FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

変態殺人犯!!鉄の爪野郎(Scream Bloody Murder)1970年代の錯綜系スリラーについて

監督 マーク・B・レイ
脚本・原案 ラリー・アレクサンダー、マーク・B・レイ

役名および出演者名

マシュー   フレッド・ホルバート(18歳)
ヴェラ    リー・ミッチェル(デイジー、マシューの母)
マック    ロバート・ノックス(マシューの義父)
船乗り    ロン・バストン(トニー・デンキスの友人)
レックス   ウィリー・レイノルズ(新婚夫婦)
ブレンダ   スゼット・ハミルトン(新婚夫婦)
ヘレン    フローレンス・リー(豪邸の主人)
ブライディリー A. Maana Tanelah(ヘレン邸のメイド)
エプスタイン アンガス・スクリム(ヘレンの主治医)
シンプソン夫妻 セシル・レディック、グロリア・アール
犬      ウィニフレッド

まずは、予告編から



あらすじ

農耕用トラクターを修理している父を、子供(マシュー)がトラクターを操作して轢いてしまう。 マシューはトラクターから飛び降りるが、左手を負傷。 左手には、義手をつけることになる。 そして、更生施設に預けられる。

18歳になったマシューは、更生施設から出所。 手紙を受け取り、母がマック・パーソンという人物と再婚したことを知る。
(≧Д≦)


マシューは家へ帰る。 そこへ、マックと結婚したばかりの(マシューの母)デイジーが帰ってくる。 感動の再会・・・とはならず、マシューにとって、マックは受け入れられない。 (朝マックはダメだったってことか)
(屮゚Д゚)屮 カモーン

マックは、何とかマシューと打ち解けようとする。 が、マシューは頑なに拒否。 (100円マックは上手く行かなかった・・・みたいな感じかな)

マシューは、森の中でイチャつく母デイジーと義父マックを見かけてイラついてしまう。
一人になったマックに・・・ ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

家を出て、シンプソンのガソリンスタンドに立ち寄ったマシュー。 ガソリンを補給するために立ち寄った新婚夫婦(レックスとブレンダ)の車に乗せてもらい、出来るだけ遠くへ行くことにする。 道沿いの川で水浴びをしていると・・・幻覚を見てレックスを攻撃してしまう。

ヒッチハイクで、町に着く。 絵を描いている女性(ヴェラ)と友達になる。 そこへ、トニー・デンキスの友人だという船乗りが来る。 

ボン・ボヤージュ

船乗りが一人になったところを・・・ (三途の川を航海してやがれってことか?)

マシューは、高級住宅地で暮らすヘレンとメイドのブライディ・リーを騙して乗っ取ってしまう。

ヴェラをヘレン邸に招待し、一緒に暮らそうと誘う。 が、断られてしまう。 仕方なく(?)、無理やりにでも屋敷に滞在してもらうことにする。

町でスリなどを働いたお金で、食品や画材などを調達。Σ( ̄ロ ̄|||)

キャンD

そして・・・

( ̄◇ ̄;)

えっ!? ʅ(´◔౪◔)ʃ

変態殺人犯 鉄ノ爪野郎

一言で表現するなら
で、イージー Or 意地?


ジャンル
レトロな錯綜系スリラーというかホラー。
 違う言い方だと、カオスな作品。 終盤手前までは、ストーリーはシンプル。 しかし、ラストは、すごく散らかってしまう。 ただ、タイトルのわりには、残酷なシーンやグロシーンは少ない。 直接的なシーンは、ほぼない。 内容から考えても、そっち方面が好きな人向けの作品。 “そっち”の意味は一言では表せないが、筆者的には、たまに見たくなる系の作品。


出演者
ヴェラ役のリー・ミッチェルは、マシューの母デイジーとの2役だ。
 老け役のデイジーを上手く演じているといえばいいのか、ヴェラ役をちょっぴりムリ気味で演じているといえばいいのか、迷うところ。 (決して悪い意味じゃないぞ)

マシュー役のフレッド・ホルバートも18歳は、ちょっと難しい設定。 でも、18歳ということに拘らなければ、気にならない。


ストーリー
少年であったマシューは、父を農耕用トラクターで轢き殺してしまう。
 その時のケガで、左手には義手をつけている(タイトルの爪はこのことを指していると思われる)。 18歳まで更生施設で過ごしたが、帰郷。 母デイジーは、マックという男性と再婚していた。 マックを受け入れられないマシューは、一人になったマックを襲ってしまう。

家を出ることになったマシューは、ヒッチハイクで町に出る。 そこで、母デイジーにソックリなヴェラに出会う。 ヴェラの気を引こうとマシューは、新たな家を入手し・・・


見所
最初っからムチャ振りなのは、予想できていたが、それを上回る(っというか、あさっての方向へ行く)ムチャな展開。


作品の方向性(5段階)および評価
レトロ度4(いい意味でも悪い意味でも)、錯綜度4(特にラストが)、スリラー度2(実は残酷な描写が少なかったりする)、ツメが甘いんじゃない度11(それにしても、邦題が散らかりすぎじゃないかな)。 ということで、作品の評価は、原題から考えると邦題は、色んな意味で散らかってしまっているのだが、逆に心の準備が出来て見るので、そこそこに楽しめる作品。 タイトルでひいてしまった人は、見ないはずなので、酷評されることが少ないかなとも思える。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2015/03/03(火) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<宇宙の7人(Battle Beyond the Stars)荒野の7人のパロディー・・・について | ホーム | デビルズ・スクリーム 金髪女子高生の悲劇(The Devil Within)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/492-6bb0e8ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村