南 英題 To Kill with Intrigue)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/361-67fc8f58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村