FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

ウォー・ゲーム(原題 WarGames)について

監督 ジョン・バダム
脚本 ウォルター・F・パークス、ローレンス・ラスカー

役名および出演者名

デビッド・ライトマン    マシュー・ブロデリック
マッキトリック博士    ダブニー・コールマン(軍のコンピューターの責任者)
スティーブン・フォルケン ジョン・ウッド(コンピュータープログラムを設計)
ジェニファー・マック    アリー・シーディ(デビッドの恋人?)
ベリンジャー将軍     バリー・コービン
パトリシア・ヒーリー   ジュアニン・クレイ(パット)(マッキトリック博士の助手)
スティーヴ         マイケル・マドセン(軍の施設に勤務)
ジェリー          ジョン・スペンサー(軍の施設に勤務)
ジム・スティング     モーリー・チェイキン(デビッドの知り合いの大学生)
マルビン         エディ・ディーゼン(デビッドの知り合いの大学生)
トラビス          マイケル・アダムス
ジョシュア         ジェイムズ・アッカーマン
ジェリー          ジョン・スペンサー

まずは、予告編から




あらすじ

厳重に警備されている核弾頭の発射基地に到着するスティーブとジェリー交換要員。 嵐のためか、ちょっと遅刻気味。 緊急の指令が届く。 RONC TTLA 220040 DL

スティーブとジェリーは、確認用機密カードを使い、発射コードを入力。 キーをセットし・・・ 3・・・2・・・1・・・ 

NORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)で、「予行練習だと知らされていなかったため、発射要員が適切に職務を遂行できなかった」こと等を政府高官に説明するマッキトリック博士。 博士は、職務を適切に遂行できないのであれば、コンピューターを使ったオートメーション化を進めてミサイル発射基地から人間をいなくするべきだと主張。 特に最終決断の場面では。

最終決断をするために有力な情報を提供するのは、WOPR(the War Operations Plan Responseの略)で「世界中のあらゆる情報を入手して戦争ゲームをしている」コンピューターだ。 

シアトルで、アーケードゲームをする高校生(デビッド・ライトマン)。 (なんと、ギャラガをプレイ。 ギャラが少ないことを皮肉っているんだろうか?) ゲームに没頭し、生物の授業に遅れてしまう。 テストが返却され、点数は安定のF(全然ダメってことですな)。

PENCIL

デビッドは、自宅のコンピューターを使い学校のコンピューターに侵入。 Fだった成績を改竄。 ついでに、クラスメイトのジェニファーの成績も改竄。

ミサイル発射基地では、コンピューターを使った無人化が進められる。

デビッドは、食事中にプロトヴィジョン社製のコンピューターゲームの広告に見入る。 プロトヴィジョン社の電話番号(555-8632)を聞き出す。 発売予定のゲームを入手するために、プロトヴィジョン社に侵入。

侵入しているコンピューターのゲームのリストから「Global Thermonuclear War」というゲームを見つける。

大学生の友人ジムにリストを見せる。 パスワードの入手方法をたずねる。 デビッドは、図書館などで調べるうちに・・・ フォルケンであるけんってことじゃなかった。 (  ̄っ ̄)ムゥ

パスワードを入力し、全面核戦争ゲームをスタート。 デビッドは、ロシア側を選択。 ミサイルのターゲットをラスベガス、シアトルなどと入力。

一方、NORADでは、ソビエト連邦が実際に核ミサイルを発射したという情報が上がってきて、緊急態勢になる。

シミュレーションだったことがわかり、侵入した人間を特定しようとする。 

デビッドとジェニファーは、ニュースで先日侵入したことにより、NORADが緊急態勢をとり、逆探知などをして逮捕に向かうかもと震え上がってしまう。  。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

電話がかかってきて出ると・・・ウォー・ゲームを昨日やったコンピューターだ。 「昨日の続きをやろう」と。 怖くなったデビッドは、電話に出んわ作戦!

デビッドは、FBIに身柄を拘束される。 (校則を破った× → 拘束された○)

コンピューターシステムの責任者であるマッキトリック博士は、デビッドに尋問。 デビッドには仲間がいると疑っている。 スパイ容疑で状況は悪化。 しかも、コンピューターは、ウォー・ゲームを続行中。

そして・・・

信じる OR 信じない

助手は?

ε=ε=ε=ε=ε=┏(゚ロ゚;)┛ダダダッ!!


(((( ;゚д゚)))


ウォー・ゲーム 廉価版


一言で表現するなら
人間の方が、マシーんってことか。(●´ω`●)


ジャンル
SFサスペンス。
 SFとはいっても未来の話ではなく、現実にありそうな設定。 サイエンス(科学)フィクション(架空)というニュアンスに近いかも。


出演者
デビッド・ライトマン役のマシュー・ブロデリックは、若い。 高校生の時代があったんだ、と思ってしまう。 あと、スティーヴ役のマイケル・マドセンは、久しぶりに警察官役又はマフィア役以外で見た気がする。 でも、この頃から既にガンガン押しが強かったんだな。 o(#゜Д゜)_‐=o)`Д゜)・;

ストーリー
NORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)で先日行われた予行練習での失敗を是正するため、WOPR(the War Operations Plan Responseの略)の責任者・マッキトリック博士は、核ミサイル発射基地の発射要員を無人化するべきだと提言。


シアトルの高校生デビッドは、未発売のコンピューターゲームを入手しようと開発している会社(プロトヴィジョン)に侵入しようとして、誤って別のコンピューターに侵入する。 そこで見つけた「ウォー・ゲーム」をプレイするためにパスワードを入手し、プレイ。 しかし、それは唯のゲームではなく、軍が管理するコンピューターのものだった。 そして・・・

見所
デビッドがNORADから脱出する流れ。
 あと、ギャラガの2機にしてプレイしているのは、ナイスだぜぇ~っと思った。


もしかして、あの人たちがモデル?
シアトルでコンピューターに詳しい人・・・といえば、マイクロソフト設立メンバーのビル・ゲイツとポール・アレン。 でも、今作が公開されたのが1983年なので、マイクロソフトがそこまで知名度があったかどうかは不明。 1990年代なら間違いなくモデルにしたって言われただろうが。


そういえば
セブンイレブンってアメリカのコンビニだった。 どうしてアメリカにもって一瞬思ってしまった。


この作品の時代は
1983年なので、インターネットは勿論ない! アナログ回線のおそおそ通信がやっと。 そう考えると、民間会社のPCに侵入はかなりリスクが高い。 そして、バレやすい(ダウンロードに時間がかかるので)。 固定電話なので、電話番号から住所・氏名・通話履歴などバレまくり。 子供が考えても、リスクありすぎの侵入だった。 っま、とはいっても、主人公は高校生ということで、実質的に子供なので仕方がないか。 それにしても、公衆電話がダイアル式だった。 懐かしい。 とはいっても、筆者はあまり使ったことがないのだが。

2014年に見れば、この手のコンピューターエラーをココまで放置しないよなってなる。 しかし、1983年当時だと、家庭用PCはそれほど普及していなく、分からない人にはチンプンカンプン。 逆に、しっかりとした設備を構築している人は、主人公デビッド並に深い知識を持っているという二極化した状態だったのかなと勝手に想像・・・そんなに、外れてないはず。


東西冷戦
当時は、アメリカとソ連が水面下で激しく覇権を争った。 アメリカにとって、敵 = 共産圏(特にソ連)で、共和党のレーガン大統領だったこともあり、特に反共産圏といったことがあったような記憶が。


作品の方向性(5段階)および評価
SF度2(近未来っていうよりは、現実にありそうという意味で2)、サスペンス度3(特に、デビッドがFBIに身柄を拘束されてからは・・・)、「っで、結局助手は、ご機嫌を直したの?」度10(っま、最後まで見れば)。 ということで、作品の評価は、30年以上前の作品だが、現在でも同様の問題があり考えさせられる秀作


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2014/11/03(月) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Game ゲーム(原題 Buried Alive)について | ホーム | 猛獣WARS(原題 Rise of the Animals)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/372-9fcf5bc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村