FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

人生は、奇跡の詩(La tigre la neve)危険を冒しても理想の女性を助けるために奔走する詩人について



監督 ロベルト・ベニーニ
脚本 ロベルト・ベニーニ、ヴィンセンツォ・セラミ

役名および出演者名

アッティリオ・デ・ジョヴァンニ ロベルト・ベニーニ(詩人、教授)
ヴィットリア            ニコレッタ・ブラスキ(アッティリオの夢に出てくる女性、伝記作家)
フアド               ジャン・レノ(アッティリオの友人、イラクの詩人)
ナンシー・ブラウニング    エミリア・フォックス(アッティリオの同僚)
アッティリオの弁護士     ジャンフランコ・ヴァレット
エルマンノ            ジュゼッペ・バッティストン(アッティリオの同僚)
エミリア              チアラ・ピーリ(アッティリオの娘)
ローザ               アナ・ピーリ(アッティリオの娘)
トム・ウェイツ          トム・ウェイツ(教会で歌う)
カルラ              フランチェスカ・クトーロ(家政婦)
アル・ジュメイリ         アミッツ・ファーリッド

まずは、予告編から



あらすじ

教会で演奏中に下着姿で入ってくるアッティリオ。 そこへ、花嫁登場。 アッティリオは、警官から駐車違反だと警告を受ける。 花嫁から情熱的なメッセージ。

2003年3月、ローマ。 詩人であるアッティリオは、離婚暦のある2人のティーネイジャー(エミリアとローザ)の父だ。

グム。 弁護士の相手もラクだ。

娘たちの部屋にコウモリが侵入。 (もしかして、子守は大変ってことの伏線かも)
なかなか、出て行ってくれないコウモリ。 バットなコウモリってことか。

小鳥の話を聞かせたりする。

文学の教授でもあるアッティリオは、詩の授業をする。 終わりかけに教室に入ってきたナンシーから、一緒に○○しないか?と誘われる。 

アッティリオは、同僚のエルマンノとともに友人フアドの講演会へ。 そこで、アッティリオは夢に出てくる女性にそっくりな“ヴィットリア”を紹介される。

アッティリオはヴィットリアに猛烈アタック。 やはり、というか当然、交際を断られる・・・?。

北斎。

なんとか、ヴィットリアを自宅まで誘うことに成功する。 ナンシーが勝手にアパートに上がりこんで、サプライズ的な何かを用意。 そこへ、ヴィットリアとアッティリオが帰ってくる。 

シャン・・・パァーーン

考えると変な感じになってしまう。

夜中にフアドから電話。 フアドの伝記を書くためにイラクに行っていたヴィットリアが負傷し入院している。 翌日の朝まで持たないらしい。

外科医(X) 誤解(○)

アッティリオは、バグダッドを目指す。

そして、ヴィットリアが入院する病院へ。

アッティリオは治療薬のために薬局を探し回るが・・・

そして・・・

アラビアンナイト

人生は 奇跡の詩


一言で表現するなら
トライと勇気?(原題のダジャレだが、苦しかったか)


ジャンル
ロマンティック・コメディ系ドラマ。
 主人公が詩人のためか、セリフがかなり多め。 コメディタッチなのが、戦地での深刻な状況とのコントラストになっている。 全体的な雰囲気は、おとぎ話のようでもある(「眠れる森の美女」がモチーフだと思う)。 幻想と現実が多少入り混じっている。


出演者
アッティリオ・デ・ジョヴァンニ役のロベルト・ベニーニとヴィットリア役のニコレッタ・ブラスキの実生活でも夫婦。


ストーリー
アッティリオは、大学で詩の教授をしている。
 理想の女性(ヴィットリア)と結婚式をする夢を見たりする
 同僚のエルマンノと行った友人フアドの講演会で、理想の女性(ヴィットリア)に会う。 アッティリオは、ヴィットリアをデートに誘う。 ヴィットリアは、フアドの伝記を書くためイラクに行ってしまう。 フアドからの電話でアッティリアは、ヴィットリアが重体だと知らされる。 アッティリオは、政情不安なイラクへ行くことに。 そして・・・


見所
ラストで伏線が回収
されているところ。


突然の…
フアドの行動は、理解しにくかったかもしれない。 一応、フアドの屋敷でアッティリオがグリセリンを調合しているときに、台詞での伏線があるんだが。 ラストへの伏線は、アッティリオとヴィットリアがフアドの講演の後に会った後の会話から読み取れなくもない。


作品の方向性(5段階)および評価
ロマンティックコメディ度3(筆者が見落としていただけかもしれない)、ドラマ度4(ドラマチックな展開だった)、俺の話を聴け度5(詩人なので)。 ということで、作品の評価は一回見ただけではちょっと分かりにくいところもあったが純粋に理想の女性を助けようとする詩人を描いた良作。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2015/02/03(火) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Pro9 治験(The Facility)について | ホーム | オープンウォーター・サバイバル(The Watermen)“あの作品”とは関係ないですけど、なにか!?・・・について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/464-75c7a4b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村