FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

ユー・ガット・メール(原題 You've Got Mail)トム・ハンクスとメグ・ライアンが共演するラブコメについて

監督 ノーラ・エフロン

役名および出演者名

ジョー・フォックス  トム・ハンクス(NY152)
キャスリーン・ケリー メグ・ライアン(Shopgirl)
フランク・ナバスキー グレッグ・キニア(キャスリンの恋人で、コラムニスト)
パトリシア・イーデン パーカー・ポージー(ジョーの恋人で、出版社の役員)
バーディ・コンラッド ジーン・ステイプルトン(キャスリーンの母の代からの書店の店員)
ジョージ・パパス   スティーヴ・ザーン(キャスリーンの書店の店員)
クリスティーナ    ヘザー・バーンズ(キャスリーンの書店の店員)
ネルソン・フォックス ダブニー・コールマン(ジョーの父)
スカイラ・フォックス ジョン・ランドルフ(ジョーの祖父)
ケビン・スキャンロン デーヴ・チャペル
アナベラ・フォックス ハリー・ハーシュ(ジョーの叔母)
マシュー・フォックス ジェフリー・スカペロッタ(ジョーの弟)
ジリアン・クイン   カーラ・シーモア
モーリーン      ケイト・フィネラン
チャーリー      マイケル・バダルコ
ミランダ・マルグリス ビーネ・コックス
ビンス・マンシーニ  ブルース・ジェイ・フリードマン
セーラ・マンシーニ  アン・フルーカス
ローズ        サラ・ラミレス
ヘンリー       ハワード・スピーゲル
シドニー・アン    ジェーン・アダムス
ベロニカ・グラント  デボラ・ラッシュ
セシリア・ケリー   キャサリン・メイズル(「The Shop Around the Corner」の元経営者)
ブリンクレー     ボニー&クローヴィス

まずは、予告編から



あらすじ

キャスリーン・ケリーが起きると、恋人でコラムニストのフランクが、フランクではないちょっとお堅い目の話題である、コンピューターが労働環境を変える云々を言ってくる。 (ちょっとウザそうに、キャスリーンが頷く) フランクが出かけるのを確認してから、メールのチェック。 (っま、デフォですな)

ピィーーープルプルピーーー (な・・・懐かしい、ダイアルアップだ)
(Shopgirl、NY152、Brinkley)

メールは、ブリンクルという犬に関することから始まる。 (ワンダフルな内容ってことだな)
送り主は、ジョー・フォックスで彼にもガールフレンド(パトリシア・エデン)がいる。 キャスリーンとジョーは会ったことがない(お互いの名前も素性も知らない)が、メールアドレスを交換している。 

152 Riverside Drive

ジョーは、友人で部下のケビンと共に、価格とカプチーノで客を魅了する大型書店の出店を予定している。

キャスリーンは、「The Shop Around the Corner」という小型の児童書を専門とする書店を経営。 ジョーたちが予定している大型書店の向かいにある。

ジョーは、フォックスグループの役員を務める父(ネルソン)と祖父(スカイラ)に出店を計画している大型書店の進捗を報告。 競争相手になるかもしれないキャスリーンの経営する書店「The Shop Around the Corner」の調査も報告する。 父ネルソンから5年間同棲しているジリアンと結婚を予定していることを知らされる。 スカイラは、「The Shop Around the Corner」の創業者の「セシリア・ケリーと手紙を交換したことがある」という昔話を披露。

キャスリーンとジョーは、日常のなんでもない出来事に関するイーメールを交換する。

ジョーは、弟マシューと10歳の叔母アナベルを預かる。 子供たちを楽しませるために祭りに行った後、「The Shop Around the Corner」のキャスリーンによる朗読を聴きに行く。 ジョーは、アナベルとマシューと共にキャスリーンに自己紹介。 エンチャンティングー。 Fox。(狐に騙されるってことの伏線?)

ジョーが計画していた書店「Fox & sons Books」がオープン。 向かいの「The Shop Around the Corner」の売り上げが激減。

ジョーとキャスリーンは、作家のパーティーでバッタリ再会。 ジョーの素性がバレてしまう。

2人は、メールでのやり取りを続ける。 そして、ジョーはキャスリーンに会ってみないかと誘う。

町ですれ違う2人だが、気まずい。 現金払い限定のレジに並んでしまったキャスリーンは、レジ係に言い訳を言うという選択は、避けて通れず、モタモタしてしまう。 近くにいたジョーが、ローズというグレイとな名前を褒めて何とか状況を好転させる。 サンクスギビング。

ジョーの叔母アナベルが、兄じゃなくてアニーの主題歌を歌う。 (ベタなネタを仕込んできたもんだ)

キャスリーンの店がピンチに。 メールでそれとなーく書き込んでいると、ジョーからのメッセージが来る。 (素性が分るような)具体的なことは言わない約束なので、お互いの正体は分っていない。

Go to the mattresses」(う~ん、マットレス・・・枕営業・・・じゃなかった!!!)
It’s not personal. It’s business. (なるほど)

キャスリーンは、メディアなどに反フォックスキャンペーンを展開。 フォックス書店前でデモをやったりもする。 TVでのインタビューも受けたりする。

Shopgirlは、NY152と会ってみようと持ちかける。 ジョーが待ち合わせ場所に行ってみると・・・・

そして・・・

別れ話 (=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

ジョーとパトリシアは、とんでもない目に遭ってしまい・・・

ユー・ガット・メール

一言で表現するなら
AOLで煽る?


ジャンル
ロマンティック・コメディ。
 コメディ要素はあまりないが(筆者の笑いのセンスがズレているだけかもしれない)。 厳しいシーン、険しいシーンなどはない。 アメリカの地上波TVでノーカット放送をしても問題ないくらい(アメリカの方が、日本よりもその手の表現に厳しいのでカットされやすいらしい)。 


出演者
ジョー・フォックス役のトム・ハンクスとキャスリーン・ケリー役のメグ・ライアンは、3度目の共演。
 しかも、全てラブ・コメディだ。 もちろん、ストーリーは異なるが。 っというか、今作の監督でもあるノーラ・エフロン監督との3人で「めぐり逢えたら」に続いてのラブ・コメディ。 それだけ、興行的にも作品の出来という観点でも鉄板だということだろう。


ストーリー
ニューヨークの小さな児童書を扱う書店「The Shop Around the Corner」の経営者キャスリーンは、Shopgirlというハンドルネームを使い、チャットで知り合ったNY152というハンドルネームの男性と頻繁にメールのやり取りをしている。
 やり取りするメールの内容に関して、お互いの素性が分ることは書かないことにしている。 キャスリーンは、ボーイフレンドのコラムニスト・フランクと同棲している。

ニューヨークの大型書店の出店を計画しているフォックスグループのジョー・フォックスは、NY152というハンドルネームを使い、Shopgirlとメールのやり取りをしている。 ジョーは、ガールフレンドの出版社の役員のパトリシアと同棲している。

ジョーが計画していた「Fox & sons Books」という大型ディスカウント書店がオープンすると、キャスリーンの経営する「The Shop Around the Corner」の経営は、傾き始める。

ジョーとキャスリーンは、お互いの素性を明かさないまま、メールを交換していき・・・


見所
ラストシーン。
 ネタバレなので、詳しくは書けないが。


ジョーとパトリシア?
ジョーと同棲しているガールフレンドのパトリシア、名前が、トム・ハンクスとメグ・ライアンが共演した「ジョー、満月の島へ行く(Joe Versus the Volcano)」と一緒。 うーむ。 ジョーという名前の時点で、ありうると思っていたんだが。 くしくも、というか、何の偶然か、「ジョー、満月の島へ行く(Joe Versus the Volcano)」では、ジョーが“ある秘密”を知らなかったって設定だったと思う(随分前に見た作品なので、記憶が曖昧だが)。


もしかして・・・
ジョー・フォックス ⇒ Fox ⇒ 狐。 狐といえば、化けたり、騙したり。 ってことが、伏線だった? なお、It’s not personal。っていう、厳しい対応をすることの伏線での、きっつぃねーというのは、違ったようだ。


VEはどこへ行ったんだろう
原題と邦題は、ほぼ同じ。 でも、HaveのVEの部分がカットされている。 シンプルにユーヴ・ガット・メールでは、語呂が悪かったせいだと思うが。 もしかして、現在完了形なので、微妙にニュアンスが変わってしまう? っま、気にしすぎか。


作品の方向性(5段階)および評価
ロマンティック度4(気がメール場面もあったりする)、コメディ度2(多分、英語が堪能な人なら分りそうな雰囲気があった・・・筆者には分らなかったが)、2人がめぐり逢えたら・・・度3(回目)。 ということで、作品の評価は、ダイアルアップ接続など現在ではちょっと懐かしいと思ってしまうところがあるもののトム・ハンクスとメグ・ライアンの共演ということもあり、安心して見ていられる秀作


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2014/12/31(水) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ライジング・サン(原題 Rising Sun)誤解で日本を描いた作品について | ホーム | オーロラの彼方へ(原題 Frequency)オーロラが見える日につながる無線・・・について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/430-aa516103
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (207)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村