阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

ゾンビコップ(原題 Dead Heat)について

監督 マーク・ゴールドブラット

役名および出演者名

ロジャー  トリート・ウィリアムズ(モーティス刑事)
ダグ    ジョー・ピスコポ(ビグロー刑事)
レベッカ  クレア・カークコンネル(検視官)
ランディ  リンゼイ・フロスト(ダンテ製薬の広報担当)
マクナッブ ダーレン・マクギャヴィン(博士)
アーサー  ヴィンセント・プライス
Mr.スール  ケイ・ルーク
ヘルツォーク ロバート・ピカード(警部補)
メイベリー メル・スチュアート(署長)
ガートルード・ベルマン  イヴォンヌ・ピーティー
Mrs.フォン・ヘイゼンバーグ  モニカ・ルイス
スミッティ ピーター・ケント(強盗)
ボブ    ベン・ミトルマン(強盗)
肉屋店員  プロフェッサー・トオル・タナカ
キャスター マーサ・クイン
ウィルコックス チップ・ヘラー(ダンテ製薬受付)
宝石店店員 ケイト・カプリン
宝石店主  ペギー・オブライエン
巡査    シェーン・ブラック
ウォルター モンティ・アッシュ
ハリー   クラレンス・ブラウン

まずは、予告編から




あらすじ

覆面をかぶった2人組の男たちが、メルローズ地区の宝石店(giovanna・jutta)で強盗しているという連絡がオトリ捜査中のダグとロジャーに入る。 ヘルツォーク警部補指揮の下、警官たちは、臨戦態勢。

2人組の覆面男が出てきたところを、

ズバババババズバババババ (゚皿゚メ)
ズバババババズバババババ (#`皿´) ムキーーーー!
ズバババババズバババババ (゚Д゚≡゚Д゚)ゴルッホー!!!


ドーーーーーーーーーン (≧ヘ≦) ムゥ

同様の事件が立て続けに6件も発生している。 検視官のレベッカから連絡を受ける。 銃撃戦の末死亡した遺体を見ると、検死の痕がくっきりと残されている。

ダグとロジャーは、ダンテ製薬に聞き込み。 ダンテ製薬の広報担当のランディ・ジェームスが答える。 ダグは、こっそりと立ち入り禁止地域に入る。 っと、そこには、怪しすぎるモンスターが・・・ ダグは、モンスターを撃つが、ぜーんぜん効かない。 銃声を聞いた相棒のロジャーが助けに来るが、うっかりと減圧室に閉じ込められてしまい・・・ 体がボロボロジャーってなってしまう。

ダンテ製薬は、警察に捜査される。 レベッカは、立ち入り禁止区域にあるコンピューターで調べていると、死者を蘇らせる方法があることを知る。 その機器にロジャーをセットし・・・スイッチ・オン・・・で生き返る。 (そんなのナシじゃ!)

生き返ったロジャーだが、その副作用として体が腐敗し続ける。 もって、せいぜい12時間ほど。

ダグとロジャーは、ランディの家へ捜査に向かう。 話を聞いているところへ、ゾンビルックの2人組みが撃ってくる。 銃撃戦となり・・・

アーサーからのメッセージを再生していると・・・ ランディーの父だったという告白。 ランディは、撃たれても死なないロジャーを不思議がる。 しかし、「オレは歩く死体。(犯人を逮捕したい)」というセリフで納得。

ダグどロジャーは、ランディが薬を届けたというMrスールがいるチャイナタウンへ。 しかし、ずーるい手を使って逃げてしまう。

さらに、ランディと共に捜査を続けると・・・ 2639362867

そして・・・

(((( ;゚д゚)))

えっ?

ゾンビ・コップ


一言で表現するなら
ゾンビコップの寿命12時までって、もしかして、シンデレラ(死んでるら)とのダジャレを考えてたのか?


ジャンル
バディームービー系ゾンビ・アクション。
 ゾンビが出てくるが、ホラーじゃない。 そのかわり、アメリカンジョークが散りばめられている(と思う)。 エロ・グロ・ナンセンスは、皆無。 血の出るようなシーンは少しあるが、残酷なシーンはない。


出演者
ダグ役のジョー・ピスコポって“いかにも80年代の刑事”っていう筆者の印象だ。 マッチョでアメリカンジョークを言いつつ、スケベなところがある。 あと、ポイントが高いのがケツアゴ。


ストーリー
LAPDの刑事であるロジャーとダグは、潜入捜査が終わった帰りに宝石店で強盗があると連絡を受ける。 駆けつけた2人は、既に臨戦態勢だった警察官たちに合流。 宝石店から出てきた強盗と激しい銃撃戦の末、犯人を逮捕(?)。 ここ2週間、こういった事件が続いている。 ロジャーとダグは、検視官レイチェルから連絡を受け、死体を見てみると・・・死体には、既に司法解剖した痕がある。 それと、死体にはサルファ剤が付着している。 ダグとロジャーは、サルファ剤を大量に購入したダンテ製薬へ聞き取り調査に向かう。 ダンテ製薬では、広報担当のランディが応対する。 その隙を突いて、ダグは立ち入り禁止区域に侵入。 部屋の真ん中に置かれた袋を開けると、中からモンスターが出てきてダグを襲う。 ダグは銃で応戦。 その銃声を聞いたロジャーは援護していたが、モンスターに殴られた勢いで減圧室に閉じ込められてしまう。 何者かが、減圧室のスイッチを入れたために、ロジャーは死んでしまう。 警察沙汰となってしまう。 ダンテ製薬の建物を調べていたレイチェルは、死者蘇生装置を発見。 ロジャーを蘇生してみる。 そして・・・


見所
ロジャーが、復活した直後のダグとの会話


ガイシャは自分?
ロジャーは、被害者が自身の殺人事件を捜査している。 それにしても、よく警官バッジを取り上げられなかったもんだ。 もしかして、LAPDでは、死んでいても警官になれる・・・はずないか。 映画の世界だけだろうな。

雰囲気は・・・
「ロボコップ」 + 「ヒドゥン2」 + ゾンビもの という感じだ。 なお、タイムリミットが短い(12時間)というところが、本作の特徴であり、緊張感をもたらしている。


作品の方向性(5段階)および評価
バディームービー度4(ただし、パートナーが死人になってしまうので、厳密にいうとバディーなのかってなってしまう?)、アクション度3(方向性としては、そうだが、いかんせん低予算なので)、ゾンビ度2(中盤までは、あまりゾンビっぽくないかも)、シシャ(死者OR使者)のケイジ(刑事OR啓示)度4242(お言葉を有り難く聞かれよ!)。 ということで、作品の評価は、低予算(500万ドル)のためか出てはいけないものまで出てたり、ストーリーがご都合主義だったりするが、これはこれでありなんじゃないのって思える佳作。 ただし、万人向けではないかもしれない。 ゾンビ=ホラーと思って見ると、全然期待していた物ではないっとなってしまう。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2014/11/30(日) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スポーツキル 地獄の殺戮ショー(原題 Sportkill)について | ホーム | セッション9(原題 Session 9)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/399-a7de9d66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (148)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村