FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

カンザス カンザス経由→NY行き(原題 Kansas)マット・ディロンとアンドリュー・マッカーシーが共演するクライム・サスペンスについて

監督 デヴィッド・スティーヴンス
製作 ジョージ・リットー

役名および出演者名

ドイル・ケネディ  マット・ディロン
ウェイド・コレー  アンドリュー・マッカーシー(ドイルの知人)
ロリー・ベイルズ  レスリー・ホープ(農場主の娘)
ネルソン      アラン・トイ(記者)
フリーナー     アンディ・ロマノ
バックショット   ブレント・ジェニングス
コニー        ブリン・セイヤー
ドイルの恋人    キーラ・セジウィック
知事         ハリー・ノーサップ
テッド        クリント・アレン(ロリーの恋人)
ジョージ・ベイルズ アーレン・ディーン・スナイダー(ロリーの父)
知事の運転手    ジム・ラブレット
軍曹        ルイス・ジャンバルヴォ
議員秘書      ジョン・ランシング
銀行の受付     ゲイル・メイロン
ケネディ      T・マックス・グラハム(ドイルの父)
知事の娘      アニー・ケロッグ
知事の妻      リンダ・ドーソン
銀行の警備員・ロイ ジョージ・メイソン・クーン
農夫        ロバート・ピータース
バーテンダー    ボビー・エンリケス
新人警官      バート・ペティ
レポーター     グレッグ・ギルストラップ
アルヴィン     ブレット・ピアソン
捜査官       ブレント・ライト
エルウッド     ロジャー・リッチマン
保安官       ホームズ・オズボーン
スウィフト     ラスティ・ハワード
子連れの女性    ロリ・グーチ
ベイルス夫人    ミミ・ウィックリフ(ロリーの母)
ベイルス夫人の友人 ジャッキー・リットー

まずは、予告編から



あらすじ

深夜に走る列車に飛び乗る男(ウェイド・コリー)。 そこに居合わせたドイル・ケネディに助けられる。

ウェイドは、23日にNYで友人の結婚式に出席するために列車に乗った。 車が故障したための、緊急措置ということだ。

ドイルは、カンザス出身。 地元の祭りを説明。 ウェイドをカンザスで途中下車するよう誘う。

ドイルは、町を案内。 湖畔で地元(カンザス)の銀行強盗をしたレッドの話をする。

祭りというか、パレードを見る2人。 ハーシュハイマーのシャツ。

2人は、銀行へ行き・・・銀行強盗をやってしまう。 (゚Д゚≡゚д゚)エッ!? (なんで?)
翌日の午後、フレドリック・ホテルで落ち合うことにする。

ドイルは、バレーフォール墓地まで追い込まれるが・・・

ウェイドは、事故のため、溺れていた知事の娘を救助。 そこへ、通りかかったニュース取材班のネルソンが救出する写真を撮影。 (やばいってことじゃ?)

ウェイドは、納屋を見つけ、車に乗ってみる。 そこを、馬に乗って帰ってきた女性(ロリー・ベイルズ)に見つかってしまう。 (ウマが合わなかったってことか)

「職を探している」という口からデマカセで何とか乗り切った。 収穫期だったので、自給4ドルで雇ってもらうことになる。 (上手くいったってことだな)

翌日の午後、約束の場所にウェイドは現れなかった。 (ベイルの畑で働いているので)

ドイルは前科ありのため、すぐに警察にマークされてしまう。 しかし、警官から身ぐるみを剥いでしまう。 (ムチャしやがるぜ) IDカードを偽造。

仕事をこなせるようになってきたウェイドは、川でロリーをナンパ。 (川は浅いけど)

移動式遊園地でウェイドとドイルは、バッタリと再会。 翌日の夜10時に鉄橋(ウェイドがお金を隠した場所)で待ち合わせることにする。

ウェイドは、こっそりとそこへ向かおうとするが・・・

そして・・・

衝動。 証拠。

なんのまねーだ!

ヒーロー Or 疲労 Or 拾う?

カンザス カンザス経由 NY行き

一言で表現するなら
かっこいいオチ?


ジャンル
甘口のクライム・サスペンス系ドラマ。
 銀行強盗をやってしまうので、険しい展開も予想されたが、それ以降は表現がかなりマイルド。 青春ラブストーリー系のジャンルに入れてもいいかもしれない。 ラブシーンはあるが、ソフトな表現に抑えられている。 血が出るようなシーンは、ほんの一部で、その手のシーンが苦手な人でも大丈夫な範囲。


出演者
ドイル・ケネディ役のマット・ディロンは、アウトローが板についてるな。
 設定からして、完全に暗黒世界に落ちてしまった男の役だ。 でも、人付き合いが上手かったりする。

ウェイド・コレー役のアンドリュー・マッカーシーは、ドイルと好対照な好青年。 不法侵入した家に、気を使って20ドル置いて帰ってしまうほどだ。 (最初っから、不法侵入すんじゃねーよってツッコミも入れたいが) 

ロリー・ベイルズ役のレスリー・ホープは、「24 TWENTY FOUR」で、主人公ジャック・バウアーの妻テリー役をやった人だ。 当時23歳。 大学へ行くかどうか迷っている年齢(という設定)なので、4~5歳は実年齢よりも若い設定になる。


ストーリー
ウェイドは、友人の結婚式に出席するため、列車に飛び乗る。
 偶然相席(というか勝手に貨物車に乗っているんだけど)したドイルと親しくなり、ドイルの故郷であるカンザスで途中下車することになる。 ドイルの案内で、町の祭りを楽しんでいたウェイド。 しかし、ドイルが突然、銀行強盗を始めてしまう。 ドイルに脅されたウェイドは、渋々手伝うことになる。 警官たちに追いかけられた2人は、待ち合わせ場所を決め、二手に別れる。 ウェイドは、お金の入ったバッグを鉄橋に隠している時に、事故のため川に車ごと突っ込んでしまい溺れそうになっている知事の娘を助ける。

警察に追われていると思っているウェイドは、農場の納屋に停まっている車を物色している時に、農場主の娘・ロリーに見つかってしまう。 「職を探している」ということで、何とか誤魔化し、農場で働くことになった。 一方、ドイルは、約束の場所に現れないウェイドにイライラ。 そして・・・


見所
特定のシーンってことではないが、カンザスの自然豊かなシーン。
 小麦畑や草原がいい感じなのだ。


作品の方向性(5段階)および評価
クライム・サスペンス度3(見る人によって比重が異なるかもしれないが、心理的には結構追い詰められているように思う)、青春ラブストーリー度4(季節的には夏だけど)、ウェイドとロリーはウマが合っっちゃたんだよなぁ~度1122(馬脚を現すかどうかは、不明。 知事も有権者を前にスピーチをしているし、本作は、馬絡みのことが多いな)。 ということで、作品の評価は、設定がちっと甘いところがあるかもしれないが、内容的に甘口でまったりした佳作。 ハードルを上げすぎなければ、充分楽しめる。 ストーリーも分りやすいため、ノンビリ気楽に見るには丁度いい作品。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2014/12/24(水) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<グリーン・カード(原題 Green Card)・・・1990年に公開されたロマンティックコメディについて | ホーム | パルプ・フィクション(原題 Pulp Fiction)・・・タランティーノ監督によるスタイリッシュなマフィア作品について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/423-0e2e05a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村